FC2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

オリンピックまで100日切る

 


オリンピックまで100日となった今も歓迎ムードとは程遠い状況ですね。日本のメディアでも紹介されたガーディアンとニューヨークタイムズの記事を読んでみました。

ガーディアンの方は社説でコロナ感染拡大に寄与する恐れがあるので東京大会の中止を提言していました。Must the show go on?は以下のイディオムからです。載せてくれている辞書は思ったより少なかったです。

(英辞郎)
The show must go on.  
〔何が起ころうとも〕役者は最後までショーを続けなければならない。

(オーレックス)
いったんやり出したことは最後までやり遂げなければならない(「上演は続けねば」から)

(研究社『新英和大辞典』)
今さら後には引けない

Editorial Mon 12 Apr 2021 18.25 BST
With coronavirus surging in Japan and internationally, this summer’s Games are a risky prospect

As coronavirus swept the globe last spring, Japan portrayed the postponement of the Tokyo Olympics and Paralympics until this summer as an opportunity as well as a necessity. The delayed Games would be the light at the end of the tunnel; a celebration of humanity’s victory over Covid.
コロナウィルスが昨春世界で流行した時、日本は今年の夏までに東京オリンピックとパラリンピックの延期したことを必要なだけでなく好機として描いた。延期した大会はトンネルの出口の光で、コロナウィルスへの人類の勝利を祝うものになるはずだった。

With around 100 days to go, that promise now looks not merely optimistic, but flat wrong. The Olympics are approaching amid a resurgence of the virus and the opposition of the vast majority of the host nation. Grumbles are a familiar part of the Games cycle, dispelled as momentum builds in the final weeks. But the current concerns go far beyond the usual worries about slow ticket sales or uncompleted venues.
残り約100日となったことで、この約束は単に楽観的だけでなく全くもって誤ったものに見える。オリンピック開催が近づく中、感染が再発し、開催国の国民の大半が反対するようになっている。不平不満は大会準備においてよく見られるものだが、開催前の週で盛り上がってくると不満は払拭される。しかし現在の懸念事項は通常の心配事、チケット販売不振や会場建設の遅れなどとは遥かに異なっている。

命を大事にしなくてはいけないのはもっともな主張です。

The big issue, though the Olympic movement does not care to acknowledge it, is the billions of dollars at stake. Set against that are the lives that could be lost. The head of the IOC, Thomas Bach, insists that there is no plan B (though he said that last March too). But Japan and the IOC must ask themselves whether this event can really be justified. If they decide that the Games should go ahead, they must ensure that the rules are not just communicated but enforced. Undoubtedly, the cancellation of the Games would lead to disappointment and financial losses. However, these factors must be weighed against any risk that the Olympics could make the pandemic worse.
大きな問題は、オリンピック側は認めたくないだろうが、何十億ドルが台無しになることだ。これに反対するのは、命が失われる可能性があるからだ。バッハIOC会長は代替案はないと言っている。(昨年の3月にはあると言っていたが)。日本とIOCが自問すべきだ、この大会が本当に正当化できるかどうか。大会を進める決断をするのなら、規則を伝えるだけでなく強制させるようにすべきである。間違いなく、大会中止は失望と経済的損出につながるだろう。しかし、このようなことはオリンピックが感染症をさらに悪化させるリスクを考慮して検討すべきだ。

ニューヨークタイムズの方は社説ではなく、意見記事のような形をとっていました。こちらはもっと過激で、現在のオリンピックのあり方そのものを批判しています。

SPORTS OF THE TIMES
Displacements, human rights violations, health concerns and overspending have dogged the Games in recent years. The Olympic mission is a mess in need of long-term fixing.
By Kurt Streeter Published April 12, 2021

Are the benefits worth the costs?
利点はコストに見合うものか。

Should the Olympics continue to exist if they keep causing such harm?
オリンピックは引き続き存在すべきか、このような損害を生み出し続けるにもかかわらず。

What could genuine reform look like?
本当の改革はどのようなものになりうるのか。

Here are a few ideas.
ここに幾つかのアイデアがある。

Stop awarding the Games to authoritarian nations that blatantly disregard human rights.
人権を全く尊重しない独裁国家で大会を開催しないようにすること。

Give athletes greater power — not just so they can protest from the medal stands, but so they can be equal partners in shaping the entire Olympic movement.
選手に今より権限を与えること。表彰台で抗議できるようにするためではなく、平等なパートナーとして、オリンピック大会運営全体を作り上げるためである。

Instead of hopscotching across the world, consider alternatives. Maybe park the Games permanently at a pair of well-used venues — one for summer, one for winter. That would cut costs, environmental damage and displacement. It would also end the churn of a bidding process that invites corruption.
世界中を転々とするのではなく、代替策を考えること。大会を永続的に固定した場所で開くこと。一対のよく使う会場、夏季大会用と冬季大会用に限定すること。費用削減、環境破壊や廃棄を避けることができる。また汚職を招く入札プロセスのゴタゴタを終わらせることにもなる。

Or decentralize. Hold individual events in already built sites across the globe during a three-week window. Sure, we’d have to give up the spectacle of a lavish opening ceremony and the thought of athletes from different sports mingling in Olympic Villages. But in an interconnected world full of lavish spectacle, is all that still a must?
もしくは分権を進めること。各競技の大会を3週間で世界中で既に建設済みの会場で開くこと。もちろん、壮大な豪勢な開会式はあきらめないといけないし、選手村で異なる競技の選手と交わなくなる。しかし、相互に繋がった世界で壮観な見せ物はたくさんある中、これらは絶対必要なものだろうか。

I admit, there aren’t many straightforward answers, but it’s time to work toward a new future.
認めないといけないのは、明快な答えは多くないことだ。だが、新しい将来に向けて取り組む時だ。

東京オリンピックでも半日しか使わない会場があるみたいで、無駄の極みに思えてしまいます。今のような形で続ける必要性をYutaも感じることができません。
 

appear toの用法

 
2021年04月13日12時02分
 【ワシントン時事】米国務省のプライス報道官は12日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決定したことについて声明を発表した。「独特で困難な状況において、日本は透明性を保ち、世界的な原子力安全基準に合致した手法を採用したようだ」と評価した。

上のニュースで「〜ようだ」という声明が気にかかり、この部分の原文にあたってみるとappear toが使われていました。 

In this unique and challenging situation, Japan has weighed the options and effects, has been transparent about its decision, and appears to have adopted an approach in accordance with globally accepted nuclear safety standards.
この類をみない、困難な状況で、日本政府は選択肢とその影響を比較検討し、決定については透明性を確保してきた。国際的に受け入れられた原子力安全基準に合致した方法を採用したように思える。

appear toの用法は以下の通りで辞書的説明だと「客観的判断から「そう見える」こと」のようです。大切な部分で米国政府が言切らなかったのは何か引っかかる部分があったのでしょうか。

(ウィズダム)
appear 
語法
①主に話し手の視覚に基づく推論を表すが, 〘かたい書〙 ではseemの代わりに用いられる.
****
類義 seemとappear, look
seem は話し手の主に主観的な判断で「…と思われる」ことを表す. appearはseemより〘かたい〙 語で, 主に客観的判断から「そう見える」ことを表す. またlookは外観[外見]から見て「…のように見える」ことを表す.

声明は大変短いものです。

PRESS STATEMENT
NED PRICE, DEPARTMENT SPOKESPERSON
APRIL 12, 2021

The Government of Japan (GOJ), in close coordination with the International Atomic Energy Agency, has taken measures to manage the aftermath of the Fukushima Daiichi nuclear accident in March 2011, including radiation monitoring, remediation, waste management, and decommissioning. The GOJ announced its decision on the Basic Policy on Handling of the Advanced Liquid Processing System (ALPS) Treated Water to dispose of the treated water by discharging it into the sea.
日本政府は、国際原子力機関と密接に連携して、2011年3月の福島第一原発事故の事後処理の対応を取ってきてた。放射能測定や復旧活動、廃棄物管理、廃炉などである。日本政府の発表した決定では多核種除去設備(ALPS)処理水の処分に関する基本政策に関するものである。処理水の処分として海洋放出する予定である。

The United States is aware that the GOJ examined several options related to the management of the treated water currently being stored onsite at the Fukushima Daiichi site. In this unique and challenging situation, Japan has weighed the options and effects, has been transparent about its decision, and appears to have adopted an approach in accordance with globally accepted nuclear safety standards. We look forward to the GOJ’s continued coordination and communication as it monitors the effectiveness of this approach.
アメリカ政府が把握しているのは、日本政府が処理水の管理方法につていくつかの選択肢を検討したことだ。現在処理水は福島第一の現地に貯蔵されている。この類をみない、困難な状況で、日本政府は選択肢とその影響を比較検討し、決定については透明性を確保してきた。国際的に受け入れられた原子力安全基準に合致した方法を採用したように思える。期待するのは、日本政府が引き続き調整・意思疎通を図りながら、この方法の効果を監視していくことだ。

ブリンケン国務長官もツイッターでこの件に触れていました。

We thank Japan for its transparent efforts in its decision to dispose of the treated water from the Fukushima Daiichi site. We look forward to the Government of Japan's continued coordination with the 
@iaeaorg.
日本に感謝します。透明性を確保したやり方で福島第一からの処理水処分の決定されました。日本政府が引き続きIAEAと調整していくことを期待します。

興味深かったのはこのツイートの反応です。色々な反応が飛び交うんですね。。。

(中国のジャーナリスト)
With such a warm greeting from US top diplomat, the Japanese government may decide to instead send the water as a gift to the White House and Foggy Bottom.  It’s IQ Boost water.
アメリカの外交官トップがそのような歓迎をすると、日本政府は代わりにホワイトハウスと国務省に贈り物としてこの処理水を送る決定をするかもしれない。IQが高くなる水なので。

(中国の外交官)
Japan decided to discharge nuclear waste water into the sea! However, the US Secretary of State tweeted: Thank you for the transparent efforts.... 
Netizens criticized: Are you serious? Don’t you know that sewage pollutes the ocean? What will he say if China does it?
日本が原子力の廃棄水を海に放出する決定をした!しかしながら、米国の国務長官は透明性を確保したやり方を感謝するとツイートした。
ネット市民は批判する。本気なのか。排水は海を汚染すると知らないわけじゃないはずだ。中国がやったらなんと言うだろう。

ジャーナリストは直接批判していましたが、外交官はネット市民に語らせています。。。
 

Tree huggerはどこから来たの?

 


ビルゲイツ批判としてご紹介したNavdanyaという団体はVandana Shivaさんが率いる団体だったようです。Tree huggerはどこから来たの?に関心がある方は最初を飛ばしてください。

(Wikipedia)
ヴァンダナ・シヴァ(Vandana Shiva、1952年[1]11月5日 - )は、インドの哲学者、環境活動家。
ウッタラーカンド州デヘラードゥーン生まれ。1978年、ウェスタンオンタリオ大学で博士号取得。
1993年、ライト・ライブリフッド賞を受賞。2012年には福岡アジア文化賞・大賞を受賞[2]した。
緑の革命や遺伝子組換え作物に代表される現代農業に対して批判的である[3]。

彼女に対して批判的な論調もあります。下記は彼女のレクチャーに対して問題点を指摘しています。

Alison Van Eenennaam | March 12, 2021

Freedom from the Poison Cartel through Agroecology”
Vandana Shiva, Research Foundation for Science, Technology and Ecology

In just 100 years, the chemicals and technologies of war-based conglomerates, which produced and profited from the chemicals that killed millions of people during the two world wars, have continued their destruction, wiping out millions of species by spreading poisonous agrichemicals, destroying our fragile ecosystems, poisoning our soils and entire web of life, undermining every aspect of our lives for financial profit. They have enlarged their empires and established monopolies through free trade neoliberal policies and deregulation of commerce, broadening their control over our lives. They are attacking life on earth and biodiversity and threatening farmers’ rights to seed and people’s rights to affordable medicine through patents and intellectual property rights (IPRs). The “Big 6” chemical and GMO corporations that own the world’s seed, pesticides and biotechnology industries are now enlarging their empire with mega buyouts. Syngenta has merged with ChemChina ($43 billion deal). Dow Chemical, which bought up Union Carbide responsible for the Bhopal disaster killing over 20,000 people, has merged with Dupont ($122/130 billion deal) while Bayer has merged with Monsanto (over $63 billion deal).

We will discuss research and publications on the toxicity of glyphosate – the main chemical in Monsanto’s RoundUp – and legal cases which have brought Monstano to justice including the San Francisco based Dewayne Johnson vs. Monsanto (2018, $78M) and the Monsanto Tribunal in the Hague (2016). Additionally, we will discuss the effectiveness of Navdanya’s current resistance and political advocacy work for Poison-Free Food & Farming by 2030, and the global movement for agroecology as a living alternative. 

冒頭の動画の1分40秒あたりでChipcoという運動に触れていて、ChipcoがHugの意味であると語っています。tree huggerという表現がイディオムになったのはこのChipcoというインドのヒマラヤ地域での伐採反対運動にあったようなのです。




Michael A. Estrada  /  6 Min Read  /  Activism

200 Years Later
In 1973, the history of the Bishnoi (aka the OG tree huggers) became the key inspiration and impetus for nonviolent protests against deforestation in Northern India, in what is now known as the Chipko movement. The now broadly used tree hugger term entered our collective psyches through the popularization of the Chipko movement (chipko, “to hug” or “to embrace”), which continued for eight years, until 1981. (This past March marked its 45th anniversary.)
200年後
1973年にBishnoiの歴史(別名、OGの木を抱く人びと)がインド北部で森林破壊に反対する非暴力抗議の主要なきっかけと励みになった。これは今ではChipko運動と呼ばれる。今では広く使われているtree huggerという言葉が我々の集団心理に浸透したのはChipko運動が注目を浴びたからだ。(Chipkoの意味は「抱く」「抱擁する」)この運動は8年間、1981年まで続いた(今年の3月は45周年に当たる)。

(中略)

Alongside the praise it received within India itself, the international attention these protests attracted can be largely attributed to a few reasons:
インド国内でも賞賛を受けたが、国際的な注目をこの抗議活動が集めたのは、主に以下の理由によるものだ。

1. Its element of nonviolence;
2. the leadership and bravery of the women who placed themselves between the would-be loggers and the trees;
3. its significance in ecofeminist thought and discussion;
4. and finally, the ability for the story to travel as fast as it did. The Chipko movement took place in the ’70s as opposed to the early 1700s, and attracted mass media attention.

1. 非暴力の要素
2. 伐採者と木の間に自らが間に入った女性のリーダーシップと勇気
3. 環境女性運動の考えと議論の意義
4. 最後に、この話が素早く伝わったこと。1700年初めではなく、1970年代に始まったChipko運動はマスメディアの注目を集めた

英語学習的にはtree hugger=環境保護者でいいんですけど、言葉には歴史があると知れるエピソードですね。
 

出来レース??

 


Scientists say beef is bad for the planet. Do we really care what those nerds have to say? Yes, we do. Impossible Meats made from plants.
科学者によれば牛肉はこの惑星のためにならないそうだ。気にする必要があるのかい、こんなオタクたちがお願いしていることなんて。もちろん、気にしします。Impossible Meatsは植物由来です。

植物由来の肉を作っているImpossible Foodsが米国全土で広告キャンペーンを展開し始めたそうです。こういう盛り上がりは実際に住んでいないとなかなか実感できないですよね。

April 06, 2021 06:00 AM Eastern Daylight Time
REDWOOD CITY, Calif.--(BUSINESS WIRE)--Impossible Foods is launching its first national advertising campaign as the leading food tech startup accelerates growth and takes advantage of mounting economies of scale.
Impossible Foods社が始めたのは、初めての全国広告キャンペーンだ。この主要な食料テクノロジースタートアップ企業は成長を加速しており、スケールメリットを活かし始めている。

The campaign, titled “We Are Meat,” features TV spots with the meaty, mouth-watering images and salacious sizzle of the company’s award-winning burgers. Produced by Portland, Ore.-based Wieden+Kennedy, the advertisements proudly and unapologetically claim that Impossible Burger, which contains no animal ingredients, is meat for meat lovers — made from plants.
このキャンペーンは「我々はお肉」と銘打ち、TVスポットで肉感溢れた、食欲をそそるイメージとジューシーで受賞歴のある同社のハンバーガーを全面に出している。オレゴン州ポートランドを拠点とするWieden+Kennedy社がプロデュースした広告は、誇らしく堂々と、Impossible社のハンバーガーは動物由来の材料が含まれていないものの、肉好きのための肉だが植物由来だと売り込んでいる。

しかも昨今のブームに乗り、IPOも進めているとか。

PUBLISHED THU, APR 8 20213:06 PM EDT

Impossible Foods is preparing for a public listing which could value the U.S. plant-based burger maker at around $10 billion or more, according to people familiar with the matter.
Impossible Foods社が準備しているのは株式公開で、植物由来のハンバーガーを製造するこの米国企業の価値が100億ドル以上になる可能性があると、情報筋が語った。

This would be substantially more than the $4 billion the company was worth in a private funding round in 2020. It would highlight growing demand for plant-based meat products, driven by environmental and ethical concerns among consumers.
この額は40億ドルを遥かに超えることとなる。40億ドルは同社が民間資金調達ラウンドで2020年に調達した額だ。植物由来の肉製品の需要増加を示すもので、消費者の環境意識と倫理観によって支えられている。

今年初めにゲイツが人工肉をプロモートして、その後にImpossible Foodsが全国キャンペーンとIPO準備。いささか出来過ぎの感じもしますね。ビルゲイツはこの会社にも出資しているそうです。Nationの記事の言葉が思い出されます。

In some ways, Gates’s book could be read as a long-winded advertisement for his investments, because he devotes many pages to promoting the need for new technologies to fight climate change. At one point, Gates even calls on the US government to become a co-investor in advanced nuclear energy companies, like the one he founded, TerraPower (which has yet to put any energy into the power grid).
ある意味で、ゲイツの本は彼の投資案件の長ったらしい広告として読むことができるかもしれない。彼が多くのページを割いているのは気候変動に取り組む新規テクノロジーの売り込みなのだから。



植物由来で、二酸化炭素排出量が少なければいいのか? 生物多様性とは無縁の、農薬を使った単一作物の機械化農業で作られたものではないか、しかもこの会社はGMO(遺伝子組み換え生物)を使っていると手厳しいのは種子や生物多様性の保護を主導する団体による批判です。ビルゲイツの批判を大々的にしているようです。

01/04/2021 at 3:04 pm

The perpetuation of ecologically damaging practices
Fake food advocates claim it is a real solution to climate change and solves environmental degradation, while also ironing out animal welfare concerns. For instance, Impossible Foods[34] declare their plant-based meat needs 96% less land, 87% less water and emits 89% fewer greenhouse gases than conventional animal-based products.
環境破壊活動の永続化
模造食品の支持者たちの主張では、これこそ気候変動の真の解決策で環境破壊を解決し、動物愛護の問題も対応できる。例えばImpossible Foods社によれば同社の植物由来の肉は96%も少ない土地、87%も少ない水しか必要とせず、89%も少ない温室効果ガスしか排出しない。比較対象は従来の動物由来の製品である。

However, fake food has a larger carbon footprint than less-processed plant proteins[35]. Plant-based substitutes are up to seven times more GHG-intensive than whole pulses. Cell-based meat also emits more GHG than animal products, like pork or poultry. Recent research even suggests that over the long-term, the environmental impact of lab-grown meat[36] could be higher than that of livestock.
しかし、模造食品は、加工が少ない植物性プロテインよりも二酸化炭素消費量が大きい。植物由来の代替食品は全体よりも7倍も温室効果ガス排出量が多い。培養肉も温室効果ガス排出量が大きく、豚や鶏などの食肉よりも大きい。最近の研究によれば長期間において、培養肉の環境への影響は畜産のものより大きくなるとみられている。

Moreover, fake food is advertised as “eco-friendly”, and yet it is made with proteins from pea, soy, or corn which are being grown on a large, industrial scale, relying on tillage, monocultures, toxic pesticides, and often, GMOs. The Impossible Burger is made with GMO Roundup-sprayed soya, leading to massive ecological devastation[37]. Total levels of glyphosate detected in the Impossible Burger by Health Research Institute Laboratories were 11.3ppb, making its consumption highly dangerous[38] as only 0.1ppb of glyphosate can destroy gut bacteria, damage to vital organs like the liver and kidneys, cause reproductive abnormalities, or even tumors, as glyphosate is also a “probable human carcinogen”. More broadly, the reliance on pesticides is directly linked with long-term chronic health problems, for consumers and farmers.
さらに、模造食品は「環境に優しい」と広告されているが、それでも豆やトウモロコシからのプロテインから生産されているので、大規模な産業化されたやり方で育てられ、耕地、単一作物、有害な殺虫剤、時にGMOに頼っている。除草剤に含まれているグリホサートがImpossible社のハンバーガーで見つかったとHealth Research Instituteの研究所が発表したのだが、11.3ppbで食するのが非常に危険なレベルだった。グリホサート0.1ppbほどで腸のバクテリアを破壊し、肝臓や腎臓などの重要な臓器を損傷させ、生殖異常や腫瘍などの原因となるとされる。またグリホサートは発癌性物質ともみられている。さらに一般的には殺虫剤に頼っているため慢性的な健康被害を消費者と生産者に対して直接引き起こす。

まあ、Impossible Foods社がGMO(遺伝子組み換え生物)を使用しているのは別に隠していることではなく、Wiredの動画でも触れていますし、会社のウエブサイトでも同社の製品に不可欠だと説明しています。

Genetic engineering is an essential part of our mission and our product. We’ve always embraced the responsible, constructive use of genetic engineering to solve critical environmental, health, safety and food security problems, and have long advocated for responsible use of this technology in the food system. We wouldn’t be able to make a product that rivals or surpasses beef on flavor, texture, nutrition, sustainability, versatility and accessibility without it.
御社の商品には、遺伝子組み替え材料が含まれているのでしょうか。
遺伝子工学は弊社のミッションと製品には不可欠な部分です。弊社では常に責任を持って、建設的に遺伝子工学を用いて重要な環境、健康、安全、食糧安全保障に関する問題の解決できるように取り組んでおります。長年、弊社は当技術を食糧システムの中で責任感を持って使用するよう主導してきました。弊社が牛肉に匹敵し、それを凌駕するような製品が作れるのも、味や質感、栄養面、持続可能性、多用途性、手に入りやすさを実現するのはこの技術なしでは不可能です。
 
We use two key genetically engineered ingredients: heme (soy leghemoglobin) -- the “magic” molecule that makes meat taste like meat -- and soy protein.
弊社が使用しているのは、2種の主要な遺伝子操作原料です。heme(大豆レグヘモグロビン)、「魔法のような」分子で肉のような味を生み出します。それと大豆タンパクです。

Yutaとしては新しい技術好きなのでビルゲイツの試みはワクワクしながら見ていますが、だからこそこのような批判にも敏感になってしまいます。
 

幻のGreen Revolution

 
先ほどのゲイツ批判は総論みたいな形ですが、こちらはゲイツ財団のアフリカの農業支援の取り組みを批判したものです。





やたらGreen Revolutionを推していて、本でも化学肥料の大切さをビルゲイツが強調していたのは、彼の財団がAlliance for a Green Revolution in Africa (AGRA)というものに関わっているからかもしれません。ノーマン・ボーローグはロックフェラー財団と協力して進めていたのですが、このAGRAもまさにロックフェラー財団が関わっているというのです。ノーマン・ボーローグの伝記を紹介するなら、しれっと紹介するのではなく、自分のプロジェクトの関わりに触れるべきですよね。



昨年の夏にこのプロジェクトの成果に疑問を呈した報告書が発表されたそうです。それが以下です。


それを踏まえた批判記事がジャパンタイムズにありました。

Jayati GhoshNEW DELHI –

This approach is exemplified by the Alliance for a Green Revolution in Africa (AGRA), an initiative launched in 2006 by the Bill & Melinda Gates Foundation and the Rockefeller Foundation. AGRA’s programs support the use of high-yielding commercial seeds, synthetic fertilizers, and chemical pesticides in a monocropping model to increase yields per acre. Surprisingly, advocates of this approach seem largely unaware that similar projects in many Asian developing countries previously produced medium-term results that were mixed at best and were often associated with major ecological problems.
この取り組みの格好の例がアフリカ緑の革命連合(AGRA)によるもので、2006年ビル&メリンダ・ゲイツ財団とロックフェラー財団によって発足したイニシアチブだ。AGRAのプログラムが支援するのは高収量の商用種子、合成肥料、化学殺虫剤を用いて単一作物をしてエーカーごとの収穫量をあげるもの。驚くことに、この取り組みの支援者がほとんど気づいていないのは、多くのアジアの開発途上国で類似のプロジェクトがこれまで中間の結果して出しておらず、せいぜいまちまちの結果で、しばしば大きな生態系の問題を生み出したことだ。

AGRA initially aimed to double the household incomes of 20 million small-scale African farmers by 2020, and halve food insecurity in 20 countries through productivity improvements. It then adopted the more ambitious targets of doubling yields and incomes for 30 million farming households by 2020. But with the deadline approaching, AGRA has shifted the goalposts, and is now promising, much more modestly, to increase incomes (by an unspecified amount) and improve food security for 30 million smallholder farm households in 11 African countries by 2021. In a recent response to criticism, AGRA was even more circumspect, claiming that its goal is to reach only nine million farmers directly and the remaining 21 million indirectly (though what that means is not clear).
AGRAが当初目指していたのは2000万の小規模アフリカ農家の世帯収入を2020年までに倍増し、生産性改良により食糧安保に問題のあった20の国を半分にすることだった。その後、さらに野心的な目標を採用し、2020年までに3000万の農家の収量や収入を倍増することを目指した。期日が近づくにつれて、AGRAは目標をずらして、今約束をしているのは、はるかに大人しくなったもので、収入を増やし(具体的な量は言及せず)、食糧安保をアフリカ11カ国の3000万の小規模農家で2021年までに改善するというものだ。最近、批判に答えて、AGRAはさらに慎重になり、目標は900万の農家が直接達成するもので、残りの2100万の農家は間接的に達成する(どのような手段でかは不明)と表明した。

なんか、遺伝子組み換え作物について見た光景と同じに思えます。フィランソロピーという言葉が企業活動の隠れ蓑になっていないでしょうか。

Moreover, the report showed how the adverse outcomes associated with Green Revolution practices elsewhere were also evident in AGRA countries. Land use shifted away from more nutritious and climate-resilient traditional crops like sorghum and millet toward “high-yielding” maize that required farmers to buy more expensive seeds, often causing indebtedness. Monoculture and heavy use of chemicals (such as petroleum-based fertilizers) led to soil acidification and other ecological problems affecting future cultivation. Monoculture has also made diets less diversified and nutritious by reducing production of staple root crops like cassava and sweet potato.
さらに、報告書によればGreen Revolutionの実施に関連して好ましくない影響がAGRA諸国ではっきりと現れている。土地の利用方法がシフトし、栄養価が高い、気候への耐性もある伝統的な作物、ソルガムやアワから、「高収量」のトウモロコシに変わったため、農家はより高価な種子を購入しなければならず、負債に陥るケースも生まれている。単一作物や(石油由来の肥料など)化学物質の過剰利用は土壌の賛成かなどの生態系の問題を引き起こし将来の栽培に影響を与えている。単一作物により、食事の多様化が失われ、栄養価も低くなっている。主食の根菜だったキャッサバやサツマイモの生産量が減ったためである。

AGRA批判の記事は他にもいくつか出ていて同じ論調の批判ですね。まあ恐らく先ほどの報告書をもとにしているでしょうから似てしまうのは仕方がないかもしれません。

The Alliance for a Green Revolution in Africa (AGRA) is a favorite cause among Western donors — including Germany. But a study finds that the work of the organization is actually counterproductive.
Date 15.08.2020 Author Daniel Pelz (ss)  

*******

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR