Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

(雑感)WordやExcelはアプリかソフトか

 
ようやく今回のTOEIC L&R問題集でmobile appが登場しました。英語のappが日本語のアプリに当たるという知識がないと戸惑うかもしれません。携帯機器向けのアプリエーションと英辞郎とOALDは同じような説明をしています。今回は英語力とは直接関係のない雑感です。

(英辞郎)
app
《コ》アプリ◆特に携帯端末やソーシャルメディアなどで使われることが多い


(オックスフォード)
app
a piece of software that you can download to a device such as a smartphone or tablet (4), for example to look up information or to play a game
Have you got the dictionary app on your phone?


当たり前のことですが、applicationの縮約形がappだからといって、申請や応募がappと呼ばれることはないですよね。日本大百科全書がより詳しい説明をしてくれています。

(日本大百科全書)
アプリケーション
アプリケーション・ソフトウェアapplication softwareの略称。本来はパソコンやサーバーなどの情報処理装置にインストールされたOS(基本ソフト)上で動作するソフトウェアのことである。英語では略語としてApp、appが使われる。日本では一般的にソフトウェアまたはソフトとよばれるが、2008年(平成20)にiPhone(アイフォーン)3Gが発売されてから、アプリの呼称が一般的に使われるようになった。その後、スマートフォンの普及とともに定着し、電話機能、電子メール、ウェブブラウザ、ゲームなどもすべてアプリとよばれる。[編集部]


この説明だとウィンドウズ上で動くword やexcelもアプリということになるんですが、Wikipediaではまだソフトウエアが使われています。

(Wikipedia)
Microsoft Word(マイクロソフト・ワード)は、マイクロソフトがWindows、macOS及びiOS向けに販売している文書作成ソフトウェア。
Microsoft Excelとともに、同社のオフィススイート、Microsoft Officeの中核をなすアプリケーションである。一般的にはワード(WordまたはMS-Wordとも)と呼ばれることが多いが、「ワード」と名称が付く商品名や商標名は他にもある。


アマゾンの分類もwordは文書作成ソフトになっています。ただある書籍では文書作成に欠かせない定番アプリ「Word 2016」とアプリが使われていますね。

8位 ─ 本 > コンピュータ・IT > アプリケーション > 文書作成ソフト

できるWord 2016 Windows 10/8.1/7対応 単行本(ソフトカバー) – 2015/10/26
シリーズ7000万部突破! 
「できるシリーズ」3大イチオシポイント

・安心の「できるサポート」付き! (電話やメールで疑問が解決)
・操作や機能が動画で分かる! (一部のレッスンを動画で見られる)
・充実のOS対応! (Windows 10/8.1/7に対応)

文書作成に欠かせない定番アプリ「Word 2016」が
ひと通り使いこなせるようになる! 
Wordの操作方法がもちろん、手際よく読みやすい文書を
作るための知識も身に付きます。


マイクロソフトのサイトではwordやexcelのことをアプリケーションとしていました。

Office デスクトップ アプリケーション

Office applications

YutaはPCはソフトウェア、スマホはアプリと使い分けていた感じですが、どうやらどちらもアプリと呼ぶ流れのようですね。

同じものだけれども呼び名が時代の流れで変わる、言葉の面白いところであるんですが、外国語学習などでは見落とされやすいポイントです。こういう揺れのあるものは評価の対象から外されますからね。それに今はやりのAIはこのような揺れを同じものとして認識できるのか気になります。

スポンサーサイト
 

やるな慶應大学出版会

 
題材が題材なだけに翻訳はされないと思っていたんですが、本屋で翻訳版が出ていたのを知りました。薄い本にもかかわらず原書も翻訳書も2000円も超えるので一般の人に気軽に勧められるものではありませんが重要な本であることには変わりないでしょう。Yutaは本代をケチってAudibleで聞きました(汗)

2015年度全米図書賞受賞の大ベストセラー
『世界と僕のあいだに』(タナハシ・コーツ 著、池田 年穂 訳)特設サイト


タナハシ・コーツ(Ta-Nehisi Coates)
1975年、元ブラックパンサー党員のポール・コーツを父としてボルチモアに生まれる。名門ハワード大学を中退。 Atlantic 誌定期寄稿者。アメリカ黒人への補償を求める2014年のカヴァーストーリー “The Case for Reparations” でいくつもの賞を受ける。2008年に回想録 The Beautiful Struggle を出版。2015年の本書 Between the World and Me は、全米図書賞を受賞、全米批評家協会賞・ピューリッツァー賞のファイナリスト。コーツ自身は、2015年にマッカーサー基金のジーニアス・グラントを受けている。しばしば「ジェームズ・ボールドウィンの再来」と称されるが、アフリカン・アメリカンの代表的知識人の一人として信頼を集めている。


洋書ファンクラブでも渡部さんが取り上げてくださっています。

「アメリカで黒人であるとはどういうことか」を歯に衣を着せずに語った注目のエッセイ Between the World and Me

筆者紹介文で改めてThe Case for Reparationsが彼によるものだったと知りました。こんな直球の論評が掲載されたのかと当時は驚いたのですが振り返るならば彼ならばこそ可能だったのかもしれません。

The Case for Reparations
Two hundred fifty years of slavery. Ninety years of Jim Crow. Sixty years of separate but equal. Thirty-five years of racist housing policy. Until we reckon with our compounding moral debts, America will never be whole.
TA-NEHISI COATES JUNE 2014 ISSUE


アトランティクでは引き続き彼の書いたものをカバーストーリーにしています。それだけ注目作家だということなんでしょう。



The Return of the Black Panther
A behind-the-scenes look at the revival of Marvel’s first black-superhero series—and an exclusive preview of the first issue

TA-NEHISI COATES APRIL 2016 ISSUE

My President Was Black
A history of the first African American White House—and of what came next
By Ta-Nehisi Coates

JANUARY/FEBRUARY 2017 ISSUE

横道に逸れますがフォーブスの記者が信頼出来るメディアを10機関あげていました。どれも有名どころですがアトランティクも入っていますよ。

017/02/18 19:00
氾濫する偽ニュースの中で「本当の事実」を伝える報道機関10選


1. ニューヨーク・タイムズ(NYT)
2. ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)
3. ワシントン・ポスト
4. BBC
5. エコノミスト
6. ニューヨーカー
7. 通信社(AP通信、ロイター、ブルームバーグニュースなど)
8. フォーリン・アフェアーズ
9. ザ・アトランティック
10. ポリティコ


Yutaがよく取り上げるニューヨーカーとアトランティクについて書いてある部分の抜粋です。

6. ニューヨーカー
政治や文化、ビジネス、その他のトピックに関する事実に基づいた長文記事が特徴の週刊誌。執筆から事実確認、掲載までに数か月かかる記事もある。だが、その分ほかの媒体では見られない深く掘り下げた記事と分析を提供している。NYTと同様、世界中の問題に関して進歩主義的な視点を持つ。
*******
9. ザ・アトランティック
著名なジャーナリストらが国内外の問題に関する特集記事や分析記事を執筆する月刊誌。電子版では一部、ヘッドラインをクリックして記事を閲覧する形を取っているが、いずれも事実に基づく報道というジャーナリズムの原則に従っている。



Black Pantherについては最近のTimeでも取り上げていました。2ページ紹介でインタビューもありました。

Ta-Nehisi Coates Is Expanding the Black Panther Universe with The Crew
Eliana Dockterman

Jan 20, 2017
Black Panther's world keeps getting bigger thanks to writer Ta-Nehisi Coates. After taking on the Black Panther series in 2016 and collaborating with writer Roxane Gay and poet Yona Harvey on a spinoff, World of Wakanda, Coates is adding another comic book series: Black Panther & The Crew. It's a revival of an earlier series by Marvel's first black editor Christopher Priest but with a new set of characters. Coates will team again with Harvey to tell the story of a team of heroes—Black Panther, Storm, Luke Cage, Misty Knight and Manifold—set in Harlem.
Coates, a National Book Award and MacArthur 'Genius' Grant winner, became the most famous comic book writer in the non-comic-book-reading world last year when he took on the Marvel character. The storied publisher recruited him to revive Black Panther, the first black superhero in mainstream comic books. Black Panther, whose given name is T'Challa, is the ruler of the technologically advanced African nation of Wakanda, a scientist and an Avenger. Coates' 2016 version begins with a rebellion against Wakanda's monarchy. The first issue sold more than 300,000 copies.




「ジェームズ・ボールドウィンの再来」ともよばれているようですが、ちょうど最近本家James Baldwinのドキュメンタリーが出たようです。
(オックスフォード)
James Baldwin
(1924-87) a US writer of novels and plays. He had immediate success with his first novel Go, Tell It On the Mountain (1954), which, like much of his later work, deals with the condition of African Americans.


今週のTimeにもレビューが載っていました。

Review: I Am Not Your Negro
Stephanie Zacharek @szacharek Feb. 16, 2017


I Am Not Your Negro captures all that was galvanizing and forceful about Baldwin. The language in the film is his own–Samuel L. Jackson reads the manuscript excerpts–and it resonates, sometimes painfully, today. “I’m terrified at the moral apathy, the death of the heart, which is happening in my country,” Baldwin said in a 1963 TV appearance. The words my country are the clincher. Even if the place you will always call home doesn’t have the power to break you, there’s no guarantee it will never break your heart.

雑誌Timeを読んでおけばタナハシ・コーツの本を読んていなくても最近どんなことをしているのか状況がある程度わかりますね。こんなところにも雑誌Timeを読む効用があります。
 

高城剛しかいないのか

 


ドローンについて手頃な概説書がないか調べてみたら、そんなにまだ出ていないんですね。ちょっと小馬鹿にしたタイトルをつけてしまいましたが、高城剛のドローン本は概要をつかめてよかったです。ただ本音を言えば他にももっと色々あればいいのにと思います。。。本当に色々動き出しているようなんですから。

2017/02/19 12:30
世界初の旅客ドローン「EHang」は本当に人を乗せて飛べるのか

Parmy Olson , FORBES STAFF

Passenger drones will begin flying over Dubai this summer
Welcome to the age of Personal Flying Vehicles.

Andrew Dalton, @dolftown
02.13.17 in Transportation
The single-rider, human-sized quadcopter that whipped CES 2016 into a frenzy could be carrying passengers as early as this summer. As the head of Dubai's Roads and Transportation Agency announced at the World Government summit today, the Chinese EHang 184 passenger drone will begin "regular operations" around the futuristic city in July of 2017.

このニュースの最後の部分です。なんでも一番になりたがるUAEですがネバダ州も政府の許可を申請しているとか。ここで使われているイディオムはcrown jewel。

While the crown jewel of the United Arab Emirates will get to claim bragging rights as the first city to unleash flying passenger drones, officials in Nevada are also seeking the FAA's approval on the EHang 184 -- so we might see EHang back at CES with a real, flying product sooner than expected.

「一番重要なところ」、「肝」を意味するようですが、ロングマンはcrown jewelとして、オックスフォードはthe jewel in the crownとして見出語をたてています。微妙な揺れが生じるのは言語では仕方がないことですね。

(ロングマン)
crown jewel
the best or most valuable thing that a person or place has
Innsbruck’s crown jewel is the old town centre.


(オックスフォード)
the jewel in the crown
the most attractive or valuable part of something
The Knightsbridge branch is the jewel in the crown of a 500-strong chain of stores.


通信系もドローンの活用を進めていく感じですね。No more dumb pipes(土管屋を超えて)といった表現が面白いですね。ドローンというと機体のイメージしかないですが、ドローンが収集したデータの処理や転送なども含めるとソフト面も一層重要になるようです。



Commentary – No More Dumb Pipes: Verizon Moves into Commercial Drones
FEBRUARY 17, 2017 BY DRONELIFE NEWS

In case you missed it, Verizon announcement yesterday that it was acquiring Skyward, a drone operations management software company.  Major news in my opinion.  After the third person asked for my opinion, I decided to draft this post as a primer.  Note – these are my independent thoughts.  Let’s start with the basics…

******

Moving Beyond Dumb Pipes
Similar to Verizon’s big moves into content and advertising via the AOL acquisition and the pending Yahoo acquisition, it is now looking to capture more of the value-chain in a new and exploring IoT category, commercial drones. Skyward is Verizon’s entree into the space and positions it to go after the drone enterprise market with its recently announced Airborne LTE Operations initiative, “a new service to simplify certification and connectivity of wireless drones.”

As Mike Lanman, senior vice president – Enterprise Products and IoT at Verizon said: “This acquisition is a natural progression of our core focus on operating in innovative, high-growth markets, leveraging our network, scale, fleet management, device management, data analytics and security enablement capabilities and services to simplify the drone industry and help support the adoption of IoT.”

Translation, we don’t want to be relegated to just the plumbing.




AT&T set to launch drones for tower inspections
By Martha DeGrasse on AUGUST 2, 2016

AT&T said its recent trials of drones as surrogate tower climbers have been highly successful, and that it plans to be using drones in its tower operations by the end of September.

“Every time we use a drone it’s just one less tower climb. Every tower climb that we can save provides a safer situation, or less opportunity for potential injury,” said Art Pregler, director of national mobility systems at AT&T. Pregler does not see drones completely replacing tower climbers, but he does believe drones will lead to a more efficient use of climbers over time.

Pregler said drones also add efficiency to the process of inspecting a tower before an upgrade or repair. Drones can send live video to desktop computers on the ground, and tower technicians can direct the drone to get more images of a tower trouble spot in real time. These images tell tower crews what the top of the tower looks like so they can take the right equipment when they climb.




単なるメモになっていますが、今どの雑誌も書籍もAIというような感じでドローン、ドローンという時期がきそうですね。
 

スマートとiを整理する

 


自分メモみたいな感じになりますが、農業用ドローンはドローン登場前からヤマハが取り組んでいた分野のようで2015年当時はヤマハが唯一米政府から認可を得ていたとか。

2017年はドローンの“産業利用”が進む年に--建設やインフラ活用で期待
細谷元(Livit Singapore)2017年01月18日 17時34分

農業分野だけでなく建設分野でもドローンの活用が進み始めているようです。英語学習だとニュース中心になりやすいですがこういう紹介ビデオの英語も活用できたらいいですね。TOEICで使われる表現が満載ですから。



スマート(smart)のこのような使い方、今までTOEICでは登場していなかったんですが、ようやく新しい形式でsmartphoneが出ていました。改めて「スマート」ってどういうこと説明しようとすると戸惑いますね。。。英語関連の辞書には兵器関連の意味も載せているのはsmart bombという言葉が英語で登場するからなんでしょうが、日本では頻繁に使われるわけではないので大辞泉では触れていません。同じ言葉でも語義の説明が変わる、当たり前のことですが見逃しやすいことなんです。

(デジタル大辞泉)
スマート
[形動]電子機器が組み込まれた。ハイテクであるさま。「スマートホン」「スマートグリッド」


(ウィズダム)
smart
〖名詞の前で〗コンピュータ制御[内蔵]の; 精度の高い〈兵器爆弾など〉.


(オックスフォード)
smart
computer-controlled (of a device, especially a weapon/bomb) controlled by a computer, so that it appears to act in an intelligent way
smart bombs
This smart washing machine will dispense an optimal amount of water for the load.


(ロングマン)
smart
TECHNOLOGY smart machines, weapons, materials etc are controlled by computers and are designed to react in a suitable way depending on the situation → smart bomb
smart weapons


一方で国交省が本格的に進めようとしているのがi-constructionだとか

ICT建設技術を統合!国交省が「i-Construction」を推進へ
2015/12/16

国交省によるパワポ資料

海外展開も視野に入れていると資料にあるんですが、国交省の英語サイトではこのプレスリリースの英訳は載せていませんでした。。。

国交省のi-constructionはICTから来ているようですが、英国では学校で習う科目名なんですね。

(ウィズダム)
ICT⦅英⦆Information and Communication Technology (情報通信技術)〘学校の科目名〙.

(オックスフォード)
ICT
the abbreviation for ‘information and communications technology’ (the study of the use of computers, the Internet, video, and other technology as a subject at school)


(ロングマン)
ICT
(Information and Computer Technology) a school subject in Britain which teaches children how to use computers and other electronic equipment, and how to use the Internet, software etc


ロングマンビジネスがようやく社会での使用例を紹介しています。

(ロングマンビジネス)
ICT
information and communications technology; the use of computers and the Internet
The potential benefits of ICT to developing countries are not in doubt.


iPhoneやiPadなどはICT全般を指すのではなく単にinternetを意味していたそうです。ビルゲーツが当時インターネットがここまで流行するとは思っていなかったと振り返ったようにinternetが当然ではない頃があったんですね。

Here's what the 'i' in iPhone means
BY KELLEN BECK FEB 20, 2016


The Internet has been abuzz recently with remembering exactly what Apple’s “i” stands for. At an Apple event in 1998, Steve Jobs introduced the iMac, explaining the link between “i” and “Mac.”
“iMac comes from the marriage of the excitement of the Internet with the simplicity of Macintosh,” he said. “We are targeting this for the no. 1 use that consumers tell us they want a computer for, which is to get on the Internet simply and fast.”

Besides Internet, Apple's prefix also stood for individual, instruct, inform and inspire.


最近のApple製品はAppleWatchやApple TVのようになっています。記者はインターネットが普通になってわざわざinternetと断らなくてよくなったからではと推測しています。

Since then, nearly every device has had some form of Internet connectivity built in, and the “i” has lost its association with that specific meaning and has come to represent the Apple brand. 
But as Apple continues to grow into other markets, including smartwatches and TV boxes, its famous prefix seems to be falling to the wayside. Instead of iWatch and iTV, we have Apple Watch and Apple TV. Perhaps this is because we no longer need to know our devices connect to the Internet — it's something we've come to expect.
 

The sky’s the limit.

 
スーパーボールのショーで今更ながらドローンってすごいのね、と感心していたらこんなニュースが。もうそういう段階になっているんですね。

『スタジアム点検に自動運行ドローンを活用』テラドローンと東急コミュニティーが、静岡県エコパスタジアムにて自動運行ドローンによる空撮システムを施設管理に導入開始
テラドローン株式会社 2016年12月8日 10時43分
​ドローン(UAV)土木測量の日本最大手テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:徳重徹/以下、テラドローン)と、大手総合不動産管理会社の株式会社東急コミュニティー(本社:東京都世田谷区、社長:雜賀 克英/以下、東急コミュニティー)は、静岡県袋井市の小笠山総合運動公園内エコパスタジアムの管理業務において、業務品質の向上と効率化実現のため、自動航行ドローンを活用した空撮システム(運行管理システム/UTM)を導入いたしますのでお知らせいたします。

アマゾンのドローンも実証実験の段階になっていたとは。。。もうこの時点で英語の学習ではなくなっているので、気をとり直して、このアマゾン動画で最後のWell, it’d be easy to say ‘the sky’s the limit’. But that’s not exactly true anymore, is it? .はどういうことでしょうか。考えてみてください。



スクリプト
Amazon is developing a service to use drones to safely deliver packages to customers in 30 minutes or less. It’s called Prime Air. We’ve started a new private trial for customers in the Cambridge area of England, and on December 7th we completed our first delivery! Customers will choose from a selection of thousands of items, tucked away in a Prime Air fulfillment center located just over the horizon from their homes. We’ve been operating fulfillment centers for quite a while now, but this one is unlike all the rest. These modest looking buildings contain innovative Prime Air technology.
Here’s how it works. Moments after receiving the order an electrically-powered Amazon drone makes its way down an automated track and then rises into the sky with the customer’s package on board. These drones are autonomous – from take-off, to landing, and return, they operate completely on their own. Cruising quietly below 400 feet, carrying packages up to 5 pounds, and guided by GPS, our systems are designed to find their destinations safely. Within 30 minutes of placing the order, the customer receives their package.
For this initial trial, customers can choose from the latest tech gadgets, to their dog’s favorite biscuits. We will use the data gathered during this beta test, and the feedback provided by customers, to expand the private trial to more customers over time. We’re starting with two customers now, and in the coming months, will offer participation to dozens of customers living within several miles of our UK facility. And then growing to hundreds more. After that? Well, it’d be easy to say ‘the sky’s the limit’. But that’s not exactly true anymore, is it?


まずThe sky’s the limitはイディオムです。

(ウィズダム)
the sky is the limit
⦅くだけた話⦆〈能力財力などが〉際限がない
▸ With a proper education, the sky's the limit.
適切な教育を受ければ, 前途は洋々だ.


(オックスフォード)
the sky’s the limit
(informal) there is no limit to what somebody can achieve, earn, do, etc.
With a talent like his, the sky's the limit.


(ロングマン)
the sky’s the limit
spoken used to say that there is no limit to what someone can achieve, spend, win etc
Francis believes the sky’s the limit for the young goalkeeper.


Yutaの解釈ですが、「サービスがどんどん広がっていきThe sky’s the limitだ言いたいんでしょうけど。空を使うドローンのサービスは「空が限界」というのをとっぱらうものだから、もうこの表現はふさわしくないですね」と受け取りました。

Wired元編集長のクリス・アンダーソンもドローン業界を引っ張っているようですね。ようやくですが、気になってきました。


プロフィール

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR