Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

Leaning againstだけじゃない

 
先ほどのオバマ大統領夫妻の肖像画の発表会ではSaimonSaysというサイトで演説をスクリプトを追いながら見ることができます。

この肖像画どのように描写するか、leaning forwardのように表現しているメディアが複数ありました。

(Washington Post)
Wiley’s portrait of the 44th president shows Obama leaning forward in a chair surrounded by vibrant green foliage that includes references to Chicago, Hawaii and Kenya.

(Boston Globe)
The final product depicts Obama sitting in a straight-backed chair, leaning forward, and looking serious while surrounded by greenery and flowers. Michelle Obama’s portrait, painted by Amy Sherald, shows her in a black-and-white dress, looking thoughtful with her hand on her chin.

(NPR)
Kehinde Wiley painted Barack Obama sitting in a chair, elbows in his knees, leaning forward with an intense expression. The background, typical of a Wiley painting, is a riotous pattern of intense green foliage.

"Pretty sharp," Obama said with a grin.

TOEIC学習者にとってはlean againstが有名ですが、状況によって前置詞を柔軟に使い分けられると素晴らしいですね。

A man is leaning against a railing.

ちなみに旧形式ではlean forwardも登場していました。

She's leaning forward to write something.

余談になりますが、オバマ大統領の鉄板自虐ネタは安心して笑うことができます。

I tried to negotiate less gray hair and Kehinde's artistic integrity would not allow him to do what I asked. 

I tried to negotiate smaller ears; struck out on that as well. 

例は古いですが2012年にフロリダ州のディズニーランドを訪問していた時にも同じような冗談を飛ばしていました。

But thank you so much for taking the time. It is great to be here. It is rare that I get to do something that Sasha and Malia envy me for. That doesn’t happen very often. Maybe for once they’ll actually ask me at dinner how my day went. 
(でも、お時間をいただきどうもありがとうございます。訪問できて光栄です。私は、娘のサーシャとマリアにうらやましがられることをする機会はめったにありません。ほとんど起こることではありません。でも今回は、夕食時に今日はどうだったか彼女たちに聞かれることでしょう)

And I confess, I am excited to see Mickey. It’s always nice to meet a world leader who has bigger ears than me.
(正直に申し上げますが、ミッキーに会えて興奮しています。いつだって、私より耳の大きな世界の指導者と会えることは嬉しいことです)

スポンサーサイト
 

大げさに捉えない

 
「英語の勉強にラテン語の知識は必要か?」と問うと面倒なことになりますので、目にしたり耳にしたりしたときに気をつける程度で良いのではと思ってしまいます。



The Portrait Gallery has an extraordinary mission to visualize the motto on the Great Seal of America, e pluribus unum, out of many one.

動画の冒頭で次のような言葉が登場します。ここら辺の知識は日本人には馴染みがないかもしれませんが。。。

(Wikipedia)
e pluribus unum 
〖<ラテン〗
多数からなる1つ〘米国の標語; 多くの州から成る国の統一を希求し硬貨に刻まれている〙.

Great Seal
〖the ~〗(公文書用の)国印, 国璽(こくじ).

(Wikipedia)
エ・プルリブス・ウヌム ( E pluribus unum ,[ˈiː ˈplʊərɪbəs ˈuːnəm]; ラテン語: [ˈeː ˈpluːrɪbʊs ˈuːnʊ̃]) とは、「多数から一つへ」[1][2][3]を意味するラテン語の成句で、「多州から成る統一国家」であるアメリカ合衆国を表す。

「 Annuit cœptis (「神は取組を承認せられたり」の意のラテン語 )」「 Novus ordo seclorum (「時代の新秩序」の意のラテン語 )」と共に、1782年に議会により制定されたアメリカ合衆国の国璽の図柄の一部としてリボン状の装飾の上に書かれている[1]。

法で制定されてはいないものの、「 E Pluribus Unum 」は事実上、アメリカ合衆国のモットーであると広く認識されてきたが[4]、1956年にはアメリカ合衆国議会により法 (H. J. Resolution 396) が可決され、「 In God We Trust 」が公式モットーとして採用された[5]。

例えばニューヨークの911メモリアルミュージアムではローマの詩人ウェルギリウスの言葉が引用されていましたが英語でした。

“No day shall erase you from the memory of time” 

ラテン語だと“Nulla dies umquam memori vos eximet aevo.”なるようですが、英訳が使われていたということは英語ネイティブのアメリカ人だってピンとこないからでは。

さらに日本人にとってややこしいのは、ウェルギリウスがVirgil、アエネーイスがThe Aeneidと英語ではなるので結びつかない可能性があることですね。

教材一辺倒の勉強だと知識の広がりが出にくいので、こういう知識を蓄積できないのが弱点です。

 

(小ネタ)あのフレーズがここにも

 
以前紹介したpick upの表現がwordの英語版に使われていました。

Pickup.png 

英語環境に浸るのも大事なことなんでしょうね。

 

衛星写真の世界もAIの時代だった

 
NewsweekもKindle Unlimitedで読めるので特集タイトルに惹かれて読みはじまたら、冒頭のキャッチの部分で興味深い会社が紹介されていました。

AI Has a Job for You
2018年2月14日(水)20時27分
ケビン・メイニー(本誌テクノロジーコラムニスト)

<人間の職を奪うどころか、衛星画像をはじめ、さまざまなデータ解析によって新しい仕事を生み出している>

5年前、シリコンバレーの片隅で人知れず産声を上げた会社がある。その名は「オービタル・インサイト」。創業者はNASAに15年勤め、火星探査機のソフトウエアを開発したジェームズ・クロフォード。退職し、グーグルブックスに在籍していたときのこと、イーロン・マスクのスペースXをはじめとする新興企業の参入で人工衛星の打ち上げ・製造コストが劇的に下がっていく傾向に気付き、これは新しい商機だと確信した。

これから人工衛星の数はどんどん増え、地上へ送ってくるデータや画像もぐんと増える。そうしたデータを収集し、解析すれば有益な情報が得られるはずだ──。そこでクロフォードが開発したのは、世界中のトウモロコシ畑の画像を収集し、作物の生育状況から収量を予測するシステムだ。予想どおり、これには商品先物取引のトレーダーたちが飛び付いた。それから2年、オービタル社は既に7000万ドルもの資金を調達できた。



衛星画像をAIで画像分析する会社というのがすでにあってしかも、日本にも事務所を開いたそうです。

 【グローブニューズワイヤ】地理空間アナリティクスのリーダー企業である米オービタル・インサイトは、東京営業所の開設を発表した。同営業所は、アジア太平洋地域全体における同社の製品・サービス需要に応える。オービタルの日本との関係は、ジオデシック・キャピタルと伊藤忠商事がシリーズC資金調達ラウンドに参加したとき以来続いている。同社は昨年末、アビームコンサルティング、伊藤忠およびスカパーJSATの再販パートナーシップ契約を発表した。
 【注】この記事はグローブニューズワイヤ提供。 (2018/02/20-11:20)

日本のメディアも取り上げていましたので、どんなことをしている会社か興味がでた方はこちらの記事をどうぞ。

シリコンバレーNext
中田 敦 2017年11月25日(土)

 衛星写真を解析することで、原油生産量や小売業の客足などをいち早く割り出す――。米国の投資家はSF映画のような手法を駆使して投資判断をしている。彼らが頼るのはシリコンバレーのAI(人工知能)スタートアップ、米Orbital Insightだ。2017年11月に日本進出を発表した同社の凄さに迫ろう。

 2016年第1四半期を境に、サウジアラビア政府が発表する原油貯蔵量の数字が現実の数字と乖離し始めた。同国の原油貯蔵量は政府が発表したデータよりも、本当はずっと多い――。英国の経済紙「Financial Times(FT)」は2017年11月上旬、政情不安で揺れる中東の大国の“秘密”を暴く記事を掲載した。

この会社は自ら衛星を打ち上げているわけではなく、AIを使って画像データを分析することを専門にしているようです。そのあたりの役割分担を含め書いてくれているのがWiredの記事でした。

SARAH SCOLES SCIENCE 10.31.1706:00 AM

PEOPLE AT DIGITALGLOBE are fond of saying they've built a "time machine of the planet." And, if we're being metaphorical, that's true: The satellite imaging company has used orbiters to take and store super sharp images of Earth for 17 years. Their eyes have gazed down as trees have disappeared and appeared, floodwaters have flowed in and out, and cities have boomed and busted. But that time-lapse is only useful if someone can make sense of its meaning. Today, that's where companies like Orbital Insight come in, with artificial intelligence that parses the pictures and auto-says things like, "That looks like deforestation," or "There are lots more cars in those parking lots than there were last year. Business be booming."

In the world of satellite imagery, there are a few kinds of players: the picture-takers, the sense-makers, and those who are trying to do both. DigitalGlobe, with its ever-increasing cache of high-def history, is the planet's lead picture-taker; Orbital Insight is one of the frontrunning sense-makers. And today, the two companies announced a new multiyear, multipetabyte partnership. Orbital Insight, in other words, has the keys to the time machine. “We want to let them race,” says Shay Har-Noy, DigitalGlobe's vice president and general manager of platform.

衛星写真が大量に手に入り、それをAIで画像解析できるようになっているのはすごいことかもしれませんが、この会社が提案しているのはサウジや中国での石油備蓄量とかショッピングモールでの車の台数の確認とかで、一般企業が絶対必要なデータではないですよね。。。

そのあたりの事情も含めて冷静に分析してくれているのが次の記事。昨年はOrbital Insight以外にも資金調達をした会社が多かったそうです。

by Valery Komissarov — February 7, 2018

We also saw the continued transition of Earth-observation satellite operators from merely selling imagery to selling value-added services.

Last year, startups building AI-driven services on top of satellite imagery collected by others raised significant venture capital.

Orbital Insight raised $50 million in a Series C round that included such top-tier funds as Sequoia Capital and Google Venture.
Descartes Labs raised a $30 million Series B round.
Ursa Space Systems raised a $7 million Series A round.
Spaceknow raised a $4 million Series A round.

All told, AI-driven Earth-observation startups raised $96 million in 2017 — nearly three times more than in 2016.

衛星画像を必要とする企業はフォーチュン500レベルの会社では数は多くなく、しかも現状は金融機関と人道支援団体ぐらいしか顧客になっていない現状があるそうです。

Lots of imagery, limited customers
One early challenge will be the competition for the limited pool of customers large and sophisticated enough to use Earth-observation data analytics in their day-to-day operations. Think of Fortune 500-sized companies involved in agriculture, mining, construction, oil and gas, and retail.

These geography-minded companies have the greatest potential to provide analytics firms with stable, recurrent revenue streams. At the moment, however, AI-powered Earth-observation companies derive much of their revenue from financial and humanitarian organizations. Such customers are far from ideal due to the long sales cycles involved, yet-to-be-calculated returns on investment and budget uncertainty. We know that selling, say, a hedge fund an additional Bloomberg Terminal or two at $24,000 a pop can be a long, expensive sales process. What about selling satellite imagery, where the return on investment is not as well understood? To overcome such obstacles, AI-driven startups are a hiring software-focused product management people.

これ以外にもドローンとの競合などがあるようで、こちらの業界も競争が激しい様子がわかりました。


 

ホモデウス

 
先日紹介したNatureの記事でAIなどの懸念事項としてPrivacy and consent, Agency and identity, Augmentation, Biasの4つを挙げていました。今回はAugmentationを取り上げてみたいと思います。たまたまCNNを見てて手にチップを埋め込んでいる映像があったので。。。

昨年の夏にニュースで取り上げられていたんですね。ある会社が従業員にチップを埋め込むことを呼びかけたようで半分の社員が参加したとか。記事の方では懸念点もしっかり挙げています。



By KARMA ALLEN  Aug 3, 2017, 11:37 AM ET

Michael Zimmer, director of the Center for Information Policy Research at the University of Wisconsin-Milwaukee, said the implants are fundamentally different than other technologies because the user has less control over the experience.

“With my phone, I can turn it off, I can to leave it at my desk and I can control the apps that I have access to,” Zimmer told ABC News. “There are a lot more ways that I can manage what people know about me.”

With the chip implant, “I simply lose that element on control because I can’t turn it off and I can’t just take it out and put it back in,” he said. “I think that’s a fundamental change in the way we control what access people have to our bodies and what we’re doing.”

こちらはイベントのチケットとして手にチップを埋め込むというものです。個人的に抵抗はありますがこういうイベントがたくさん開かれることで抵抗感が和らいでいくのかもしれません。



Chris Joannou , CONTRIBUTOR

PR stunt or the future of ticketing? 
When asked about the true purpose of the new tickets, Pause Fest founder George Hedon said:

“It is less about the ticketing aspect and more about pioneering a digital experience. There has been talk about inserting chips for sometime, but aside from chipping dogs and pets little has been done to see how they can improve our lives." The chip -- aside from its festival use -- also has the ability to act as a key to a house, unlock a smartphone, and it can be programmed to engage a website or app on a smartphone when scanned.

こちらは記者自らチップを埋め込んで見たことを記事にしています。最初に紹介した会社の取り組みにも触れています。動画は記事で紹介されているドラマ。



01.23.18WORLD CHANGING IDEAS

It’s possible that in the not-too-distant future, we’ll all be walking around with implants no bigger than a grain of rice under our skin, transmitting everything from payment capabilities to health data. The question is: Will it ever feel normal?

The best technology is intuitive, and almost invisible. For years, futurists have predicted that, before we know it, every surface within reach will be a computing surface, and the doctor will be able to follow you home with thumbnail-sized measuring devices inserted into your body.

We’re not yet at the Black Mirror stage of things, where implants relay vitals to an iPad-like device (or even let you see through another person’s eyes), but it seems like only a matter of time. If that sounds crazy, call me crazy for being willing to test a beta.

ICチップを手に埋め込んでお財布ケータイのように使う取り組みは早くも2016年にされていたんですね。



Satan’s Credit Card: What The Mark Of The Beast Taught Me About The Future Of Money
Silicon Valley has sold us on a cashless, cardless, walletless, supposedly frictionless future — but as I learned living in it for a month, we're not quite there yet.
Posted on May 21, 2016, at 7:50 p.m.
Charlie Warzel
BuzzFeed News Reporter



こういうのはTranshumanismと呼ばれるそうで、日本にも日本トランスヒューマニスト協会という団体があるそうです。


高度な科学技術によってもたらされる不老・不死・不労の社会は、トランスヒューマニストがめざす理想のユートピアです。しかしトランスヒューマニストが真にめざすものはその先にあります。

それはすなわち、人間とAI(機械)の融合です。ハラリは以下のように言及しています。

“Humans won’t fight machines; they will merge with them. We are heading towards marriage rather than war.This is the shape of the new world, and the gap between those who get on-board and those left behind will be bigger than the gap between industrial empires and agrarian tribes, bigger even than the gap between Sapiens and Neanderthals. This is the next stage of evolution. This is Homo Deus.”

(人間は機械と戦わず、それらと融合することになるでしょう。私たちは戦争ではなく結婚に向かっているのです。これが新しい世界の形です。それを受け入れる者とそうでない者の差は、産業帝国と農業部族の差よりも、サピエンスとネアンデルタール人の差よりも大きくなります。これは進化の次の段階――ホモ・デウスなのです)

いきなりトランスヒューマニストとかホモ・デウスとか言われると身構えてしまいますが、埋め込みチップなどで少しずつ広まっていくのでしょうか。Natureの記事ではもちろん制限を設けることを提唱していました。

Any lines drawn will inevitably be blurry, given how hard it is to predict which technologies will have negative impacts on human life. But we urge that guidelines are established at both international and national levels to set limits on the augmenting neurotechnologies that can be implemented, and to define the contexts in which they can be used — as is happening for gene editing in humans.

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR