fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

しっかりしてよ日経翻訳部

 
単なるタイポなんでしょうけど「涙の道」の年号が1938-39と100年間違っていました。原文が間違っているかもしれないとEconomistを確認しましたが原文はちゃんとIn the winter of 1838-39となっていました。

米20ドル紙幣の顔、女性に 失墜した大統領に代わる
2016/5/6 6:30

The $20 bill
Not going to Jackson
Harriet Tubman is set to replace Andrew Jackson, and rightly so

Apr 23rd 2016 | NEW YORK | From the print edition

ジャクソン元大統領は米国の先住民に対して無慈悲な行いをしたことでも悪名が高い。2期にわたる任期の初年となった1829年に同大統領は、ミシシッピ川以西の土地を原住民向けに割り当てるよう議会に求めた。そして半年も経たないうちに「インディアン強制移住法」に署名した。この法律は先住民のチェロキー族、クリーク族、チョクトー族、チカソー族、セミノール族を生まれ故郷である米国南東部から追い出すことを定めたものだ。

Jackson is also notorious for his ruthless treatment of Native Americans. In 1829, the first year of his two-term presidency, Jackson asked Congress to earmark land west of the Mississippi river for Indians. Less than six months later he signed the Indian Removal Act, a law that would eventually push the Cherokee, Creek, Choctaw, Chickasaw and Seminole tribes out of their native lands in the American south-east.

ジャクソンが始めたこの政策はマーティン・ヴァン・ビューレンが受け継いだ。1938年から1939年にかけての冬、寒さの中で移住を強いられたチェロキー族1万5000人のうち4分の1が、「涙の道」と呼ばれる1000マイル(約1600キロ)の道の途上で命を落とした。彼らは慣れ親しんだジョージア州、テネシー州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州の地を追われ、後にオクラホマ州となる土地に向けて徒歩で移動させられたのである。

In the winter of 1838-39 (Martin Van Buren finished the job Jackson started), a quarter of the 15,000 migrating Cherokee died on the 1,000-mile “trail of tears”, trekking in the cold from their lands in Georgia, Tennessee and the Carolinas to what would later become Oklahoma.


単なるタイポを英語学習者にありがちな教養・歴史への無関心という問題に引きつけるのは強引なんでしょうけど。慣れないトピックだと間違いを間違いだと気づかないのでアメリカの有名な歴史トピックはおさえるようにしたいですよね。Oxfordやロングマンの学習辞典で見出しになっていますのでこういうのは基本事項です。



(Wikipedia)
涙の道(なみだのみち、英:Trail of Tears)とは、1838年にアメリカ合衆国のチェロキー族インディアンを、後にオクラホマ州となる地域のインディアン居留地に強制移動(Population transfer)させたときのことをいう。このとき、15,000名いたチェロキー族のうちおよそ4,000名が途上で亡くなった[1]。
チェロキー族の「涙の道」は、1830年の「インディアン移住法」の規定に基づいて署名されたニュー・エコタ条約の実践として起こった。条約は東部のインディアンの土地とミシシッピ川以西の土地との交換を取り決めたものであったが、インディアンの選ばれた指導者達にもチェロキー族の大多数の人々にも受け入れられてはいなかった。それにもかかわらず、条約は時のアメリカ合衆国大統領アンドリュー・ジャクソンによって実行に移され、西部に出発する前に合衆国軍が17,000名のチェロキー族インディアンを宿営地にかり集めた。死者の多くはこの宿営地での病気で倒れた。最初の集合の後は、合衆国軍の役目は限られたものになり、チェロキー族が移動の大半の監督を担当した。
チェロキー族の言語で、この出来事は、nvnadaulatsvyi 「我々が泣いた道」と呼ばれている。チェロキー族は、合衆国のインディアン移住の動きの結果として移動させられたインディアンでは唯一のものではなかった。「涙の道」という言葉は同じように移動させられた他の種族、特に「5つの文明化された部族が体験したときも使われた。元々この言葉は最初に5つの文明化された種族の一つ、チョクトー族が強制移住させられた時に生まれた。

(オックスフォード)
the Trail of Tears
the name given to the long journey from Georgia to Oklahoma made in 1838 by the Cherokee and other Native Americans. They were being forced by the US government to move to the Indian Territory, and thousands died on the way.

(ロングマン)
Trail of Tears, the
the path that the Cherokees travelled in the autumn and winter of 1838 to 1839 because the US government forced them to move away from their homes in the southeast US to reservations west of the Mississippi River. The journey was extremely long, cold, and difficult, and about 4000 Cherokees died.

こういう恥ずかしいミスをしなくていいよう、英語学習方法自慢、スコア自慢はもういいいから早くコツコツといろいろな知識を身につけていきましょう。
 

Euroexitになれば英語はEsperantoに

 


英語がEU関連機関で共通語になっていることを取り上げたエッセイがEconomistにありました。英国がEUを脱退すれば英語が中立のEsperantoの役割をEU内で果たすことができるという本気か皮肉かわからないことを伝えています。上の動画によればスカンジナビアや東欧がEUに加盟してから英語の使用が増えていったようですね。

英語学習者として面白いと感じたのはEU関連機関ではフランス語などの影響を受けたEuro-Englishと呼ばれる英語が使われているということ。

Johnson
English becomes Esperanto
The institutions of the European Union will still speak (a kind of) English if Britain leaves

Apr 23rd 2016 | From the print edition

A sort of Euro-English, influenced by foreign languages, is already in use. Many Europeans use “control” to mean “monitor” because contrôler has that meaning in French. The same goes for “assist”, meaning to attend (assister in French, asistir in Spanish). In other cases, Euro-English is just a naive but incorrect extension of English grammatical rules: many nouns in English that don’t properly pluralise with a final “s” are merrily used in Euro-English, such as “informations” and “competences”. Euro-English also uses words like “actor”, “axis” or “agent” well beyond their narrow range in native English.
Jeremy Gardner, an official at the European Court of Auditors, has written a guide to “Misused English Words and Expressions in EU Publications”, which attempts to correct many of these quirks of Euro-English. It could be that whatever native-speakers might consider correct, Euro-English, second language or no, is becoming a dialect fluently spoken by a large group of people who understand each other perfectly well. Such is the case of English in India or South Africa, where a small group of native speakers is dwarfed by a far larger number of second-language speakers. One effect may be that this dialect would lose some of the tricky bits of English, such as the future perfect progressive (“We will have been working”) that aren’t strictly necessary.


面白いのは英語ネイティブにとって誤った使い方であってもお互い通じるのでそちらの使い方が優勢になっているという現象ですが、ここで紹介されていたガイドブックは一語一語誤って使われやすい語を紹介してくれていました。例えばTOEICでもおなじみのdelayの使われ方は以下のとおり。

Misused English Words and Expressions in EU Publications

DELAY
Explanation
‘Delay’ is often used in the EU to mean ‘deadline’ or ‘time limit’. In English ‘delay’ always refers to something being late or taking longer than is necessary. You cannot, therefore comply with (or ‘respect’) a delay.
Example
‘In order to respect the delay for transmission, the Commission can make small changes to the notification provided that they are agreed with the notifying member prior to transmission.
Alternatives
time limit, deadline, time allowed.


ウィキペディアにも見出語が立っていて、使用例なども少し紹介してくれています。

(ウィキペディア)
Euro English is a set of varieties of English used in Continental Europe and especially in the institutions of the European Union or among young mobile Europeans (such as in the Erasmus programme).

ネイティブからみれば「正しくない英語」でもそちらが多数派になれば定着してしまう。言語の面白いところではあります。2008年の動画は英語の影響力が大きくなっているドイツでの状況を描いています。別に日本だけの状況ではないんですよね。


 

Easterは明日

 
Easter Risingは4月に行われたのになんで今のタイミングで祝うんだろうと素朴に思っていたのですが、Easterは今週の日曜日なんですね。。。毎年変わる祝日はややこしいですね。。

The Economist explains
Why the Easter Rising still matters
Mar 25th 2016, 11:01


In many nations, celebrations of the state’s founding event (from the signing of the American Declaration of Independence in 1776 to France’s Bastille Day in 1789) are a time almost all citizens rally together. That is because almost everybody sees the event itself as a moment of heroism and takes pride in its ongoing legacy. But Ireland’s Easter Rising, whose centenary will be solemnly celebrated this weekend, doesn’t quite fall into the category because it still inspires conflicting passions. Why?






(オックスフォード)
Easter
[uncountable, countable] (also Easter Day, Easter Sunday) (in the Christian religion) a Sunday in March or April when Christians remember the death of Christ and his return to life

 

アメリカは仕組まれている

 
The system is rigged.と叫んでいるエリザベスウォーレンを少し前に紹介しました。



Rigged economyというのはSanders陣営も使っているようです。



なんとも大げさな表現だと冷ややかに見ていたのですが、ある意味的を得ていると今週のEconomistが主張していました。アメリカ経済は独占化が進み、自由な競争が行われていないという現状を様々な統計を基に見事に分析してくれています。

Business in America
Too much of a good thing
Profits are too high. America needs a giant dose of competition

Mar 26th 2016 | From the print edition

What is true of the airline industry is increasingly true of America’s economy as a whole. Profits have risen in most rich countries over the past ten years but the increase has been biggest for American firms. Coupled with an increasing concentration of ownership, this means the fruits of economic growth are being hoarded. This is probably part of the reason that two-thirds of Americans, including a majority of Republicans, have come to believe that the economy “unfairly favours powerful interests”, according to polling by Pew, a research outfit. It means that when Hillary Clinton and Bernie Sanders, the Democratic contenders for president, say that the economy is “rigged”, they have a point.

社説を読んで意外だったのはスタートアップなどが不利な状況に置かれているということでした。自由経済のアメリカというのは現状を表していないのかもしれません。

Business in America
The problem with profits
Big firms in the United States have never had it so good. Time for more competition

Mar 26th 2016 | From the print edition

The second step is to make life easier for startups and small firms. Concerns about the expansion of red tape and of the regulatory state must be recognised as a problem, not dismissed as the mad rambling of anti-government Tea Partiers. The burden placed on small firms by laws like Obamacare has been material. The rules shackling banks have led them to cut back on serving less profitable smaller customers. The pernicious spread of occupational licensing has stifled startups. Some 29% of professions, including hairstylists and most medical workers, require permits, up from 5% in the 1950s.

このような既得権益者たちへの反感がトランプ旋風の追い風となっているのかもしれません。
 

(続)今度こそオフィシャルな終焉へ

 
先月は雑誌NatureによるMoore’s lawの終焉を取り上げましたが、今週はEconomistが大々的にTechnology Quarterly内で特集していました。

After Moore’s law
The future of computing
The era of predictable improvement in computer hardware is ending. What comes next?

Mar 12th 2016 | From the print edition

TECHNOLOGY QUARTERLY
AFTER MOORE'S LAW
Double, double, toil and trouble


まだ特集全部の記事を読み終わっていないので、雑感から。

2倍のスピードとなることで手間なども急増することをDouble, double, toil and troubleとサブタイトルで表現しています。これは、このブログで以前も取り上げたシェイクスピアのマクベスに登場する魔女の言葉です。日本語訳は河合先生のものから引用しました。

このフレーズの場合「教養の大切さ」なんて大げさな話しではなく単に語感がいいからではないかと思います。ぜひ動画でリズミカルなDouble, double, toil and troubleを味わってください。



ACT IV
SCENE I. A cavern. In the middle, a boiling cauldron.
Thunder. Enter the three Witches
First Witch Thrice the brinded cat hath mew'd.
三度鳴いたよ、虎猫が。

Second Witch Thrice and once the hedge-pig whined.
四度鳴いたよ、針鼠。

Third Witch Harpier cries 'Tis time, 'tis time.
時間が来たぞと化け物鳥

First Witch
Round about the cauldron go;
In the poison'd entrails throw.
Toad, that under cold stone
Days and nights has thirty-one
Swelter'd venom sleeping got,
Boil thou first i' the charmed pot.
釜のまわりをぐるぐる回り、
毒の腸、放り込め、
まずはこれなるヒキガエル、
冷たい石の下に寝て
ひと月かいた毒の汗、
魔法の釜で煮込みましょ。

ALL
Double, double toil and trouble;
Fire burn, and cauldron bubble.
増やせ、不幸を、ぶつぶつぶつ。
燃やせ、猛毒、ぐつぐつぐつ。


こういうのを紹介する時は、まあ知らなくても記事本文の内容理解とは無関係であること、引用されるネタは結構決まっているので鉄板ネタを仕込んでおくと楽ということを書かせてもらっています。ここでもまさにそのことが当てはまると思います。

昨年Michael Fassbenderのマクベスがやっていましたね。自分は飛行機の中で寝ながら見たので内容を覚えていません(苦笑)



アメリカメディアは大統領選一色になっていますので、今はEconomistなんかのほうが落ち着いて世界情勢を学べるかもしれません。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック

月別アーカイブ


FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR