FC2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

キーンさんへの挑戦状

 
煽り気味のタイトルにしてしまいましたが、太宰治の人間失格の新訳が出るそうです。以前はドナルド・キーンさんの訳でしたが、11月に出るものはMark Gibeauさんが出がけタイトルもA Shameful Lifeとしています。

(アマゾンでの紹介文)
Osamu Dazai is one of the most famous—and infamous—writers of 20th-century Japan. A Shameful Life (Ningen shikkaku) is his final published work and has become a bestselling classic for its depiction of the tortured struggle of a young man to survive in a world that he cannot comprehend. Paralleling the life and death of Dazai himself, the delicate weaving of fact and fiction remorselessly documents via journals the life of Yozo, a university student who spends his time in increasing isolation and debauchery. His doomed love affairs, suicide attempts, and constant fear of revealing his true self haunt the pages of the book and reveal a slow descent into madness. This dark tale nevertheless conveys something authentic about the human heart and its inability to find its true bearing.

“Dazai's reputation has not waned a bit in seventy years. Reading Mark Gibeau's brilliant translation will show you why.”
—Roger Pulvers, award-winning translator, film director, and author of LIV

“Certain novels evoke such a vivid sense of a character that it almost hurts to reach the end. This nuanced, engaging translation of Dazai Osamu's masterpiece A Shameful Life is just such a work: subtle and complex, it pulls the reader in and refuses to let go. Indeed, Mark Gibeau's helpful afterword left me wanting to turn right back to the first page and dig into the book again. A Shameful Life has that kind of power: it is Dazai at his finest.”
—Michael Emmerich, Associate Professor of Japanese Literature at UCLA

せっかくなので読み比べてみます。まずはオリジナルから。

第一の手記
 恥の多い生涯を送って来ました。
 自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです。自分は東北の田舎に生れましたので、汽車をはじめて見たのは、よほど大きくなってからでした。自分は停車場のブリッジを、上って、降りて、そうしてそれが線路をまたぎ越えるために造られたものだという事には全然気づかず、ただそれは停車場の構内を外国の遊戯場みたいに、複雑に楽しく、ハイカラにするためにのみ、設備せられてあるものだとばかり思っていました。しかも、かなり永い間そう思っていたのです。ブリッジの上ったり降りたりは、自分にはむしろ、ずいぶん垢抜けのした遊戯で、それは鉄道のサーヴィスの中でも、最も気のきいたサーヴィスの一つだと思っていたのですが、のちにそれはただ旅客が線路をまたぎ越えるための頗る実利的な階段に過ぎないのを発見して、にわかに興が覚めました。
 また、自分は子供の頃、絵本で地下鉄道というものを見て、これもやはり、実利的な必要から案出せられたものではなく、地上の車に乗るよりは、地下の車に乗ったほうが風がわりで面白い遊びだから、とばかり思っていました。
 自分は子供の頃から病弱で、よく寝込みましたが、寝ながら、敷布、枕のカヴァ、掛蒲団のカヴァを、つくづく、つまらない装飾だと思い、それが案外に実用品だった事を、二十歳ちかくになってわかって、人間のつましさに暗然とし、悲しい思いをしました。

ドナルド・キーンさんのタイトルはNo Longer Humanと日本語に忠実に訳しています。

THE FIRST BOOK
Mine has been a life of much shame. 
I can’t even guess myself what it must be to live the life of a human being. I was born in a village in the Northeast, and it wasn’t until I was quite big that I saw my first train. I climbed up and down the station bridge, quite unaware that its function was to permit people to cross from one track to another. I was convinced that the bridge had been provided to lend an exotic touch and to make the station premises a place of pleasant diversity, like some foreign playground. I remained under this delusion for quite a long time, and it was for me a very refined amusement indeed to climb up and down the bridge. thought that it was one of the most elegant services provided by the railways. When later I discovered that the bridge was nothing more than a utilitarian device, I lost all interest in it.

Again, when as a child I saw photographs of subway trains in picture books, it never occurred to me that they had been invented out of practical necessity; I could only suppose that riding underground instead of on the surface must be a novel and delightful pastime. 

I have been sickly ever since I was a child and have frequently been confined to bed. How often as I lay there I used to think what uninspired decorations sheets and pillow cases make. It wasn’t until I was about twenty that I realized that they actually served a practical purpose, and this revelation of human dullness stirred dark depression in me. 

Mark GibeauさんのタイトルはA Shameful Lifeですが、冒頭のI have lived a shameful life.(恥の多い生涯を送って来ました。)からとったもののようですね。

THE FIRST JOURNAL
I have lived a shameful life.

I can't understand how this thing called "human life" is supposed to work. I was born out in the country, in northeast Japan, so I was already fairly old by the time I saw my first steam engine. Back then I didn't realize that the bridges in the station were there simply to let people cross the tracks and get to their platform. I thought they were there to to give the station an air of sophistication and fun - like the playground.  I maintained this belief for quite sometime, and clambering up and down those stairs always seemed to me the height of refined entertainment. Surely, I thought, this was the most considerate of all the services provided by the railroad. When I eventually discovered that they were nothing more than a practical set of stairs, my sense of delight vanished

Almost time, when I was a child, I saw an illustration of a subway. It never occurred to me that it might have been designed with some practical purpose in mind. I thought that people must have grown bored with riding above ground and the underground trains were built to provide new and exciting ways to travel.

I was a sickly child and often confined to my vet come flying to my bed. I remember lying there, gazing at the sheets, the pillowcase, the quilt cover and so on, wondering at their insipid designs. It wasn't until I was nearly twenty years old that I I realized that these things actually had a practical purpose, and, yet again, I was grieved by the dismal parsimony of humankind.

太宰治の没後60年を迎えた今年、青谷優子さんがEnglish Journalでも走れメロスを取り上げてくださいましたね。人間失格は中学生の頃読んでなんじゃこりゃという感想しかなかったんですが、改めて読んでみようかなと思っています。
スポンサーサイト
 

ようやく認めた

 
先ほど取り上げたサウジ資本のアルアラビアでもサウジアラビアがカショギ氏が殺害されたことを認めました。

Saturday, 20 October 2018

The Saudi Attorney General said on Friday night that the investigation showed the death of Saudi citizen Jamal Khashoggi during a fight in the consulate.

The Attorney General said in a statement that preliminary investigations on the case of Jamal Khashoggi showed his death, and that investigations continue with the detainees in custody of the case and the number so far is 18 people, all of Saudi nationality.

サウジの英文メディアArab Newsでは情報機関のAl-Asiriを解任したと踏み込んだ説明もしています。

Ahmed Al-Asiri has been removed from his position in general intelligence and Saud Al-Qahtani from his advisory role at the Royal Court, royal decrees ordered.

ニューヨークタイムズが報じていた線になっていますね。

By David D. Kirkpatrick and Ben Hubbard
Oct. 18, 2018

ISTANBUL — The rulers of Saudi Arabia are considering blaming a top intelligence official close to Crown Prince Mohammed bin Salman for the killing of Jamal Khashoggi, three people with knowledge of the Saudi plans said Thursday.

The plan to assign blame to Maj. Gen. Ahmed al-Assiri, a high-ranking adviser to the crown prince, would be an extraordinary recognition of the magnitude of international backlash to hit the kingdom since the disappearance of Mr. Khashoggi, a prominent Saudi dissident. A resident of Virginia and contributor to The Washington Post, Mr. Khashoggi was last seen entering the Saudi Consulate in Istanbul on Oct. 2.

Blaming General Assiri could also provide a plausible explanation for the apparent killing and help deflect blame from the crown prince, who American intelligence agencies are increasingly convinced was behind Mr. Khashoggi’s disappearance.


 

Who said what

 
中東ニュースがえらいことになっていますが、どこが発信しているかで内容が変わるので、もう素人には何がなんだかわかりません。そんな中ニュースを読む上での指針になりそうなものがありました。

飯山陽 カテゴリ:ワールド  2018年10月18日 木曜 午後1:35

サウジアラビアには私たちが考える「自由」はまだない
ここ50年で最も不安定な状態にあるサウジ「アラブの盟主」に黄色信号
中東諸国の対立のみならず世界情勢を俯瞰する必要も

******
中東諸国の対立
通常は見えにくい中東諸国の対立関係を明示したという点においても、同事件は特筆すべきである。ここ数年来、中東の主要国は親ムスリム同胞団か反ムスリム同胞団かで二分されてきた。この対立は今に始まったことではないが、2017年にサウジ主導で行われたカタール断交によってはっきりとした形で表面化した。

サウジはカタールがテロ組織であるムスリム同胞団やアルカイダ、さらにはイランの後押しするシーア派武装組織の支援を通して地域を不安定化させていると批判し、自国をテロから守るための必要措置として国交断交に踏み切ると宣言、UAEやエジプトといった反同胞団諸国がこれに続いた。

カショギ氏はサウジ当局が敵視するこのムスリム同胞団の熱心なメンバーであり、そのことが暗殺疑惑と大いに関係しているという見立ては容易に成立する。ゆえに事件現場とみられるイスタンブールのサウジ領事館前には、ノーベル平和賞受賞者でもあるタワックル・カルマン氏を初めとする名だたる同胞団員が集結しサウジに疑惑解明を求めるデモを行った。イスタンブールに同胞団員が多いのは、トルコが親同胞団国家だからである。同胞団が「祖国」エジプトでテロ組織指定された後に同胞団員を多く受け入れたのも、国交断交で経済封鎖されたカタールへの支援を続けたのもトルコである。

“中立な報道”は存在しない中東メディア
この対立は、暗殺疑惑を巡る中東のニュース・メディアの報道にもはっきりとみてとれる。たとえばサウジ資本のアルアラビーヤは、サウジがカショギ氏を暗殺したという噂を広めているのはカショギ氏の自称フィアンセやアルジャジーラであると報道するなど、サウジ擁護の姿勢を徹底している。一方カタール資本のアルジャジーラは、「盟友」トルコ筋でムハンマド皇太子の側近がカショギ氏殺害に関与したと写真つきで報道するなど、一貫してサウジ犯人説を主張している。中東メディアには基本的に、政治的に中立な報道など存在しない。

飯山さんが書いているようにサウジ資本のアルアラビーヤはフィアンセと言われる人がテロ組織に関わっているというニュースを書いています。

Huda al-Saleh, Al Arabiya.netThursday, 18 October 2018
 
事件の初期に「アメリカが制裁したらサウジは制裁し返すぞ。サウジはすごいんだぞ」と勇ましく書いていたのもこのアルアラビーヤでした。

By Turki Aldakhil Al Arabiya News ChannelSunday, 14 October 2018
I read the Saudi statement in response to the American proposals regarding sanctions on Saudi Arabia. The information circulating within decision-making circles within the kingdom have gone beyond the language used in the statement and discuss more than 30 potential measures to be taken against the imposition of sanctions on Riyadh. They present catastrophic scenarios that would hit the US economy much harder than Saudi Arabia’s economic climate.
 
If US sanctions are imposed on Saudi Arabia, we will be facing an economic disaster that would rock the entire world. Riyadh is the capital of its oil, and touching this would affect oil production before any other vital commodity. It would lead to Saudi Arabia's failure to commit to producing 7.5 million barrels. If the price of oil reaching $80 angered President Trump, no one should rule out the price jumping to $100, or $200, or even double that figure.
 
An oil barrel may be priced in a different currency, Chinese yuan, perhaps, instead of the dollar. And oil is the most important commodity traded by the dollar today.

飯山さんによるとムスリム同胞団を持ち出すのは中東諸国の対立を示すフラグのようです。何も知らない我々は「テロ組織に関与していたから殺害もやむを得なかった」という正当化になびきやすいですよね。そんな論調を飯山さんが発表したメディアで書いているのをついでに発見しました。こういうのは「俺だけが知っている裏の国際世界」という感覚を刺激してくれるんでしょうか。

「報道の自由」にとどまらない奥深い問題も押さえる必要
木村太郎  カテゴリ:国内  2018年10月16日 火曜 午前9:30
 
国際紛争に発展している行方不明問題の真相は・・・?
カショギさんは、1970年代に「ムスリム同胞団」に加入
「アラブ世界に今、民主主義を」という政党も立ち上げ

確かにカショギ氏はムスリム同胞団を弁護する記事をワシントンポストでも書いています。ただ実際読んでみると内容は民意を反映するチャンネルの一つとしてムスリム同胞団の役割を認めた方がいいというもので、この組織が唯一絶対と主張しているのではないことがわかります。

By  Jamal Khashoggi   August 28
 
The United States’s aversion to the Muslim Brotherhood, which is more apparent in the current Trump administration, is the root of a predicament across the entire Arab world. The eradication of the Muslim Brotherhood is nothing less than an abolition of democracy and a guarantee that Arabs will continue living under authoritarian and corrupt regimes. In turn, this will mean the continuation of the causes behind revolution, extremism and refugees — all of which have affected the security of Europe and the rest of the world. Terrorism and the refugee crisis have changed the political mood in the West and brought the extreme right to prominence there.
 
There can be no political reform and democracy in any Arab country without accepting that political Islam is a part of it. A significant number of citizens in any given Arab country will give their vote to Islamic political parties if some form of democracy is allowed. It seems clear then that the only way to prevent political Islam from playing a role in Arab politics is to abolish democracy, which essentially deprives citizens of their basic right to choose their political representatives.

サウジが怪しいというバイアスで見てしまっているYutaなので偏向があるかもしれませんが、自分に批判的な人にレッテルを張っているだけじゃないかとも思えます。ネット検索していたらちょうど事件が起きた時期にサウジの経済政策に批判的な経済学者が逮捕されたというニュースを見つけました。逮捕理由がムスリム同胞団やカタールとの関係でした。

‘I heard they broke him ... they told me this he’s not going to be the same person again. They destroyed him,’ says source
Borzou Daragahi Tuesday 2 October 2018 15:25 

Mr Zamel has been charged with serious offences, including membership of the Muslim Brotherhood, the outlawed international Islamist political group that renounced violence decades ago and once received the backing of the Saudi state.

According to the Saudi newspaper al-Riyadh, he was also charged with ties to Qatar, the tiny Arabian Peninsula nation that has had a cataclysmic falling out with the Saudi leadership. He’s also accused of “inciting and sowing sedition in society,” seeking the violent overthrow of the Saudi regime by calling for protests, and leaking “sensitive” information that could harm national security, as well as violating cyber law by “mobilising his followers on social media.”

でも逮捕されたタイミンングがサウジの経済政策批判した時ですから、どうしてもこじつけ感が拭えません。批判内容は以下ですが、イスラム原理主義と何が関係しているのかさっぱりです。。。

As part of the plan, the Crown Prince wanted to pressure Saudi businesses into replacing expat workers with locals. But Mr Zamel – who at one point had close to one million followers on Twitter – warned that the plan would cause a recession by reducing demand.

“He dug into the economic aspect and concluded it was unworkable,” said Iyad al-Baghdadi, an Oslo-based Arab political activist.

Mr Zamel also criticised the Crown Prince’s plan to the take the country’s national oil company, Aramco, public to raise $2 trillion (£1.5bn). To reach such a valuation, Mr Zamel argued, the firm would have to sell off reserves, which he deemed not the property of the company.

飯山さんが「ここ50年で最も不安定な状態にある」と書いたネタ元は以下の記事でしょう。池内恵さんもこれを基にフォーサイトの記事を書いていました。

Bruce Riedel September 23, 2018

At home, the roundup of prominent Saudis last fall at the Ritz-Carlton has led to capital flight and much reduced foreign investment. Confidence in the economy and the prince’s handling of economic issues is dropping. His signature plan to open up ARAMCO is now dead, the king having killed it. The prince arrests any independent voice — even if it is supporters of allowing women to drive, which he pushed for.
 
Fearing for his security, the crown prince is said to spend many nights on his half-billion-dollar yacht moored in Jeddah. It’s a floating palace longer than a football field and with many perks. It is also a potential escape hatch.

これを読むと皇太子の進める方針は国王からダメ出しをされたもの(エルサレム認定問題とアラムコIPO)もあり最近は陰りも見えていたことがわかります。

まあ、サウジを擁護したい人はトルコ側からのリークが先行しているだけで何も確実なことはわからないという主張もあるでしょう。このあたりは先ほどのウエブサイトでも書いています。

Al-Monitor Staff  October 18, 2018
 
Why it matters: Ankara believes it has been successful in convincing global audiences that Khashoggi was murdered by officials closely linked to Crown Prince Mohammed bin Salman. At the same time, President Recep Tayyip Erdogan has yet to make an official statement about the case.
 
The dual game of leaks and official silence is widely seen as a bid to both embarrass and extract concessions from a geostrategic rival. Ankara and Riyadh are at odds over a wide range of issues, from Turkey's support for Qatar and the Muslim Brotherhood to Ankara's staunch opposition of Saudi-backed Kurdish rebels in Syria. What exactly the Turks hope to gain from their negotiations with the Saudis remains shrouded in mystery.

「サウジアラビアには私たちが考える「自由」はまだない」と飯山さんが書いているとおり、政治的な自由がほとんどなく、政治的自由度を示すランキングでサウジアラビアは世界のワースト10に入っています。日本は96、トルコは32、中国は14、イランは17でした。

FREEDOM STATUS: NOT FREE
Aggregate Score: 7/100 (0=Least Free, 100=Most Free)

Overview: 
Saudi Arabia’s absolute monarchy restricts almost all political rights and civil liberties. No officials at the national level are elected. The regime relies on extensive surveillance, the criminalization of dissent, appeals to sectarianism, and public spending supported by oil revenues to maintain power. Women and religious minorities face extensive discrimination in law and in practice. Working conditions for the large expatriate labor force are often exploitative. 

このレポートはカショギ氏の最後のコラムにあったものですが、彼が「表現の自由」の重要さを謳ったのもうなづけます。

 

期待の英和辞典、唯一気がかりな点

 
来月は研究社が新しい辞書を出すようですね。

文法(文の骨組み[フレームワーク])とイメージ(語の核心[ハート])をガッチリ組み合わせて、
実践力をつける英語学習を可能にします!
大学入試の新しい流れを見すえた編集で、収録項目10万5千。

ルミナス英和辞典が2005年から改訂されていなかったようで、上級学習英和辞典としては13年ぶりになります。もちろん全く新しい辞典ということはなく、おそらくルミナスをベースに、ライトハウスの良いところや最新の事項を盛り込んだものでしょう。

新しい項目の一つが「語のイメージ」。これを監修したのは大西 泰斗とポール・マクベイのお二人。ファンも多いですし、売り上げ貢献役を期待されているはずです。

語のイメージ+語義インデックス
 最重要語では「語のイメージ」の広がりを示して、多義語の意味の関連をわかりやすく表示。
 基本となる「コアイメージ」と、拡張された「派生イメージ」を関連づけて、単語をひとつながりの
 まとまったイメージで把握できるよう工夫した。
 単語の核心をネイティブのように感覚的に捉えて、読解だけでなく、書くこと、話すことにも応用が
 きくような理解に導く。

研究社のサイトでパンフレットが公開されているので、サンプルからざっくり確認して見ます。

以下のような項目は基本ルミナスを引き継いでいる感じです。

●語根で覚えよう
 語彙を増やすためには、語の成り立ちを知るのが近道。共通の語根を把握することで、複数の単語を
 まとめて記憶できる。

●構文
 大学入試に役立つような重要な構文について、そのパターンをとる動詞や形容詞、名詞をまとめて表示。
 
●日英比較
 発想・ニュアンスが日本語と違うために間違いやすい点に注目。

以下はパンフレットで紹介されていた項目をルミナスで調べて抜粋したものです。コンパスローズになり少し詳しくしたり、レイアウトを変えたりしているものもありますが内容はほぼ一緒です。

【単語の記憶】 《CIRC》 (環)
circle 小さい環, 円
circuit 一周
circulate 循環する
circumference 円周
circumstance (周りを取り巻くもの) → 事情

【構文】 「be+形容詞+(that) 節」をとる形容詞
[例] Are you sure (that) you turned the gas off? ガスは確かに消しましたか.
aware (…であることに)気づいている.
・careful (…するように)注意している.
・confident (…であると)確信している.
・disappointed (…であるので)がっかりしている.
・glad (…であるので)喜んでいる.
・proud (…であることを)誇りに思う.
・sad (…であるので)悲しい.
・surprised (…であるので)驚いている.

【日英比較】 日本語の「青い」は英語の blue よりも指す範囲が広く, 草木や信号の「青」などは英語では green を用いる. 顔色の「青い」は blue より pale を使うことが多い.

以下はライトハウスから盛り込んだ点でしょうか。ライトハウスの囲み記事が素晴らしいと以前このブログでも書かせてもらったので期待できる点です。

●コロケーション
 使用頻度が高く、英語らしいコロケーションをまとめて紹介。
 
●会話に役立つ例文
 会話や作文に使える例文を多数収録。
 
●ポライトネス
 コミュニケーションの鍵となるポライトネス(敬語などの使い方)を豊富な用例とともに解説。

辞書好きとしては迷わず買う予定ですが、TOEIC好きとして唯一気がかりな点があるとすれば以下です。

●TOEIC(R)テスト頻出の約2000語句を3段階に分けて明示。

パンフレットのサンプルにはrejectやcapitalにT1という高頻出語彙に分類されたマークをつけています。以下はルミナスの説明ですが、基本この方針を継承しているのでしょう。

TOEIC テスト頻出語句
『ルミナス英和辞典』 では TOEICテストによく出る約 2000 語句に頻度の高い順に 【T1】 【T2】 【T3】 の印をつけた. このリストでは 【T1】 を色つきの太字, 【T2】 を太字で示している. また成句・用例として収録されているものは見出し語を斜体字または ⇒ で示した.

2005年にこのような先見的な動きをしたのは評価できますが、頻出語句のチョイスがなんとも残念なんです。新形式の用例を調べる限りrejectもcapitalのどちらも登場回数はゼロではありませんが、片手で収まるほどです。研究社が夏に出したTOEICの基本単語帳にも入っていません。。。

これはあくまでサンプルであり、実際の辞典ではTOEICの基本単語帳の成果が盛り込んだものになっていればいいのですが。。。
 

(自分メモ)WWI なぜアメリカは中立を守っていたのか

 


Sarah Churchwell 

先ほど紹介した本を読んで「なるほど」と思ったところ。本のメインテーマとは離れていますが、どうして第一次世界大戦が開戦してからアメリカが中立を守っていたのかを書いているところ。

Western Europe was a full year into the Great War, while the United States remained neutral. Although public sentiment veered strongly towards protecting fellow neutral nations like Belgium from German occupation, many Americans viewed the conflict as an imperialist quarrel between two equally unsympathetic foes. Despite a strong animus against what was widely perceived as a baldly nationalist venture by Kaiser Wilhelm, there was plenty of anti-British sentiment to balance that out. The sun had not yet set on the British Empire, and it was not at all clear to many Americans why they should support the nation they had fought so hard (and within the memory of living people’s grandparents) to overthrow. Irish-Americans in particular were outraged at the idea of an allegiance with Britain, as most of them had emigrated to America to escape conditions created by British rule, an offence that only deepened after the British government's brutal response to the 1916 Easter Rising. Neutrality also meant hat US citizens could contribute relief to victims in war zones, and the nation gave generously.

Yutaは素朴にもっとアメリカが早く参戦してくれていたら被害も少なく戦争が終わったかもしれないのにと思っていたんですが、アメリカはアメリカでいろいろな思いがあったようです。帝国主義者同士の戦いでしょという冷めた見方もなるほどですし、イギリスと戦って独立を勝ち取ったのですから、なぜイギリスの肩を持つのかという気持ちもわからないではないですし、アイルランド系のアメリカ人にしたら母国を弾圧していた国ですから反発も強いでしょう。


プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR