FC2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

映画グリーンブックにも注目

 


1962年。天才黒人ピアニストは、粗野なイタリア系用心棒を雇い、〔黒人専用ガイドブック<グリーンブック>〕を頼りに、あえて差別の色濃い南部へコンサート・ツアーへ繰り出す。旅の終わりに待ち受ける奇跡とは? まさかの実話!

ゴールデングローブ賞はボヘミアンラプソディーが話題をさらいましたが、映画グリーンブックにも注目です。こちらは日本では3月に公開だそうです。監督による受賞スピーチも素晴らしいものでした。



1分20秒あたりから
This is a story of the trip that Don Shirley and Tony Vallelonga took in the pre-Civil Rights era of the 1960s. Don Shirley was a great man and under-appreciated genus who couldn't play the music he wanted to play simply because of the color of his skin. Yet he went on to create his own genre of music. It sounds so beautiful that it still resonates today. Tony Vallelonga came from an immigrant family in the Bronx and from a culture that didn't value diversity or individuality, yet during that trip with Dr. Shirley, he grew and evolved more than most families do over several generations. 
これはDon ShirleyとTony Vallelongaが公民権が認められる前の1960年代に旅行した話です。Don Shirleyは素晴らしい人物ですが、正しく評価されなかった天才で、自分が演奏した音楽をできませんでした。理由はただ単に彼の肌の色でした。それでも彼は独自の音楽を作り続けました。とても素晴らしいもので今でも心に響きます。Tony Vallelongaはニューヨークのブロンクスの移民家族出身で、多様性や個性などを評価しない文化で育ちました。それでもDr. Shirleyとの旅行を通じて成長し、多くの家族が何世代も通じて達成する以上のものを生み出したのです。

This story, when I heard it, gave me hope. And I wanted to share that hope with you. Because we're still living in divided times, maybe more so than ever. And that's who this movie is for. It's for everybody. If Don Shirley and Tony Vallelonga can find common ground, we all can. All we have to do is talk and to not judge people by their differences, but look for what we have in common, and we have a lot in common. We all want the same thing. We want love, we want happiness, we want to be treated equally, and that's not such a bad thing. Thank you very much. I appreciate it.
この話を聞いた時、希望が湧きました。この希望を皆さんと共有したかったのです。私たちはいまだに分断された時代に生きています。これまで以上に分断されているかもしれません。この映画が対象としているのはそんな人たちです。すべての人たちです。Don ShirleyとTony Vallelongaが共通点を見出せたなら、私たちも皆できるでしょう。私たちがすべきなのはただ話すことです。違いによって人を判断することではなく、共通に持っているものを見つけ出すことです。共通点はたくさんあります。皆同じものを望んでいます。愛情、幸せ、平等に扱われること、そんな悪いことではありません。どうもありがとう。

Yutaは一足早く見る機会がありましたが、とても良かったです。正直ストーリーは予測できるものですが、心温まるストーリーになっています。それに、黒人差別ってこんなことまでされていたんだと実感できました。。。しかも当時は合法だったんですよね。。。



(Wikipedia)
黒人ドライバーのためのグリーン・ブック (The Negro Motorist Green Book または The Negro Traveler's Green Book) は人種隔離政策時代に自動車で旅行するアフリカ系アメリカ人を対象として発行されていた旅行ガイドブックである。書名は創刊者であるヴィクター・H・グリーンに由来し、「グリーンによる黒人ドライバーのためのガイドブック」というほどの意味になる。通常は単に Green Book と呼ばれた (以下本項では便宜的に『グリーン・ブック』とする)。



インターネットの素晴らしいところは現物を確認できることろ。1949版のPDFがみやすいのでこちらを紹介します。


「携帯してね」と言いたい時は英語表現的にはwith youをつけた方が意味がはっきりすることに注意したいですね。

Carry your Green Book with you - You may need it

はじめにの部分を読むとユダヤ人差別もあったことが伺えます。

Introduction
With the introduction of this travel guide in 1936, it has been our idea to give the Negro traveler information that will keep him from running into difficulties, embarrassments and to make his trips more enjoyable.
1936年の当旅行ガイドの発売以来、我々が考えてきたのは、黒人の旅行者に情報を提供して苦労や困難に出会わなくて済むようにし、旅行を一層楽しいものにしてもらうことでした。

The Jewish press has long published information about places that are restricted and there are numerous publications that give the gentile whites all kinds of information. But during these long years of discrimination, before 1936 other guides have been published for the Negro, some are still published, but the majority have gone out of business for various reasons.
ユダヤ人の出版社は長いこと制限された場所についての情報を出版してきましたし、いくつもの出版物がユダヤ人でない白人に種々の情報を紹介しています。しかし、差別が続く長い時期に、1936年以前には他のガイドは黒人向けには出版されていませんでした。今もいくつかは刊行されていますが、ほとんどが何らかの理由で廃業してしまいました。

Introductionの締めの部分はしんみりしてしまいます。表向きの差別はなくなりましたが、先日もホテルから黒人が追い出されたというニュースがあったばかりですのでまだまだ時間はかかるのでしょうか。

There will be a day sometime in the near future when this guide will not have to be published. That is when we as a race will have equal opportunities and privileges in the United States. It will be a great day for us to suspend this publication for then we can go wherever we please, and without embarrassment. But until that time comes we shall continue to publish this information for your convenience each year.
近い将来いつか、このガイドを出版する必要のない日が来るでしょう。それは我々が人種としてアメリカで平等な機会と権利を得る日です。この出版物を休刊する時は我々にとって素晴らしい日となるでしょう。どこにでも行きたいところに、困難に会うことなく行けるのですから。しかし、その時が来るまではこの情報誌を読者の役に立つよう毎年発行を続けていきます。

Yutaはついつい実際のGreen Bookってどんなのだったろうと調べてしまいましたが、そんなのお構いなしに映画は楽しめますので、ご心配なく。
スポンサーサイト



 

世界を動かした21の演説

 


予告編の最初に出てくるWe shall go on to the endとか、we shall never surrenderとかいう兵士の言葉を聞いてピンとくる人は歴史に詳しい教養のある方なのでしょう。チャーチルの演説の言葉みたいです。ダンケルク救出作戦後のこの演説は以下のように世界の名演説に選ばれるほどのようです。

世界を動かした21の演説 ― あなたにとって「正しいこと」とは何か




When Napoleon lay at Boulogne for a year with his flat-bottomed boats and his Grand Army, he was told by someone. "There are bitter weeds in England." There are certainly a great many more of them since the British Expeditionary Force returned. I have, myself, full confidence that if all do their duty, if nothing is neglected, and if the best arrangements are made, as they are being made, we shall prove ourselves once again able to defend our Island home, to ride out the storm of war, and to outlive the menace of tyranny, if necessary for years, if necessary alone. At any rate, that is what we are going to try to do. That is the resolve of His Majesty's Government-every man of them. That is the will of Parliament and the nation. The British Empire and the French Republic, linked together in their cause and in their need, will defend to the death their native soil, aiding each other like good comrades to the utmost of their strength.

We shall go on to the end,
we shall fight in France,
we shall fight on the seas and oceans,
we shall fight with growing confidence and growing strength in the air,
we shall defend our Island, whatever the cost may be,
we shall fight on the beaches,
we shall fight on the landing grounds,
we shall fight in the fields and in the streets,
we shall fight in the hills;
we shall never surrender, and even if, which I do not for a moment believe, this Island or a large part of it were subjugated and starving, then our Empire beyond the seas, armed and guarded by the British Fleet, would carry on the struggle, until, in God's good time, the New World, with all its power and might, steps forth to the rescue and the liberation of the old."

中学生向けの資料なのでしょうか。なんでこんなにwe shall fightを連呼しているのか説明せよというものがありました。

Why does Churchill repeat the phrase “we shall fight” over and over? How does it support the main purpose of this speech?

Actual answers will vary. Example of correct answer:
Churchill uses the repetition of the phrase “we shall fight” to add emphasis and to show conviction. At a dark time of World War II, Churchill must state clearly that the British government is determined to win the war, no matter the cost. By making the commitment to fight in every possible place, he is making it clear that Britain will never surrender.


権威好きの人はこれぞ憂国のリーダーと絶賛するんでしょうが、ものすごい滑舌が悪いですよね。今の時代に感銘を与えることができるか。。。酔っ払っているんじゃないかというコメントがYoutubeにもありました(笑)

So drunk. So very, very drunk. What a leader.
I can barely understand what he said
The finest drunk-prime minister of the U.K. 

ノーランはほのめかしで使いましたが、意識的にチャーチルや政治を映画に盛り込むのは避けたようですね。

New Dunkirk film won't feature Churchill so it doesn't get 'bogged down' with politics
•  Hannah Furness, arts correspondent 

7 JULY 2017 • 8:00PM

Writing for the Telegraph's Saturday Magazine, he said he wanted to create “virtual reality without the headset”, bringing the reality of Dunkirk home without touching its politics.

“I knew I didn’t want to make a film that could be dismissed as old-fashioned, something that wasn’t relevant to today’s audiences,” he said.
“What that ruled out for me immediately was getting bogged down in the politics of the situation.
“We don’t have generals in rooms pushing things around on maps. We don’t see Churchill. We barely glimpse the enemy.
“It’s a survival story. I wanted to go through the experience with the characters.”

 

字幕でMIC対策

 


何かと評判が悪い映画の字幕ですが、話の筋を見失うことのないよう流れを重視した内容を字幕にしているんですよね。考えようによってはTOEICのMIC対策の参考にできるかもしれません。55秒あたりからのやり取りです。

6年も頑張ったのよ  It’s been six years.
私には才能がない Maybe I’m not good enough.
ある Yes, you are.

あんな音楽が好き? Do you like the music you’re playing?
ジャズをあきらめる I have a steady job. This is what I’m doing.
本当にいいの? Why aren't you starting your club?

改めて見比べてみると相当意訳していますね。でも文意を照らして考えるとなるほどと思わされます。

Maybe I’m not good enough. -Yes, you are.というさりげないやり取りですが、こういうのに馴染んでおくと否定疑問文とその回答方法もクリアしやすくなりますね。下記が実際の場面でのやり取りです。

EMMA STONE: (As Mia) Because maybe I'm not good enough.
RYAN GOSLING: (As Sebastian) Yes, you are.
STONE: (As Mia) No. No, maybe I'm not.
GOSLING: (As Sebastian) Yes, you are.
STONE: (As Mia) Maybe I'm not.
GOSLING: (As Sebastian) You are.
STONE: (As Mia) Maybe I'm not.
GOSLING: (As Sebastian) You are.
STONE: (As Mia) Maybe I'm one of those people that has always wanted to do it but it's like a pipe dream for me, you know? And then you - you said it. You change your dreams and then you grow up.

2番目のやり取りなんか、パート2の間接的な返答にもろ該当しますよね。

あんな音楽が好き? Do you like the music you’re playing?
ジャズをあきらめる I have a steady job. This is what I’m doing.
本当にいいの? Why aren't you starting your club?

まあこの回答は背景がないとなんだかわからないものなのでパート2には出ないパターンでしょうが。パート2も文脈がわかりづらいと言っても、どうとも取れるようなやり取りはほとんど出題されていません。試験なので明確に答えが選べるやり取りを選んでいるんでしょう。次は映画でのやり取りの続きです。こちらも明確に回答していませんね。

Mia: Why aren't you starting your club? 
Sebastian: You said yourself no one wants to go that club. No one wants to go to a club called 'Chicken on a Stick.' 
Mia: So change the name! 
Sebastian: Well, no one likes jazz, not even you! 
Mia: I do like jazz now because of you!


 

(ネタバレ注意)それでも人生にイエスという

 


今週ララランドと沈黙を見てきました。壮大なネタバレはないのですがエンディングの話に少し触れるのでこれから見に行く人はご留意ください。



このロサンゼルスタイムズの評者が語るようにどちらも満足な出来でした。VEフランクルの本は『夜と霧』すら読んでいないのにタイトルに借用しましたが(汗)両方の映画の感想を端的にまとめていると思ったからです。ララランドは想像に反して典型的なハッピーエンドとはならなかったんですが、最後に二人が目を合わせてうなづくシーンはまさにそんな感じでした。



同じ評者は沈黙も絶賛しています。もちろん深刻さに違いはあるんですがアンドリュー・ガーフィールド演じた宣教師の生き様をスコセッシ監督は肯定的に捉えて映画を締めていたように思えました。まあこの言葉はどんな映画の感想にも使えそうなんですが。。。(滝汗)

信仰心の薄いYutaのような人間は沈黙に描かれた背教した宣教師を受け入れますが、宗教関係者だとそうはいかない人もいるようです。例えば下記の動画。どうして沈黙はキリスト教の映画ではないのかと説明しています。どんなに苦しむとしても背教はeternal salvationを求めた生き方ではないと戒めるのです。



この動画の概要説明で紹介していた記事でも同じようなことを書いています。確かに個人の心に秘めた信仰でいいことを認めてしまえば制度としての宗教の存在意義はなくなりますから、彼らの立場上このような映画を到底認めるわけにはいかないのはわかります。

Christus Apostata: Scorsese’s “Silence”
Brad Miner

MONDAY, DECEMBER 26, 2016

Endō was a Catholic convert, and it’s fair to wonder how complete his conversion was. Martin Scorsese is a cradle Catholic who, despite meeting with Pope Francis during promotion of his movie (which premiered on December 23rd), shows no signs of being a faithful Catholic.
(中略)
Scorsese’s Silence is not a Christian film by a Catholic filmmaker, but a justification of faithlessness: apostasy becomes an act of Christian charity when it saves lives, just as martyrdom becomes almost satanic when it increases persecution. “Christ would have apostatized for the sake of love,” Ferreira tells Rodrigues, and, obviously, Scorsese agrees.


********

SCORSESE’S “SILENCE” AND THE SEASIDE MARTYRS
by Bishop Robert BarronDecember 27, 2016

My worry is that all of the stress on complexity and multivalence and ambiguity is in service of the cultural elite today, which is not that different from the Japanese cultural elite depicted in the film. What I mean is that the secular establishment always prefers Christians who are vacillating, unsure, divided, and altogether eager to privatize their religion. And it is all too willing to dismiss passionately religious people as dangerous, violent, and let’s face it, not that bright. Revisit Ferreira’s speech to Rodrigues about the supposedly simplistic Christianity of the Japanese laity if you doubt me on this score. I wonder whether Shusaku Endo (and perhaps Scorsese) was actually inviting us to look away from the priests and toward that wonderful group of courageous, pious, dedicated, long-suffering lay people who kept the Christian faith alive under the most inhospitable conditions imaginable and who, at the decisive moment, witnessed to Christ with their lives. Whereas the specially trained Ferreira and Rodrigues became paid lackeys of a tyrannical government, those simple folk remained a thorn in the side of the tyranny. 

I know, I know, Scorsese shows the corpse of Rodrigues inside his coffin clutching a small crucifix, which proves, I suppose, that the priest remained in some sense Christian. But again, that’s just the kind of Christianity the regnant culture likes: utterly privatized, hidden away, harmless.  So okay, perhaps a half-cheer for Rodrigues, but a full-throated three cheers for the martyrs, crucified by the seaside.

 

Here's to the fools who dream

 


いよいよ今日から待望のララランドが公開されますね。1月のゴールデングローブ賞でのエマストーンのスピーチです。



1分5秒あたりから
This is a film for dreamers. And I think that hope and creativity are two of the most important things in the world. And that's what this movie is about. So to any creative person who has had a door slammed in their face, either metaphorically or physically, or actors who have had their auditions cut off, or waited for a callback that didn't come, or anybody, anywhere really, that feels like giving up sometimes, but finds it in themselves to get up and keep moving forward, I share this with you. Thank you so much for this. Thank you."
この映画は夢見る人たちに向けたものです。希望と創造性が世界で最も重要な2つのことです。それこそがこの映画が語るものです。ですから、創造に携わる人へ。ドアを面前で閉められた経験がある人へ、比喩的にでも実際にあったとしてもどちらでもいいです。またはオーデイションの途中で打ち切られたことのある役者たちへ、折り返しの電話を待っていても結局来なかった人へ、誰でも、どんな場所でも構いません、あきらめてしまおうかと思う時があっても、我に返って立ち直り前に進み続けようとする人たちへ、この賞をそんな人たちと分かちあいます。どうもありがとう



なんでも語学学習に結びつけるのはほとんど病気かもしれませんが、語学学習ってもう不可能に近いわけですよね。マスターするなんて気の遠くなるような道のりに思えます。割り切ることも大切だとわかったような顔をすることもできるでしょう。でもあきらめたくない、手を抜きたくないという気持ちがすぐにわくんです。だからこそ、彼女のメッセージや劇中で歌う歌が染みるんです。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR