Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

字幕でMIC対策

 


何かと評判が悪い映画の字幕ですが、話の筋を見失うことのないよう流れを重視した内容を字幕にしているんですよね。考えようによってはTOEICのMIC対策の参考にできるかもしれません。55秒あたりからのやり取りです。

6年も頑張ったのよ  It’s been six years.
私には才能がない Maybe I’m not good enough.
ある Yes, you are.

あんな音楽が好き? Do you like the music you’re playing?
ジャズをあきらめる I have a steady job. This is what I’m doing.
本当にいいの? Why aren't you starting your club?

改めて見比べてみると相当意訳していますね。でも文意を照らして考えるとなるほどと思わされます。

Maybe I’m not good enough. -Yes, you are.というさりげないやり取りですが、こういうのに馴染んでおくと否定疑問文とその回答方法もクリアしやすくなりますね。下記が実際の場面でのやり取りです。

EMMA STONE: (As Mia) Because maybe I'm not good enough.
RYAN GOSLING: (As Sebastian) Yes, you are.
STONE: (As Mia) No. No, maybe I'm not.
GOSLING: (As Sebastian) Yes, you are.
STONE: (As Mia) Maybe I'm not.
GOSLING: (As Sebastian) You are.
STONE: (As Mia) Maybe I'm not.
GOSLING: (As Sebastian) You are.
STONE: (As Mia) Maybe I'm one of those people that has always wanted to do it but it's like a pipe dream for me, you know? And then you - you said it. You change your dreams and then you grow up.

2番目のやり取りなんか、パート2の間接的な返答にもろ該当しますよね。

あんな音楽が好き? Do you like the music you’re playing?
ジャズをあきらめる I have a steady job. This is what I’m doing.
本当にいいの? Why aren't you starting your club?

まあこの回答は背景がないとなんだかわからないものなのでパート2には出ないパターンでしょうが。パート2も文脈がわかりづらいと言っても、どうとも取れるようなやり取りはほとんど出題されていません。試験なので明確に答えが選べるやり取りを選んでいるんでしょう。次は映画でのやり取りの続きです。こちらも明確に回答していませんね。

Mia: Why aren't you starting your club? 
Sebastian: You said yourself no one wants to go that club. No one wants to go to a club called 'Chicken on a Stick.' 
Mia: So change the name! 
Sebastian: Well, no one likes jazz, not even you! 
Mia: I do like jazz now because of you!


スポンサーサイト
 

(ネタバレ注意)それでも人生にイエスという

 


今週ララランドと沈黙を見てきました。壮大なネタバレはないのですがエンディングの話に少し触れるのでこれから見に行く人はご留意ください。



このロサンゼルスタイムズの評者が語るようにどちらも満足な出来でした。VEフランクルの本は『夜と霧』すら読んでいないのにタイトルに借用しましたが(汗)両方の映画の感想を端的にまとめていると思ったからです。ララランドは想像に反して典型的なハッピーエンドとはならなかったんですが、最後に二人が目を合わせてうなづくシーンはまさにそんな感じでした。



同じ評者は沈黙も絶賛しています。もちろん深刻さに違いはあるんですがアンドリュー・ガーフィールド演じた宣教師の生き様をスコセッシ監督は肯定的に捉えて映画を締めていたように思えました。まあこの言葉はどんな映画の感想にも使えそうなんですが。。。(滝汗)

信仰心の薄いYutaのような人間は沈黙に描かれた背教した宣教師を受け入れますが、宗教関係者だとそうはいかない人もいるようです。例えば下記の動画。どうして沈黙はキリスト教の映画ではないのかと説明しています。どんなに苦しむとしても背教はeternal salvationを求めた生き方ではないと戒めるのです。



この動画の概要説明で紹介していた記事でも同じようなことを書いています。確かに個人の心に秘めた信仰でいいことを認めてしまえば制度としての宗教の存在意義はなくなりますから、彼らの立場上このような映画を到底認めるわけにはいかないのはわかります。

Christus Apostata: Scorsese’s “Silence”
Brad Miner

MONDAY, DECEMBER 26, 2016

Endō was a Catholic convert, and it’s fair to wonder how complete his conversion was. Martin Scorsese is a cradle Catholic who, despite meeting with Pope Francis during promotion of his movie (which premiered on December 23rd), shows no signs of being a faithful Catholic.
(中略)
Scorsese’s Silence is not a Christian film by a Catholic filmmaker, but a justification of faithlessness: apostasy becomes an act of Christian charity when it saves lives, just as martyrdom becomes almost satanic when it increases persecution. “Christ would have apostatized for the sake of love,” Ferreira tells Rodrigues, and, obviously, Scorsese agrees.


********

SCORSESE’S “SILENCE” AND THE SEASIDE MARTYRS
by Bishop Robert BarronDecember 27, 2016

My worry is that all of the stress on complexity and multivalence and ambiguity is in service of the cultural elite today, which is not that different from the Japanese cultural elite depicted in the film. What I mean is that the secular establishment always prefers Christians who are vacillating, unsure, divided, and altogether eager to privatize their religion. And it is all too willing to dismiss passionately religious people as dangerous, violent, and let’s face it, not that bright. Revisit Ferreira’s speech to Rodrigues about the supposedly simplistic Christianity of the Japanese laity if you doubt me on this score. I wonder whether Shusaku Endo (and perhaps Scorsese) was actually inviting us to look away from the priests and toward that wonderful group of courageous, pious, dedicated, long-suffering lay people who kept the Christian faith alive under the most inhospitable conditions imaginable and who, at the decisive moment, witnessed to Christ with their lives. Whereas the specially trained Ferreira and Rodrigues became paid lackeys of a tyrannical government, those simple folk remained a thorn in the side of the tyranny. 

I know, I know, Scorsese shows the corpse of Rodrigues inside his coffin clutching a small crucifix, which proves, I suppose, that the priest remained in some sense Christian. But again, that’s just the kind of Christianity the regnant culture likes: utterly privatized, hidden away, harmless.  So okay, perhaps a half-cheer for Rodrigues, but a full-throated three cheers for the martyrs, crucified by the seaside.

 

Here's to the fools who dream

 


いよいよ今日から待望のララランドが公開されますね。1月のゴールデングローブ賞でのエマストーンのスピーチです。



1分5秒あたりから
This is a film for dreamers. And I think that hope and creativity are two of the most important things in the world. And that's what this movie is about. So to any creative person who has had a door slammed in their face, either metaphorically or physically, or actors who have had their auditions cut off, or waited for a callback that didn't come, or anybody, anywhere really, that feels like giving up sometimes, but finds it in themselves to get up and keep moving forward, I share this with you. Thank you so much for this. Thank you."
この映画は夢見る人たちに向けたものです。希望と創造性が世界で最も重要な2つのことです。それこそがこの映画が語るものです。ですから、創造に携わる人へ。ドアを面前で閉められた経験がある人へ、比喩的にでも実際にあったとしてもどちらでもいいです。またはオーデイションの途中で打ち切られたことのある役者たちへ、折り返しの電話を待っていても結局来なかった人へ、誰でも、どんな場所でも構いません、あきらめてしまおうかと思う時があっても、我に返って立ち直り前に進み続けようとする人たちへ、この賞をそんな人たちと分かちあいます。どうもありがとう



なんでも語学学習に結びつけるのはほとんど病気かもしれませんが、語学学習ってもう不可能に近いわけですよね。マスターするなんて気の遠くなるような道のりに思えます。割り切ることも大切だとわかったような顔をすることもできるでしょう。でもあきらめたくない、手を抜きたくないという気持ちがすぐにわくんです。だからこそ、彼女のメッセージや劇中で歌う歌が染みるんです。
 

27年前の昨日起きたこと

 


1990年1月31日にモスクワでマクドナルド1号店が開店したそうですね。ソ連崩壊が翌年暮れの1991年12月とされているので直前にすでに開店していたことになります。この頃は自由主義や資本主義、グローバル化に期待を持てた時期だったとノスタルジーを感じるほどです。。。



ちょうどマクドナルドを世界的なチェーン店にしたレイクロックの映画が米国で公開されているようです。映画の評価はイマイチのようですが。。。

日本だと51歳から起業して夢を叶えたというプロジェクトX的な感動物語の方向性で映画を作りそうですが、こちらはマクドナルド兄弟を蹴落としていったダークサイドも描いているようです。あとは現状ではトランプとどうしても比較してしまうようです。

How Ray Kroc Became an American Villain
Considered a 20th-century hero by his contemporaries, the story of the McDonald’s mogul gets a 21st-century spin in The Founder.

ADAM CHANDLER JAN 26, 2017

Simmering grievances against the fast-food industry don’t entirely explain why the story of Ray Kroc merits relevance in 2017. The Founder also bears some strong resemblances to recent industry-themed movies—Steve Jobs, The Social Network—that have not only sought to chronicle the histories of hugely influential companies and gesture at their far-reaching impacts, but also gawk doubtfully at the manias of their creators. As a title, The Founder is a provocation: After all, the McDonald brothers created McDonald’s and, like the Winklevii of an earlier era, their roles have been mostly written out of the history.

Another potential and potent reason for its newsworthiness has to do with an additional theme that connects Kroc to the present day: the arrival of a hectoring, fast-food-loving salesman into the highest seat of power. “However decent the director’s original intentions, The Founder emerges as the first Trumpist film of the new era,” wrote The New Yorker’s Anthony Lane in his review. Another entry from Flavorpill is entitled “I Dare You to Watch ‘The Founder’ Without Thinking About Trump.” That The Founder’s release date switched twice before it was finally slated for wide release on Inauguration Day only fuels this theory.




ただ相変わらず日本公開は未定のようです。。。
 

正露丸といえば

 


正露丸といえば日本人ならどんな薬かすぐに分かりますよね。薬ではないですが、「赤いキツネ」といえばどんなモノかも分かるでしょう。商品名というのは固有名詞と同じで語学学習では無視されますが、いろいろなインプリケーションを持ちやすいです。世界共通の商品もたくさんありますが、ローカルな商品になると途端に意味を想像するのが難しくなりますね。

先ほどの映画で登場していたのはBenadrylという薬。おなじみのものなので映画にも使われていたのでしょう。

I give my kids a Benadryl every Tuesday night so I can watch The Voice.

こちらのブログなどでも丁寧に説明してくれていますが、副作用として眠気が出てしまうようで、それを使って子供を寝かしつけて本人は教育に悪いテレビ番組を見てしまうというダメな母親の告白になっています。

まあこう言う商品名は実際に住んで慣れればなんてことないですし、今時ブログなどで説明してくれていたりするので、見慣れない単語が出てきたら商品名かなという勘を働かせれば十分でしょう。

だから、商品名を含めた固有名詞は英語学習では後回しにしてまったく問題ありません。ただ、本物の英語学習とか大層なことを言い出すならどこかで固有名詞も丁寧に扱うようにしていかないといけなくなります。その反転の機会をどのポイントにするか、それは本人次第です。ぶっちゃけ百科事典的な内容になるので語学学習から離れますから、英語力ではなくなります。

あまりハードルを高くしすぎても無理なので英語力養成という観点からだったら、映画から自然な表現をいろいろ吸収するのがいいですよね。例えば以下のやり取り。

My kids haven't had a bath in three weeks.
-That's okay! Listen, we've all been there.

(うちの子たちは3週間も風呂に入っていないの。
-大丈夫よ。だって皆体験していることよ)

口語表現に慣れていないとwe've all been there.みたいな表現の方が難しく感じるでしょう。

(英辞郎)
I've been there.
1. 〔私も同じことを経験してるから〕分かるよ。◆同意、理解を示す
1. 私はそのことは経験しています。/私は(それを)知り尽くしています。/私は実地を踏んできたのでよく分かります。◆自分の能力について述べる際に



新形式TOEICのサンプル問題で登場したHere's the thing.も最後に使われていますね。こちらの表現は以前このブログでも取り上げました。ここでは最後の結論を述べる導入の役割を担っています。

Here's the thing. If you're a perfect mom who's got this whole parenting thing figured out, well, then, you should probably vote for Gwendolyn, 'cause she's amazing.

Yes.

But if you're a bad mom like me and you have no fucking clue what you're doing, or you're just sick of being judged all the time... Then please vote for me. Thank you.


映画やドラマはこういう表現が満載ですから、MIC問題は普段からドラマや映画を見ている人にとっては簡単ですよというのもうなづけますね。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR