FC2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

コーパスの向こう側に

 
英単語の本を出す際に、最近ではデータ化して頻度を出すものが主流になっています。出発点として大切なことですが、いくら必須単語だとしても誰でも知っているような単語が紹介されていたら単語本としての価値は下がってしまいます。

大切なのは、よく使われる表現でなおかつ学習者にとって間違えやすい単語を紹介してくれるものでしょう。

スタディサプリの回答データ集めた単語本が発売されていました。これに加えて、学習者の覚え方のコツを紹介してくれていて、学習者側の持っている知識を生かしながら単語を覚えていけるように工夫されています。


新しい定番となるTOEICテスト対策用の単語帳が誕生!

【1】超詳細な正答率順だから、覚えやすい
「スタディサプリENGLISH」ユーザーの単語問題正答率をもとに、
正答率を計算。正答率が高いものから掲載されているので、
覚えやすい単語から学ぶことができます。

【2】記憶エピソードとカクシン解説で必須単語1000を絶対忘れない
TOEIC受験者に必須の単語1000について、
「どのように覚えたか」「なぜ覚えられなかったか」を徹底ヒアリング。
年齢・性別・職業、多様な受験者から集めた記憶エピソードの中でも
単語学習の気づきやブレイクスルーになるものを厳選して掲載。
さらに、『スタディサプリENGLISH』でTOEICテスト対策の講義を行ってきた
著者による点数に直結するカクシン解説も加え、
読むだけで単語のイメージや覚え方を掴める構成になっています。

まあこの本は、必須単語にgovernmentが入っていたり、関先生のカクシンがTOEICの出題内容にあまり関係がなかったりと、金フレよりもTOEIC向けにオススメできる内容にはなっていませんが、このようなアプローチは評価したいです。

スタディサプリのようなオンライン講座は学習者の回答データを蓄積できるからこのようなことができますね。TOEICもこれだけ定着してきたのですから、オンライン学習が主流になり問題ごとの正答率を蓄積できるような流れになってくればもっともっとかゆいところに手の届く教材ができるに違いありません。

ただ、TOEICの特徴は2時間の中で200問解くというものです。オンライン学習でがっつり2時間で解くことをしないので、一問単位でやると間違わないけど、時間制限の中で焦って解くと間違ってしまう問題というのを炙り出すことはできません。スタディサプリとかもオンライン2時間模試みたいなイベントを半年に一回でも開いてもらってデータを集めてみると面白そうです。

こういうことを考えると毎回何万人もの回答データを集めることができるETSが羨ましくてしょうがなくなります。
スポンサーサイト
 

お前、世界の蜷川にも同じことが言えるの

 


先週の記事になりますが、ニューヨークタイムズに日本での黒人問題の啓発活動をしているBaye McNeilさんが取り上げられていました。

Race/Related is a weekly newsletter focused on race and identity, with provocative stories from around The New York Times.
By Adeel Hassan  March 9, 2019

How has Japan changed your views on race and racism?
Living there has given me an opportunity to view and address race issues in a sort of laboratory setting or safe space. Before going there, there was no truly safe space in the U.S. That burden I carried, that psychological armor, was out of necessity because, particularly as a black man in America, your very life or livelihood is in jeopardy constantly.

This safety has allowed me to grow, experiment and expand my understanding of these complex issues and how to address them effectively.

日本で問題となると言えば黒塗りでここでも話題になっています。



There have also been blackface incidents in Japan.

An aging doo-wop group, which claims to pay homage to black people and music by dressing up in old Motown-like get-ups, Afros and blackface, was going to perform a minstrel show on Fuji TV, a national network.

I spearheaded a campaign to get the producers and sponsors to reconsider doing so. Not because it was racist, but because the world is now watching Japanese media in real time and the world will label Japan an ignorant or racist country if this kind of thing continues unchecked. The petition caused the segment to be canceled. But the decision to alter the programming in response to a protest and petition signed by Japanese people was not even mentioned in Japanese papers or newscasts.



Baye McNeilさんはJapan Timesに毎月寄稿しているそうで、昨年の9月には新橋演舞場の『オセロー』での黒塗り問題がトピックでした。ダウンタウン浜ちゃんの件については笑いのネタにしているので不快だというのはわかりやすいですが、黒人が主人公であるシェイクスピアのオセローだって問題視されるんですよね。蜷川さんが演出したオセロも黒塗りをしていました。

BY BAYE MCNEIL SEP 16, 2018

So, when I learned that a Japanese production of Shakespeare’s “Othello” soon to open in Tokyo was to feature Nakamura Shikan — a noted kabuki actor — performing the titular role in blackface, I wasn’t appalled, nor offended, and racism didn’t even enter my mind. In fact, the first thought when I saw the advertisement on the net was: With all the blacking up that goes on here, someone who didn’t know better might think Japanese desperately wish they were black.

But I know better.

My second thought was: What a wasted opportunity!



確かに欧米の場合、現在はオセロは黒人の役者が演じることが多くなっているようです。日本の場合、日本語を話せる黒人の役者が多いわけではないので難しそうです。もちろんMcNeilさんは黒塗りを一律に禁止しようとしているのではなく信頼や尊敬さえあれば構わないとしていますが、日本ならではのやり方で扱えるのではともしています。

It wouldn’t be the first time this has been done. “Othello” has been adapted and localized to Japan several times before. The very first production of the play in Japan, back in 1903, was an adaptation that, instead of dealing with issues utterly unrelatable to many Japanese, like race relations between blacks and whites in a 16th-century European setting, tackled discrimination in Japan. In that production, Othello wasn’t a black man played by a blacked-up Japanese man; he was shin-heimin, a term applied to former burakumin outcasts after the Meiji Reformation of 1868.

Even a production of “Othello” earlier this year decided against subjecting its audiences to Western dilemmas and the European mindset, and instead reimagined Othello as an Ainu man married to the daughter of a samurai at the end of the Edo Period (1603-1868). In this way, the play explored the roots of contemporary racial discrimination in Japan.

黒塗りの歴史は日本でも黒船ペリーまで遡れるとは知りませんでした。

Case in point: Japan was originally contaminated with blackface in just this manner. Ironically, the contamination occurred while U.S. Navy Commodore Matthew Perry was opening the country to trade with the West. Perry had his crew perform a minstrel show for the Japanese bakufu and the well was tainted, and blackface remains a popular form of entertainment in Japan 160 years later.

I don’t think playing Othello in blackface is necessarily racist, but every time it’s done I assure you it will be vetted, and many will wonder why Japanese performers would even want to play with that scab when there is no upside. Especially since the alternatives are so much more expedient and, well, trustworthy.

Trust me.

 

忘れていた

 


渋谷のユーロスペースで、イスラム映画祭が今週の金曜日まで開かれているようです。先週末から始まっているのをすっかり忘れていました(汗)

中東地域の映画が多いためか、政治的なトピックになりがちですが、普段目にすることのない映画を見ることのできる貴重な機会となります。





映画の後にトークショーが開かれる会もあるようです。

 

フェデラーとナダルはメル友

 


今日の二人の試合を楽しみにしていたので残念ですが、二人は携帯メールをする仲なんですね。Rafa texted me a message とフェデラーは語っていました。

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は16日にシングルス準決勝が行われる予定だったが、第4シードのR・フェデラー(スイス)は第2シードのR・ナダル(スペイン)の棄権により決勝へ駒を進めた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはフェデラーのコメントが掲載されており「ラファ(ナダル)が『対戦はなくなりそうだ。膝の状態がよくない』とメッセージを送ってきた」と明かした。

「確実にかなり落ち込んでいた。僕らの試合には多くの期待が寄せられ、お互いかなり気持ちも高まっていた。彼はベストなテニスをしていたから試合を楽しみにしていたし、それが実現せず残念でならない」

この日本語の記事はATPのサイトのニュースの以下の部分を参考にしたようです。

“Rafa texted me a message saying ‘It’s not going to be possible, my knee is not well.’ It’s definitely a big letdown because I know the anticipation [for the match] was there and the tension was so high for the both of us,” said Federer. 

It’s definitely a big letdownを「確実にかなり落ち込んでいた。」と訳していますが、ここはナダルが落ち込んでいたというよりもフェデラーが「とても残念だ」と思っている意味だと思います。

インタビューでも冒頭What kind of letdown is for you not to be able to play 39th time against him?とフェデラーに聞いていて、Yeah, it’s a big let-down.とフェデラーが答えています。訳した部分に至るところでもAt that point, I went back to the house and relaxed. It’s very awkward but it’s a big letdownとフェデラー自身のことを語っているところでit’s a big letdownと出ています。

Thanks so much for coming out speaking to the crowd, all of us. There was so much anticipation for today's semi-final against Rafa. We're all bummed. What kind of letdown is for you not to be able to play 39th time against him?

Yeah, it’s a big let-down. I was ready to go, warming up this morning and everything was normal. I heard Rafa was warming up on the outside courts. I thought the match was definitely on.

I got on the golf cart back to the main building then Rafa texted me a message saying, ‘It’s not going to be possible, my knee’s not well and I can’t do it.’ At that point, I went back to the house and relaxed.

It’s very awkward but it’s a big letdown because I know the anticipation was there from the crowd and especially also from us players. The tension was so high this morning again, I’m sure for the both of us but especially for me. He was fighting with his injuries. I am obviously excited to be in the finals, but not this way. He played so well this week and I thought he was playing some of his best tennis again. 

インタビューを全部見ていれば誤解がないですが、今回の記事のように端折っていると勘違いしやすいですね。

letdownのような言葉はTOEICでは登場していませんので、動詞textの方を見てみましょうか。記事ではRafa texted me a messageとtext somebody somethingの形でした。

(オックスフォード)
text
[transitive, intransitive] to send somebody a written message using a mobile/cell phone
text (somebody) 
Text me when you're on your way.
Kids seem to be texting non-stop these days.
text somebody something 
I'll text you the final score.

TOEICの方ではtext (somebody)が登場していました。send / receive a text messageよりずっと簡潔に表現できますね。

公式4 Part7
If you are scheduled for the dinner shift on Monday, please call or text Gary at 732-555-0113 before your arrival (後略)

あなたが月曜日のディナーのシフトに組まれている場合は、到着前にGaryに732-555-0113まで電話をするかテキストメッセージを送り(後略)

よく翻訳にしろ、通訳にしろ対象についての理解力が大事と言われますが、まさにこういうちょっとした訳でも全体の流れを見失うと勘違いが起きてしまうという例になってしまいます。今回のように現実に起きていることに関しては、オリジナルやさまざまなソースに当たるように手間を惜しまないようにしたいです。



 

Crooked

 


Crookedと聞くとCrooked Hilaryが今でも頭に残っています。フェイスブックのフェイクニュース騒動もそうですが、やっぱり根拠のない話を広めることい歯止めをかける仕組みを考えないといけないですよね。

先ほどの作品は「この『ねじれた家』こそ私の最高傑作」なんてコピーで気をひこうとしています。「全米が泣いた」などのコピーに警戒感しか感じないYutaとしてはWikipediaにも書いてあることだとしても疑ってしまいます。

(Wikipedia)
『ねじれた家』(ねじれたいえ、原題:Crooked House)は、イギリスの女流作家アガサ・クリスティの推理小説。1949年に発表された。
原題 "Crooked House" は、作品中に引用されているマザー・グースの童謡 "There was a crooked man"(ねじれた男がおりました)の最終節の歌詞 "in a little crooked house" に由来する[1][2]。
本作は、『無実はさいなむ』とともにクリスティが自ら最高傑作と語った作品である。

確かにCrooked Houseの本の前書きで本人が書いていますね。読者の反応も踏まえて書いているので、出版後に書かれたもののようです。

This book is one of my own special favourites. I saved it up for years, thinking about it, working it out, saying to myself: “One day, when I’ve plenty of time, and want to really enjoy myself – I’ll begin it. 

(中略)

But perhaps the author isn't the best judge of his or her own work. However, practically everybody has liked Crooked House, so I am justified in my own belief that it is one of my best.

さらに彼女の自伝にもありました。Wikipediaの記述はOf my detective books, I think the two that satisfy me best are Crooked House and Ordeal by Innocence. を踏まえたもののようですね。

Of my detective books, I think the two that satisfy me best are Crooked House and Ordeal by Innocence. Rather to my surprise, on re-reading them the other day, I find that another one I am really pleased with is The Moving Finger. It is a great test to re-read what one has written some seventeen or eighteen years later. One's view changes. Some do not stand the test of time, others do.

ちなみに彼女が選んだ10冊というのもあるようです。日本人の翻訳者に刺激を受けて自分のを選んだとあります。誰のことなんでしょうね。


In response to a Japanese translator's lists of favourites, Christie wrote this in 1972:

"My own ten would certainly vary from time to time because every now and then I re-read an early book for some particular reason, to answer a question that has been asked me perhaps, and then I alter my opinion – sometimes thinking it is much better than I thought it was – or not so good as I had thought.

ちなみに『ねじれた家』に関してはCrooked House – I found a study of a certain family interesting to explore.と語っていました。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR