fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

国際舞台を支える通訳

 

アメリカ国務省のYoutubeでちょうど通訳チームとその仕事を紹介しているものがありました。常勤は60人くらいだけど、1000人ぐらいの通訳プールがあるというのは驚きですね。

ちょうど今、国連総会が行われていますが、一体何人の通訳が働いているのでしょうね。

メモがわりのアップなのでこれだけなので、Wiredが通訳の様子を具体的に紹介してくれている動画も併せて載せておきます。




スポンサーサイト



 

PULL A TOM BRADY

 


1分すぎぐらい
SAVANNAH GUTHRIE ONE-ON-ONE WITH TENNIS LEGEND ROGER FEDERER AHEAD OF HIS LAST TOURNAMENT.
WOULD HE CONSIDER PULLING A TOM BRADY AND UNRETIRING.

アメリカのニュースに馴染んでいる人ならピンとくるのでしょうが、pull a tom bradyとくれば「引退撤回する」という意味になるようです。アメフトの名選手で引退を撤回したばかりだとか。

(Urban Dictionary)
Pull a Tom Brady
To pull a Tom Brady is to change one's mind after a big time decision.



>> YOU KNOW, UNRETIRING IS A THING NOW.
>> I KNOW.
>> TOM BRADY. NOW SERENA SEEMS TO BE WAVERING A LITTLE.
>> I'M DEFINITELY DONE. I KNOW THAT.

この報道を引用している記事でもこの表現が使われていました。引退が惜しまれる選手に対する自然な感情ですね。


Earlier, Roger Federer sat down with Savannah Guthrie from the Today show, to talk about his decision on retirement. Notably, this was his very first interview after releasing the statement on social media a few days back. 

When asked about pulling off a Tom Brady-inspired U-turn, Federer said, “No, I know, I’m definitely done, I know that.”

ニュース記事のありがたいところは補足説明があるところ。Tom Bradyの引退撤回の経緯について説明してくれているところです。

Notably, Tom Brady did the same after last season as he announced his retirement from the NFL. However, he allegedly changed his mind after seeing 37-year-old, Cristiano Ronaldo’s performance at the Old Trafford Stadium. In the latest NFL season, he will return to the Tampa Bay Buccaneers to possibly play a full season. 

セレナウィリアムズの方は引退撤回を明言しなかったので、フェデラーはキッパリとしたものです。



2分30秒あたり
So there's no chance of you pulling a Tom Brady and maybe saying, "You know what? Maybe I'm not ready.
I'm evolving into a -- coming back. Pickleball."
-You know what? Tom -- [ Laughter ] You know what? Tom Brady started an amazing trend.

こういうのは英語力とは無関係なので少し厄介ですね。ニュースに馴染むようにしないとピンとこないもので、YutaとしてはPickleballも知りませんでした。。。





 

第一報

 


The BBC is interrupting its normal programs to bring you an important announcement.
This is BBC News from London Buckingham Palace has announced the death of Her Majesty Queen Elizabeth II.

エリザベス女王死去を伝えるBBCの第一報です。上記のコメントの後、以下のバッキンガム宮殿からの発表を読み上げています。

The Queen died peacefully at Balmoral this afternoon.

The King and The Queen Consort will remain at Balmoral this evening and will return to London tomorrow.

黒スーツと黒ネクタイとで報じているので、それなりの準備ができていたのでしょう。バッキンガム宮殿はこの前に医師団が容態を見守っていることを発表していました。死去の発表が18時30分。健康状態を懸念している発表が12時30分なので、その間、6時間ありました。

Following further evaluation this morning, The Queen’s doctors are concerned for Her Majesty’s health and have recommended she remain under medical supervision.

The Queen remains comfortable and at Balmoral.

ちょっと横道に逸れますが、第一報が事実を簡潔に伝えるのに比べて、ニューヨークタイムズの記事では女王の足跡を簡単に纏めた形でニュースの第一段落を伝えています。比べるとその違いが際立ちますね。

By Alan Cowell Sept. 8, 2022 Updated 5:46 p.m. ET

Queen Elizabeth II, Britain’s longest-serving monarch, whose broadly popular seven-decade reign survived tectonic shifts in her country’s post-imperial society and weathered successive challenges posed by the romantic choices, missteps and imbroglios of her descendants, died on Thursday at Balmoral Castle in Scotland, her summer retreat. She was 96.

戻りますが、BBCの報道の舞台裏を報じてくれている記事がありました。メディアは非公式ながら午後遅くに亡くなった情報を得ていたようで、公式発表を待ち構えていたようです。また、年齢も年齢だったのでまさかのための準備はなされていたようです。定期的にリハーサルもしていたとか。

Broadcasters followed carefully laid plans to deliver news of monarch’s passing

Media sources learned that the Queen, 96, had died late in the afternoon, with the expectation of official confirmation between 6pm and 7pm.

Official news of the Queen’s death was announced by Edwards at 6.30pm on BBC One, breaking into programming on the BBC’s other channels. The broadcaster then played the national anthem, in line with a well-rehearsed plan that has been practised regularly in recent years.

The BBC’s news division has been holding regular rehearsals on how to cover this moment, not all of which went to plan. On one occasion, in 2015, a BBC journalist announced on Twitter that the Queen had died after mistaking a training exercise for the real event.

しばらくの間、女王の功績を取り上げる番組によって埋め尽くされるのでしょうが、今の時代、そればかりの報道だと苦情がくる可能性があるので、バランスを気にしているそうです。

Broadcasters face a delicate balancing act between marking the historic moment and not causing modern audiences to switch off or turn to other forms of media. Last year, the BBC received its highest-ever number of complaints about its wall-to-wall coverage of Prince Philip’s death.


 

ネイティブとの越えられない壁 イメージ編

 
今回は、下記の記事でも取り上げている駐英ロシア大使館のツイートを考えてみたいと思います。

JSF軍事/生き物ライター 8/16(火) 12:00

この記事では日本語が変というのと、広島の原爆写真で使われていたものが長崎のものだったということで日本人が作ったツイートではないと推測しています。

またロシア大使館のスクリーンショット画像にはザポリージャ原発の写真の右に「Hiroshima after …」と、被爆した神社の鳥居の写真が貼られていますが、実際にはこれは広島の写真ではなく、長崎の山王神社の写真です。

このブログで見ていくのは、原爆の被害イメージとして長崎の山王神社の写真が海外ではインパクトを持っているという点です。日本だと広島なら原爆ドーム、長崎なら浦上天主堂かなと思うのですが、海外だと鳥居があった方が日本であることが連想しやすいためか、この写真がよく使われている感じです。例えば以下の本では表紙に使われています。

9781250070050.jpg

ちなみに以前取り上げたのですが、この鳥居は原爆を生き延びたものの後にトラックがぶつかって倒れてしまい撤去されてしまっているようです。こちらの動画では3分あたりから広島は広島ドーム、長崎はこの鳥居を映しています。



本の表紙に使われるようなインパクトがあるためか、こちらの記事でも冒頭にこの神社の写真が使われています。やはり海外の人にとってはイメージしやすい写真なのでしょう。


本と記事のたった2例ではありますが、この鳥居の写真は、広島と長崎の両方を含めた日本での原爆被害を示す役割を果たしている感じです。でもそうなるとこの写真が広島での被害と勘違いも起こりやすくなるかもしれません。

どちらもDaily Mailという英国のタブロイド紙ですが、広島というキャプションをつけてしまっています。

By JOHN HALL FOR MAILONLINE
PUBLISHED: 11:45 GMT, 6 August 2015 | UPDATED: 12:55 GMT, 6 August 2015
AbombHiroshima02.png

By DAILY MAIL REPORTER  UPDATED: 10:08 BST, 15 March 2011
AbombHiroshima01.png

「広島と長崎を混同するとはけしからん」となるかもしれませんが、日本人にとってもこの鳥居はものすごい有名というわけではないので長崎の写真とはわからない人もいるかもしれません。

英語学習者は英語運用力を上げることを優先すべきなので、深入りすべきではないですが、たとえ同じ事象でも受け止め方に差異が起こりやすいことは自覚的でありたいです。
 

Web3.0とは

 


回収本騒ぎがありましたが、英語業界も他人事ではありませんね。TOEICを全く知らない人が教材作成に携わることはほとんどなくなりましたが、そこらへんの見極めは外側からは難しいものです。

Twitterで当該本のおかしいところを指摘していた人が何人もいましたが、IT関連は疎い自分だったら読み飛ばしていたかもしれません。

そこでWeb3について、ちょっと調べてみました。さすがはNew York Times丁寧に特集を組んでいました。暗号通貨との文脈で出てくる語のようです。Web1とWeb2の違いから説明してくれています。

I want to understand web3. But first, can you remind me what web1 and web2 were?

Sure. Web1, in the traditional telling, refers to the internet of the 1990s and early 2000s. It was the internet of blogs, message boards, and early portals like AOL and CompuServe. Most of what people did on web1 was passively read static web pages, and much of it was built using “open protocols” like HTTP, SMTP and FTP. (Don’t worry about what those things are — just know that an open protocol is a piece of web infrastructure that isn’t owned by a single company, and that the concept of open protocols is going to reappear a few sentences from now.)

Web2, the story goes, was the next phase of the internet, starting around 2005 or so — the one characterized by social media behemoths like Facebook, Twitter and YouTube. In web2 (or Web 2.0, as it was usually called then), people began creating and posting their own content, actively participating in the internet rather than passively reading it. But most of that activity ended up being distributed and monetized by big companies, which kept most, if not all, of the money and control for themselves.

Web3, the story goes, will replace these centralized, corporate platforms with open protocols and decentralized, community-run networks, combining the open infrastructure of web1 with the public participation of web2.

最新の動きに疎いと次のような記事があるとなぜか安心してしまいます。WSJは英語と日本語を相互に参照しやすいので便利ですね。

Users and investors are re-evaluating token-based companies amid the broader cryptocurrency downturn
Web3ブーム崩壊の足音、仮想通貨暴落で道連れ
By Berber Jin 2022 年 7 月 12 日 04:18 JST

The cryptocurrency rout has spread to startups that offer users digital tokens, pushing down digital asset prices and driving away hordes of users.
暗号資産(仮想通貨)暴落の影響がデジタル資産を介したサービスを提供するスタートアップ企業にも広がってきた。

The startups—part of what has been called Web3—allowed users to play virtual games and collect digital assets, and the companies’ growth was hinged on interest from people eager to wade into blockchain-based assets. The broader cryptocurrency downturn this year is causing a downturn in users in many Web3 companies, and players and investors are re-evaluating the utility of token-based business models.
 これらのスタートアップ企業は、ブロックチェーン(分散型台帳技術)技術を用いたサービスを提供する「Web(ウェブ)3」の一端を形成する。ユーザーは仮想ゲームをプレーしながら、トークンなどデジタル資産を手に入れることができる仕組みだ。ブロックチェーンを基盤とする資産に人々がどれほど関心を抱くかが、これら企業の成長を左右する。今年に入って仮想通貨がほぼ全面的に売り込まれていることで、ウェブ3企業の多くも苦境に追い込まれた。こうした中、ユーザーや投資家の間ではトークンに基づく事業モデルの有効性を見直す動きも出てきた。

NYTの記事に戻りますが、そうは言っても最近よく耳にするようになっているのは、資金も人も集まりつつあるからだそうです。

Why are so many people talking about web3 all of a sudden?
Part of it is the usual cocktail of hype, marketing and fear of missing the next big thing.

But the web3 boom also reflects the amount of capital, talent and energy pouring into crypto start-ups on the heels of a yearslong crypto bull market. Venture capital firms have put more than $27 billion into crypto-related projects in 2021 alone — more than the 10 previous years combined — and much of that capital has gone to web3 projects. Some big tech companies, such as Twitter and Reddit, have also started experimenting with their own web3 projects.

And the industry has become a magnet for tech talent, with many employees of big tech firms quitting cushy, stable jobs to go seek their fortunes in web3.

胡散臭そうという先入観でノーマークだったのですが、野次馬的な好奇心で少し学ばせてもらいました。

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR