fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

27年前の昨日起きたこと

 


1990年1月31日にモスクワでマクドナルド1号店が開店したそうですね。ソ連崩壊が翌年暮れの1991年12月とされているので直前にすでに開店していたことになります。この頃は自由主義や資本主義、グローバル化に期待を持てた時期だったとノスタルジーを感じるほどです。。。



ちょうどマクドナルドを世界的なチェーン店にしたレイクロックの映画が米国で公開されているようです。映画の評価はイマイチのようですが。。。

日本だと51歳から起業して夢を叶えたというプロジェクトX的な感動物語の方向性で映画を作りそうですが、こちらはマクドナルド兄弟を蹴落としていったダークサイドも描いているようです。あとは現状ではトランプとどうしても比較してしまうようです。

How Ray Kroc Became an American Villain
Considered a 20th-century hero by his contemporaries, the story of the McDonald’s mogul gets a 21st-century spin in The Founder.

ADAM CHANDLER JAN 26, 2017

Simmering grievances against the fast-food industry don’t entirely explain why the story of Ray Kroc merits relevance in 2017. The Founder also bears some strong resemblances to recent industry-themed movies—Steve Jobs, The Social Network—that have not only sought to chronicle the histories of hugely influential companies and gesture at their far-reaching impacts, but also gawk doubtfully at the manias of their creators. As a title, The Founder is a provocation: After all, the McDonald brothers created McDonald’s and, like the Winklevii of an earlier era, their roles have been mostly written out of the history.

Another potential and potent reason for its newsworthiness has to do with an additional theme that connects Kroc to the present day: the arrival of a hectoring, fast-food-loving salesman into the highest seat of power. “However decent the director’s original intentions, The Founder emerges as the first Trumpist film of the new era,” wrote The New Yorker’s Anthony Lane in his review. Another entry from Flavorpill is entitled “I Dare You to Watch ‘The Founder’ Without Thinking About Trump.” That The Founder’s release date switched twice before it was finally slated for wide release on Inauguration Day only fuels this theory.




ただ相変わらず日本公開は未定のようです。。。
 

正露丸といえば

 


正露丸といえば日本人ならどんな薬かすぐに分かりますよね。薬ではないですが、「赤いキツネ」といえばどんなモノかも分かるでしょう。商品名というのは固有名詞と同じで語学学習では無視されますが、いろいろなインプリケーションを持ちやすいです。世界共通の商品もたくさんありますが、ローカルな商品になると途端に意味を想像するのが難しくなりますね。

先ほどの映画で登場していたのはBenadrylという薬。おなじみのものなので映画にも使われていたのでしょう。

I give my kids a Benadryl every Tuesday night so I can watch The Voice.

こちらのブログなどでも丁寧に説明してくれていますが、副作用として眠気が出てしまうようで、それを使って子供を寝かしつけて本人は教育に悪いテレビ番組を見てしまうというダメな母親の告白になっています。

まあこう言う商品名は実際に住んで慣れればなんてことないですし、今時ブログなどで説明してくれていたりするので、見慣れない単語が出てきたら商品名かなという勘を働かせれば十分でしょう。

だから、商品名を含めた固有名詞は英語学習では後回しにしてまったく問題ありません。ただ、本物の英語学習とか大層なことを言い出すならどこかで固有名詞も丁寧に扱うようにしていかないといけなくなります。その反転の機会をどのポイントにするか、それは本人次第です。ぶっちゃけ百科事典的な内容になるので語学学習から離れますから、英語力ではなくなります。

あまりハードルを高くしすぎても無理なので英語力養成という観点からだったら、映画から自然な表現をいろいろ吸収するのがいいですよね。例えば以下のやり取り。

My kids haven't had a bath in three weeks.
-That's okay! Listen, we've all been there.

(うちの子たちは3週間も風呂に入っていないの。
-大丈夫よ。だって皆体験していることよ)

口語表現に慣れていないとwe've all been there.みたいな表現の方が難しく感じるでしょう。

(英辞郎)
I've been there.
1. 〔私も同じことを経験してるから〕分かるよ。◆同意、理解を示す
1. 私はそのことは経験しています。/私は(それを)知り尽くしています。/私は実地を踏んできたのでよく分かります。◆自分の能力について述べる際に



新形式TOEICのサンプル問題で登場したHere's the thing.も最後に使われていますね。こちらの表現は以前このブログでも取り上げました。ここでは最後の結論を述べる導入の役割を担っています。

Here's the thing. If you're a perfect mom who's got this whole parenting thing figured out, well, then, you should probably vote for Gwendolyn, 'cause she's amazing.

Yes.

But if you're a bad mom like me and you have no fucking clue what you're doing, or you're just sick of being judged all the time... Then please vote for me. Thank you.


映画やドラマはこういう表現が満載ですから、MIC問題は普段からドラマや映画を見ている人にとっては簡単ですよというのもうなづけますね。
 

Sing Kumbaya

 


この動画の最初はThis is Zootopia, where predators and prey live in harmony and sing Kumbaya!となっています。この部分は本編ではシニカルに使われています。sing Kumbayaは前のブログでは取り上げましたが今回も見てみたいと思います。



この動画のスクリプトはWikiquoteにもありました。今回のエントリーの最後にも載せています。

Tell me if this story sounds familiar: Naïve little hick with good grades and big ideas decides, "Hey, look at me, I’m gonna move to Zootopia, where predators and prey live in harmony and sing Kumbaya!"

理想だけが大きくて世間知らずの夢想家を揶揄しているシーンですね。このKumbayaって語は辞書に載っていなかったりします。最近は辞書が取り上げないものもWikipediaがカバーしてくれています。



(Wikipedia)
kumbaya
"Kumbaya" or "Kumbayah" or "Cumbaya" (Gullah, "Come by Here"—"Kum ba yah") is a spiritual song first recorded in the 1920s. It became a standard campfire song in Scouting and summer camps and enjoyed broader popularity during the folk revival of the 1950s and 1960s.


キャンプファイヤーで歌われるとあるようで、以下のような動画も見つけました。



Wikipediaでは以下のような説明もありました。Kumbayaという語が使われる場合、夢想家を揶揄するケースがあるようです。

In the popular Canadian reality TV show Dragons Den, former Dragon Kevin O'Leary uses the song several times to poke fun at pitches that have a naïvely optimistic view of the world.

JudyとNickのやり取りを見る限りでも世間知らずな夢想家な部分が出ていますよね。

Judy: [catches up to him] Hey, hey! No one tells me what I can or can’t be! Especially not some jerk who never had the guts to try and be anything more than a pawpsicle hustler.
Nick: All right, look, everyone comes to Zootopia thinking they can be anything they want. Well, you can’t. You can only be what you are. [points to himself] Sly fox. [points to Judy] Dumb bunny.


このあたりのニュアンスをUrban dictionaryは取り上げてくれています。

(Urban dictionary)
kumbaya
blandly pious and naively optimistic
At the risk of sounding too kumbaya, I felt as if I had finally come home.


まあこんな豆知識なんて知らなくても映画は楽しめますが、語のニュアンスを掴むには幅広く知っておいたほうがいいに決まっているんです。

Wikiquote
[Nick and Finnick (who has been posing as his little son in an elephant costume) share out their earnings after a day's hustle.]
Nick: 39, 40, there you go! Way to work that diaper, big guy! [as Finnick boards his van] Hey, no kiss bye-bye for Daddy?
Finnick: [spits out his pacifier and speaks in a deep, gruff voice] You kiss me tomorrow, I'll bite your face off! [puts on dark sunglasses and plays loud hip-hop music on radio] Ciao. [drives away]

Judy: [realizing Nick conned her] Well, I stood up for you. And you lied to me! You liar!
Nick: [coolly] It’s called a hustle, sweetheart. And I’m not the liar, he is.
[Judy looks to where Nick was pointing across the street; seeing there’s no one there, Judy looks back, only to find out Nick has run off.]
Judy: [annoyed] Hey! [chases after Nick] All right, slick Nick, you’re under arrest.
Nick: [smugly] Really, for what?
Judy: Gee, I don’t know. How about selling food without a permit, transporting undeclared commerce across borough lines, false advertising--
Nick: [showing her permits and paperwork] Permit, receipt of declared commerce, and I did not falsely advertise anything. Take care.
Judy: You told that mouse the pawpsicle sticks were redwood!
Nick: That’s right. [hands her the red stick] Red wood. With a space in the middle. Wood that is red. You can’t touch me, Carrots. I've been doing this since I was born.
Judy: You’re gonna want to refrain from calling me "Carrots".
Nick: My bad. I just naturally assumed you came from some little carrot-choked Podunk, no?
Judy: Ah, no. Podunk is in Deerbrooke County. I grew up in Bunnyburrow.
Nick: Okay. Tell me if this story sounds familiar: Naïve little hick with good grades and big ideas decides, "Hey, look at me, I’m gonna move to Zootopia, where predators and prey live in harmony and sing Kumbaya!" Only to find, whoopsie: we don’t all get along. And that dream of becoming a big city cop? Double whoopsie! She’s a meter maid. And whoopsie number three-sie: no one cares about her or her dreams. And soon enough, those dreams die and our bunny sinks into emotional and literal squalor, living in a box under a bridge, till, finally, she has no choice but to go back home, with that cute fuzzy-wuzzy tail between her legs, to become... You're from Bunnyburrow, is that what you said? So how about a carrot farmer? That sound about right? [Nick continues walking off, Judy follows him and is almost got trampled by a rhino] Be careful now, or it won’t just be your dreams getting crushed.
Judy: [catches up to him] Hey, hey! No one tells me what I can or can’t be! Especially not some jerk who never had the guts to try and be anything more than a pawpsicle hustler.
Nick: All right, look, everyone comes to Zootopia thinking they can be anything they want. Well, you can’t. You can only be what you are. [points to himself] Sly fox. [points to Judy] Dumb bunny.
Judy: I am not a dumb bunny.
Nick: Right. And that's not wet cement.
[He points down, and Judy sees that she's ankle deep in the cement.]
Nick: You'll never be a real cop. You’re a cute meter maid, though. Maybe a supervisor one day. Hang in there!

 

英語学習者はSlothかも

 


スクリプト

「I あ〜う〜 want あ〜う〜」みたいな喋り方になりやすい英語学習者は、ネイティブにとってはSlothに見えるかもしれません。スピードに慣れるということや反射的に表現がでてくるようにすることは、英語でのコミュニケーションを自然に行うには不可欠な要素かもしれません。



Words checked = [312]
Words in Oxford 3000™ = [90%]

Zootopiaの予告編はオックスフォードの基本語3000語が90%使われています。3000語以外の語を確認してみても取り立てて難しい語が使われていませんよね。

固有名詞
Zootopia
Judy Hopps
ZPD

動物名
rabbit
bunny
sloth

その他
alike
cop
Daddy
evolve
gleaming
grip
hey
howl
token


以下のような表現はhurting your feelingsのバリエーションなので基本表現が身についていると類推しやすくなるでしょう。

Hwurting your fweelings

一方、基本語でもスラングのような使われ方はわかりづらいですね。

Ice’em

iceには「〜を殺す」という動詞の意味もあるようです。まあ予告編は文脈でわかりますが。。。

別にTOEICよりも映画や海外ドラマが役立つということではありません。TOEICの素材をタイムアタックしてスピードに慣れるようにするなどすれば対応できるようになりますから。大切なのは反射的に出るまで反復練習するということですね。
 

Zootropolis???

 
出張の飛行機でズートピアを見ましたが機内でのタイトルはZootropolisとなっていました。続編かも?なんて思ってしまいました。。。大ヒットになっているのが納得がいく楽しくてしかも考えさせられる映画でした。





Zootopia予告編スクリプト

Zootopia, a gleaming city where animals of all breeds, predator and prey alike, live together in peace and harmony.

見比べてみるとZootopiaがZootropolisになっているだけのようで、なんてことはないイギリス向けのタイトルがZootropolisなだけで中身は一緒です。単にZootopiaという動物園がデンマークにあるため権利関係で使えないという理由のようです。

predator and preyのように語感がそろっている表現には、friends and foesやnature or nurtureなんかもあります。英語学習者はどうしても発音とか文法とかテストのスコアとか個別のものに目がいきがちですが、たくさんの素材に触れて語感を磨く作業も忘れずに取り組みたいですね。

Why is Zootopia called "Zootropolis" in some countries?
This was a creative decision made by Disney stating: "to merely allow the film to have a unique title that works for UK audiences." Despite not having any connection to any similar movies or TV shows with similar titles, there is some speculation that it was to avoid confusion to an upcoming certain zoo in Denmark called "Zootopia" as well where its owners have had their trademark for the title since February 2010. Director Byron Howard also answered the question of why so many different titles: "Licensing or trademark conflicts. All the same movie."

最後にある"Licensing or trademark conflicts. All the same movie."の部分。TOEIC学習者にはscheduling conflict(予定が重なること)という表現でおなじみですね。

イギリスのディズニーのサイトでは以下のように(A.K.A Zootopia)を加えてタイトルを紹介していました。そうしないと別のものと勘違いする人が出てしまいますよね。a.k.aは「別名」を指す表現です。

Zootropolis - Official Disney UK (A.K.A Zootopia)

人間も動物ですから、動物たちが発した言葉もハッとするものがありますね。

What can you tell us about the animals that went savage?
Are we safe?

*********
It's not about how badly you want something.
It's about what you are capable of!

*********
We may be evolved, but deep down we are still animals.

*********
No matter what type of animal you are, change starts with you.


naturalistは「博物学者」「自然愛好家」を意味するようですが、似たようなネタのCMがありました。。。

No, you are naked!
For sure, we're a naturalist club.




こういう人たちはnaturist, nudistと言った言葉もあるようですが、自然のまま(裸)でいることが好きな人たちという感じでしょうか。言葉は生き物ですから、辞書的な意味からこぼれ落ちる使い方もありますね。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR