FC2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

単語集ではなく例文集

 
公式問題集の陰に隠れてしまっていますが、TOEIC® Listening & Reading 公式ボキャブラリーブックが発売されました。
売り文句の一つが「実際のテストに出たままの例文で学べる!」です。

結論から述べると「実際のテストに出たままの例文」というのは、公式問題集を出典としたものがほとんどでした。

TOEICマニア的には「テスト」と言うと「公開テスト」を指したくなるので少し肩透かしです。「公開テスト」のデータからの方が一般公開されたものではないのでマニア的に価値が高くなります。

特設サイトで紹介されているページの例文の出典は以下の通りでした。基本的に例文はそのまま使われています。旧形式の問題集からも抜粋されています。

agenda  韓国既出問題集 Test2 Part3

agreement  日本公式L&Rvol3 Test1 Part7

agriculture  日本旧公式vol3 Test2 Part5

aircraft  日本公式L&Rvol1 Test2 Part1

airline  旧公式実戦10セット Test8 Part7

amenity  出典不明

analysis  日本公式L&Rvol3 test1 Part3

appliance  日本公式L&Rvol4 Test1 Part4

architect  日本公式L&Rvol4 Test2 Part4

このやり方は韓国公式Vocaと同じやり方ですが、同じ見出し語でも違う例文が採用されています。

aerobicsやcompositionなど、頻出単語なのか?と突っ込みたくなる単語も選ばれています。確かにスコアアップにつながる単語ではないかもしれませんが、このような単語は公式問題集で実際使われているんです。例文を読むことでTOEICの世界観に浸れると思います。TOEICではフィットネス系やセミナー・研修系の話題はよく出ますね。

aerobics  韓国既出問題集 Test2 Part3 

composition  日本公式 L&R vol3 test2 Part5

もちろん問題集からそのまま引用することであまりピンとこない例文になるケースもあります。

eventually
He eventually agreed to have his niece set up shop in his warehouse. 
彼は最終的に、自社の倉庫内にめいに店を構えさせることに同意しました。

この例文を読むとTOEICでは家族関係はあまり出ないからnieceに違和感を感じるTOEIC学習者もいるでしょう。これは2017年12月に韓国で一般公開されて話題になった問題のパート7に登場していたものです。family businessについての記事だったのでnieceが出てくるのは自然なのです。

It was during her stay in New Delhi that Ms. Sahu's business idea was born. Combining her studies and her experience with her uncle's business, she decided to sell fashionable recycled clothing made from used fabric pieces, such as the ones she found at the hotel. "I just don't think it was right for such quality fabric to go to waste," said Ms. Sahu.

Her first step was to talk to her uncle about the idea. While initially skeptical about the idea, Mr. Roy eventually agreed to have his niece set up shop in his warehouse. She established her business there after graduating from university.

人物紹介記事はTOEICの定番の一つですから、TOEICの範疇なんですよね。どうしてもビジネスの定型文だけをTOEICらしいと狭くとらえがちですが。。。ただ、あくまで単語集に入れる例文は前後関係がわからなくても意味が取りやすい文にすべきなのでもっといい例文があったのではと思いたくなります。

そうは言っても例文の質って結構重要で、TOEICらしい例文が書けている頻出単語集はまだまだそんんなに多くないのでこのような本は貴重です。もう一つ難を言えば、答えと絡む例文を使っているのでこちらを先にやっていて後から問題集で問題を解くと影響が出ることでしょうか。

韓国公式Vocaの時も書かせてもらったことですが、問題集で使われた例文が掲載されているというのは、相乗効果を生み出せると思っています。単語集をやりこむことで、問題集の本文が読みやすくなるわけですよね。逆に問題集をやった後この単語集で定着させるのもいいでしょう。このような形式だと、問題集か? 単語集か?という不毛な対立は無くなります。と言ってもこの単語集はあまりにもたくさんの公式問題集をベースにして作っているので定着度を上げる為に使うことはできませんが、例文をやりこむことでTOEICの世界観に浸れます。

2時間で200問を解くというTOEICは知識よりも習熟度が問われるテストだと思います。習熟度を上げるには同じ英文を様々な切り口で取り組んでいくことが大切です。この本はその切り口の一つになることでしょう。

ただ対象が広すぎるので、狭く深くだったら、HUMMERさんが最近出した問題集TOEIC L&Rテスト 470点奪取の方法のようなやり方がいいですよね。巻末に問題集で使われた単語を復習できるようになっています。まあそのあたりの学習法についてはTOEIC講師の方々が研究してくださっていることでしょう。

スポンサーサイト



 

Driving while blackと上級国民

 
先日は1984のBig BrotherをもじってGoogleなどの企業をBig Otherと呼んでいるTIMEのエッセイを取り上げました。



こういうもじりのパロディはBig Brotherのような知識を前提としているので外国人にはハードルが高くなります。同じようなもじりを最近知りました。Driving while blackという言葉です。

(ウィキペディア)
"Driving while black", abbreviated as DWB, is a phrase in American English that refers to the racial profiling of African American drivers. The phrase implies that a motorist might be stopped by a police officer because of a racial bias and not because the driver has violated any traffic law.

"Driving while black" is word play on driving while intoxicated, or DWI, a crime in some US jurisdictions.

ウィキペディアの説明にもあるようにこれは、driving while intoxicatedから発生したもののようです。こういうのは現地での生活経験があるとなんてことのない表現なんですけどね。

(ウィズダム)
driving while intoxicated
⦅米⦆ 飲酒運転罪(⦅略⦆ DWI).

YutaはDriving while blackという表現を知らなかったのですが、The Hate U Giveを通して知った問題でもあるので反応してしまいました。

この表現を知ったのは"Policing the Open Road: How Cars Transformed American Freedom"という本を紹介してくれていた記事からでした。この著書Sarah A. Seoさんがプロモーションを兼ねてかワシントンポスト紙に寄稿していました。交通違反の取り締まりをめぐる興味深い歴史です。日本でも交通事故を起こしたのに逮捕されない人がいるのは上級国民だからという噂がネットでありましたが、そんな状況が交通違反のチケットを生み出したとか。

Its discretionary nature has left it ripe for abuse
By Sarah A. Seo
Sarah A. Seo is an associate professor of law at the University of Iowa College of Law and author of "Policing the Open Road: How Cars Transformed American Freedom."
May 15

The history of how we got to this point begins in the early 20th century with the opposite situation: the arrests of the automobile’s early adopters, people with social and economic standing. Though not all were wealthy — by the mid-1920s, a majority of American families owned a car — they were largely white and deemed respectable.

The traffic ticket system actually developed to replace arrests as part of an effort to foster better relationships between these citizens and the police. But it has now transformed into a policy that undermines equality and further erodes poor and minority Americans’ trust in the police.

20世紀初頭当時自動車を所有していたのは上流階級とも言える人たちで、交通違反をしたら即逮捕というのも難しいので、チケットが生まれたとあります。さらにはチケットだけではなく、逮捕するかどうかなどは現場の警察官の判断に委ねられるようになったとか。

The option of issuing a ticket instead of making an arrest helped to pacify an angry driver not accustomed to being stopped by police, let alone getting arrested. Police leaders hoped that tickets, by lowering the stakes of being prosecuted, could defuse confrontations between citizens and the police.

With this priority in mind, officer training manuals recommended that the police exercise discretion when directing traffic. It was up to the individual officer to decide whether to ignore the infraction, give a warning, write a citation or make an arrest. Police consultants advised officers to take the most lenient option or to not attempt enforcement of the law at all for fear of alienating the respectable members of society whose support was crucial for local police departments.

The practice of arresting drivers did not disappear, however. Today, the police’s exercise of discretion targets poor and minority citizens for traffic arrests. As many criminal law scholars have pointed out, in practice, such discretionary policing has enabled discriminatory policing.

著者によれば、当初は社会のお偉方を大目に見るための方策だったのが、今では社会的に弱い立場の人に向けられてしまったということです。。。この本の序章を下記サイトで読むことができます。

Before the mass adoption of the car, most communities barely had a police force and citizens shared responsibility for enforcing laws. Then the car changed everything.
SARAH A. SEO
Excerpted from Policing the Open Road: How Cars Transformed American Freedom by Sarah A. Seo, published by Harvard University Press.

Police forces at the time were tiny compared to today, and officers shared the task of enforcing the criminal laws with citizens and private patrol services. Because private citizens also pursued, arrested, and prosecuted those who had injured or wronged them, the common law clearly circumscribed the right to arrest in order to distinguish a lawful seizure of a person from a kidnapping or assault. Legal requirements ensured that arrestees would know the exact reason for the apprehension. When Captain Bates and his wife were driving home that evening, they had no reason to believe, as the court noted, that officers, rather than highway bandits, were after them, firing away.

Recognizable police cars with black and white color blocks would not exist for another two decades, and the first revolving emergency light, the “Beacon Ray,” would not be invented until 1948. If police cars had any markings at all, they were either small signs attached to the front grill or the initials “P.D.” painted on the door—nothing that drivers could easily discern, especially at nighttime. As late as 1934, a consultant recommended that the police department in Dallas, Texas, paint its patrol cars “some unusual color, such as fire department red or bright yellow or perhaps with a fine grade of aluminum paint.” Without “definite identification,” his report warned of precisely what had happened to the Bateses: it was “not inconceivable that a frightened motorist thinking he is to be robbed may attempt to run away from officers, thereby creating a situation embarrassing and undesirable at its best and which may result in a serious accident or even in the officer, through mistaken identity, actually firing on and killing a reputable citizen.”

車社会が到来する前は警察の力もそんなに大きくなく、パトカーもサイレンもついてなく、はっきりわかる色使いでもなかったとか、我々が当たり前に思っている状況はまだ100年も経っていないことは驚きでした。
 

Orwellianの正しい使い方

 


ダーウィン流のというと「弱肉強食の世界」というイメージがあるように、Orwellian本人の主張とは別に俗流の考え方を表すようになってしまうことがあります。ジョージオーウェルの場合も当てはまるようです。このTed-Edの動画では単なる権威主義体制をOrwelianという呼ぶのは少し違うようです。

If they're talking about the deceptive and manuplative use of language, they're on the right track.
If they're talking about mass surveillance and intrusive government, they're describing something authoritarian but not necessarily Orwellian.

学習英英辞典レベルでは単なる権威主義体制をOrwellianとしています。辞書の語義は一般に使われるものを採用するので、それだけ一般ではそのように使われているということを示していると思います。

(ロングマン)
Orwell, George 
(1903–50) the pen name (=name used by a writer instead of his/her real name) of Eric Blair, a British writer best known for his novels Animal Farm and Nineteen Eighty-Four, which are both about political systems in which ordinary people have no power, and are completely controlled by the government. Both novels have had a great influence on the way people think about and write about politics, and political systems like those described in the books are sometimes called Orwellian. Orwell also fought on the Republican (left-wing ) side in the Spanish Civil War.

(オックスフォード)
Orwellian adjective
used to describe a political system in which a government tries to have complete control over people’s behaviour and thoughts



deceptive and manuplative use of languageという意味ではまさにトランプはOrwellianのお手本でまさにその語義で記事になっていました。

By Katie Rogers June 5, 2019

WASHINGTON — By the time he left London on Wednesday, President Trump somehow ended his state visit there a full 360 degrees from where he started. Which was referring to the Duchess of Sussex, the American-born Meghan Markle, as “nasty.”

Assessing the perceived degree of nastiness of the duchess in an interview before he left the United States kick-started an Orwellian saga — one that the president single-handedly created, forcefully denied and then revived again just before jetting off for the next leg of his European tour.

deceptive and manuplative use of languageにどのように対抗すべきか、オーウェルはエッセイを書いていますね。以前のブログでも取り上げたものですが、英語学習者にもとても参考になるので取り上げます。

1946

Most people who bother with the matter at all would admit that the English language is in a bad way, but it is generally assumed that we cannot by conscious action do anything about it. Our civilization is decadent and our language -- so the argument runs -- must inevitably share in the general collapse. It follows that any struggle against the abuse of language is a sentimental archaism, like preferring candles to electric light or hansom cabs to aeroplanes. Underneath this lies the half-conscious belief that language is a natural growth and not an instrument which we shape for our own purposes.

ありがたいことにこのエッセイの訳をネットで読むことができます。

ジョージ・オーウェル

少しでもこの問題に頭を悩ませたことがある人であればそのほとんどは英語がひどい状態にあるということを認めるだろうが、一般にそれは意識的な対応をとれない問題だと見なされている。私たちの文明は退廃的であり……議論の帰結として……私たちの言葉もその全体におよぶ崩壊の一端を間違いなく担っている。そして言葉の荒廃に対する抵抗はそれがどんなものであれ感傷的な懐古主義であり、電灯ではなく蝋燭を好んだり、飛行機ではなく辻馬車を好むようなものなのだという主張が続くのだ。こうした議論の下に横たわっているのは言葉は自然に変わっていくもので、私たち自身の目的に合わせて形を変えられる道具ではないという漠然とした信念だ。

言葉の正しい使い方をすれば昨今の風潮を変えられるなんて思いませんが、英語学習においても何かと上滑りの言葉に溢れやすいので自戒したいです。

(前略)What is above all needed is to let the meaning choose the word, and not the other way around. In prose, the worst thing one can do with words is surrender to them. When yo think of a concrete object, you think wordlessly, and then, if you want to describe the thing you have been visualizing you probably hunt about until you find the exact words that seem to fit it. When you think of something abstract you are more inclined to use words from the start, and unless you make a conscious effort to prevent it, the existing dialect will come rushing in and do the job for you, at the expense of blurring or even changing your meaning. Probably it is better to put off using words as long as possible and get one's meaning as clear as one can through pictures and sensations. Afterward one can choose -- not simply accept -- the phrases that will best cover the meaning, and then switch round and decide what impressions one's words are likely to mak on another person. This last effort of the mind cuts out all stale or mixed images, all prefabricated phrases, needless repetitions, and humbug and vagueness generally. But one can often be in doubt about the effect of a word or a phrase, and one needs rules that one can rely on when instinct fails. I think the following rules will cover most cases:

1. Never use a metaphor, simile, or other figure of speech which you are used to seeing in print.
2. Never us a long word where a short one will do.
3. If it is possible to cut a word out, always cut it out.
4. Never use the passive where you can use the active.
5. Never use a foreign phrase, a scientific word, or a jargon word if you can think of an everyday English equivalent.
6. Break any of these rules sooner than say anything outright barbarous.


(前略)最も必要なのは意味に言葉を選ばせることで、その反対をさせないことだ。散文における言葉の用い方で最悪なのはそれに身をゆだねることだ。具体的な何かについて考えるときにはまず黙って考え、それから頭に浮かんだ情景を書き表したいと思えばそれに適しているように見える正確な単語をそれが見つかるまで探し求めることだろう。抽象的な何かについて考える時には始めから言葉を使ってしまうことがずっと多い。そしてそうならないように意識的に努力しないと既存の語法が押し寄せてあなたに代わって仕事をおこない、ひきかえに意味するところをぼやけさせたり、変えてしまうことさえするのだ。おそらくはできるだけ言葉を使うことから身を遠ざけ、意味するところを写真や知覚で感じられるほど明確にすることが好ましい。意味を最も満たす言い回しを……たんに受け入れるのではなく……選び、それから場所を入れ替わって、その言葉が他の人間にどのような印象を与えるかを見極めるのだ。この精神的な最後の努力によって陳腐で矛盾したイメージ、あらかじめ用意された言い回し、不要な繰り返し、たわ言と曖昧さ全般を全て取り除くのだ。しかし言葉や言い回しの持つ効果についてはしばしば疑いが差しはさまるし、直観が効かない時には頼ることのできるルールが必要となる。ほとんどの場合では次のルールが通用すると私は思う。

(ⅰ)印刷物でよく目にするような演説に出てくる隠喩、直喩、その他の言葉のあやは決して使わない。

(ⅱ)短い言葉で事足りるところに長い言葉は決して使わない。

(ⅲ)言葉を取り除ける場所では必ずそれを取り除く。

(ⅳ)能動態を使える場所では決して受動態を使わない。

(ⅴ)日常英語で同等のものを思いつく場合には外国語の言い回し、科学用語、ジャーゴンは決して使わない。

(ⅵ)何か粗野な物言いになってしまうくらいであればどれであろうがこれらのルールを破る。

締めコメントが以下です。出版社の社長の勇ましい言葉が単なる営業トークだったことが判明した今、改めて言葉に溺れないようにしたいものです。

Political language -- and with variations this is true of all political parties, from Conservatives to Anarchists -- is designed to make lies sound truthful and murder respectable, and to give an appearance of solidity to pure wind. One cannot change this all in a moment, but one can at least change one's own habits, and from time to time one can even, if one jeers loudly enough, send some worn-out and useless phrase -- some jackboot, Achilles' heel, hotbed, melting pot, acid test, veritable inferno, or other lump of verbal refuse -- into the dustbin, where it belongs.

政治的な言語……そしてその変種は保守主義者から無政府主義者までの全ての政党について当てはまる……は嘘が真実味を持って聞こえ、殺人が世間体の良いものになり、まったくのたわ言が堅固なものに見えるように設計されている。これらの全てを同時に変えることはできないが、少なくとも自身の習慣は変えられるし、十分大きな声で笑い飛ばせば時には擦り切れた利用価値の無い言い回し……JACKBOOT(革長靴)、 ACHILLES' HEEL(アキレスの踵)、 HOTBED(温床)、 MELTING POT(るつぼ)、 ACID TEST(厳しい検査)、 VERITABLE INFERNO(真の地獄)、その他の一群の言語的廃棄物……をそれがあるべき場所であるごみ箱へと送り込むこともできるのだ。
 

1984が70周年

 
BBCに登場しているDorian LynskeyはTHE MINISTRY OF TRUTHという本で1984の受容の歴史を書いているようです。動画でも語っていますが、1950年代は全体主義国家に注目され、1970年代や80年代は監視技術、今は真実と嘘の扱いに関心を持って読まれているとか。

NONFICTION
A poster for the 1956 movie version of “1984.”
By Lev Mendes June 5, 2019

雑誌Timeも70周年を扱っていましたが、こちらはOrwellというよりも著者のZuboffが唱えるSurveillance Capitalismの解説がメインでした(苦笑)

 Orwell's 1984 was published on June 8, 1949.
BY SHOSHANA ZUBOFF JUNE 6, 2019

George Orwell repeatedly delayed crucial medical care to complete 1984, the book still synonymous with our worst fears of a totalitarian future — published 70 years ago this month. Half a year after his novel’s debut, he was dead. Because he believed everything was at stake, he forfeited everything, including a young son, a devoted sister, a wife of three months and a grateful public that canonized his prescient and pressing novel. But today we are haunted by a question: Did George Orwell die in vain?

グーグルなどのGAFA企業はOrwellのBig BrotherならぬBig Otherだそうです。

Democracy slept while surveillance capitalism flourished. As a result, surveillance capitalists now wield a uniquely 21st century quality of power, as unprecedented as totalitarianism was nearly a century ago. I call it instrumentarian power, because it works its will through the ubiquitous architecture of digital instrumentation. Rather than an intimate Big Brother that uses murder and terror to possess each soul from the inside out, these digital networks are a Big Other: impersonal systems trained to monitor and shape our actions remotely, unimpeded by law.

(オックスフォード)
Big Brother
​a leader, a person in authority or a government that tries to control people’s behaviour and thoughts, but pretends to act for their benefit

From George Orwell’s novel Nineteen Eighty-Four, in which the leader of the government, Big Brother, had total control over the people. The slogan ‘Big Brother is watching you’ reminded people that he knew everything they did.



1984は最初Last man in Europeというタイトルでした。シリアのホワイトヘルメットを描いた映画にLast Men in Aleppoがこのタイトルを意識したのかわかりませんが、権威主義体制に対する絶望的な戦いは共通しています。



動画の「希望が見えない。しかし逆に希望を作りたいと思わせる」という言葉は最後の締めコメで使われていました。

By Glenn Kenny May 2, 2017

This picture doesn’t offer hope; its aim is to compel us to create some.

Yutaとしてはどのように受け止めているかという受容史に興味があるのでDorian LynskeyのTHE MINISTRY OF TRUTHを読み始めました。

 

会見と引見

 


2週間前の出来事ですが、自分メモとして書かせてもらいます。

トランプ大統領の来日はアメリカではMemorial Day(戦没者追悼記念日)に当たっていたので珍しいことだったそうですね。確かに日本の場合でも8月15日に元首が日本にいなかったら違和感を感じます。

今回気になった語はaudienceという言葉。

May 25, 2019 (Mainichi Japan)

TOKYO (Kyodo) -- U.S. President Donald Trump is set to start a four-day state visit to Japan on Saturday, becoming the first foreign leader to meet with new Emperor Naruhito.

Tweeting from Air Force One en route to Japan on Friday, Trump said he is "looking forward to honoring, on behalf of the United States, His Majesty, the Emperor of Japan," and that he will discuss trade and regional security with Abe, whom he called "my friend."

In a meeting Friday with Trump's national security adviser John Bolton in Tokyo, Abe said he welcomes Trump's "historic" visit as the first state guest of Japan's new imperial era of Reiwa and expressed hope that it will further strengthen the bilateral alliance.



以前Audienceという舞台で初めて知った語彙でもあり、天皇の場合でも使われるのですね。
http://unchartedterritory.blog.fc2.com/blog-entry-1095.html

(ウィズダム)
audience
【要人との】公式[正式]会見, 謁見(えっけん) «with»
▸ have an audience with the King
王に謁見する
▸ be granted an audience [received in audience]
謁見を許される.

宮内庁のサイトでは、英語版はaudiencesとあり、日本語版ではご会見・ご引見などとなっています。日本語では身分の違いで使い分けているようです。

An audience is a meeting of Their Majesties the Emperor and Empress with foreign Heads of State, Prime Ministers, Ambassadors and their spouses, and other distinguished guests. On such occasions Their Majesties have friendly conversations with these guests.

Their Imperial Highnesses the Crown Prince and Crown Princess and the rest of the Imperial Family also hold friendly meetings with foreign guests.

*****


ご会見
天皇陛下が皇后陛下とご一緒に,来日された外国の元首・夫人などの賓客とお会いになることをご会見といい,両陛下はこれらの賓客と親しくお話し合いになります。

ご引見など
天皇陛下が皇后陛下とご一緒に,外国の首相や大使,その夫人などの賓客とお会いになることをご引見といい,両陛下はこれらの賓客と親しくお話し合いになります。

皇嗣同妃両殿下をはじめ皇族方も外国の賓客と親しくお会いになっています。

アメリカ大統領の場合は、国家元首で同等の扱いなのでしょう。「ご会見」となっています。

(宮内庁)

2019年5月24日 朝刊

 政府は二十三日、令和初の国賓として二十五日に来日するトランプ米大統領の滞在日程を発表した。二十七日午前に皇居で天皇、皇后両陛下と会見する。その後、東京・元赤坂の迎賓館で安倍晋三首相と会談。夜には皇居・宮殿での宮中晩さん会に出席する。

audienceという同じ言葉を日本語だと会う相手の位によって「会見」と「引見」と使い分ける。このあたりは面倒ですが、異なる言葉や文化を扱う際には気に掛ける必要が出てくるところです。

 

TOEICのうなぎ文

 
次のWikipediaの説明文ではうなぎ文は日本語特有な感じです。

(Wikipedia)
ウナギ文
日本語では、例えば食べ物を注文する際の「ぼくはウナギだ」のように、一致や属性を意味しない場合にもコピュラを用いることが多いとの指摘があり、このようなコピュラの使用をする構文を前記例文にちなんで、ウナギ文と呼ぶことがある[3]。これについては現在までにさまざまな文法的な説明がなされている。

ネットで見つけたうなぎ文の一般言語学というブログ記事ではどの言語にも見られる現象としています。英語での例をそこであげてくれています。

管見では「うなぎ文」は世界共通、ほとんど普遍的な言語現象ではないだろうか。ただそこには文法学者や教師が「ぱっと認めたくないイロジックな感じ」がある、そこがしばしば用例を否定される原因になっているのである。

英語のインフォーマントが I’m fish を自嘲した逸話。

池上氏が、ロンドン大学の食堂でグリーンバウムという偉い学者と同席した折の話である。料理を運んで来たウェイトレスが、どちらが何を注文したのか忘れて迷っているとき、この偉い学者の口をついて出た言葉が「I’m fish」だというのだ。池上氏がそのことを指摘すると、グリーンバウム氏は、照れくさそうに「あれは sloppy な(だらしない)言い方なのだ」と答えたそうである。(「明るい部屋」フランス語産業翻訳者 中井秀明氏のホームページ(リンク)の「フランス語のうなぎ文(リンク)」より)

TOEICは英語能力を測定する試験ですから、インフォーマルな言い方や新しい使われ方を避けるものでしょうが、10セットの既出問題集Test 4のパート3でうなぎ文らしきものを見つけました。

自分の座席に誰かがすでに座っているので確認するためにI think you're in my seat, 14-A?と伝えた後のやり取りで、Oh, pardon me! I'm 14-A in car six.と答えていました。

私イコール座席ではないから文法的にはおかしな文ですよね。でもこのやりとりだとMy seat is 14-A以外に読み取れないでしょうからコミュニケーション的には問題ないとETSも判断したのでしょうか。

基本的にI'mのケースでは形容詞や動詞の進行形が続くことが多いですが、それ以外ではI'mは最初に名乗る場面で使われています。

(研修会の初めに)
Welcome to the information session ... I'm Joseph Guthrie, the director.

(歯医者の受付で)
Hi, I'm Walter Lee. I have an appointment for a teeth cleaning.

たった一例でTOEICは文法を気にしていないなんて言うつもりはありません。試験なので今後も保守的な使われ方が登場するでしょう。ただ一方で、TOEICはあくまでコミュニケーションで使われている英語を大事にしているといることは言えそうです。

あとこういう例を見ると「うなぎ文って日本語特有なんだぜ〜〜」というよくある類の議論の根拠がいかにいい加減かわかります。
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR