Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

TOEICで絶対取り上げない文脈

 
文脈が大切になった新形式のTOEIC。しかしそれはあくまでテスト問題に限った中でのこと。テスト問題に言及されていない背景知識が問われることはありません。いつもこのブログで取り上げていることではありますが、資格試験以外の素材はそんなわけにはいきません。専門知識であったりとか、流行であったりとか、いろいろなものが盛り込まれます。TIMEなんかがいいのはTIMEを読むのを習慣にすればそのような知識もついてくることなんですよね。受験英語や資格試験しかやっていない人はこういうのが特に弱いので、取り組むかどうかは別にして意識しておいた方がいいです。

一方で全部を知ることなんて不可能ですし、そんなのを知らなくても大枠は理解出来てしまうので最初は気にしすぎるのは良くないかもしれません。例えば今週トランプのメキシコ訪問でMr. Trump Goes to Mexicoと見出しにあげているニュースも一部ありました。

Published on Wednesday, August 31, 2016
byCommon Dreams
National Outrage Stoked as Mr. Trump Goes to Mexico

Mexicans baffled and angry that President Enrique Peña Nieto is meeting with U.S. presidential candidate who referred to Mexican immigrants as 'criminals and rapists'
byNika Knight, staff writer

When news broke late Tuesday that Republican presidential nominee Donald Trump had accepted Mexican President Enrique Peña Nieto's invitation to meet in Mexico City on Wednesday, the reaction in Mexico was swift and "furious," according to New York Times reporter Elisabeth Malkin.

Trump, who has called Mexican immigrants "criminals and rapists" and campaigned on a promise to "build a wall" to keep Mexicans from immigrating to the United States, is such an unpopular figure in Mexico that Donald Trump piñatas have been selling out, Al Jazeera reported earlier this year.


映画好きやアメリカ政治に詳しい人ならMr. Smith Goes to Washingtonという映画が連想されるでしょう。ここでは単にトランプのメキシコ訪問の予定を茶化して伝えているだけのようですが、もしかしたら政治に無知な人というインプリケーションもあるかもしれません。



(Wikipedia)
『スミス都へ行く』(スミスみやこへいく、原題: Mr. Smith Goes to Washington)は、1939年、コロンビア映画製作によるアメリカ合衆国の映画である。

原作はルイス・R・フォスター(英語版)(Lewis R. Foster)の『ミネソタから来た紳士』。
主人公スミスは田舎のボーイスカウトのリーダーだったが、死亡した上院議員の代わりに、政界に担ぎ出される。スミスはそこで政治の腐敗と単身対決することになる。
第12回アカデミー賞で、作品賞を含む合計11部門にノミネートされ、原案賞を受賞。主演のジェームズ・ステュアートは、第5回ニューヨーク映画批評家協会賞において男優賞を受賞した。
上院議員が議会で議事妨害(フィリバスター、牛タン戦術)を行う場面がある。




さらなるバリエーションとしてMr. Taco Bowl Goes to Mexicoというのもありました。なぜTrumpがTaco Bowlとなるのか。こちらは今年の大統領選を追いかけていないとわからないですよね。

Mr. Taco Bowl Goes to Mexico
To the extent it makes sense to expect anything, here's what to expect.

BY CHARLES P. PIERCE
AUG 31, 2016

どうやら5月5日メキシコのプエブラ戦勝記念日のツイートでトランプ氏がいろいろと物議を醸していたようです。

Donald Trump's taco bowl: what the hell is he eating – and is that his ex-wife?
Dave Schilling tries to answer tough questions through a combination of blatant conjecture and schoolyard bullying – otherwise known as the Art of the Deal

Dave Schilling Thursday 5 May 2016 23.21 BST

何度も言いますが、こんな知識を英語学習者に求めるのは酷です。ただ「文脈が大切だ」というからには文脈にはこのような側面があることも意識してもらいたいです。
スポンサーサイト
 

米国でMallが大文字になれば

 
ワシントンDCに行ったことがある人ならすぐピンとくるのでしょうがワシントンポストの記事は最初ショッピングモールの歴史を紹介してくれているのかと思ってしまいました(汗)

Lifestyle
A 200-year transformation
How the Mall became what it is today

By Aaron Steckelberg, Philip Kennicott, Bonnie Berkowitz and Denise Lu
August 23, 2016

The original idea for the Mall — a grand, tree-lined avenue flanked by imposing buildings — goes back to the very origins of the capital city, Pierre L’Enfant’s plan conceived for George Washington. But in Washington, plans rarely go as planned, so the Mall has been a work in progress for more than 200 years. The National Museum of African American History and Culture is the most recent addition but possibly not the last.

National Museum of African American History and Cultureの開館にあわせての記事だったようです。

(Wikipedia)
ナショナル・モール(National Mall)は、アメリカ合衆国首都である、ワシントンD.C.の中心部に位置する国立公園である。時にモール地区などとも呼ばれる。複数のスミソニアン博物館群と、国有の美術館や記念館に沿って庭園と緑地が広がる場所であり、観光地として知られている。ナショナル・モール一帯は、ワシントン記念塔からアメリカ合衆国議会議事堂まで特にまっすぐに東へ伸びているが、ナショナル・モールの区域は、公式にはウエスト・ポトマック・パークと西よりのコンスティテューション・ガーデンズの一部も含まれる他、多くはリンカーン記念堂とアメリカ合衆国議会議事堂の間を中心からやや西にずれるようにして分断するワシントン記念塔まで含んだ範囲全体を指す場合が通例である。
ナショナル・モールの構想は当初、フランス人のエンジニアであったピエール・シャルル・ランファンが、1791年にワシントンD.C.の都市創設を計画する際に考え出されたもの。しかし彼の構想は、20世紀初頭にマクミラン委員会が都市美運動(City Beautiful movement)に啓発され都市改造計画を提案するまで実現しなかった。モール創設の他、マクミラン委員会は、主要鉄道駅をモールの敷地から移動させ、現在のユニオン駅へと移転させた。

現在、モールは観光において最も人気のある観光地の一つとなっている。また、大規模な集会や行進を含む多くの抗議やデモが頻繁に行われる場所でもあり、1963年のワシントン大行進や、1995年のミリオン・マン・マーチ等が有名である。毎年7月4日の独立記念日には、議事堂主催の記念式典が催され、花火が打ち上げられる。


このモール地区の紹介だけでなく新しくできる博物館の設立の経緯なども含めて幅広く紹介してくれているのがニューヨーカーの記事でした。オバマ大統領になってから進められてのではなくジョージWブッシュの時代に建設が正式に決定したようです。

AMERICAN CHRONICLES AUGUST 29, 2016 ISSUE
MAKING A HOME FOR BLACK HISTORY
The vision and the challenges behind a new museum on the National Mall.

By Vinson Cunningham

Slavery and freedom have, in America, always been intertwined, spinning toward and away from each other in a kind of ontological dance. But the museum’s hand-in-hand treatment of the concepts conveys an implicit promise to museumgoers of the uplift to come. This assurance is reiterated by the design of the “history galleries,” which, under one high ceiling, occupy the entire lower section of the museum. A series of wide, gently sloped ramps lift a visitor ever farther, in time and in elevation, from slavery—the title of Booker T. Washington’s autobiography, “Up from Slavery,” made literal, and almost eschatological. Above, like a promise flown in from the future, hangs a yellow-and-blue training plane operated during the Second World War by the Tuskegee Airmen, the first black American military pilots.

Slavery might be better presented without the escape hatch of freer air above. After all, this is how it was experienced: not as a step on the path to somewhere else but as a cruel normalcy, a permanent condition, the life that one’s ancestors had lived, and that one’s children would surely live, too. The Holocaust Memorial Museum, across the Mall, offers a sober acknowledgment: for millions, this was a lifetime—an entire edifice, not simply a floor. “In Washington, D.C., there is no museum of American slavery,” Foner noted, when we spoke. He added, “We have a museum of the Holocaust in Washington, which is a great museum, but, you know, what would we think if the Germans put up a big museum of American slavery in Berlin and didn’t have anything about the Holocaust?”


再放送ではありますが先々週の60 minutesは奴隷船を取り上げていました。ここで興味を引いたのが奴隷制度がいかに当時のアメリカに根ざしたものだったかというコメント。

The Slave Ship
Scott Pelley reports on the Smithsonian and the Slave Wrecks Project's journey to recover the first artifacts known to be preserved from a slave ship

2016 Aug 21

Decio Muianga: It was not only a business for the Portuguese, the Europeans in this case, but also for the some of the local chiefs, as well.
Those local chiefs came to this auction house to sell captives to European clients.
Lonnie Bunch: A male in the late 18th century, early 19th century would go anywhere from $600 to $1,500, which is probably about, oh, $9,000 to $15,000 today.
Scott Pelley: This was incredibly lucrative.
Lonnie Bunch: In the years before the Civil War, the amount of money invested in slaves was more than the amount of money invested in railroads, banks, and businesses combined. This was the economic engine of Europe and the United States.

******

Steve Lubkemann: Think about the way in which computers nowadays affect all of our lives. It’s not just-- it doesn’t affect just the computing industry. Everything is interlinked and depends on this. And the slave trade, in its time, was truly the equivalent. It reached into and influenced and created the modern world.


奴隷制は現代でいえばコンピュータのようになくてはならないものだったというのはやはりショックではありますね。ちょうどジョージタウン大学が当時の行動について非難されていますが、現在の価値観から批判するだけでは不十分な気もしてしまいます。
 

(続)丁寧に理解していくこと

 
(注意)新形式の公式問題集を扱うのでご留意ください。

「文脈が大切になったTOEIC」先ほどの会話だったら、以下のような流れを作る表現も押さえておきたいですね。

男性の会話 I’m afraid we won’t be able to ...で問題点を伝える。その後の文は理由を付け加えている。
女性の会話 Well, you knowで女性自身の都合を伝えてI wantedで控えめにお願い。(I wantだと直接的な要請になってしまう)お願いをする根拠も後に付け加えている。
男性の会話 OK.と理解を示し、 Then what ifで代替案を提案。
女性の会話 If you wouldn’t mind.で無理なお願いをしていることに対して気遣いを示している。

なかなか独学では難しいかもしれませんが、構成を考えながら会話や文章を見ていくと勉強になります。

ついでにもう一つ公式サイトパート3のサンプル問題に出てきた表現を取りあげたいと思います。最後の会話で出てくるI’d contact the manager right now, thoughはどういった意味になるでしょう。

Oh, so there’s a front-desk supervisor position open? I’ve been looking for a chance to take on a managerial role. Are they still accepting applications?
- Yes, and if you don’t mind working evening hours, I think you have a good chance at the job. I’d contact the manager right now, though—she’s starting interviews this week.


I’d contact the manager right now, though.は新公式問題集では「でも、すぐに支配人に連絡した方がいいわよ。」と提案している表現として訳しています。でも相手に対して提案しているのになんで主語がIなんでしょうか。なぜYou shouldのように直接的にアドバイスしていないのでしょうか。

すぐにネタバレしてしまいますが、きっとIf I were youが省略された形なんでしょう。この表現に関する説明は以下が詳しいです。

「私だったら…」でソフトに提案
デイビッド・セイン(15)


「私だったら…」は「もし私だったら/私があなたの立場だったら」という「現在の事実に反する/起こる可能性がない」ことを言うので、「仮定法」になります。
 ご質問の言い回しであれば If I were you, I would accept the offer. 「私だったら、引き受けるよ」になります。


これも新形式の省略や不完全な文に当たるのか不明ですが、これまでの公式問題集ではほとんどみられなかった表現ではあります。微妙なものですし、そんなに意識する必要はありませんが、新傾向なるものは確実に存在していそうです。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR