fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

日本版NIH、TOEFL導入と同じにおい

 
科学者であり、NIHのディレクターであるフランシスコリンズさんは、ニューズアワーに出てしゃべっていましたが、日本版NIHを創設しようという構想があるようですね。科学研究が政府予算や規制と無関係で進めることは不可能に近いためか、雑誌Natureは政治の動きに敏感です。日本の参議院選挙直後の社説では安倍政権を取り上げていました。原子力推進と日本版NIH創設が主なトピックになっています。

The test for Abenomics
Japanese Prime Minister Shinzo Abe has been buoyed by election success, but he must show that his science policies take the opinions of researchers into account
.
31 July 2013

Abe’s support for science is also getting mixed reviews. His emphasis on technology transfer has hit a popular chord with industrialists, as have his plans to merge biomedical research funding under a body inspired by the US National Institutes of Health (NIH). But the planned Japanese NIH is quite different from its namesake — it is intended to focus on applied science, and will be supervised mostly by Abe and bureaucrats, rather than by scientists (see Nature 499, 136–137; 2013).

This could send science off course. Already, Japan has focused too optimistically on induced pluripotent stem cells, and funding is set to increase further. The country should give more thought to what science and clinical applications are likely to emerge. Scientists in other fields feel they are being shunned. Is the Japanese NIH going to provide balance? It should, but Abe’s proposal does not promise to do so.

一方の日本版NIHは官僚と政治家だけが青写真を勝手に作って、当の科学者が蚊帳の外というのは、TOEFL導入騒動と同じですね。この構想そのものを批判的に検討している記事は7月初旬に出ていました。

NATURE | NEWS
Outcry over plans for ‘Japanese NIH’
Researchers fear reforms will bring cuts to basic science.
Ichiko Fuyuno
10 July 2013

4月に発表された時はふーんと気にもとめていなかったんですが、早速動きがでているようですね。

安倍首相:日本版NIH創設を表明、難病研究を加速-成長戦略 (1)
  4月19日(ブルームバーグ):安倍晋三首相は、最先端の医療技術を開発するため米国のシステムに倣った日本版国立衛生研究所(NIH)を創設し、日本における難病研究を加速させる考えを表明した。19日午後の日本記者クラブでの講演で語った。
首相は講演で、政府が6月にまとめる成長戦略で重点分野に位置付けている医療分野への取り組み方針を紹介。19世紀後半のコレラ対策を契機に国が中心になって疾病研究に取り組んできた米国NIHの例を挙げ、「日本でも最先端の医療技術を開発していくためには米国NIHのような国家プロジェクトを推進する仕組みが必要だ」と強調した。


医療総合戦略の閣僚会議が初会合
2013/8/8 10:44 日本経済新聞
 政府は8日午前、全閣僚で構成する「健康・医療戦略推進本部」の初会合を首相官邸で開いた。安倍晋三首相は「健康長寿社会の実現は安倍政権の成長戦略の柱だ。推進本部が司令塔となって革新的な医療技術の実用化スピードを大幅に引き上げる」と強調。医療分野の研究開発を政府一体で進めるための総合戦略を来年1月にとりまとめる。

薬事関連のウエブサイトではもう少し生々しくこの動きを紹介していました。推進本部に強力な権限がいってしまうのでしょうか。

日本版NIH  研究予算1000億円を政府が配分調整、来年度要求から( 2013年8月8日 )

 「日本版NIH」の司令塔に当たる政府の「健康・医療戦略推進本部」(本部長=安倍晋三首相)は8日初会合を開き、各省にまたがる医療分野の研究開発予算約1000億円について、各省が財務省に予算要求を行う前に推進本部が配分調整を行うことを決めた。今夏に行われる2014年度予算の概算要求から導入する。


英語業界の予算ってどれくらいなんですかね。毎年何億円かけているのでしょうか。
 

英検の問題をリアルに感じる

 

The Immortal Life of Henrietta LacksThe Immortal Life of Henrietta Lacks
(2011/02/01)
Rebecca Skloot

商品詳細を見る


英検1級の問題は、現実の興味深いトピックを扱ってくれているので知的好奇心も刺激されますよね。2010年に以下の問題が出たのを覚えている方もいるのではないでしょうか。CELの解説を抜粋させていただきます。英検の過去問が直近三回というのはこういう時に不便ですね。

3 題目:Medical Research, Ethics, and Hela Cells
「1951年に子宮頸癌で亡くなった女性Henrietta Lacksの腫瘍病変から分離され株化されたHeLa細胞は、本人やその家族に断りなく培養され、利用されてきた。彼女の子供がこの細胞のことを偶然知ったのは、Henriettaの死から20年以上経ってからのことだった。この間にも、HeLa細胞はさまざまな実験に利用され、また商業的にも扱われていたが、その利益を彼女の家族が受けることはなかった。こうした事態は倫理に反するのではないかと懸念する声も上がっている。」という内容で、比較的読み易い問題文でした。

(38)の設問の「HeLa細胞のimpact」に関しては、やや離れた個所に書かれている内容を結びつけて選択肢を選ぶことになりましたので、解き難かったかもしれません。(40)は注意が必要でした。選択肢2を選んでしまった方もいたかと思います。選択肢4のinvadedが本文のcontaminationの言い換えであることを見抜ければ、正解を選ぶことができました。(41)は第7段落の9行目の左端 An even more difficult で始まる文章を言い換えた選択肢1が正解です。

3題目は、3問は確実に正解して下さい。
★3番目標得点:16点(20点満点)

この細胞を巡って新たな動きがあったようです。英語で情報を仕入れたい方は以下の時事通信の記事は読まずに、さらに下のNewshourやNatureの記事に挑戦してください。

「ヒーラ細胞」ゲノム解読=最初のヒト培養株、医学に貢献−米政府と遺族合意で公表
 世界的に医学研究に使われるヒト細胞株「ヒーラ細胞」について、米ワシントン大の研究チームが全遺伝情報(ゲノム)を解読、解析した成果を8日付の英科学誌ネイチャーに発表した。(中略)
ラックスさんはアフリカ系米国人で5人の子供の母親だった。がん細胞の採取は当時、本人や家族に無断で行われていた。今年3月に欧州分子生物学研究所(EMBL)の研究チームが最初にゲノム解読データを論文発表した際、批判の声が上がり、同チームは取り下げた。
 
ワシントン大の研究には米政府機関の国立衛生研究所(NIH)が研究費を拠出しており、NIHがラックスさんの遺族からゲノムデータを研究者に提供する同意を得た。提供の可否を審議する作業部会にも遺族代表2人をメンバーに迎えた。(2013/08/08-02:12)



Natureで研究を発表しているせいもあるのか、社説や特集記事、ポッドキャストと大きく取り扱っています。社説では研究に一般の人が参加する状況について考察して、特集記事では今回の件を丁寧に紹介してくれています。

NATURE | EDITORIAL
Blood ties
Scientists should give donors more information about how their biospecimens are used.
07 August 2013

******

Deal done over HeLa cell line
Family of Henrietta Lacks agrees to release of genomic data.
Ewen Callaway
07 August 2013

こういう正解のない問題というのは大変ですが、いろいろ考えさせてもらえるトピックを選んでいる英検もなかなかですね。
 

(続)アマゾン・ベゾスのべたなギャグ

 
前回の記事で以下のように書かせてもらいました。

アマゾンKindleのさらなる拡大のために、毎日発信できるものが欲しかっただけなのかと思っていましたが、ジャーナリズムのためなら体を張る準備ができていると書いています。それなりの覚悟があってジャーナリズムに参加しているということなんでしょうか。

While I hope no one ever threatens to put one of my body parts through a wringer, if they do, thanks to Mrs. Graham’s example, I’ll be ready.

なんでwringerなんて言葉を使ったか分からなかったのですが、今週のEconomistを読んで分かりました。Watergate事件のときにオーナーのKatharine Grahamさんが脅されたときの文句だったようです。

Lexington
Keeping the mighty honest
A new wave of press barons should not allow newspapers to become niche products
Aug 10th 2013 |From the print edition

Graham braved threats—Nixon’s attorney-general growled that she would “get her tit caught in a big fat wringer” if she published fresh Watergate allegations—even while playing tennis or dining with government bigwigs (she carefully fed intelligence to her reporters afterwards). Before her death in 2001 she presided over years of hefty profits, helped by near-monopolies over Washington’s morning-news and print-advertising markets.



Personal History (Vintage)Personal History (Vintage)
(1998/02/24)
Katharine Graham

商品詳細を見る


Katharine Grahamと、Bob WoodwardとCarl Bernsteinの二人の記者の名前があれば、ウォーターゲート事件ということになるのでしょうね。せっかくの機会なので、彼女の自伝を読み直せたらいいなと思っています。きっと、ワシントンポストの従業員達は、ベゾスの文章を読んで、このことを指しているとすぐに分かったことでしょうね。口先だけだと批判することも可能でしょうが、このようなことをあえて口に出したことは評価すべきでしょう。



ビジネスウィークもこの件について雑誌冒頭のOpen Remarksで取り上げていました。ベゾスの奥さんが小説家だということを始めて知りましたが、ベゾス本人も大変な読書家のようです。

Why Jeff Bezos Bought the Washington Post
By Brad Stone on August 08, 2013

これからデジタル化を一層推し進めるだろうというのは誰でも想像できそうな事ですが、Vijay Ravindran, the Washington Post’s chief digital officer, is a former Amazon manager who led the team that created the Amazon Prime shipping program in 2005.とすでにアマゾン経験者がワシントンポストのデジタル部門の責任者だそうです。思ったよりデジタル化への変革はスムーズにいくのかもしれませんね。

Does all this mean the sun will shine brighter on the Washington Post? Bezos was characteristically vague about his plans in the frenzy of the announcement: “There is no map, and charting a path ahead will not be easy,” he wrote in the newspaper. “We will need to invent, which means we will need to experiment.” But it’s likely he’ll bring some Amazon management techniques to the Post (get ready for those six-page documents) and encourage experimentation without regard for short-term profits and losses. Bezos abhors anything that inconveniences his customers, so the paywall that washingtonpost.com instituted this spring might crumble. And if any of these moves undermine the Post’s teetering revenue sources, such as print ad pages, Bezos probably won’t care much. He said in an interview last year with German newspaper Berliner Zeitung that he thinks print newspapers will cease to exist within two decades. His overarching goal will be to create a thriving new media species on the digital frontier.

At least one friendly face will be waiting for him. Vijay Ravindran, the Washington Post’s chief digital officer, is a former Amazon manager who led the team that created the Amazon Prime shipping program in 2005. Ravindran says that for four years he has been “running the Amazon playbook” inside the Post and that he advocated for the Bezos deal with Graham. Others in the Post newsroom are likely to greet their new overlord a bit more skeptically, and not merely because of the constitutional quirks of the profession. The Graham family viewed the Post as a public trust with an obligation to challenge power. Tycoons who buy ink by the barrel often have less noble ambitions. A newspaper gives its owner a potent form of soft power and can be a political weapon even when not wielded overtly—witness Rupert Murdoch’s decades-long influence over British politics. As Amazon continues to grow, it will have plenty of vested interests brought before regulators and legislators.

Still, there’s a much simpler answer to the question of why Bezos bought a newspaper—an answer even the crustiest journalists will own up to. Every day begins with a blank screen, a room full of smart people, and a mission to find out how the world works and the motivations of its actors. It’s a lot more fun than delivering garden gnomes.

PBSニューズアワーでは今回たまたまワシントンポストの記者が登場していましたので、この件について聞かれていました。What did you think?にSurprise is not a strong enough word. Stunned.と答えています。XXX is not a strong enough word. YYY.という強調する表現はいろいろな場所で使えそうですね。また、surprisedよりもstunnedの方が驚きの度合いが強いということもこの表現から学べます。



9時50分当たりから
JUDY WOODRUFF: Well, nothing to do with blinking, but Ruth, the newspaper for whom you write for which you write your column, The Washington Post, big sale announced this week to the man who started Amazon.
Surprised? How did you -- you and your colleagues, what did you think?
RUTH MARCUS: Surprise is not a strong enough word. Stunned.
This was something -- I said it was the day our earth stood still. This was something we never in a million years contemplated, because the Graham family is The Washington Post. The Washington Post is the Graham family. We had always understood that their ownership structure -- we are a publicly held company, but they had the controlling shares -- was our bulwark against bad things happening to the paper.
That said, this was a very sad day for people like me, who spent 30 years working at The Washington Post, love the Graham family. I have worked for Mrs. Graham, for Don Graham, for Katharine Weymouth, the current publisher. And she will continue as publisher.
But the Graham family decided in the end to transfer the newspaper, sell it to Jeff Bezos of Amazon, in order to help protect it. And so there's reasons to be -- I'm stunned. I'm sad. But there's reasons to be hopeful here. First of all, Jeff Bezos has a lot of men to help the paper.
Second of all, he's got patience to work it out. And, third, he's got experience in this new age of the Internet. My Amazon products come very quickly and effectively. And if he can do for The Post what he did for Amazon, God bless him.

最後の部分は、個人的に思う事と一緒でもあり、しかも、簡潔に表現されているので、こういう風にしゃべれるようになれれば英検などの面接なんて楽勝でしょうね。

(残念で驚きだが、希望が持てる理由があること)
And so there's reasons to be -- I'm stunned. I'm sad.
But there's reasons to be hopeful here.

(希望が持てる理由3つ)
First of all, Jeff Bezos has a lot of men to help the paper.
Second of all, he's got patience to work it out.
And, third, he's got experience in this new age of the Internet.

(補足説明)
My Amazon products come very quickly and effectively. And if he can do for The Post what he did for Amazon, God bless him.

もちろん、アマゾンという企業の利益を代弁するロビー活動紙になってしまう危険性もないわけではないので、楽観視はできないかもしれません。
 

(続)Jumping off a cliff in finding your wings on the way down

 
Jumping off a cliff in finding your wings on the way downについて、joyjoyさんから有名な引用句だと教えていただきました。どうやらRay Bradburyの言葉のようです。TimeのObituaryでもこの言葉を使って書かれていました。彼自身の言葉はYou’ve got to jump off cliffs all the time and build your wings on the way down.のようです。

Remembrance
R.I.P. Ray Bradbury: He Jumped Off Cliffs and Never Hit the Ground

His advice to writers—and it’s among the best ever given—is as follows: “You’ve got to jump off cliffs all the time and build your wings on the way down.”

A cliff-jumper all his life, Bradbury never hit the ground. He died peacefully on Tuesday in Los Angeles.


崖から飛んで地面にたたきつけられてしまうような場合は、hit the groundと表現するんですね。この言葉の意味を説明する必要はありませんが、NPRの記事He was telling us that every impossible dream that comes true begins with a leap of faith.とパラフレーズしてくれています。

ANDREW CHAIKIN: For anyone who longs to make their dreams take flight, Ray Bradbury had some very clear advice: Jump off the cliff, he said, and build your wings on the way down. He was telling us that every impossible dream that comes true begins with a leap of faith. That's why he inspired so many generations of people - not just science fiction fans, but real space explorers, scientists, engineers, even astronauts. More than anyone, Ray Bradbury was able to put into words that thing that is written in our DNA that compels us to always strive for the next hill, even if that hill is another planet or another star.

leap of faithについては、英辞郎はいい意味と悪い意味の両方を説明してくれていますが、Google画像検索をしてみると、「思い切ってやってみる」というポジティブなニュアンスで使われることが多いのかなと想像できます。というかleap of faithという言葉に「崖から飛び降りてみる」というニュアンスがあるといった方が性格かもしれません(笑)是非、リンク先を見てみてください。

(英辞郎)
leap of faith
やみくも的な信仰、盲信、信頼に基づく賭け◆blind faithは無批判に信じること。「愚行」というニュアンスを持つ。leap of faithは証明できない事柄について、信じることを選択すること。「非論理的」などの否定的ニュアンスを持つ場合と、「信頼・信仰・思い切り」などの肯定的ニュアンスを持つ場合がある。
・ You are relying on blind [a leap of] faith. : あなたは根拠のない盲信に頼っています。


(マクミラン)
leap of faith
a decision to believe that something is true or will happen although you have no proof


これはオーデンの詩Leap before you look(見る前に跳べ)のバリエーションということなんでしょうね。



「〜したら〜しよう」という人に対して背中を押す一言となりそうです。英語学習なんかも、書けるようになるには書き始めないといけない訳ですし、読めるようになるには読み始めないといけない訳ですからね。個人的な経験からいえばhit the groundを何度もするはめにはなりますが。。。(汗)
 

アマゾン・ベゾスのべたなギャグ

 
ある程度英語力がついてきたら、リアルな世界のものを教材にするのがいいと思うのは、やはり質が高いものに触れることができるからです。先ほどのヴィトンの広告だって、世界最高レベルのクリエイターが作ったものですからね。

アマゾン創業者ベゾスのワシントンポスト従業員に向けたレターも告知文として最高の教材になると思います。ワシントンポスト従業員だけでなく、全世界の人が読むことを意識して、240億円の買収について書いているのですから、細心の注意を持って書かれたものでしょう。

ようやく時間がとれたので、丁寧にこの告知分を読んでみたいと思います。告知文の6つのパラグラフについてYutaなりにまとめると以下になるでしょうか。

(1) 従業員へのあいさつ(前オーナーへの敬意)
(2) 変化しないことの説明(WPの価値に変化話)
(3) 変化しないことの説明(幹部の入れ替えはなし)
(4) 変化が必要なことの説明(インターネット社会に向けた変革の必要性)
(5) ジャーナリズムの社会での重要性(前オーナーへの敬意)
(6) 個人的な感謝

どのように話を進めていくか、相手の立場を配慮しながらも、今回の決定について理解してもらうか、それはどんなメール、手紙でも考慮しなければいけない点ですよね。個人的に強く感じたのは、「前オーナーへの敬意」と「WPが体現してきたジャーナリズムの価値に変更はない」、という2点を強調して書かれていることです。王道的な、セオリー通りとは言え、こういう配慮が普通にできるようになりたいですね。

Jeff Bezos on Post purchase
By Jeff Bezos, Tuesday, August 6, 5:41 AM

To the employees of The Washington Post:

最初のパラグラフは、不安に感じているであろう従業員に対して同じ目線に立って、理解を示しながら書き出していますね。以前のブログ記事で取り上げた事がありますが、many of you will greet it with a degree of apprehension.という表現を見ています。「この先どうなるのだろう」という不安はapprehensionがしっくりくるようですね。

前のブログ抜粋
新しい生活や職場などに対する不安を表現するにはapprehensionという単語がいいのですね。ケンブリッジにはぴったりの例文が載っていました。

(ケンブリッジ)
apprehension
worry about the future, or a fear that something unpleasant is going to happen:
> It's normal to feel a little apprehension before starting a new job.
> There is some apprehension in the office about who the new director will be.

前のブログ記事で取り上げたのは、外国の土地で暮らし始めるという不安についてapprehensionが使われていました。

We moved back to England when I was eight, and I didn’t mind the move. However, six years later I began to miss Tokyo terribly. When my dad told us we were moving to Japan again, I was overjoyed—despite my apprehension at leaving lots of family and an excellent school.

Any apprehension was lifted as we arrived in Tokyo in the midst of spring. Sakura fell like snow onto the grey tarmac streets of central Tokyo. A scene that may have been mundane a month before became something picturesque. Sakura in Tokyo is one of the things I will miss most.

2パラグラフでは、オーナーが変わることで、どんな変革が起きるのか、という不安を抱いている従業員に対して、まずベゾスは変わらない価値について触れています。従業員をまず安心させようとしていることが見て取れますね。

英語表現的にはSo, let me start with something critical. という前置きで、これから話すことは大切なことですよと、シグナルを送ってから、The values of The Post do not need changing.としていますね。大事な話については、こういうテクニックも駆使して相手にしっかりと分かってもらうようにしていきたいですね。

3パラグラフ目でも、ベゾス自身は日々の経営に携わらない事を明言して、これまで通りの布陣で進めていく事を伝えて、従業員を安心させようとしています。

記事タイトルにしたのは、I am happily living in “the other Washington” where I have a day job that I love.の部分です。最初 “the other Washington”の言っていることが分からなかったのですが、Washington Postが拠点としているのはWashington D.C.ですが、Amazon.comはシアトルを拠点にしていますね。シアトルはWashington Stateですから、“the other Washington”で本業に専念しますよ。あれこれ首を突っ込むことはしませんよという風に読み取れるかもしれませんね。一方、“the other Washington”を持ち出すことで、共通のものを模索しようとしているシグナルにもなりそうです。

4パラグラフ目でようやくワシントンポストが変わらなくてはいけない部分を伝えています。英文ライティングで「結論→補足」は基本的な流れですが、今回のようなケースで冒頭から「WPは変革が必要だ」とやってしまうと反感を覚える従業員の方が多くなるでしょうし、古巣の良い記者なんかはすぐに辞めてしまうかもしれません。ノーテンキで無責任な英語教師は、英語はロジックなんていいますが、やっぱり英語だって言い方が重要なのは、言葉である以上同じだと思います。

弊ブログのタイトルUncharted territoryにも通じることをここでベゾスは語っています。There is no map, and charting a path ahead will not be easy. We will need to invent, which means we will need to experiment.(見取り図はありません。先に進む道を描き出すのは簡単ではないでしょう。我々が生み出していくしかないのです。つまり、試行錯誤していかなければいけないのです)

アマゾンのカルチャーをスケールメリットだけで判断する人もいますが、画期的なサービスを生み出す力はもっともっと評価されていいですよね。試行錯誤の文化についてwilling to failと語っていた昨年の動画のような心意気をワシントンポストにも注いでくれるなら、もしかしたら何かをしてくれるのではと期待ができます。



Amazon has a pioneering culture. So it’s a big team of people who are experimenters, and inventors. We are willing to fail, willing to try things. And it’s fun by the way.

5パラグラフ目は、社会で果たすジャーナリズムの役割の重要性について語っています。ワシントンポストの前オーナーが果たしてくれた勇気を二つ挙げています。

例示のさいには、オーソドックスな手法で書いています。3つの根拠を示すのがセオリーだと思いますが、2つでもよさそうですね(笑)

I would highlight two kinds of courage the Grahams have shown as owners that I hope to channel. The first is the courage to say wait, be sure, slow down, get another source.
(中略)
The second is the courage to say follow the story, no matter the cost.

アマゾンKindleのさらなる拡大のために、毎日発信できるものが欲しかっただけなのかと思っていましたが、ジャーナリズムのためなら体を張る準備ができていると書いています。それなりの覚悟があってジャーナリズムに参加しているということなんでしょうか。

While I hope no one ever threatens to put one of my body parts through a wringer, if they do, thanks to Mrs. Graham’s example, I’ll be ready.

この買収に対していろいろな反応もあるでしょう。週末はそういうのも合わせて読んでみたいと思います。
 

Jumping off a cliff in finding your wings on the way down

 
柄にもなくVanity Fairを定期購読しています。読み応えのある調査報道記事が読めるのが表向きの理由ですが、美しい女性が記事になっていることも理由の一つになっているかもしれません(苦笑)広告も高級ブランドンのセンスのよいものがたくさんあります。そのなかで、ミシェル・ウリリアムズがルイヴィトンの広告が出ていました。

Fashion News
ルイ・ヴィトン新広告にミシェル・ウィリアムズ、ビジュアル公開
2013年07月30日 19:15 JST
 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」が、女優Michelle Williams(ミシェル・ウィリアムズ)をミューズに起用した最新広告を発表した。新作バッグ「トート W」と「カプシーヌ」にスポットを当てたビジュアルは、7月下旬から世界各国で展開される。


ルイヴィトンのサイトにあったプレスリリースです。通常の企業のものよりもちょっとこった書き方をしていますね。

The new bag, a graphic design in shape of a W, with its bold lines and innovative combination of materials, represents a fresh vision of the iconic Monogram. The enchanting beauty of Michelle Williams, who wears the sensual lace slips and mannish coats of Marc Jacobs’ Fall/Winter 2013 collection for Louis Vuitton, is revealed by Peter Lindbergh’s sensitive and striking portraits.


The actress was singled out by Louis Vuitton for the independent spirit with which she has forged her path through the Hollywood star system, defining herself by her outstanding talent, her passion for her craft, and her choice of daring and challenging roles. From Ang Lee’s Oscar-winning Brokeback Mountain (2005), Michelle Williams went on to give critically acclaimed performances, as it was the case with her role as Marilyn Monroe in My Week with Marilyn, for which she earned a Golden Globe and her third Oscar nomination.


A timeless story, revolving around a friend of the House, a woman who embodies the unexpected through her personality and the care she takes in her choice of roles.


 



Youtubeで撮影の様子を紹介しているものがありました。シックでセクシーなミシェルもいいですね。彼女の演技の取り組み方は、我々英語学習者にも大いに参考にできそうだったのでご紹介させていただきます。



It's like falling in love. It’s … I fall in love with characters. It’s like falling in love in your life. You can't help it. You can't control it. You don't listen to what other people say. You just follow your heart. Everything else becomes kind of irrelevant
(恋に落ちるようなものです。私は役に恋してしまうのです。実生活で恋に落ちるようなものです。どうにもできないのです。とめることはできません。他の人の言う事なんか耳に入らなくて、自分の思いに従うだけになります。その他のことは、どうでもよくなる感じです)

I don't really kind of mastermind it. I would hope to try to stay very present and open to whatever is moving me kind of in the moment. And generally that tends to be something that's challenging because if it’s not challenging then why do it.
(計画を立て綿密に進めることはしません。その時に心を動かされたものに対して、その時の思いを大切にして、心を開くようにしたいと思っています。だいたい、それは困難なものになります。困難なものでなければ、やる価値がないでしょう)

My work on a movie starts, I mean, Marilyn started I started working on it a year before we started filming. These things require some .. they require your muscle memory. The more time you put into it, the more naturally it will come.
(映画での私の仕事が始まるのは、マリリンモンローが始まったのは、撮影が始まる1年前に取り組み始めました。映画で必要になるのは、筋肉に覚えさせることが重要なのです。たくさんの時間を費やせば、より自然に出てくるようになります)

And ultimately the easier it'll make my job, the more free will make my job cuz my head won't be thinking, thinking, thinking so I like to take a lot of time to prepare. Maybe I'm just procrastinating now delaying. It's like … I don't know if somebody wants, can’t remember maybe I read it in a poem. And they said it's like jumping off a cliff in finding your wings on the way down.
(そして最終的には、仕事が楽になり、もっと自由なものにしてくれます。心の中であれこれ考えることがなくなるようになるのです。ですから、準備にはたくさんの時間をかけたいのです。単に先延ばしに、遅らせているだけかもしれませんが。。誰かが望んでいることはわかりません。覚えていないのですが、詩にあったものを読んだと思うのですが。がけから飛び降りて、落下中に自分の翼を見つけるようなものなのです)

ロジカルに無駄なく物事に取り組むのはかっこ良く見えますが、どうにもならない気持ちに正直に取り組んでもいいんじゃないかなと思います。どんなに非効率に思える勉強法だって、打ち込んで取り組めばそれなりのものなるでしょう。英和辞典の通読、TIMEの多読という、効率の点からも、英語学習の順番の点からも相当「ひどい」やり方を今までしてきましたが、なんとか英語で何かを学べるようにはなっています。(もちろん、今振り返れば、しっかりと音読・朗唱をできるまでやり込むことを最優先すべきだったと反省しきりですが。。。

It’s like falling in love in your life. You can't help it. You can't control it. You don't listen to what other people say. You just follow your heart. Everything else becomes kind of irrelevant
(実生活で恋に落ちるようなものです。どうにもできないのです。とめることはできません。他の人の言う事なんか耳に入らなくて、自分の思いに従うだけになります。その他のことは、どうでもよくなる感じです)

they require your muscle memory. The more time you put into it, the more naturally it will come.
(映画で必要になるのは、筋肉に覚えさせることが重要なのです。たくさんの時間を費やせば、より自然に出てくるようになります)

And they said it's like jumping off a cliff in finding your wings on the way down.
(がけから飛び降りて、落下中に自分の翼を見つけるようなものなのです)

見切り発車というとかっこ悪いですが、jumping off a cliff in finding your wings on the way downなんて表現はかっこいいですね。まあ、試験の準備をしてこなかった時のかっこいい言い訳にも使えてしまいそうですが。。。
 

せきなつこさんのトラベルブック

 


「せきなつこ」さんというイラストレーターがルイヴィトンのトラベルブックでロンドンのイラストブックを描かれているそうですね。経歴を拝見すると、慶応大を卒業後、渡英された感じです。このような活躍は素晴らしいですね。

英語でのトラベルブック紹介。

日本語サイトでのトラベルブック紹介。

Congolese artist Chéri Samba shows us Paris. Jean-Philippe Delhomme, the Frenchman, crosses the ocean and wanders through the streets of New York. American artist Daniel Arsham travels to the remote Easter Island, and Natsko Seki, a young Japanese illustrator, discovers London.


Succeeding to the “Carnets de Voyage”, the Travel Book collection offers a new vision of travel, an encounter between wild places and artists. The illustrations of renowned artists and promising young talents tell the stories of the cities and countries they have visited, depicting each place’s varied architecture and special light, recording the passing days and the lives of its people.


Discover the complete Travel Book collection here.


 




 

アマゾンの大胆さ

 
アマゾン創業者ベゾスのワシントンポスト買収のニュースは驚きました。

August 5, 2013
Amazon.com Founder to Buy The Washington Post
By CHRISTINE HAUGHNEY

Amazon.com’s founder, Jeffrey P. Bezos, has agreed to buy The Washington Post, one of the nation’s most prominent newspapers, for $250 million.

Katharine Weymouth, the newspaper’s publisher, made the announcement on Monday afternoon. According to a statement released by The Washington Post Company, Donald E. Graham, chairman and chief executive of The Washington Post Company, said “I, along with Katharine Weymouth and our board of directors, decided to sell only after years of familiar newspaper-industry challenges made us wonder if there might be another owner who would be better for the Post (after a transaction that would be in the best interest of our shareholders).”

こういう大事なニュースを本人はどう伝えるのでしょうか。ベゾスのワシントンポスト社員への手紙とワシントンポスト発行者Katharine Weymouthを見てみます。

Jeff Bezos on Post purchase
By Jeff Bezos, Tuesday, August 6, 5:41 AM
To the employees of The Washington Post:

You’ll have heard the news, and many of you will greet it with a degree of apprehension. When a single family owns a company for many decades, and when that family acts for all those decades in good faith, in a principled manner, in good times and in rough times, as stewards of important values – when that family has done such a good job – it is only natural to worry about change.

So, let me start with something critical. The values of The Post do not need changing. The paper’s duty will remain to its readers and not to the private interests of its owners. We will continue to follow the truth wherever it leads, and we’ll work hard not to make mistakes. When we do, we will own up to them quickly and completely.

I won’t be leading The Washington Post day-to-day. I am happily living in “the other Washington” where I have a day job that I love. Besides that, The Post already has an excellent leadership team that knows much more about the news business than I do, and I’m extremely grateful to them for agreeing to stay on.


*************

Katharine Weymouth remarks to Post employees
Tuesday, August 6, 6:08 AM
This is a day that my family and I never expected to come. The Washington Post Company is selling the newspaper it has owned and nurtured for eight decades.

In addition to The Washington Post, the company is selling Greater Washington Publishing, the Gazette newspapers, Express, El Tiempo Latino and Robinson Terminal.

The buyer is one of America’s great innovators and most respected business leaders, Jeff Bezos, chief executive officer and founder of Amazon.com. Jeff is making this acquisition in his personal capacity and not as part of Amazon.

In his own remarks, Don has addressed why the company has made this decision. I want to focus on the future. I firmly believe that today’s announcement represents a remarkable opportunity for us, unique among media companies. In Jeff we have found an owner who believes in The Post as a business but also cares deeply about the role it serves in our society.
 

どこの国もテスト漬け

 


(英辞郎)
Testing, testing, one, two, three, testing.
本日は晴天なり。ただ今マイクのテスト中


ニューヨークタイムズの記事で、大学入試に必要なテストがSATだけでなく、ACTというテストも受けなくなっている傾向を取り上げていました。

Testing, Testing
More Students Are Taking Both the ACT and SAT
By TAMAR LEWIN
Published: August 2, 2013 61 Comments

AS if applying to college isn’t taxing enough, the process seems to have been ratcheted up another notch. Ambitious high school students are no longer content with just one college admissions test. Not a single college requires it, but many applicants to the nation’s most selective colleges and universities are taking — and retaking — both the ACT and the SAT.

SATが凋落したのではなく、ACTの受験者が急増しているようです。12の州で採用しているという理由だけでなく、受験生は両方のテストで高得点を取得していいところを見せようとしていることも大きな理由としてあるようです。

In fact, the ACT has pulled ahead for the first time: 1,666,017 students took the ACT last year; 1,664,479 took the SAT.

It’s not that the SAT is losing customers. On the contrary, the number of test takers has grown. It’s that the ACT is growing much faster, in part because 12 states now require, and pay for, all public high school juniors to take the test. But that’s not the only reason for the ACT’s rising popularity. There is also a real shift in the behavior of top high school students, with many more choosing to work toward impressive scores on both tests.

Of this year’s 26,000 applicants to Princeton, 13 percent, or 3,477 students, submitted only ACT scores — up from 2 percent (385 of 17,000 applicants) for fall 2006. And almost 8,000 this year submitted scores from both tests. That is just fine with Janet Rapelye, dean of admissions — maybe even desirable.

もちろん予想できる反応は、テストばっかりしてという批判でしょう。理想論を押し付けるのは当事者ではないようで、当事者にとっては自分を印象づける方法があればなんであれ取り入れたいようです。

Admissions officers worry that test prep has become the main junior-year extracurricular activity. Preparing for both tests, they say, may be overkill. They point to parents as the ones cranking up the testing pressure.

“I think the dramatic increase over the last five years in the number of ACT scores we receive comes in conjunction with the increased selectivity,” said Eric J. Furda, dean of admissions at the University of Pennsylvania. “More and more parents think they can’t just stick with the regular road map for getting into college but need to consider every option that might help them show their child in the best possible light.”

SATとACTはタイプが少し違うようで、語彙を知らないと解けない問題が多いSAT、文脈が分かれば回答できるACTと特徴があるようです。

There are clear differences between the tests. The ACT has four long sections, the SAT 10 shorter ones. The ACT has a science section and covers more advanced math, including trigonometry.

“A third of SAT reading is vocabulary, so for students with limited vocabulary, the ACT is better,” said Sasha DeWind, director at Tutor Associates, based in New York. “The questions are passage-based, and if you understand the passage, you’ll probably get the answer right. And even though the ACT covers harder math, it’s more similar to what students have done in school. The SAT is about getting the students to understand what they’re being asked.”

テスト漬けは批判されがちですが、受験する方にとってはテスト対策さえすればよく、幅広い勉強などしなくてすむのであればテストを選ぶのではないでしょうか。どの国も大変なんですね。
 

自閉症の東田君が英国で跳びはねる

 

自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心
(2007/02/28)
東田 直樹

商品詳細を見る

自閉症の東田直樹君が心情を綴った本『自閉症の僕が跳びはねる』が英語に訳されて出版されたそうです。恥ずかしながら日本語の本そのものを知りませんでした。


The Reason I Jump: One Boy's Voice from the Silence of AutismThe Reason I Jump: One Boy's Voice from the Silence of Autism
(2013/07/01)
Naoki Higashida

商品詳細を見る


Composed by a writer still with one foot in childhood, and whose autism was at least as challenging and life-defining as our son's, THE REASON I JUMP was a revelatory godsend. Reading it felt as if, for the first time, our own son was talking to us about what was happening inside his head.'

Written by Naoki Higishida when he was only thirteen, this remarkable book explains the often baffling behaviour of autistic children and shows the way they think and feel - such as about the people around them, time and beauty, noise, and themselves. Naoki abundantly proves that autistic people do possess imagination, humour and empathy, but also makes clear, with great poignancy, how badly they need our compassion, patience and understanding.

David Mitchell and his wife have translated Naoki's book so that it might help others dealing with autism, and generally illuminate a little-understood condition. Like The Diving Bell and the Butterfly, it gives us an exceptional chance to enter the mind of another and see the world from a strange and fascinating perspective.

今では映画『クラウドアトラス』の原作者といった方が分かりやすい、David Mitchellと奥様が訳したそうです。というのも彼のお子さんも自閉症で、東田君の本に救われたとあります。奥さんが日本人なのでこの本を知ったのでしょう。英国の新聞ガーディアンで手記を発表していました。

David Mitchell: learning to live with my son's autism
Novelist David Mitchell looks back on the heartbreak – and joy – of learning that his son had autism. Plus, below, an extract from the book by a young Japanese boy that helped him
David Mitchell
The Guardian, Saturday 29 June 2013

Words checked = [2459]
Words in Oxford 3000™ = [85%]

淡々と自分の子供が自閉症と診断され、他の子や家族との交流が違ったものになっていくことが綴られています。いらだちややるせなさなども含めて。。。。

Your social horizon dwindles. Friends assure you, "Bring him over. It's fine – our place always looks like a bomb's hit it" but you know they'll be less laid-back when a curtain rail gets used as a gym bar and comes down in a shower of plaster. Babysitters, air travel, hotels and B&Bs are off the menu. You are offered respite care, but it feels too much like dumping your four-year-old among minimum-wage strangers in Mid Staffordshire, and turn down the offer. Soon after, you read about a teenager with autism who died at a nearby respite facility. He choked to death on a rubber glove and wasn't found until the morning. You feel a fuzzy anger at autism itself, for denying your kid so many childhood pleasures: making friends, trips to the cinema, birthday parties, a day at a theme park.

エッセイの最後に東田君のエッセイに出会ったことで、考えが変わったことが書かれています。For me, Naoki Higashida dissolves the lazy stereotype that people with autism are androids who don't feel. On the contrary, they feel everything, intensely. What's missing is the ability to communicate what they feel. Part of this is our fault – we're so busy being shocked, upset, irritated or looking the other way that we don't hear them.と、むしろ自閉症児の心内を理解しなかったのは、自分たちではないかと気づくのです。

The book that helped me the most to "think Dutch" about my own son's autism was written by a 13-year-old Japanese boy called Naoki Higashida. It's called The Reason I Jump. The author would be classed as severely autistic, and writes by pointing to a "cardboard keyboard", one character at a time. A helper transcribes the characters into words, sentences and paragraphs. Part one adopts a Q&A format, where the author answers questions about life with his condition. Reading it was illuminating and humbling; I felt as if my own son was responding to my own queries about what it's like to live inside an autistic mind. Why do you have meltdowns? How do you view memory, time and beauty?

For the first time I had answers, not just theories. What I read helped me become a more enlightened, useful, prouder and happier dad. Part two of the book is a story, I'm Right Here, about a boy called Shun who discovers he's dead and can no longer communicate.

My wife and I translated The Reason I Jump clandestinely, just for our son's therapists, but when my publishers read the manuscript, they believed the book might find a much wider audience. For me, Naoki Higashida dissolves the lazy stereotype that people with autism are androids who don't feel. On the contrary, they feel everything, intensely. What's missing is the ability to communicate what they feel. Part of this is our fault – we're so busy being shocked, upset, irritated or looking the other way that we don't hear them. Shouldn't we learn how?

この記事の最後には、訳書の最初の部分を読む事ができますので、是非リンク先の記事をご確認ください。
 

1冊だけ選ぶとしたら

 

国家〈上〉 (岩波文庫)国家〈上〉 (岩波文庫)
(1979/04/16)
プラトン

商品詳細を見る

本を1冊だけしか選べないとしたら、自分が選ぶのはプラトンの『国家』でしょうか。何も20世紀初頭の哲学者ホワイトヘッドの言葉、西洋哲学はプラトンの脚注に過ぎないを意識したわけではありません。

“The safest general characterization of the European philosophical tradition is that it consists of a series of footnotes to Plato.”

日常的な言葉で、素朴な問いを真剣に考えている姿勢を知った学生の頃の衝撃はやはり自分の中では大きいです。西洋文化的にも、洞窟の比喩、ギュゲスの指輪、詩人追放論、哲人王など、頻繁に参照されるトピックを提供している本でもあります。

プラトン 理想国の現在プラトン 理想国の現在
(2012/07/19)
納富 信留

商品詳細を見る

誰でも知っている本をあえて取り上げたくなったのは、図書館でたまたま『プラトン 理想国の現在』という本を借りて読んだからです。ギリシア哲学研究者として一般向けにも刺激的な本を書いてくださっている納富先生は以前から何冊か読んでいますが、この本ではプラトンが何を主題にしたかから、日本や世界での受容の歴史、そして、今日の日本でプラトンのこの本を読む意義について書かれています。

語学的に興味深かったのは、「理想」という言葉も明治時代以前には存在せず、「哲学」という訳語を作った西周の造語だったということです。プラトンの対話編の翻訳にしても、どうしても孔子と弟子のような説教調になってしまうので、日常の会話で訳すことができるまでには、随分と時間が必要だったそうです。ギリシア語の原書から訳した本を読めるのも、欧米諸国を除いては存在していなかったようなので、文化レベルの高さというのは日本が誇っていい点なのかもしれません。

プラトン『饗宴』 2013年7月 (100分 de 名著)プラトン『饗宴』 2013年7月 (100分 de 名著)
(2013/06/25)
納富 信留

商品詳細を見る

まあ、いきなり『国家』を読むのも大変かもしれないので、少しでも興味を持っていただけた方は、納富先生の上記のテキストをまず読んでいただければいいのではと思います。納富先生の本を読んで、久々に『国家』を読み直してみたくなりました。先生によれば、『理想国』の方がプラトンの真意を表したタイトルのようですが。。。
 

元祖パイパーメディアクリエイター

 

安部公房とわたし安部公房とわたし
(2013/07/31)
山口 果林

商品詳細を見る

安部公房との関係は以前から噂されていましたが、ご本人がようやくカミングアウトしたようです。自分は安部公房ファンではありますが、こういうゴシップには興味がなかったです。が、店頭でパラッと見てみて、若い頃の山口さんのお写真があまりにもかわいすぎて、ついつい買ってしまいました(苦笑)


安部公房とはだれか安部公房とはだれか
(2013/05/20)
木村陽子

商品詳細を見る

没後20年ということで、再評価の気運が高まっているということでしょう。こちらの本は、小説家にはとどまらない安部公房を捉えようとした本です。映画シナリオ、ラジオ、テレビ、演劇と縦横無尽に活躍した様子を丁寧に説明してくれている良書です。80年代以降は、ノーベル賞狙いで小説に一本化したという評価は薄っぺらいと思いますが、大作家の全体像をまとめた本はなかったので、ようやく出て来た紹介本として歓迎したいです。


The Frontier Within: Essays by Abe Kobo (Weatherhead Books on Asia)The Frontier Within: Essays by Abe Kobo (Weatherhead Books on Asia)
(2013/06/25)
Kobo Abe

商品詳細を見る


英語でも彼のエッセイ『内なる辺境』が英訳されるなど、小説以外の彼を伝えようとする新たな動きはファンとしては嬉しいかぎりです。彼のエッセイも大好きなので、この調子で『死に急ぐ鯨たち』や『もぐら日記』など80年代のエッセイも英訳が出るといいなと期待しています。

 

奇をてらわない

 
20年以上に渡る英語学習で一番大切だと感じたことは、「奇をてらった学習をしない」「当たり前のことを当たり前にこなす」という、わざわざ記事にすることではない内容です。これは、どんな本を薦めるか、というのにも当てはまるのだなと渡辺由佳里さんの洋書ベスト500を読ませていただき感じたことです。


ジャンル別 洋書ベスト500ジャンル別 洋書ベスト500
(2013/07/26)
渡辺 由佳里

商品詳細を見る

■洋書コンシェルジュが厳選したおすすめ洋書ガイドの決定版
ブログ『洋書ファンクラブ』で日本人向けに面白い洋書を紹介し続けている著者は、1995年にアメリカに移住。周りのアメリカ人から何を読めばいいか相談されたり、現地の出版社の編集者や図書館員からも感想や意見を求められるようになったことがブログ開設のきっかけでした。本書は「自分の英語レベルに合った本はどのようにして見つけたらよいですか」「私の趣味に合うおすすめの本を教えてください」といった、日本人から寄せられるたくさんの質問にお答えするべく執筆されたものです。

■500冊を選定した基本方針
ジャンルは「文芸」「ミステリ」「SF・ファンタジー・ホラー」「ラブロマンス」「児童書」「ヤングアダルト」「ノンフィクション」「ビジネス・実用」「サイエンス」の9つ。ほとんどにサブジャンルを設定して、探しやすいように整理しています。多様なジャンルを網羅し、一定の「質の基準」を満たした作品、特に日本の読者に適した作品、各ジャンルで古典から最新作までバランスよく紹介する、原則的にひとりの著者につき紹介するのは1作品のみなどの方針で選定された500冊。著者が特におすすめの本は1作品1ページ、基本は1作品1/2ページの構成です。

洋書に親しんでいる人にとっては有名な本ばかり紹介されていますので、もっと渡辺さんの個性ある選択をしてもよかったのではと思ってしまうかもしれません。でも、洋書に慣れ親しんでいない人に対するガイドブックですから、むしろこの方が良心的なんですよね。TOEIC学習者なら、まず金のフレーズや究極の模試を紹介するのが鉄則であるように、まずは定評ある本から始めて、自分の興味に合った方向にいくのが読書でもいいのではないでしょうか。

あまり異論が出ないような作品を選ぶ例として、雑誌TIMEが行った作家が選ぶ名著10冊があります。トルストイが2冊で、ドストエフスキーが入っていないのは気になりますが、まあ順当な選択ですよね。

The 10 Greatest Books of All Time
By Lev Grossman Monday, Jan. 15, 2007

There are several lifetimes' worth of promising literary leads here—544 books in all. An 85-page appendix providing enlightened summaries of all the works mentioned is worth the price of admission all on its own. But to get you started, here, in all its glory, is the all-time, ultimate Top Top 10 list, derived from the top 10 lists of 125 of the world's most celebrated writers combined. Read it and— well, just read it.

1. Anna Karenina by Leo Tolstoy
2. Madame Bovary by Gustave Flaubert
3. War and Peace by Leo Tolstoy
4. Lolita by Vladimir Nabokov
5. The Adventures of Huckleberry Finn by Mark Twain
6. Hamlet by William Shakespeare
7. The Great Gatsby F. Scott Fitzgerald
8. In Search of Lost Time by Marcel Proust
9. The Stories of Anton Chekhov by Anton Chekhov
10. Middlemarch by George Eliot

一冊だけネタバレしてしまいますが、マーガレット・アトウッドでは、The Handmaid's Taleが紹介されていまいた。すぐに影響されやすい自分としては、クレア・ディーンンズが朗読しているものをAudibleで猟ってしまいました(苦笑)今月末にはアトウッドの新作MaddAddamが出ますのでそれも楽しみです。


「洋書を読んでみたいけど、何から読めば分からない」という方にはうってつけの本だと思います。
 

音の響きを大事にする

 
欧米系の言語は韻を大事にしています。ヴァレリーの詩でもvivreとlivre、rocsとfocs、éblouiesとréjouiesと韻を踏んでいますね。

Le vent se lève !… Il faut tenter de vivre !
L’air immense ouvre et referme mon livre,
La vague en poudre ose jaillir des rocs !

Envolez-vous, pages tout éblouies !

Rompez, vagues ! Rompez d’eaux réjouies
Ce toit tranquille où picoraient des focs !

今回の日本語訳は『フランス名句辞典』から引用させていただきました。

風が立つ!…生きようと努めなければならない!
広大な大気がわたしの本を開きまた閉じて、
波は粉々に砕けて岩からほとばしる!
飛び去れ、目の眩んだ本のページよ!
砕け、波よ! 喜びの水で砕け
白い帆船のすなどるこの静かな屋根を!

あえてもう一回記事を書かせていただこうと思ったのは、英訳の詩を何度か読んでみて、詩の翻訳でも韻を大事にしていんだなと実感したからです。

The Graveyard By The Sea
C. Day Lewis

The wind is rising! . . . We must try to live!

The huge air opens and shuts my book: the wave

Dares to explode out of the rocks in reeking

Spray. Fly away, my sun-bewildered pages!

Break, waves! Break up with your rejoicing surges

This quiet roof where sails like doves were pecking.

Day Lewisさんの英訳では1行目と2行目がliveとwaveで韻を踏ませています。でも意味からいうとwaveは3行目に入れないと変ですよね。こういうところを見ると、意味の切れ目よりも、韻を大事にしているのだなと実感できます。ここの部分では、pages とsurges、reekingとpeckingとオリジナルと同じように韻を踏ませようと工夫されていますね。

さらに韻やリズムを大事にして訳そうとしているのが、James Houlihanさんのものです。

A Seaside Cemetery — In Its Own Rhyme
Written by Paul Valéry
Translated from the French by James Houlihan

The wind, the wind–when it brushes past,

we just have to live. The air so vast.

My book, a synecdoche.

Impertinent swells undulate.

Fly off–I dare you–you stunned pages!

Waves, tear the roof off the sea–the jib-strung sea!

詩になんかまったく興味がないような英語教師ばっかりで気がめいりますが、言葉のリズム、響き、そういうものにも敏感でありたいですね。
 

We enter the future backwards

 
風立ちぬはフランスの詩人ヴァレリーからだそうですが、あの映画の論争を考える上で彼の言葉に耳を傾けても良さそうです。フランス語と訳は『フランス名句辞典』(大修館書店)から引用させていただきます。

C’est pourquoi je me garderai de prophétiser. Je sens trop, et je l’ai dit ailleurs, que nous entrons dans l’venir à reculons. C’est là, pour moi, la plus certaine et la plus importante leçon de l’Histoire, car l’Histoire est la science des choses qui ne se répètent pas.
Paul Valéry, Discours de l’histoire

それゆえにこそ、わたしは予言することを差し控えようと思うのです。前に他の機会にも言ったことですが、われわれは後ずさりしながら未来に入っていくとうふうに、わたしには感じられてならないのです。この点こそ、わたしにとって、<歴史>のもっとも確実でもっとも重大な教訓なのです。というのは、<歴史>とは二度と繰り返さない事柄にかんする学問だからです。
ヴァレリー 「 歴史についての講演 」 (1932)

History is the science of what never happens twice.は英語でも有名な引用クのようです。「後ずさりしながら未来に入っていく」については、we enter the future backwardsだけでなく、we enter the future looking backwardsとか we enter the future walking backwardsとかいろいろとバリエーションがありました。ヴァレリーの引用部分を英語にするといかになるでしょうか。

That’s why I refrain from making predictions. I feel strongly, as I said elsewhere, that we enter the future backwards. For me, this is the most certain and important lesson of History. Because History is the science of what never happens twice.

せっかくなので、風立ちぬの引用元の詩を確認しておきます。フランス語朗読しか見つからなかったです。



あの風立ちぬの部分は、10分30秒当たりからです。

Le Cimetière marin
Le vent se lève !… Il faut tenter de vivre !

L’air immense ouvre et referme mon livre,
La vague en poudre ose jaillir des rocs !

Envolez-vous, pages tout éblouies !

Rompez, vagues ! Rompez d’eaux réjouies

Ce toit tranquille où picoraient des focs !

この詩全体を訳してくださっているブログがありました。上の最後の部分の訳を抜粋させていただきます。
海辺の墓地
風が起る!… 生きてみなければならない!

広大な風が私の本を開き、また閉じる、

波は飛沫となり、岩々から勢いよくほとばしる!

飛べ、すっかり目をくらまされたページよ!

波よ、打ち破れ! 喜びあがる水で、打ち破れ

三角帆たちがついばんでいた、この静かな屋根を!

英語訳はこちらのサイトから抜粋させてもらいました。
The Graveyard By The Sea
The wind is rising! . . . We must try to live!

The huge air opens and shuts my book: the wave

Dares to explode out of the rocks in reeking
 
Spray. Fly away, my sun-bewildered pages!

Break, waves! Break up with your rejoicing surges

This quiet roof where sails like doves were pecking. 


英語でのものも見つかったのですが、肝心のThe wind is rising! . . . We must try to live!の部分を読み上げていないのですよね。。。残念です。





こういう詩を読むと、バルバラって感じの気分になりました。



 

引き締まった英文を実感する

 
今日発売のEconomistで宮崎駿監督の『風立ちぬ』“Kaze Tachinu” (“The Wind Has Risen”)のレビューが載っていました。さすが世界の宮崎ですね。レビューは、政治的な論争を起こしていることも取り上げたりして、日本での受け止め方の紹介もしています。

どのようなレビューかは、下記リンクで読んでいただきたいのですが、今回記事にしてみたのは、エコノミストのブログと雑誌記事で同内容のものがあったからです。

Hayao Miyazaki’s latest film
Above the fray
A celebrated director upsets some fans and angers conservatives

Aug 3rd 2013

Banyan
Asia
A new film by Hayao Miyazaki
Past master
Jul 31st 2013, 15:33 by D.M. | TOKYO

ブログを基に雑誌記事を作成したようで、基本的な内容は同じですが、表現がところどころ変わっていました。雑誌記事は紙面スペースが限られているためか、洗練された引き締まった表現が使われている印象を受けました。

(記事)
The title comes from a Paul Valéry poem: “The wind is rising! We must try to live.”

(ブログ)
The title is a reference to a line from a Paul Valéry poem, “Le Cimetière marin” (“The Graveyard by the Sea”):

******
(記事)
A brilliant but naive engineer, Jiro is based on the real designer of Japan’s Mitsubishi A6M Zero. Once considered the world’s best aerial fighter, the Zero had a feared reputation among American pilots during the second world war.

(ブログ)
He grows up to become a brilliant but naive engineer. The character of Jiro is based on the real Japanese designer of the Mitsubishi A6M Zero. In its time considered to be the world’s best aerial fighter plane, the Zero enjoyed a terrifying reputation across the war’s Pacific theatre.

******
(記事)
A swansong, artistically and politically, “Kaze Tachinu” may soar past its critics.

(ブログ)
A swan-song, artistically and politically, “Kaze Tachinu” looks likely to outlive its critics and it’s not doing badly at the moment either:

3つしか例をあげませんでしたが、どれも記事の方が簡潔で洗練された表現になっていますよね。われわれ英語学習者はネイティブっぽい発音ができれば、ネイティブっぽい英文が書ければ満足しがちですが、より良い英文ということも意識できるといいですよね。

簡潔な表現と言えば、A swan-song, artistically and politicallyのところは、記事でもブログでも同じですが、副詞を効果的に用いている例ではないかと思います。swansongについては、2語でも1語でもどちらも或る感じです。

(オックスフォード)
swan song noun
the last piece of work produced by an artist, a musician, etc. or the last performance by an actor, athlete, etc.

(ロングマン)
swansong noun
the last piece of work that an artist or writer produces, or the last time someone gives a performance:
This concert will be her swansong.


(オランダ語か何かの字幕が入っていて邪魔ですが、紹介動画としてはこれが一番良かったので。。。)

実は、英語でのレビューを見て一番印象的だったのは、零戦って英語ではMitsubishi A6M ZeroとかZeroになることでした。ウィキペディアでもThe A6M was usually referred to by the Allies as the "Zero"と説明があります。

零式艦上戦闘機

Mitsubishi A6M Zero
The Mitsubishi A6M Zero was a long-range fighter aircraft operated by the IJN (Imperial Japanese Navy) from 1940 to 1945. The A6M was designated as the Mitsubishi Navy Type 0 Carrier Fighter (零式艦上戦闘機 rei-shiki-kanjou-sentouki), and also designated as the Mitsubishi A6M Rei-sen and Mitsubishi Navy 12-shi Carrier Fighter. The A6M was usually referred to by the Allies as the "Zero", from 1940 the year in which the aircraft entered service with the Imperial Navy. The official Allied reporting name was "Zeke".
 

(朗報)Hulu iPadとiPhoneで英語字幕対応!

 
HuluアプリのアップデートでiPadとiPhoneがいよいよ英語字幕に対応しました!! 英語学習者にとっては朗報ですね。

バージョン 3.1 の新機能

iPad向けのHuluアプリが、動画の視聴、検索をより楽しめるように更に進化しました。既存の機能を最適化しつつ、次の新しい機能を追加しました。


• 英語字幕:動画再生中、英語の字幕を対応しました。字幕のスタイルも選択可能です。

• 再生中の早送りと早戻し:動画再生中、プログレスバーのボタンをドラッグすることで、早送りと早戻しを行う同時に、その時点のプレビュー画面が超高速で閲覧できます。
• 検索:検索結果から直接動画をマイリストに追加することが可能です。



iPhone向けでは、下記新規機能追加と不具合修正を行いました。

• 英語字幕:動画再生中、英語の字幕を対応しました。字幕のスタイルも選択可能です。
• 試聴履歴から内容を削除できない問題を修正しました。

• その他修正と最適化を行いました。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR