FC2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

明石家さんまの方言は?

 


外国語学習でYutaが痛感するのは、彼らにとって当たり前に理解できるものが時として部外者にとって難しいということです。「明石家さんまの方言は?」というのは日本人にとって愚問過ぎますが、それは我々が嫌というほど彼がしゃべっているのを目にしているからでしょう。Wikipediaには明石家さんまの項目に「言語 日本語 方言 関西弁」とあるんですね。



英国人のダニエル・クレイグが南部訛りの探偵になった映画ナイブズアウトですが、アニメのキャラクターFoghorn Leghornを連想するレビューが何人かいました。こういう連想もその文化に馴染んでいないとなかなか出てこないです。もちろん関西弁の芸能人なら何人も浮かびますが。。。Wikipediaでもキャラクターは南部訛りと書いてあります。

(Wikipedia)
Foghorn Leghorn
Biography and Personality
Physically, Foghorn Leghorn is depicted as a tall, overweight rooster with a Southern accent; he is easily the tallest of all the regular Looney Tunes characters. He has a bombastic and somewhat unrefined personality, added to which he shows a penchant for mischief. Aside from the Senator Claghorn reference, his first name "Foghorn" is indicative of his loudmouthed personality, while his surname "Leghorn" refers to a particular Italian breed of chicken.



アニメのキャラクターが真っ先に浮かぶというのはそれだけ誇張された喋り方だからでしょうか。でもそのあたりは、ニューヨーク出身である他の登場人物との違いを際立たせるために意識してやったと書いています。アガサクリスティーのポワロがフランス語訛りの英語を喋るようなものでしょうか。役の参考にしたのはアメリカ南北戦争についての歴史家のShelby Footeだそうですが。。。

Similarly, Blanc was supposed to have a subtle accent, but Craig wanted to copy historian Shelby Foote’s soothing voice “to make him sort of an outsider” and heighten the difference between the detective and his wealthy Yankee suspects.

ジョンソン監督は当初はそんなに強調する意識はなかったようで、そのあたりの経緯は下記の記事が詳しいです。

“We didn’t want to just re-skin an old genre — it was, how do we reflect America right now?” the filmmaker says about his celebrity murder-mystery hit
By DAVID FEAR

And it has a supersleuth, in the form of Daniel Craig’s Benoit Blanc, a Poirot by way of Lake Pontchartrain who’s blessed with superior investigative skills and a Southern accent that would stop Foghorn Leghorn in his tracks. In a film filled with famous actors playing off of murder-mystery archetypes (the jealous offspring, the flighty heiress, the son-in-law with a secret he needs to stay hidden), the once and future James Bond is the closest thing to Knives Out’s secret weapon. Johnson had seen Craig in Lucky Logan as well as a few theatrical productions, and he’d hung out with the star socially a few times. He passed Craig the script. The actor read it and loved it. But the window of his availability was extremely brief.


“I mean, the whole thing went head-spinningly fast,” Johnson admits. “I’d been thinking about doing a film like this for close to 10 years, but never really had the chance to sit down to write it until January of 2018. It took me six months to get it down on paper — which was unusually speedy for me — and pass the script to Daniel. He liked it but had to start production… and then the starting date for the new Bond got pushed, so we had this very brief, very specific window in which he could do it. When he said yes, we had five weeks to get the cast together, prep the movie, and make it. We just hit the gas and ended up wrapping before Christmas. It was insane.”

As for Craig’s Kentucky-fried accent? “I wrote the character as Southern, but I knew I wanted the lilt to be honeyed and pleasing, as opposed to twangy,” Johnson says. “I sent him recordings of Shelby Foote speaking in a Mississippi drawl. Then he just worked on it — and let ’er rip once he was on set. Plus I had a French tutor named Benoit, and I always liked that name … and Blanc just seemed to roll off the tongue.”

映画内でCSI KFCと揶揄されたように、南部訛りはKentucky fried chickenも連想されるようです。

A police detective (LaKeith Stanfield) and his helpful right hand (Noah Segan) have gathered everyone for interviews — and accompanying them is Benoit Blanc (Daniel Craig), a southern detective so thickly accented that he's compared to Colonel Sanders. Why Blanc is there at all is one of many things I would not dare reveal, as this film is not a trick or a postmodern deconstruction of a genre, but is instead an actual old-fashioned whodunit that will eventually tell you whodunit and why, precisely as it should.



ただ、実際のカーネルおじさんは南部訛りではないそうです。次の本で書いてありましたが、1999年からの広告でのアニメのカーネルおじさんが南部訛りだったとありますので、映画の連想はこの一連のCMが念頭にあったのでしょうか。

Colonel Sanders and the American Dreamから
In 1999 the company hired long-standing advertising agency Young and Rubicam to create a cartoon version of the Colonel. Though wearing Harland Sanders' white suit and black glasses, the figure looked nothing whatsoever like the Colonel, nor did it sound like him: actor Randy Quaid was brought in to voice the character, giving him a southern accent utterly different from the rural border-state accent the Colonel actually had and that was well remembered by adults who had seen his commercials. (David Kamp, a food historian, said he would always remember Sanders' boast about how the chicken got an "egg warsh" before frying.)

まあこんな知識は現地に暮らしていれば意識して学ぶ必要がないんですけど。明石家さんまの方言は関西弁とお勉強して身につけたわけではなく、日常的に触れることで無意識的に知ったものでしょう。ただ、現地とは離れた場所で学ぼうとする者にとっては落とし穴となりがちです。多読や多聴の効果にはこのような知識を蓄積できるというメリットがあると思いますが、資格的な点数には反映されにくいので馬鹿にされがちです。


スポンサーサイト



 

ソンムの思い出

 
語る主体が変われば歴史の内容が変わるのは、何もminorityだけに当てはまるものではないです。フランス人にとっての第一次世界大戦の激戦地はソンムではなくベルダンでした。ベルダンについては過去取り上げています。

過去記事でも書いていますが、ソンムやパッシェンデールの戦いではオックスフォードやロングマンの学習辞典でも丁寧に説明していたのに、ベルダンは見出し語になっていません。ソンムを訪れた時もイギリスから着たであろう観光バスが多かったです。

1917を見た後あれこれネットで調べている時に大変ためになるサイトを見つけました。


このサイトで第一次世界大戦の主要戦闘別の戦死傷者数比率を出してくれています。

table520_2.jpg

これを見ると犠牲者が桁違いですのでなぜイギリス人にとってソンムやパッシェンデール(表では第3次イーペル)が重要なのか、フランスにとってベルダンが重要なのかわかります。

これらの激戦地の犠牲者数って第二次大戦でも独ソ戦のスターリングラードやベルリンには及びませんが、それでも第二次大戦の激戦地のトップ10の上位に入る犠牲者数です。今でも特別な意味を持つのがこの数からでもわかります。

ソンムへはアラスという町から行ったのですが、その折に戦争の慰霊碑みたいなものがありました。そこではアルジェリア戦争に参戦した肉親に向けたものもたくさんありました。メンデスの祖父の話ではないですけど、近親者が戦った戦争は格別な意味を持つことでしょう。アルジェリア戦争でのフランスは今日本にいるYutaにとってはアルジェリアの独立を阻止する、拷問を厭わないフランスという悪役でしかないですが、このような地方の町から参戦していたんですね。だからと言って、あの戦いに対するYutaのフランスへの評価が変わるわけではないですが、なかなか複雑な気持ちになりました。
 

Sikh教徒もヨーロッパ戦線で戦っていた

 


1917の劇中、ターバンを巻いたSikh教徒の兵士が一人だけ登場するのですが、メンデスの祖父が西インド諸島のトリニダード出身だったのでそのあたりの意識があったのでしょうか。このシーンを場違いだ、無理やり多様性を詰め込もうとしているのようにコメントした俳優が謝罪する騒動があったようです。

24 January 2020

Laurence Fox has apologised for comments he made about the inclusion of a Sikh soldier in a World War One film.

The actor had previously referred to "the oddness in the casting" of a Sikh soldier in Sir Sam Mendes' movie 1917.

"Fellow humans who are Sikhs, I am as moved by the sacrifices your relatives made as I am by the loss of all those who die in war, whatever creed or colour," Fox tweeted.

"Please accept my apology for being clumsy in the way I expressed myself."

His original comments attracted widespread criticism and historians drew attention to the contribution of Sikhs in the British Army during World War One.

About 130,000 Sikh men took part in the war, making up 20% of the British Indian Army, according to the WW1 Sikh Memorial Fund.

同様に最後の方で黒人の衛生兵も登場するのですが、第一次世界大戦には多くの黒人兵士が参戦したものの歴史の中で取り上げられない状況を問題視している動画がありました。こんなに多く参戦していたとは驚きです。






歴史って語る主体が変われば、歴史の内容も見直しが迫られる良い例ですね。

 

holy unction

 


1917の映画を見てきました。メンデス監督の祖父が従軍したPasschendaeleの戦いが念頭にあるとされているそうです。過去ブログのイーペルの思い出でもこの戦いを取り上げましたが、1917という年号を見ればイギリス人は否応なしにこの戦いを連想しそうです。辞書の説明では20万人の英国兵士が戦死したとあるので、ニューヨークタイムズのコラムが書いていたように1600という兵士の数は少なく思えてしまいます。

(オックスフォード)
Passchendaele
a series of First World War battles (1917) fought near the small town of Passchendaele in Belgium. About 300 000 Allied soldiers and a similar number of Germans died, in terrible conditions.

(ロングマン)
Passchendaele
an important battle during World War I in 1917, in northwest Belgium, in which over 200,000 British soldiers were killed. It is remembered especially for the mud (=soft wet earth), which made the terrible conditions in which the soldiers lived and fought even worse.

防衛線をドイツが下げたという状況設定はもう一つの有名な激戦地ソンムの方が当てはまりますが、劇中、主人公の一人がソンムの戦いを生き延びたと言っていますので、ソンムではないことは確かです。それにソンムの戦いは1916年ですし。ただ映画のストーリ的にはこちらの防衛線を使いたかったため、またストーリー展開を比較的自由にするため戦地については1917というタイトルにして映画の中でもぼやかしたのかもしれません。

(オックスフォード)
the Battles of the Somme
two long battles that took place in the valley of the river Somme in northern France during First World War. In the first battle, which lasted from July to November 1916, more than a million British, French and German soldiers died. The second battle lasted two weeks in the spring of 1918, and almost half a million soldiers died. Very little ground or any other advantage was won by either side in these battles, which are considered among the most terrible in history.

(ロングマン)
Somme, the
a river in northeastern France, or the area close to this river where several important battles were fought during World War I. After five months of fighting, the British army had moved forward by just a few miles, and had lost hundreds of thousands of men. Because of this, the Somme is connected in people's minds with the terrible waste of life in World War I.



予告編で流れる歌が映画では出撃前に流れますが実際の戦場ではこのような哀調な歌を聞いたら尻込みして逃げ出してしまいそうです。ロングマンで紹介されていた軍歌はやはり軽快な歌になっています。



(オックスフォード)
the Siegfried Line
1. (in the First World War) a line of military defence set up by the Germans in Belgium and France
​2. (in the Second World War) the name given by the Allies to the German line of military defence between France and Germany. A song that was popular with British soldiers at the time began with the line, ‘We're gonna (= going to) hang out the washing on the Siegfried Line.’

(ロングマン)
Siegfried Line, the
a line of military defences that the German armies built on the Western Front during World War I and before and during World War II. There is a famous song which was sung by British soldiers that begins ‘We’re going to hang out our washing on the Siegfried Line...’

前振りが長引きましたが、本編も雑学知識みたいなものです。5分55秒あたりのところでウィスキーを振りかけながらThrough this holy unction may the Lordと言っています。この動画では途中で切れていますが、映画本編では以下のところまで言い終えています。

Through this holy unction may the Lord pardon thee whatever sins or faults thou hast committed.



こういうのは病者の塗油というようです。ジーニアスやウィズダムレベルの学習辞典では載っていませんでした。旺文社のOlexが載せていたのは文化的事項を重視しているからでしょうか。リーダースやランダムハウスが必要になるのはこういうところですね。

死に際だけでなく手術前など命の危険にさらされている場合にもこの儀式がなされるようです。1917の映画ではこれから主人公2人がNo man's landに乗り込むところなので、まさにぴったりの状況です。

(Oxfordネイティブ向け辞書)
Anointing of the Sick
(in the Roman Catholic Church) the sacramental anointing of the ill or infirm with blessed oil; unction.

(Wikipedida)
病者の塗油(びょうしゃのとゆ、ラテン語: unctio infirmorum[1]、英語: anointing of the sick)は、カトリック教会における七つの秘跡の一つ[2]。
古代から行われていた病者への塗油は、時が経つにつれて臨終にある者に対してのみ行われるようになったため、「終油(しゅうゆ)の秘蹟」と呼ばれるようになっていたが、第二バチカン公会議後の1972年には秘跡の由来と本来的な意味の見直しが行われ、対象を臨終の者に限らず行われる「病者の塗油」という名前に改められた[2]。
なお、カトリック教会では新約聖書の『ヤコブの手紙』5:13-16を論拠として、初代教会の時代からこの儀式が行われてきたと見なしている

Wikipediaにカトリックのやり方が載っていたのですが、そこでまさに映画で登場した文言が出ています。

(Wikipedida)
Anointing of the Sick in the Catholic Church

This is the form established for the Roman Rite through the papal document Sacram unctionem infirmorum of 1972. The form used in the Roman Rite in the preceding period included anointing of seven parts of the body (though that of the loins was generally omitted in English-speaking countries), while saying (in Latin): "Through this holy anointing, may the Lord pardon you whatever sins/faults you have committed by... ." The sense in question was then mentioned: sight, hearing, smell, taste, touch, walking, carnal delectation.

Youtubeのすごいところは、実際のAnointing of the Sickが見れるところ。画質は良くないですが、Jamesを読み上げているのがわかります。



ヤコブの手紙の5章13から16です。聖書協会共同訳とKing James Verson。日本聖書協会の聖書本文検索って、昨年でた聖書協会共同訳をもう検索できるようになっているのですね。五千円も出して買ったのに。。。ヤコブが英語ではJamesって知らないとピンとこないです。

あなたがたの中に苦しんでいる人があれば、祈りなさい。喜んでいる人があれば、賛美の歌を歌いなさい。 
Is any among you afflicted? let him pray. Is any merry? let him sing psalms.

あなたがたの中に病気の人があれば、教会の長老たちを招き、主の名によってオリーブ油を塗り、祈ってもらいなさい。 
Is any sick among you? let him call for the elders of the church; and let them pray over him, anointing him with oil in the name of the Lord:

信仰による祈りは、弱っている人を救い、主はその人を起き上がらせてくださいます。その人が罪を犯しているのであれば、主は赦してくださいます。 
And the prayer of faith shall save the sick, and the Lord shall raise him up; and if he have committed sins, they shall be forgiven him.

それゆえ、癒やされるように、互いに罪を告白し、互いのために祈りなさい。正しい人の執り成しは、大いに力があり、効果があります。 
Confess your faults one to another, and pray one for another, that ye may be healed. The effectual fervent prayer of a righteous man availeth much.



ハートで感じるには文法だけではなく、このようなことを共有しなければいけないというのがYutaの立場ですが、こういうのは資格試験のスコアアップには大して貢献できないんですよね。。。

 

こちらのメンデスの作品も

 


今週一週間は1917の監督サム・メンデスが演出した舞台リーマン・トリロジーが映画上演されます。

サム・メンデス演出

【ポイント】世界的な投資家リーマン一家が米国に移住した1844 年から2008年のリーマン・ショックが起こるまでの3世代にわたる栄光と衰退を描く舞台で、ナショナル・シアター上演時にはチケット完売を記録した注目作。主演の3人が約3時間にわたり、150 年以上にわたるリーマン家の歴史を演じ切る。
2020 年3月7日からはブロードウェイ公演も予定されている。



こちらがブロードウェイの告知動画。30秒ほどなのでちょうどTOEICのパート4の長さです。



Nederlander Theatre
The acclaimed epic weaving through two generations of bankers.
Tickets starting at $49.00
Buy Tickets
Tickets now on sale.
Performances begin on Mar 07, 2020. View Calendar

Story
Weaving together nearly two centuries of family history, this epic theatrical event charts the humble beginnings, outrageous successes, and devastating failure of the financial institution that would ultimately bring the global economy to its knees. The Lehman Trilogy, “a ticket worth selling your gilt-edged securities for” (New York Times), is the quintessential story of western capitalism, rendered through the lens of a single immigrant family.

 

アカデミー賞で一喜一憂する前に

 


明日のアカデミー賞では1917が作品賞を取ってもらいたいなというのがYutaの願望です。日本では今週末公開ですね。



ただ予告編やらYoutubeで見てると、綺麗にかっこよく撮りすぎているのではと少し心配です。そんな心配を文章化しているのが次のNew york timesのエッセイです。

World War I was a disaster, but Sam Mendes’s Oscar-nominated epic paints a dangerously misleading picture of the conflict.
By Cathy Tempelsman Ms. Tempelsman is a writer. Feb. 8, 2020

Yutaなりに強引にこのエッセイの肝をまとめると、1600名の兵士の命がかかっている伝令をめぐる話ですが、塹壕戦で命を落とした人数から考えると大海の一滴に過ぎないので、そこだけをクローズアップしていいことをした気になると第一次大戦の本質を見誤ることではないかという主張です。あとエッセイでは人の命をなんとも思っていない上層部のことも触れています。

In my research, I read chilling accounts of these attacks.

In ecstatic terms, Gen. Thomas Wynford Rees of Britain described the “marvelous advance” of his infantry brigade, “dressed as if on parade,” at the Battle of the Somme. Incredulous Germans watched the men walk — yes, walk — in long rows across open terrain — then proceeded to mow them down. To General Rees, the massacre was a “magnificent display of gallantry.”

On July 1, 1916, the first day of the Somme, there were nearly 60,000 British casualties (a third of them died). Five months later, the number rose to nearly 500,000, and a British general, Douglas Haig, finally ended the attack, but not before claiming that results “fully justify” the effort. He expressed no remorse for the loss of life.

In his book “The Myth of the Great War,” John Mosier describes this “slaughter of the infantry” as “almost exclusively a British achievement.”

Years later, Prime Minister David Lloyd George wrote that while General Haig “ordered many bloody battles in this war,” he took part in only two. Mr. George also noted an “inexhaustible vanity that will never admit a mistake.” It’s no wonder that General Haig was called “the butcher.”

Yutaの偏向ある戦争映画の見方かもしれまえんが、やはり戦争って嫌なものだなと心底思わせてくれるものを期待します。この作者のいうcreating emotional truthです。

I don’t expect Mr. Mendes to include every fact about the war. Almost by definition, historical drama is selective; we invent characters, we compress events.

But we do this in the interest of creating emotional truth. Mr. Mendes does the opposite. By disguising the brutal truths of the war, he sentimentalizes and even valorizes it — a war in which disregard for human life led to approximately 8.5 million military deaths around the world, and an estimated 21 million wounded.

ですからWe don’t need to feel better about World War I’s slaughter. We need to feel worse.と述べる作者にYutaは賛成です。まだ映画を見ていませんが。。。

“1917” provides escape from the true carnage of the “Great War.” Instead, it might have forced us to question the endless, inconclusive conflicts that have followed, and the butchery and sacrifice they inflict. We don’t need to feel better about World War I’s slaughter. We need to feel worse.

In a poignant image straight out of Shakespeare, Mr. Mendes’s grandfather is said to have washed his hands compulsively for the rest of his life because “he could never get clean” of the war. If we’re going to avoid the stain of endless, senseless wars in the future, we have to tell stories that focus on the horror, rather than false heroics and filmmaking feats of wonder.

ちょうど同じ時期に2年前に公開されていたピータージャクソンの第一世界大戦の映画が東京で見れます。こちらの方は塹壕戦の嫌さも戦争に参加した無意味さもしっかり描けていました。日本人は第一次大戦のヨーロッパ戦線に馴染みがないのでこういう映画も一人でも多くの人に見て欲しいなと思います。



戦争なんて心底うんざりだという思いがあったから、あの悪名高い「ミュンヘンの宥和」もあったのでしょうから、やっぱり綺麗に映画を撮っては欲しくないですね。

 

セレブに大人気のKOMBUCHA(コンブチャ)って?

 


海外ドラマで唯一はっきり聞き取れるのが日本語だったりします(苦笑)有名な聞き間違いの部類なのかもしれませんが、メモがわりに。

数年前のめざましテレビでやっていたようで、こういう知識を入れられるテレビは馬鹿にはできないですね。かつて「紅茶キノコ」と呼んでいたなんて知りませんでした。



2017.07.21

知らない方にとっては謎の多い「コンブチャ」についてご説明します。
さらに、ELLE café のこだわりが詰まったELLE café KOMBUCHA(コンブチャ)の特徴をご紹介。

コンブチャとは

初めてコンブチャを耳にした際、「昆布茶?」と驚いた方が多いのではないでしょうか?
その名の通り”昆布のお茶”を思い浮かべる方も少なくないかもしれませんが、実はそれとはまったくの別物。
コンブチャとは、お茶を発酵させてつくる植物性の発酵ドリンクです。

言い訳ですが、ビリオンズとかの海外ドラマだと日本関連のトピックが出るので、昆布茶のことかと思ってしまいました。コンブチャが出てきたのはサバイバー: 宿命の大統領のシーズン2-1でしたが。。。


 

日本関連の英語メディアは何がいい?

 
すでに知っている方も多いのかもしれませんが、英語学習界隈であまり話題になっていないので記事にしてみました。無料メディアに絞るならNHKとかJapan Newsになるのでしょうが、新聞系のサイトの中から選ぶならデジタル毎日もありかと思います。

というのもデジタル毎日だとウォール・ストリート・ジャーナル 読み放題もついて、年間購読なら月額700円になりお得です。


スタンダードプランでできること
有料記事 読み放題
ウェブ限定コンテンツ 読み放題
ウォール・ストリート・ジャーナル 読み放題
朝、昼、夕のニュースメール
将棋・囲碁動画中継

もちろん毎日新聞の英語版も読めますから、日本のニュースもフォローできコスパ的には最強だと思います。

ウォール・ストリート・ジャーナルは日本語版と英語版のどれも読めますので、海外ニュースに疎い方は日本語記事を中心に読めば海外ニュースにも強くなっていくでしょう。デジタル毎日のサイトからウォール・ストリート・ジャーナルのサイトに遷移があるので、そこだけ手間ですが、真っ当に払うとWSJは月額2,899円ですので、お得すぎる値段設定です。

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR