FC2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

オリンピックまで100日切る

 


オリンピックまで100日となった今も歓迎ムードとは程遠い状況ですね。日本のメディアでも紹介されたガーディアンとニューヨークタイムズの記事を読んでみました。

ガーディアンの方は社説でコロナ感染拡大に寄与する恐れがあるので東京大会の中止を提言していました。Must the show go on?は以下のイディオムからです。載せてくれている辞書は思ったより少なかったです。

(英辞郎)
The show must go on.  
〔何が起ころうとも〕役者は最後までショーを続けなければならない。

(オーレックス)
いったんやり出したことは最後までやり遂げなければならない(「上演は続けねば」から)

(研究社『新英和大辞典』)
今さら後には引けない

Editorial Mon 12 Apr 2021 18.25 BST
With coronavirus surging in Japan and internationally, this summer’s Games are a risky prospect

As coronavirus swept the globe last spring, Japan portrayed the postponement of the Tokyo Olympics and Paralympics until this summer as an opportunity as well as a necessity. The delayed Games would be the light at the end of the tunnel; a celebration of humanity’s victory over Covid.
コロナウィルスが昨春世界で流行した時、日本は今年の夏までに東京オリンピックとパラリンピックの延期したことを必要なだけでなく好機として描いた。延期した大会はトンネルの出口の光で、コロナウィルスへの人類の勝利を祝うものになるはずだった。

With around 100 days to go, that promise now looks not merely optimistic, but flat wrong. The Olympics are approaching amid a resurgence of the virus and the opposition of the vast majority of the host nation. Grumbles are a familiar part of the Games cycle, dispelled as momentum builds in the final weeks. But the current concerns go far beyond the usual worries about slow ticket sales or uncompleted venues.
残り約100日となったことで、この約束は単に楽観的だけでなく全くもって誤ったものに見える。オリンピック開催が近づく中、感染が再発し、開催国の国民の大半が反対するようになっている。不平不満は大会準備においてよく見られるものだが、開催前の週で盛り上がってくると不満は払拭される。しかし現在の懸念事項は通常の心配事、チケット販売不振や会場建設の遅れなどとは遥かに異なっている。

命を大事にしなくてはいけないのはもっともな主張です。

The big issue, though the Olympic movement does not care to acknowledge it, is the billions of dollars at stake. Set against that are the lives that could be lost. The head of the IOC, Thomas Bach, insists that there is no plan B (though he said that last March too). But Japan and the IOC must ask themselves whether this event can really be justified. If they decide that the Games should go ahead, they must ensure that the rules are not just communicated but enforced. Undoubtedly, the cancellation of the Games would lead to disappointment and financial losses. However, these factors must be weighed against any risk that the Olympics could make the pandemic worse.
大きな問題は、オリンピック側は認めたくないだろうが、何十億ドルが台無しになることだ。これに反対するのは、命が失われる可能性があるからだ。バッハIOC会長は代替案はないと言っている。(昨年の3月にはあると言っていたが)。日本とIOCが自問すべきだ、この大会が本当に正当化できるかどうか。大会を進める決断をするのなら、規則を伝えるだけでなく強制させるようにすべきである。間違いなく、大会中止は失望と経済的損出につながるだろう。しかし、このようなことはオリンピックが感染症をさらに悪化させるリスクを考慮して検討すべきだ。

ニューヨークタイムズの方は社説ではなく、意見記事のような形をとっていました。こちらはもっと過激で、現在のオリンピックのあり方そのものを批判しています。

SPORTS OF THE TIMES
Displacements, human rights violations, health concerns and overspending have dogged the Games in recent years. The Olympic mission is a mess in need of long-term fixing.
By Kurt Streeter Published April 12, 2021

Are the benefits worth the costs?
利点はコストに見合うものか。

Should the Olympics continue to exist if they keep causing such harm?
オリンピックは引き続き存在すべきか、このような損害を生み出し続けるにもかかわらず。

What could genuine reform look like?
本当の改革はどのようなものになりうるのか。

Here are a few ideas.
ここに幾つかのアイデアがある。

Stop awarding the Games to authoritarian nations that blatantly disregard human rights.
人権を全く尊重しない独裁国家で大会を開催しないようにすること。

Give athletes greater power — not just so they can protest from the medal stands, but so they can be equal partners in shaping the entire Olympic movement.
選手に今より権限を与えること。表彰台で抗議できるようにするためではなく、平等なパートナーとして、オリンピック大会運営全体を作り上げるためである。

Instead of hopscotching across the world, consider alternatives. Maybe park the Games permanently at a pair of well-used venues — one for summer, one for winter. That would cut costs, environmental damage and displacement. It would also end the churn of a bidding process that invites corruption.
世界中を転々とするのではなく、代替策を考えること。大会を永続的に固定した場所で開くこと。一対のよく使う会場、夏季大会用と冬季大会用に限定すること。費用削減、環境破壊や廃棄を避けることができる。また汚職を招く入札プロセスのゴタゴタを終わらせることにもなる。

Or decentralize. Hold individual events in already built sites across the globe during a three-week window. Sure, we’d have to give up the spectacle of a lavish opening ceremony and the thought of athletes from different sports mingling in Olympic Villages. But in an interconnected world full of lavish spectacle, is all that still a must?
もしくは分権を進めること。各競技の大会を3週間で世界中で既に建設済みの会場で開くこと。もちろん、壮大な豪勢な開会式はあきらめないといけないし、選手村で異なる競技の選手と交わなくなる。しかし、相互に繋がった世界で壮観な見せ物はたくさんある中、これらは絶対必要なものだろうか。

I admit, there aren’t many straightforward answers, but it’s time to work toward a new future.
認めないといけないのは、明快な答えは多くないことだ。だが、新しい将来に向けて取り組む時だ。

東京オリンピックでも半日しか使わない会場があるみたいで、無駄の極みに思えてしまいます。今のような形で続ける必要性をYutaも感じることができません。
スポンサーサイト



 

appear toの用法

 
2021年04月13日12時02分
 【ワシントン時事】米国務省のプライス報道官は12日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決定したことについて声明を発表した。「独特で困難な状況において、日本は透明性を保ち、世界的な原子力安全基準に合致した手法を採用したようだ」と評価した。

上のニュースで「〜ようだ」という声明が気にかかり、この部分の原文にあたってみるとappear toが使われていました。 

In this unique and challenging situation, Japan has weighed the options and effects, has been transparent about its decision, and appears to have adopted an approach in accordance with globally accepted nuclear safety standards.
この類をみない、困難な状況で、日本政府は選択肢とその影響を比較検討し、決定については透明性を確保してきた。国際的に受け入れられた原子力安全基準に合致した方法を採用したように思える。

appear toの用法は以下の通りで辞書的説明だと「客観的判断から「そう見える」こと」のようです。大切な部分で米国政府が言切らなかったのは何か引っかかる部分があったのでしょうか。

(ウィズダム)
appear 
語法
①主に話し手の視覚に基づく推論を表すが, 〘かたい書〙 ではseemの代わりに用いられる.
****
類義 seemとappear, look
seem は話し手の主に主観的な判断で「…と思われる」ことを表す. appearはseemより〘かたい〙 語で, 主に客観的判断から「そう見える」ことを表す. またlookは外観[外見]から見て「…のように見える」ことを表す.

声明は大変短いものです。

PRESS STATEMENT
NED PRICE, DEPARTMENT SPOKESPERSON
APRIL 12, 2021

The Government of Japan (GOJ), in close coordination with the International Atomic Energy Agency, has taken measures to manage the aftermath of the Fukushima Daiichi nuclear accident in March 2011, including radiation monitoring, remediation, waste management, and decommissioning. The GOJ announced its decision on the Basic Policy on Handling of the Advanced Liquid Processing System (ALPS) Treated Water to dispose of the treated water by discharging it into the sea.
日本政府は、国際原子力機関と密接に連携して、2011年3月の福島第一原発事故の事後処理の対応を取ってきてた。放射能測定や復旧活動、廃棄物管理、廃炉などである。日本政府の発表した決定では多核種除去設備(ALPS)処理水の処分に関する基本政策に関するものである。処理水の処分として海洋放出する予定である。

The United States is aware that the GOJ examined several options related to the management of the treated water currently being stored onsite at the Fukushima Daiichi site. In this unique and challenging situation, Japan has weighed the options and effects, has been transparent about its decision, and appears to have adopted an approach in accordance with globally accepted nuclear safety standards. We look forward to the GOJ’s continued coordination and communication as it monitors the effectiveness of this approach.
アメリカ政府が把握しているのは、日本政府が処理水の管理方法につていくつかの選択肢を検討したことだ。現在処理水は福島第一の現地に貯蔵されている。この類をみない、困難な状況で、日本政府は選択肢とその影響を比較検討し、決定については透明性を確保してきた。国際的に受け入れられた原子力安全基準に合致した方法を採用したように思える。期待するのは、日本政府が引き続き調整・意思疎通を図りながら、この方法の効果を監視していくことだ。

ブリンケン国務長官もツイッターでこの件に触れていました。

We thank Japan for its transparent efforts in its decision to dispose of the treated water from the Fukushima Daiichi site. We look forward to the Government of Japan's continued coordination with the 
@iaeaorg.
日本に感謝します。透明性を確保したやり方で福島第一からの処理水処分の決定されました。日本政府が引き続きIAEAと調整していくことを期待します。

興味深かったのはこのツイートの反応です。色々な反応が飛び交うんですね。。。

(中国のジャーナリスト)
With such a warm greeting from US top diplomat, the Japanese government may decide to instead send the water as a gift to the White House and Foggy Bottom.  It’s IQ Boost water.
アメリカの外交官トップがそのような歓迎をすると、日本政府は代わりにホワイトハウスと国務省に贈り物としてこの処理水を送る決定をするかもしれない。IQが高くなる水なので。

(中国の外交官)
Japan decided to discharge nuclear waste water into the sea! However, the US Secretary of State tweeted: Thank you for the transparent efforts.... 
Netizens criticized: Are you serious? Don’t you know that sewage pollutes the ocean? What will he say if China does it?
日本が原子力の廃棄水を海に放出する決定をした!しかしながら、米国の国務長官は透明性を確保したやり方を感謝するとツイートした。
ネット市民は批判する。本気なのか。排水は海を汚染すると知らないわけじゃないはずだ。中国がやったらなんと言うだろう。

ジャーナリストは直接批判していましたが、外交官はネット市民に語らせています。。。
 

Tree huggerはどこから来たの?

 


ビルゲイツ批判としてご紹介したNavdanyaという団体はVandana Shivaさんが率いる団体だったようです。Tree huggerはどこから来たの?に関心がある方は最初を飛ばしてください。

(Wikipedia)
ヴァンダナ・シヴァ(Vandana Shiva、1952年[1]11月5日 - )は、インドの哲学者、環境活動家。
ウッタラーカンド州デヘラードゥーン生まれ。1978年、ウェスタンオンタリオ大学で博士号取得。
1993年、ライト・ライブリフッド賞を受賞。2012年には福岡アジア文化賞・大賞を受賞[2]した。
緑の革命や遺伝子組換え作物に代表される現代農業に対して批判的である[3]。

彼女に対して批判的な論調もあります。下記は彼女のレクチャーに対して問題点を指摘しています。

Alison Van Eenennaam | March 12, 2021

Freedom from the Poison Cartel through Agroecology”
Vandana Shiva, Research Foundation for Science, Technology and Ecology

In just 100 years, the chemicals and technologies of war-based conglomerates, which produced and profited from the chemicals that killed millions of people during the two world wars, have continued their destruction, wiping out millions of species by spreading poisonous agrichemicals, destroying our fragile ecosystems, poisoning our soils and entire web of life, undermining every aspect of our lives for financial profit. They have enlarged their empires and established monopolies through free trade neoliberal policies and deregulation of commerce, broadening their control over our lives. They are attacking life on earth and biodiversity and threatening farmers’ rights to seed and people’s rights to affordable medicine through patents and intellectual property rights (IPRs). The “Big 6” chemical and GMO corporations that own the world’s seed, pesticides and biotechnology industries are now enlarging their empire with mega buyouts. Syngenta has merged with ChemChina ($43 billion deal). Dow Chemical, which bought up Union Carbide responsible for the Bhopal disaster killing over 20,000 people, has merged with Dupont ($122/130 billion deal) while Bayer has merged with Monsanto (over $63 billion deal).

We will discuss research and publications on the toxicity of glyphosate – the main chemical in Monsanto’s RoundUp – and legal cases which have brought Monstano to justice including the San Francisco based Dewayne Johnson vs. Monsanto (2018, $78M) and the Monsanto Tribunal in the Hague (2016). Additionally, we will discuss the effectiveness of Navdanya’s current resistance and political advocacy work for Poison-Free Food & Farming by 2030, and the global movement for agroecology as a living alternative. 

冒頭の動画の1分40秒あたりでChipcoという運動に触れていて、ChipcoがHugの意味であると語っています。tree huggerという表現がイディオムになったのはこのChipcoというインドのヒマラヤ地域での伐採反対運動にあったようなのです。




Michael A. Estrada  /  6 Min Read  /  Activism

200 Years Later
In 1973, the history of the Bishnoi (aka the OG tree huggers) became the key inspiration and impetus for nonviolent protests against deforestation in Northern India, in what is now known as the Chipko movement. The now broadly used tree hugger term entered our collective psyches through the popularization of the Chipko movement (chipko, “to hug” or “to embrace”), which continued for eight years, until 1981. (This past March marked its 45th anniversary.)
200年後
1973年にBishnoiの歴史(別名、OGの木を抱く人びと)がインド北部で森林破壊に反対する非暴力抗議の主要なきっかけと励みになった。これは今ではChipko運動と呼ばれる。今では広く使われているtree huggerという言葉が我々の集団心理に浸透したのはChipko運動が注目を浴びたからだ。(Chipkoの意味は「抱く」「抱擁する」)この運動は8年間、1981年まで続いた(今年の3月は45周年に当たる)。

(中略)

Alongside the praise it received within India itself, the international attention these protests attracted can be largely attributed to a few reasons:
インド国内でも賞賛を受けたが、国際的な注目をこの抗議活動が集めたのは、主に以下の理由によるものだ。

1. Its element of nonviolence;
2. the leadership and bravery of the women who placed themselves between the would-be loggers and the trees;
3. its significance in ecofeminist thought and discussion;
4. and finally, the ability for the story to travel as fast as it did. The Chipko movement took place in the ’70s as opposed to the early 1700s, and attracted mass media attention.

1. 非暴力の要素
2. 伐採者と木の間に自らが間に入った女性のリーダーシップと勇気
3. 環境女性運動の考えと議論の意義
4. 最後に、この話が素早く伝わったこと。1700年初めではなく、1970年代に始まったChipko運動はマスメディアの注目を集めた

英語学習的にはtree hugger=環境保護者でいいんですけど、言葉には歴史があると知れるエピソードですね。
 

リーディングで読み取ること

 
雑誌Economistが素晴らしいと思うのは、無駄なくニュースの背景なども整理してくれるところです。もちろんその読みが正しいかどうかというのは別に判断しないといけないのですが。新疆ウイグルのニュースでも、どうしてこのようなことが起きているのかをうまく整理してくれていました。

Swept up in a storm
Previous spats have blown over, but the split over Xinjiang is both more intractable and more expansive
Apr 3rd 2021 edition

まず気になるのはなんでボイコットが起きたのかですよね。

The boycotts were apparently triggered by the co-ordinated announcements on March 22nd by America, Britain, Canada and the European Union of sanctions against Chinese officials for abuses in Xinjiang. China responded with sanctions of its own. The Communist Youth League, a party affiliate, then dug up a months-old statement by h&m expressing concern about reports of Uyghur forced labour. Hua Chunying, a foreign-ministry spokeswoman, made the message clear. “The Chinese people will not allow some foreign companies to eat Chinese food and smash Chinese bowls,” she said.
ボイコットの引き金となったのは恐らく、3月22日の共同発表で米国、英国、カナダ、EUが中国高官に新疆の弾圧で制裁を科したことだろう。中国の反応は独自の制裁だった。共産党青年団、党の下部組織は、何ヶ月も前のH&Mの声明を掘り起こした。その声明ではウイグルの強制労働について懸念を表明していた。外務省の華春瑩(か しゅんえい)報道官ははっきりとメッセージを伝えた。「中国国民は外国企業が中華料理を食べて、中国製のお椀を壊すことは許さない」

次にH&Mがターゲットになった理由も知りたくなります。こちらはEconomistの見立てです。

Europe has so far refrained from banning products from Xinjiang. China’s decision to focus its ire on h&m rather than on an American firm may be a warning to EU officials to keep it that way. But the aggression poses a risk. In December the EU and China signed an investment deal which would give European industrial and financial firms greater access to the Chinese market. The European Parliament may now have second thoughts when asked to ratify it. “After seven years of negotiations, we hoped for seven years of wellness. Now it looks like it might be seven years of drought,” says Joerg Wuttke, president of the EU Chamber of Commerce in China.
ヨーロッパはこれまで新疆地区からの製品を禁止していない。中国が怒りのはけ口をH&Mに向け、アメリカ企業に向かなかったのは、現状を維持するようにとのEU高官への警告かもしれない。しかし、このような対抗措置にはリスクがある。12月にEUと中国は投資条約を結び、ヨーロッパの産業界と金融界が中国市場にアクセスできるようにした。EU議会は批准するか問われたら考え直すかもしれない。「7年間の交渉の末、7年間はうまくいくことを期待した。今となっては7年間の干上がりになるかもしれない」と中国のEU商工会議所の所長Joerg Wuttkeが述べた。

H&Mはすかさず弁明的なプレスリリースを出していましたね。

News Article
31 March, 2021

We are working together with our colleagues in China to do everything we can to manage the current challenges and find a way forward.

China is a very important market to us and our long-term commitment to the country remains strong. Having been present there for more than thirty years, we have witnessed remarkable progress within the Chinese textile industry. Being at the forefront of innovation and technology, China will clearly continue to play an important role in further developing the entire industry. We are proud our suppliers are being part of that development and we want to continue contributing to driving progress together with our partners and stakeholders in the country. We want to be a responsible buyer, in China and elsewhere, and are now building forward-looking strategies and actively working on next steps with regards to material sourcing. Together with all relevant stakeholders, we want to collaborate to be part of the solution and jointly build a more sustainable fashion industry.

上記のプレスリリースの訳は以下の記事にあります。

2021/04/01 MIMOSA SPENCER 訳・ 井口恭子
こうした動きを受けて同社は、「中国は非常に重要な市場であり、当社の中国に対する長期的なコミットメントは強固なままである。当社は中国および世界のどの国においても責任あるバイヤーでありたいと考えており、原料の調達について将来を見据えた戦略を策定中だ。関係する全てのステークホルダーと協力しあい、よりサステナブルなファッション業界を実現するためのソリューションを開発していきたい。当社はグローバルな企業として各市場の法律や規制に準拠しており、信頼、尊重、誠実さ、そして対話を大切にしている。中国の顧客、同僚、取引先の信頼回復に尽力する」と表明した。

こちらの記事で見立てでは、以下のようになっています。

観測筋によれば、その理由の一つとして、H&Mがスウェーデンという中国にとって政治的な脅威が比較的低い国の企業だということがある。ナイキは米国、アディダスはドイツ、バーバリーは英国、「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングは日本の企業であり、中国としてもこれらの国と外交問題になるのは避けたい思惑があると見られている。

現実をリーディングすることはなかなか難しいこともわかります。アメリカのメディアの場合は党派によって見立てが変わりますし。。。
 

辞書を信じつつ、信じない

 


I am a tree hugger. I spent much of my childhood on the great lower limb of a massive copper beech, alternately reading and looking up at the sky through its branches. I felt safe and cared for and connected to something infinitely larger than myself. I thought the trees were immortal, that they would always be here. 
私は木が大好きです。子供の頃の大半を大きなムラサキブナの根元付近の大きな枝の上で過ごしていました。読書と枝越しに空を見上げるのを繰り返していました。守られている安心感があり、私よりはるかに大きい何かとつながっている感じがしました。木々は不死で、ずっとこのままここにあり続けるだろうと思ってました。

But I was wrong. The trees are dying. Climate change is killing the cedars of Lebanon and the forests of the American West. And it's not just the trees. Since 1998, extreme heat has killed more than 160,000 people, and unchecked climate change could kill millions more. How did we get here? 
でも私は間違っていたのです。木々は死んでいます。気候変動がレバノンの杉やアメリカ西部の森をなくしてます。木々だけではありません。1998年以来、熱波が16万人もの人の命を奪い、このままいけば気候変動によって何百万人もの人がなくなるでしょう。どうしてこのようになってしまったのでしょう。

冒頭のtree huggerを辞書で引くと以下のような語義が出ます。もちろん彼女は環境保護の意味も込めていますが、木の上で過ごした子供時代について語っている後のつながりを考えると文字通り「木を抱く人」と捉えた方がしっくりくるのではないでしょうか。日本語訳は「木が大好き」としましたが。。。比喩的表現は辞書的な意味で使われる場合でも元の語感は残っているケースもあるのではという例でした。

(ウィズダム)
tree-hugger
⦅非難して・くだけて⦆ 環境保護論者

(ロングマン)
tree-ˌhugger noun [countable] informal    
someone who wants to protect the environment, and who takes part in protests which some people think are silly – used to show disapproval

新疆ウイグルの件が大きな注目を集めているのも、SDG的な視点が企業にも求めらている良い例ですね。彼女の本『資本主義の再構築』はまさにその点の大切さを語っており、本ではパーム油のケーススタディが取り上げられていました。また、児童労働を使っていたナイキは当時、下請けのせいにしてナイキ自身の非を認めなかったため、世の中から一層批判を受けたというケースも紹介していました。


〇資本主義は歴史上、最も成功した経済システムです。だが、いまやそれが、資本主義そのもの、そして世界を破壊する危機に直面しています。大規模な環境破壊、経済格差、信頼できる社会的な仕組みの崩壊という現代社会の大問題の解決のために、企業や個人はどのような役割を果たせるのか。
〇著者は、株主価値最大化のみを追求することそのものが問題を生み出していると指摘、共有価値の創造、共通の価値観に根差した目的・存在意義(パーパス)主導によるマネジメント、会計・金融・投資の仕組みの変革、個々の企業の枠を越えた業界横断的な自主規制、政府や国との協力が必要不可欠であることを説き、こうした行動には企業に利益をもたらす経済合理性があることを明らかにします。また、政府と市場は互いを必要とし、企業は民主的で自由な社会を支える包摂的な仕組みを強化するために積極的な役割を果たすべきだと提唱します。
〇15年にわたり強い危機感をもって問題解決に取り組んできた著者が、資本主義を創り直すための体系的な枠組みを提示します。

そうは言っても仕組みを作って終わりとなりやすいのも事実です。まあビジネススクールや企業研修レベルだったら、こんな仕組みを作っています。メデタシ、メデタシですが、利益を生み出さないのに、実態をつかむなんて手間をかけるよりは、そういうことにしてしまった方が手っ取り早いですもの。

まさにその点を新疆ウイグルでもNew York Timesが触れていました。

Under pressure to renounce cotton harvested in a Chinese region marked by gruesome repression, they face a backlash from nationalist Chinese consumers.
By Peter S. Goodman, Vivian Wang and Elizabeth Paton April 6, 2021

But supply-chain experts caution that multinational manufacturers frequently game the audit process.
サプライチェーンの専門家たちが懸念するのは、多国籍企業のメーカーは往々にして監査プロセスを悪用することだ。

“The key tool it’s used for is rubber-stamping conditions in supply chains, as opposed to trying to deeply figure out what is going on,” said Genevieve LeBaron, an expert on international labor at the University of Sheffield in England.
「使用される主要なツールではサプライチェーンの状況を追認するだけで、実際に何が起きているかを深く解明しようとするのとは正反対だ」

In Xinjiang, efforts at probing supply chains collide with the reality that the Chinese government severely restricts access. Not even the most diligent apparel company can say with authority that its products are free of elements produced in Xinjiang. And many brands are less than rigorous in their audits.
新疆ウイグルでは、サプライチェーン調査の取り組みでぶつかる現実は、中国政府が厳重にアクセスを制限していることだ。もっとも真剣に実施するアパレル会社も自社製品は新疆で生産したものとは関わりがないと自信を持って言うことができない。多くのブランドは監査はそれほど厳密ではない。

なんか最近、穿った見方ばかりしてしまっていますね。。。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR