FC2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

パンデミックと言い切っていいか

 

(5年前のTEDです)

ビル・ゲイツがNew England Journal of Medicineに発表した文章がニュースになっていました。このサイトではコロナウィルス関連の論文が無料開放されています。

ビル・ゲイツ氏が論文で「パンデミック」 早期ワクチン開発課題
2020年2月29日 21時54分 産経新聞
米マイクロソフト創業者で感染症対策支援の慈善事業に取り組むビル・ゲイツ氏も同じ日に発表した論文で、感染拡大をパンデミックとした。感染症対策の英専門家は「WHOもすでにパンデミックであると認識しており、宣言するタイミングを見計らっている段階だ」と分析する。

産経だけでなく、ロイターの翻訳記事でもそのように述べているように思えます。

新型ウイルス「100年に1度」のレベル、抑止へ支援必要=ゲイツ氏
[シカゴ 28日 ロイター] - 米マイクロソフト(MSFT.O)の元会長兼最高経営責任者(CEO)で慈善家のビル・ゲイツ氏は28日、新型コロナウイルスについて「100年に1度」発生するレベルの病原菌とし、感染拡大を遅らせるために富裕国は中・低所得国の医療制度強化を支援するべきと述べた。

ただ、実際の文章を見ればタイトルに?がついていました。内容を読んでもパンデミックの恐れが十分にあるとまだ警鐘を鳴らしているレベルで、言い切ってはいないです。また聞きの情報は大げさになりやすい好例です。ちょっとでもオリジナル情報に当たれば記事でもここまで言い切らなかったでしょうに。

Bill Gates

In any crisis, leaders have two equally important responsibilities: solve the immediate problem and keep it from happening again. The Covid-19 pandemic is a case in point. We need to save lives now while also improving the way we respond to outbreaks in general. The first point is more pressing, but the second has crucial long-term consequences.

The long-term challenge — improving our ability to respond to outbreaks — isn’t new. Global health experts have been saying for years that another pandemic whose speed and severity rivaled those of the 1918 influenza epidemic was a matter not of if but of when.1 The Bill and Melinda Gates Foundation has committed substantial resources in recent years to helping the world prepare for such a scenario.

Now we also face an immediate crisis. In the past week, Covid-19 has started behaving a lot like the once-in-a-century pathogen we’ve been worried about. I hope it’s not that bad, but we should assume it will be until we know otherwise.

ロイターの英文記事でもGates said has started to behave like a “once-in-a-century” pathogenとゲイツの文章の慎重なトーンを尊重していますので、翻訳もそれを反映した訳をすべきだったでしょう。

Bill Gates calls coronavirus a 'once-in-a-century' pathogen
Julie Steenhuysen
CHICAGO (Reuters) - Philanthropist Bill Gates on Friday urged wealthy nations to help low and middle-income countries strengthen their health systems in hopes of slowing the spread of the coronavirus, which Gates said has started to behave like a “once-in-a-century” pathogen.

それに彼のツイッターでもcouldを使ってCOVID-19 could be a once-in-a-century pandemicと書いてあり、被害をこれ以上大きくしない取り組みの重要性を述べています。あの記事を書いた記者さんって、共同とかの外電翻訳情報を裏を取らずに書いたのではないでしょうか。

COVID-19 could be a once-in-a-century pandemic, but the good news is that there are steps we can take now to slow its impact and help us respond more effectively when the next epidemic arrives. #COVID19

ビル・ゲイツの英文の内容のトーンを正確に伝えているのは日刊スポーツでした。

[2020年2月29日15時50分]
米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が、新型コロナウイルスについて29日までに、「100年に1度レベルと想定すべき」と訴えた。

米有力医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに寄稿し「この1週間で、100年に1度の病原体のような様相を見せ始めた。そうでないことが分かるまでは、そのように想定すべき」と指摘。

そうは言ってもビル・ゲイツはパンデミックになりうる可能性を指摘していることは確かです。There are two reasons ... First, ... Second, ...と英語学習者が学ぶライティングの書き方をして危険性を指摘しています。

There are two reasons that Covid-19 is such a threat. First, it can kill healthy adults in addition to elderly people with existing health problems. The data so far suggest that the virus has a case fatality risk around 1%; this rate would make it many times more severe than typical seasonal influenza, putting it somewhere between the 1957 influenza pandemic (0.6%) and the 1918 influenza pandemic (2%).2

Second, Covid-19 is transmitted quite efficiently. The average infected person spreads the disease to two or three others — an exponential rate of increase. There is also strong evidence that it can be transmitted by people who are just mildly ill or even presymptomatic.3 That means Covid-19 will be much harder to contain than the Middle East respiratory syndrome or severe acute respiratory syndrome (SARS), which were spread much less efficiently and only by symptomatic people. In fact, Covid-19 has already caused 10 times as many cases as SARS in a quarter of the time.

メディアがセンセーションを求めたくなる気持ちは分かりますが、この話題ではそんなことをすべきではないでしょう。メディアの危機とか言われますがこの程度なら淘汰されて欲しいです。我々は今の時代ネットがあるので、少しでも原資料に当たって踊らされないようにしたいです。

スポンサーサイト



 

last man standing

 


この連休はなかなか外出する気にもならず、ブログアップばかりしています。映画1917でベネディクト・カンバーバッチの印象深い言葉。

There's only one way this war ends: last man standing.
仲間を救いたければ- 命の限り急ぐんだ

Twitterでも予告編と本編とで和訳が違っていると指摘されていましたが、last man standingの語感を考えてみたいです。

ソンムの戦いを生き延びた少尉がまさにこのタイトルをつけた本を出していました。

(English Edition) Kindle版 Richard Van Emden (著)

This fantastic little WWI book is a must for any budding historians. Collins was underage when he joined the Seaforth Highlanders and was a 19-year-old officer when he led at the battle of the Somme. This book contains extracts from his diaries and a remarkable personal collection of photographs which lend this account a poignancy and immediacy which is often breathtaking. - Scottish Field This is a harrowing tale of battle, loss and the horrors of war. - Scotland Magazine

読み始めのところで、いきなりショッキングな内容がありました。前線に出た兵士は平均的に6週間で死亡するか怪我をするかしたそうで、このCollins少尉は大体平均的な従軍して怪我をして3度も前線に出て戦ったとあります。およそ45万人の兵士が死傷した壮絶なソンムの戦いがここからも伺えます。

Introduction
It has been commonly said that the average 'life' expectancy at the front of a Second Lieutenant in World War One was approximately six weeks before he was either killed or wounded. In this respect, and in this one respect only, my friend Norman Collins was no better than average. He arrived on the Somme in late October 1916 and was wounded in early December – six weeks. In late April 1917 he returned to France and was slightly wounded in late May – five weeks; then he was wounded for the third and final time in the second week of July – six weeks. His 17 weeks at the front were to put him in hospital for a total of 14 months and give him a lifetime of pain that no disability pension could ever compensate for.

The Last Man Standingは第二次大戦のエジプトのEl Alamein戦いに従軍したオーストラリア兵士の手記にも使われていました。こちらもドイツの名将ロンメル将軍率いたドイツ軍との激戦だったようです。

(English Edition)  Kindle版 Peter Dornan  (著)

'Where was the rest of the company? Why is no one else firing? A quick look behind revealed the shocking truth. Herb was alone. No one was following there was no one able to follow. He was the last man standing.'

The Australians played a crucial role in the Allied victory in the Battle of El Alamein, one of the turning points of the Second World War. Rommel said after the battle, I could have won North Africa with a division of Australians under my command'. Yet victory came at a heavy price, with more than a thousand Australians lost in the battle.

リーマンショックを切り抜けたJPモルガンのJamie Dimonの評伝にもLast Man Standingが使われています。Last manとあるくらいですから、大きな犠牲者を出す中でうまく切り抜けて生き延びた人物を指している感じでしょうか。

(English Edition)  Kindle版 Duff McDonald  (著)

In the midst of the most disastrous economic climate of Wall Street’s history, one executive has weathered the storm more deftly than any other: Jamie Dimon, chairman and CEO of JPMorgan Chase. In 2008, while Dimon’s competitors watched their companies crumble, JPMorgan not only survived, it made an astonishing $5 billion profit. Dimon’s continued triumph in the face of an industry-wide meltdown has made him a paragon of finance. 

In Last Man Standing, award-winning journalist Duff McDonald provides an unprecedented and deeply personal look at the extraordinary figure behind JPMorgan’s success. Using countless hours of interviews with Dimon and his full circle of friends, family, and colleagues, this definitive biography is by far the most comprehensive portrait of the man known as the Savior of Wall Street. 

ボンジョビにの曲にもLast Man Standingがありましたが、昔ながらのやり方を貫いている自分を半ば自虐的に、半ば誇りを持って歌っている感じです。



さて、カンバーバッチの言葉、There's only one way this war ends: last man standing.はどのように受け止めるべきでしょうか。最後の一人になるまで戦い抜くしかないという勇ましい決意なのか、それとも、双方の陣営でひとっこひとりいなくなるまで熾烈で悲惨な戦いを続けるしかないという悲壮な諦めに近いものなのか。まあ、それは映画を見た人が感じ取るべきことでしょうか。
 

生々しい記憶

 


ナショナルジオグラフィックの二月号に興味深い記事がありました。日本版のカバーストーリの「多様になる美しさ」も美の基準が変化しつつあることを知れて興味深かったのですが、次の記事はアメリカ版だと表紙になっていました。英語でも日本語でもいいので興味のある方には読んでいただきたいものです。

クロティルダ号に乗せられたアフリカ人は二度と故郷に戻ることはなかった
2020.01.31
 
アフリカから奴隷として連れてこられたことは我々も知識として知っていますが、その連行された時の生々しい記憶までは思い巡らすことはなかなか難しいです。でも1860年という比較的新しく連れてこられた人は20世紀初頭まで生きていたこともあり、その記憶を子孫にも伝えることができていたようです。



ニュース的な価値があるのは、この最後の奴隷船が昨年見つかったという発見のようです。1860年時点でさえ国際的な奴隷貿易が禁止されていたにも関わらず密貿易を試みたので奴隷船を燃やして川に沈めたため発見されていなかったようです。2018年にアラバマ地元のニュースで報道された発見は大きすぎて違ったようで、2019年ようやく見つけたそうです。知らずにこの下の長い記事を読みきってしまいました。。。



Updated Mar 06, 2019; Posted Jan 23, 2018

Relying on historical records and accounts from old timers, AL.com may have located the long-lost wreck of the Clotilda, the last slave ship to bring human cargo to the United States.

What's left of the ship lies partially buried in mud alongside an island in the lower Mobile-Tensaw Delta, a few miles north of the city of Mobile. The hull is tipped to the port side, which appears almost completely buried in mud. The entire length of the starboard side, however, is almost fully exposed. The wreck, which is normally underwater, was exposed during extreme low tides brought on by the same weather system that brought the "Bomb Cyclone" to the Eastern Seaboard. Low tide around Mobile was about two and a half feet below normal thanks to north winds that blew for days.



このことは結構有名な話のようで、1920年代にまだ存命だった連行された人物にインタビューした本があったようです。

Zora Neale Hurston  (著), Alice Walker (はしがき)

Abducted from Africa, sold in America.

“A deeply affecting record of an extraordinary life”- Daily Telegraph

A major literary event: a newly published work from the author of the American classic Their Eyes Were Watching God, with a foreword from Pulitzer Prize-winning author Alice Walker.

This account illuminates the horror and injustices of slavery as it tells the true story of one of the last-known survivors of the Atlantic slave trade.

In 1927, Zora Neale Hurston went to Plateau, Alabama, just outside Mobile, to interview eighty-six-year-old Cudjo Lewis, who was abducted from Africa on the last "Black Cargo" ship to arrive in the United States. Of the millions of men, women, and children transported from Africa to America as slaves, Cudjo was then the only person alive to tell the story of this integral part of the nation’s history. Hurston was there to record Cudjo’s firsthand account of the raid that led to his capture and bondage fifty years after the Atlantic slave trade was outlawed in the United States.

Yutaも何かのきっかけっで知ったのでしょう、まさにこの本を2018年に買っていました。いい加減読まないといけませんね(汗)
 

ダイアモンド

 


WHOが毎日発表しているコロナウィルスの現況報告を初めて見たのですが、Diamond PrincessはJapanに含まれておらず別立てでした。


International conveyance‡ (Diamond Princess)
‡Cases identified on a cruise ship currently in Japanese territorial waters.

時代を感じたのは、クルーズ会社のメッセージをYoutubeで確認できること。もちろんウエブサイトでも現況を確認できました。下船後のケアもしっかりされているようです。



Updated February 20, 2020 UTC+9
Approximately six hundred guests onboard Diamond Princess were the first to be cleared by the Japanese Ministry of Health and released to disembark the ship yesterday.

These guests — all being cleared after a COVID-19 test by the Japanese Ministry of Health — were met in the Yokohama cruise terminal by Jan Swartz, President of Princess Cruises.

Several hundred other guests are expected to be cleared today by health officials.

2月9日の動画です。このようなことは一応対策を立てているはずですが、現場の苦労は大変なものだったでしょう。会社はFull Refundを発表していました。死亡者も出ているケースなので浮ついたことは慎むべきですが、TOEIC学習者としてはまたとないリアルな学びの機会です。支払ったgratuities(チップ)も返金しますが、従業員には会社が指定のチップを保証しますと書いているのはチップ文化ならではですね。



February 9, 2020 at 2:30PM PT
Compensation – Full Refund and Future Cruise Credit

Because of the extraordinary circumstances onboard Diamond Princess, Princess Cruises will refund the full cruise fare for all guests including air travel, hotel, ground transportation, pre-paid shore excursions, gratuities and other items. In addition, guests will not be charged for any onboard incidental charges during the additional time onboard.

Princess Cruises will also provide guests with a future cruise credit equal to the cruise fare paid for the voyage which ended on February 4.

Princess Cruises also confirmed that although all gratuities will be refunded back to guests the company will ensure crew members receive their designated gratuities for the work performed.

Guests have been provided a letter delivered to their stateroom with details on how to process this refund.

客船のサービスなどの不満も記事になっていましたが、以下のサービスを提供したりして少しでも快適に過ごせる取り組みをしていたんですね。

February 6, 2020 at 7:30 PM PT
Guest Experience on Diamond Princess

Our team on board Diamond Princess, supported by our shoreside colleagues, is actively working to care for our guests to ensure their comfort and well-being. These are such unusual circumstances so our team has activated new in-room entertainment offerings which include:

Eight (8) new satellite TV channels
More than 80 new video-on-demand releases, including movies in various languages, concerts and in-cabin fitness videos
Cruise Director Show (The Wake Show) in English and Japanese
Printed newspapers in 36 languages
Pre-printed trivia, daily puzzles, games and arts and crafts
Radio Taiso (popular calisthenics) videos
Kids’ activity packs
Food & beverage options offered via room service
Outdoor time for guests in interior staterooms (under the guidance of Japanese Ministry of Health)
 

ナイブズ・アウト

 


先ほどの映画のタイトル。予告編で以下のようなセリフがありました。

When people get desperate, the knives come out.
家族は焦ると-突きつけ合うんだ "ナイフ"をね

イディオムも共有している状況がわかりずらいので、外国語学習者には難しいです。そのせいか、英和辞典の語義もいろいろです。ただ映画を見た後はウィズダムの語義がぴったりだと分かります。

(ウィズダム)
the knives are out
⦅主に英・くだけて⦆ (多くの人が) 【人を】嫌っている, (失墜・失職などを狙って)陥れようと画策している «for» .

(プログレッシブ)
The knives are out (for A).
((略式))(A(人)にとって)とても険悪な雰囲気だ

(コンパスローズ)
the knives are out
《英・豪》 敵意に満ちている; 一触即発の状態にある (for).

こういう時は英英辞典で確認するのが一番です。これらを読んでも「誰かを陥れようとしている」意味が取れます。 

(オックスフォード)
the knives are out (for somebody)
​the situation has become so bad that people are preparing to make one person take the blame, for example by taking away their job
The knives are out for the chancellor.

(ロングマン)
the knives are out (for somebody)
informal used to say that people are being extremely unfriendly in criticizing someone
 The knives are out for the vice president.

(COBUILD)
the knives are out mainly BRITISH
COMMON If the knives are out for someone, people are criticizing and trying to cause problems for that person. The knives are out for me at the moment. 
Now that she's married to one of the world's most famous men, the knives are out. 
Note: You can also say that someone has their knives out if they are eager to criticize someone or cause problems for them. 
Arendt and Huber had their knives out, and they were being encouraged to stick them in me.



ちょうどいい例がアメリカ大統領選で出てきました。初参戦のブルムバーグ元NY市長が批判の対象にされた時の記事です。

"Stop and frisk" policies are brought into the crosshairs right away.
SCOTT SHACKFORD | 2.19.2020 9:46 PM

It took less than 10 seconds for Michael Bloomberg's support for stopping and frisking black men as mayor of New York City to be referenced at tonight's Democratic debate in Las Vegas. The knives are out, folks.

The debate opened with moderators immediately pitting front-runner Sen. Bernie Sanders (I–Vt.) against Bloomberg over who is the more polarizing figure and which one will bring out enough votes to push Trump out of office.



「蹴落とそうとする」とか「陥れようとする」とかいった意味なのでしょうが、ナイフを取り出して今にも獲物にしようとしている感じを出すなら「標的にされている」とか訳した方がいいんでしょうか。
 

明石家さんまの方言は?

 


外国語学習でYutaが痛感するのは、彼らにとって当たり前に理解できるものが時として部外者にとって難しいということです。「明石家さんまの方言は?」というのは日本人にとって愚問過ぎますが、それは我々が嫌というほど彼がしゃべっているのを目にしているからでしょう。Wikipediaには明石家さんまの項目に「言語 日本語 方言 関西弁」とあるんですね。



英国人のダニエル・クレイグが南部訛りの探偵になった映画ナイブズアウトですが、アニメのキャラクターFoghorn Leghornを連想するレビューが何人かいました。こういう連想もその文化に馴染んでいないとなかなか出てこないです。もちろん関西弁の芸能人なら何人も浮かびますが。。。Wikipediaでもキャラクターは南部訛りと書いてあります。

(Wikipedia)
Foghorn Leghorn
Biography and Personality
Physically, Foghorn Leghorn is depicted as a tall, overweight rooster with a Southern accent; he is easily the tallest of all the regular Looney Tunes characters. He has a bombastic and somewhat unrefined personality, added to which he shows a penchant for mischief. Aside from the Senator Claghorn reference, his first name "Foghorn" is indicative of his loudmouthed personality, while his surname "Leghorn" refers to a particular Italian breed of chicken.



アニメのキャラクターが真っ先に浮かぶというのはそれだけ誇張された喋り方だからでしょうか。でもそのあたりは、ニューヨーク出身である他の登場人物との違いを際立たせるために意識してやったと書いています。アガサクリスティーのポワロがフランス語訛りの英語を喋るようなものでしょうか。役の参考にしたのはアメリカ南北戦争についての歴史家のShelby Footeだそうですが。。。

Similarly, Blanc was supposed to have a subtle accent, but Craig wanted to copy historian Shelby Foote’s soothing voice “to make him sort of an outsider” and heighten the difference between the detective and his wealthy Yankee suspects.

ジョンソン監督は当初はそんなに強調する意識はなかったようで、そのあたりの経緯は下記の記事が詳しいです。

“We didn’t want to just re-skin an old genre — it was, how do we reflect America right now?” the filmmaker says about his celebrity murder-mystery hit
By DAVID FEAR

And it has a supersleuth, in the form of Daniel Craig’s Benoit Blanc, a Poirot by way of Lake Pontchartrain who’s blessed with superior investigative skills and a Southern accent that would stop Foghorn Leghorn in his tracks. In a film filled with famous actors playing off of murder-mystery archetypes (the jealous offspring, the flighty heiress, the son-in-law with a secret he needs to stay hidden), the once and future James Bond is the closest thing to Knives Out’s secret weapon. Johnson had seen Craig in Lucky Logan as well as a few theatrical productions, and he’d hung out with the star socially a few times. He passed Craig the script. The actor read it and loved it. But the window of his availability was extremely brief.


“I mean, the whole thing went head-spinningly fast,” Johnson admits. “I’d been thinking about doing a film like this for close to 10 years, but never really had the chance to sit down to write it until January of 2018. It took me six months to get it down on paper — which was unusually speedy for me — and pass the script to Daniel. He liked it but had to start production… and then the starting date for the new Bond got pushed, so we had this very brief, very specific window in which he could do it. When he said yes, we had five weeks to get the cast together, prep the movie, and make it. We just hit the gas and ended up wrapping before Christmas. It was insane.”

As for Craig’s Kentucky-fried accent? “I wrote the character as Southern, but I knew I wanted the lilt to be honeyed and pleasing, as opposed to twangy,” Johnson says. “I sent him recordings of Shelby Foote speaking in a Mississippi drawl. Then he just worked on it — and let ’er rip once he was on set. Plus I had a French tutor named Benoit, and I always liked that name … and Blanc just seemed to roll off the tongue.”

映画内でCSI KFCと揶揄されたように、南部訛りはKentucky fried chickenも連想されるようです。

A police detective (LaKeith Stanfield) and his helpful right hand (Noah Segan) have gathered everyone for interviews — and accompanying them is Benoit Blanc (Daniel Craig), a southern detective so thickly accented that he's compared to Colonel Sanders. Why Blanc is there at all is one of many things I would not dare reveal, as this film is not a trick or a postmodern deconstruction of a genre, but is instead an actual old-fashioned whodunit that will eventually tell you whodunit and why, precisely as it should.



ただ、実際のカーネルおじさんは南部訛りではないそうです。次の本で書いてありましたが、1999年からの広告でのアニメのカーネルおじさんが南部訛りだったとありますので、映画の連想はこの一連のCMが念頭にあったのでしょうか。

Colonel Sanders and the American Dreamから
In 1999 the company hired long-standing advertising agency Young and Rubicam to create a cartoon version of the Colonel. Though wearing Harland Sanders' white suit and black glasses, the figure looked nothing whatsoever like the Colonel, nor did it sound like him: actor Randy Quaid was brought in to voice the character, giving him a southern accent utterly different from the rural border-state accent the Colonel actually had and that was well remembered by adults who had seen his commercials. (David Kamp, a food historian, said he would always remember Sanders' boast about how the chicken got an "egg warsh" before frying.)

まあこんな知識は現地に暮らしていれば意識して学ぶ必要がないんですけど。明石家さんまの方言は関西弁とお勉強して身につけたわけではなく、日常的に触れることで無意識的に知ったものでしょう。ただ、現地とは離れた場所で学ぼうとする者にとっては落とし穴となりがちです。多読や多聴の効果にはこのような知識を蓄積できるというメリットがあると思いますが、資格的な点数には反映されにくいので馬鹿にされがちです。


 

ソンムの思い出

 
語る主体が変われば歴史の内容が変わるのは、何もminorityだけに当てはまるものではないです。フランス人にとっての第一次世界大戦の激戦地はソンムではなくベルダンでした。ベルダンについては過去取り上げています。

過去記事でも書いていますが、ソンムやパッシェンデールの戦いではオックスフォードやロングマンの学習辞典でも丁寧に説明していたのに、ベルダンは見出し語になっていません。ソンムを訪れた時もイギリスから着たであろう観光バスが多かったです。

1917を見た後あれこれネットで調べている時に大変ためになるサイトを見つけました。


このサイトで第一次世界大戦の主要戦闘別の戦死傷者数比率を出してくれています。

table520_2.jpg

これを見ると犠牲者が桁違いですのでなぜイギリス人にとってソンムやパッシェンデール(表では第3次イーペル)が重要なのか、フランスにとってベルダンが重要なのかわかります。

これらの激戦地の犠牲者数って第二次大戦でも独ソ戦のスターリングラードやベルリンには及びませんが、それでも第二次大戦の激戦地のトップ10の上位に入る犠牲者数です。今でも特別な意味を持つのがこの数からでもわかります。

ソンムへはアラスという町から行ったのですが、その折に戦争の慰霊碑みたいなものがありました。そこではアルジェリア戦争に参戦した肉親に向けたものもたくさんありました。メンデスの祖父の話ではないですけど、近親者が戦った戦争は格別な意味を持つことでしょう。アルジェリア戦争でのフランスは今日本にいるYutaにとってはアルジェリアの独立を阻止する、拷問を厭わないフランスという悪役でしかないですが、このような地方の町から参戦していたんですね。だからと言って、あの戦いに対するYutaのフランスへの評価が変わるわけではないですが、なかなか複雑な気持ちになりました。
 

Sikh教徒もヨーロッパ戦線で戦っていた

 


1917の劇中、ターバンを巻いたSikh教徒の兵士が一人だけ登場するのですが、メンデスの祖父が西インド諸島のトリニダード出身だったのでそのあたりの意識があったのでしょうか。このシーンを場違いだ、無理やり多様性を詰め込もうとしているのようにコメントした俳優が謝罪する騒動があったようです。

24 January 2020

Laurence Fox has apologised for comments he made about the inclusion of a Sikh soldier in a World War One film.

The actor had previously referred to "the oddness in the casting" of a Sikh soldier in Sir Sam Mendes' movie 1917.

"Fellow humans who are Sikhs, I am as moved by the sacrifices your relatives made as I am by the loss of all those who die in war, whatever creed or colour," Fox tweeted.

"Please accept my apology for being clumsy in the way I expressed myself."

His original comments attracted widespread criticism and historians drew attention to the contribution of Sikhs in the British Army during World War One.

About 130,000 Sikh men took part in the war, making up 20% of the British Indian Army, according to the WW1 Sikh Memorial Fund.

同様に最後の方で黒人の衛生兵も登場するのですが、第一次世界大戦には多くの黒人兵士が参戦したものの歴史の中で取り上げられない状況を問題視している動画がありました。こんなに多く参戦していたとは驚きです。






歴史って語る主体が変われば、歴史の内容も見直しが迫られる良い例ですね。

 

holy unction

 


1917の映画を見てきました。メンデス監督の祖父が従軍したPasschendaeleの戦いが念頭にあるとされているそうです。過去ブログのイーペルの思い出でもこの戦いを取り上げましたが、1917という年号を見ればイギリス人は否応なしにこの戦いを連想しそうです。辞書の説明では20万人の英国兵士が戦死したとあるので、ニューヨークタイムズのコラムが書いていたように1600という兵士の数は少なく思えてしまいます。

(オックスフォード)
Passchendaele
a series of First World War battles (1917) fought near the small town of Passchendaele in Belgium. About 300 000 Allied soldiers and a similar number of Germans died, in terrible conditions.

(ロングマン)
Passchendaele
an important battle during World War I in 1917, in northwest Belgium, in which over 200,000 British soldiers were killed. It is remembered especially for the mud (=soft wet earth), which made the terrible conditions in which the soldiers lived and fought even worse.

防衛線をドイツが下げたという状況設定はもう一つの有名な激戦地ソンムの方が当てはまりますが、劇中、主人公の一人がソンムの戦いを生き延びたと言っていますので、ソンムではないことは確かです。それにソンムの戦いは1916年ですし。ただ映画のストーリ的にはこちらの防衛線を使いたかったため、またストーリー展開を比較的自由にするため戦地については1917というタイトルにして映画の中でもぼやかしたのかもしれません。

(オックスフォード)
the Battles of the Somme
two long battles that took place in the valley of the river Somme in northern France during First World War. In the first battle, which lasted from July to November 1916, more than a million British, French and German soldiers died. The second battle lasted two weeks in the spring of 1918, and almost half a million soldiers died. Very little ground or any other advantage was won by either side in these battles, which are considered among the most terrible in history.

(ロングマン)
Somme, the
a river in northeastern France, or the area close to this river where several important battles were fought during World War I. After five months of fighting, the British army had moved forward by just a few miles, and had lost hundreds of thousands of men. Because of this, the Somme is connected in people's minds with the terrible waste of life in World War I.



予告編で流れる歌が映画では出撃前に流れますが実際の戦場ではこのような哀調な歌を聞いたら尻込みして逃げ出してしまいそうです。ロングマンで紹介されていた軍歌はやはり軽快な歌になっています。



(オックスフォード)
the Siegfried Line
1. (in the First World War) a line of military defence set up by the Germans in Belgium and France
​2. (in the Second World War) the name given by the Allies to the German line of military defence between France and Germany. A song that was popular with British soldiers at the time began with the line, ‘We're gonna (= going to) hang out the washing on the Siegfried Line.’

(ロングマン)
Siegfried Line, the
a line of military defences that the German armies built on the Western Front during World War I and before and during World War II. There is a famous song which was sung by British soldiers that begins ‘We’re going to hang out our washing on the Siegfried Line...’

前振りが長引きましたが、本編も雑学知識みたいなものです。5分55秒あたりのところでウィスキーを振りかけながらThrough this holy unction may the Lordと言っています。この動画では途中で切れていますが、映画本編では以下のところまで言い終えています。

Through this holy unction may the Lord pardon thee whatever sins or faults thou hast committed.



こういうのは病者の塗油というようです。ジーニアスやウィズダムレベルの学習辞典では載っていませんでした。旺文社のOlexが載せていたのは文化的事項を重視しているからでしょうか。リーダースやランダムハウスが必要になるのはこういうところですね。

死に際だけでなく手術前など命の危険にさらされている場合にもこの儀式がなされるようです。1917の映画ではこれから主人公2人がNo man's landに乗り込むところなので、まさにぴったりの状況です。

(Oxfordネイティブ向け辞書)
Anointing of the Sick
(in the Roman Catholic Church) the sacramental anointing of the ill or infirm with blessed oil; unction.

(Wikipedida)
病者の塗油(びょうしゃのとゆ、ラテン語: unctio infirmorum[1]、英語: anointing of the sick)は、カトリック教会における七つの秘跡の一つ[2]。
古代から行われていた病者への塗油は、時が経つにつれて臨終にある者に対してのみ行われるようになったため、「終油(しゅうゆ)の秘蹟」と呼ばれるようになっていたが、第二バチカン公会議後の1972年には秘跡の由来と本来的な意味の見直しが行われ、対象を臨終の者に限らず行われる「病者の塗油」という名前に改められた[2]。
なお、カトリック教会では新約聖書の『ヤコブの手紙』5:13-16を論拠として、初代教会の時代からこの儀式が行われてきたと見なしている

Wikipediaにカトリックのやり方が載っていたのですが、そこでまさに映画で登場した文言が出ています。

(Wikipedida)
Anointing of the Sick in the Catholic Church

This is the form established for the Roman Rite through the papal document Sacram unctionem infirmorum of 1972. The form used in the Roman Rite in the preceding period included anointing of seven parts of the body (though that of the loins was generally omitted in English-speaking countries), while saying (in Latin): "Through this holy anointing, may the Lord pardon you whatever sins/faults you have committed by... ." The sense in question was then mentioned: sight, hearing, smell, taste, touch, walking, carnal delectation.

Youtubeのすごいところは、実際のAnointing of the Sickが見れるところ。画質は良くないですが、Jamesを読み上げているのがわかります。



ヤコブの手紙の5章13から16です。聖書協会共同訳とKing James Verson。日本聖書協会の聖書本文検索って、昨年でた聖書協会共同訳をもう検索できるようになっているのですね。五千円も出して買ったのに。。。ヤコブが英語ではJamesって知らないとピンとこないです。

あなたがたの中に苦しんでいる人があれば、祈りなさい。喜んでいる人があれば、賛美の歌を歌いなさい。 
Is any among you afflicted? let him pray. Is any merry? let him sing psalms.

あなたがたの中に病気の人があれば、教会の長老たちを招き、主の名によってオリーブ油を塗り、祈ってもらいなさい。 
Is any sick among you? let him call for the elders of the church; and let them pray over him, anointing him with oil in the name of the Lord:

信仰による祈りは、弱っている人を救い、主はその人を起き上がらせてくださいます。その人が罪を犯しているのであれば、主は赦してくださいます。 
And the prayer of faith shall save the sick, and the Lord shall raise him up; and if he have committed sins, they shall be forgiven him.

それゆえ、癒やされるように、互いに罪を告白し、互いのために祈りなさい。正しい人の執り成しは、大いに力があり、効果があります。 
Confess your faults one to another, and pray one for another, that ye may be healed. The effectual fervent prayer of a righteous man availeth much.



ハートで感じるには文法だけではなく、このようなことを共有しなければいけないというのがYutaの立場ですが、こういうのは資格試験のスコアアップには大して貢献できないんですよね。。。

 

こちらのメンデスの作品も

 


今週一週間は1917の監督サム・メンデスが演出した舞台リーマン・トリロジーが映画上演されます。

サム・メンデス演出

【ポイント】世界的な投資家リーマン一家が米国に移住した1844 年から2008年のリーマン・ショックが起こるまでの3世代にわたる栄光と衰退を描く舞台で、ナショナル・シアター上演時にはチケット完売を記録した注目作。主演の3人が約3時間にわたり、150 年以上にわたるリーマン家の歴史を演じ切る。
2020 年3月7日からはブロードウェイ公演も予定されている。



こちらがブロードウェイの告知動画。30秒ほどなのでちょうどTOEICのパート4の長さです。



Nederlander Theatre
The acclaimed epic weaving through two generations of bankers.
Tickets starting at $49.00
Buy Tickets
Tickets now on sale.
Performances begin on Mar 07, 2020. View Calendar

Story
Weaving together nearly two centuries of family history, this epic theatrical event charts the humble beginnings, outrageous successes, and devastating failure of the financial institution that would ultimately bring the global economy to its knees. The Lehman Trilogy, “a ticket worth selling your gilt-edged securities for” (New York Times), is the quintessential story of western capitalism, rendered through the lens of a single immigrant family.

 

アカデミー賞で一喜一憂する前に

 


明日のアカデミー賞では1917が作品賞を取ってもらいたいなというのがYutaの願望です。日本では今週末公開ですね。



ただ予告編やらYoutubeで見てると、綺麗にかっこよく撮りすぎているのではと少し心配です。そんな心配を文章化しているのが次のNew york timesのエッセイです。

World War I was a disaster, but Sam Mendes’s Oscar-nominated epic paints a dangerously misleading picture of the conflict.
By Cathy Tempelsman Ms. Tempelsman is a writer. Feb. 8, 2020

Yutaなりに強引にこのエッセイの肝をまとめると、1600名の兵士の命がかかっている伝令をめぐる話ですが、塹壕戦で命を落とした人数から考えると大海の一滴に過ぎないので、そこだけをクローズアップしていいことをした気になると第一次大戦の本質を見誤ることではないかという主張です。あとエッセイでは人の命をなんとも思っていない上層部のことも触れています。

In my research, I read chilling accounts of these attacks.

In ecstatic terms, Gen. Thomas Wynford Rees of Britain described the “marvelous advance” of his infantry brigade, “dressed as if on parade,” at the Battle of the Somme. Incredulous Germans watched the men walk — yes, walk — in long rows across open terrain — then proceeded to mow them down. To General Rees, the massacre was a “magnificent display of gallantry.”

On July 1, 1916, the first day of the Somme, there were nearly 60,000 British casualties (a third of them died). Five months later, the number rose to nearly 500,000, and a British general, Douglas Haig, finally ended the attack, but not before claiming that results “fully justify” the effort. He expressed no remorse for the loss of life.

In his book “The Myth of the Great War,” John Mosier describes this “slaughter of the infantry” as “almost exclusively a British achievement.”

Years later, Prime Minister David Lloyd George wrote that while General Haig “ordered many bloody battles in this war,” he took part in only two. Mr. George also noted an “inexhaustible vanity that will never admit a mistake.” It’s no wonder that General Haig was called “the butcher.”

Yutaの偏向ある戦争映画の見方かもしれまえんが、やはり戦争って嫌なものだなと心底思わせてくれるものを期待します。この作者のいうcreating emotional truthです。

I don’t expect Mr. Mendes to include every fact about the war. Almost by definition, historical drama is selective; we invent characters, we compress events.

But we do this in the interest of creating emotional truth. Mr. Mendes does the opposite. By disguising the brutal truths of the war, he sentimentalizes and even valorizes it — a war in which disregard for human life led to approximately 8.5 million military deaths around the world, and an estimated 21 million wounded.

ですからWe don’t need to feel better about World War I’s slaughter. We need to feel worse.と述べる作者にYutaは賛成です。まだ映画を見ていませんが。。。

“1917” provides escape from the true carnage of the “Great War.” Instead, it might have forced us to question the endless, inconclusive conflicts that have followed, and the butchery and sacrifice they inflict. We don’t need to feel better about World War I’s slaughter. We need to feel worse.

In a poignant image straight out of Shakespeare, Mr. Mendes’s grandfather is said to have washed his hands compulsively for the rest of his life because “he could never get clean” of the war. If we’re going to avoid the stain of endless, senseless wars in the future, we have to tell stories that focus on the horror, rather than false heroics and filmmaking feats of wonder.

ちょうど同じ時期に2年前に公開されていたピータージャクソンの第一世界大戦の映画が東京で見れます。こちらの方は塹壕戦の嫌さも戦争に参加した無意味さもしっかり描けていました。日本人は第一次大戦のヨーロッパ戦線に馴染みがないのでこういう映画も一人でも多くの人に見て欲しいなと思います。



戦争なんて心底うんざりだという思いがあったから、あの悪名高い「ミュンヘンの宥和」もあったのでしょうから、やっぱり綺麗に映画を撮っては欲しくないですね。

 

セレブに大人気のKOMBUCHA(コンブチャ)って?

 


海外ドラマで唯一はっきり聞き取れるのが日本語だったりします(苦笑)有名な聞き間違いの部類なのかもしれませんが、メモがわりに。

数年前のめざましテレビでやっていたようで、こういう知識を入れられるテレビは馬鹿にはできないですね。かつて「紅茶キノコ」と呼んでいたなんて知りませんでした。



2017.07.21

知らない方にとっては謎の多い「コンブチャ」についてご説明します。
さらに、ELLE café のこだわりが詰まったELLE café KOMBUCHA(コンブチャ)の特徴をご紹介。

コンブチャとは

初めてコンブチャを耳にした際、「昆布茶?」と驚いた方が多いのではないでしょうか?
その名の通り”昆布のお茶”を思い浮かべる方も少なくないかもしれませんが、実はそれとはまったくの別物。
コンブチャとは、お茶を発酵させてつくる植物性の発酵ドリンクです。

言い訳ですが、ビリオンズとかの海外ドラマだと日本関連のトピックが出るので、昆布茶のことかと思ってしまいました。コンブチャが出てきたのはサバイバー: 宿命の大統領のシーズン2-1でしたが。。。


 

日本関連の英語メディアは何がいい?

 
すでに知っている方も多いのかもしれませんが、英語学習界隈であまり話題になっていないので記事にしてみました。無料メディアに絞るならNHKとかJapan Newsになるのでしょうが、新聞系のサイトの中から選ぶならデジタル毎日もありかと思います。

というのもデジタル毎日だとウォール・ストリート・ジャーナル 読み放題もついて、年間購読なら月額700円になりお得です。


スタンダードプランでできること
有料記事 読み放題
ウェブ限定コンテンツ 読み放題
ウォール・ストリート・ジャーナル 読み放題
朝、昼、夕のニュースメール
将棋・囲碁動画中継

もちろん毎日新聞の英語版も読めますから、日本のニュースもフォローできコスパ的には最強だと思います。

ウォール・ストリート・ジャーナルは日本語版と英語版のどれも読めますので、海外ニュースに疎い方は日本語記事を中心に読めば海外ニュースにも強くなっていくでしょう。デジタル毎日のサイトからウォール・ストリート・ジャーナルのサイトに遷移があるので、そこだけ手間ですが、真っ当に払うとWSJは月額2,899円ですので、お得すぎる値段設定です。

プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR