fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

Web3.0とは

 


回収本騒ぎがありましたが、英語業界も他人事ではありませんね。TOEICを全く知らない人が教材作成に携わることはほとんどなくなりましたが、そこらへんの見極めは外側からは難しいものです。

Twitterで当該本のおかしいところを指摘していた人が何人もいましたが、IT関連は疎い自分だったら読み飛ばしていたかもしれません。

そこでWeb3について、ちょっと調べてみました。さすがはNew York Times丁寧に特集を組んでいました。暗号通貨との文脈で出てくる語のようです。Web1とWeb2の違いから説明してくれています。

I want to understand web3. But first, can you remind me what web1 and web2 were?

Sure. Web1, in the traditional telling, refers to the internet of the 1990s and early 2000s. It was the internet of blogs, message boards, and early portals like AOL and CompuServe. Most of what people did on web1 was passively read static web pages, and much of it was built using “open protocols” like HTTP, SMTP and FTP. (Don’t worry about what those things are — just know that an open protocol is a piece of web infrastructure that isn’t owned by a single company, and that the concept of open protocols is going to reappear a few sentences from now.)

Web2, the story goes, was the next phase of the internet, starting around 2005 or so — the one characterized by social media behemoths like Facebook, Twitter and YouTube. In web2 (or Web 2.0, as it was usually called then), people began creating and posting their own content, actively participating in the internet rather than passively reading it. But most of that activity ended up being distributed and monetized by big companies, which kept most, if not all, of the money and control for themselves.

Web3, the story goes, will replace these centralized, corporate platforms with open protocols and decentralized, community-run networks, combining the open infrastructure of web1 with the public participation of web2.

最新の動きに疎いと次のような記事があるとなぜか安心してしまいます。WSJは英語と日本語を相互に参照しやすいので便利ですね。

Users and investors are re-evaluating token-based companies amid the broader cryptocurrency downturn
Web3ブーム崩壊の足音、仮想通貨暴落で道連れ
By Berber Jin 2022 年 7 月 12 日 04:18 JST

The cryptocurrency rout has spread to startups that offer users digital tokens, pushing down digital asset prices and driving away hordes of users.
暗号資産(仮想通貨)暴落の影響がデジタル資産を介したサービスを提供するスタートアップ企業にも広がってきた。

The startups—part of what has been called Web3—allowed users to play virtual games and collect digital assets, and the companies’ growth was hinged on interest from people eager to wade into blockchain-based assets. The broader cryptocurrency downturn this year is causing a downturn in users in many Web3 companies, and players and investors are re-evaluating the utility of token-based business models.
 これらのスタートアップ企業は、ブロックチェーン(分散型台帳技術)技術を用いたサービスを提供する「Web(ウェブ)3」の一端を形成する。ユーザーは仮想ゲームをプレーしながら、トークンなどデジタル資産を手に入れることができる仕組みだ。ブロックチェーンを基盤とする資産に人々がどれほど関心を抱くかが、これら企業の成長を左右する。今年に入って仮想通貨がほぼ全面的に売り込まれていることで、ウェブ3企業の多くも苦境に追い込まれた。こうした中、ユーザーや投資家の間ではトークンに基づく事業モデルの有効性を見直す動きも出てきた。

NYTの記事に戻りますが、そうは言っても最近よく耳にするようになっているのは、資金も人も集まりつつあるからだそうです。

Why are so many people talking about web3 all of a sudden?
Part of it is the usual cocktail of hype, marketing and fear of missing the next big thing.

But the web3 boom also reflects the amount of capital, talent and energy pouring into crypto start-ups on the heels of a yearslong crypto bull market. Venture capital firms have put more than $27 billion into crypto-related projects in 2021 alone — more than the 10 previous years combined — and much of that capital has gone to web3 projects. Some big tech companies, such as Twitter and Reddit, have also started experimenting with their own web3 projects.

And the industry has become a magnet for tech talent, with many employees of big tech firms quitting cushy, stable jobs to go seek their fortunes in web3.

胡散臭そうという先入観でノーマークだったのですが、野次馬的な好奇心で少し学ばせてもらいました。

スポンサーサイト



 

Hasta la vista, babyの裏の意味?

 


こちらのTBSのYoutubeのオリジナルにいけば、解説部分で対訳形式でスピーチを確認できます。
お別れの状況ではsign offなんて動詞が使われるようで、このあたりは実際の用例に馴染んでないと使えない表現ですね。

British Prime Minister Boris Johnson signed off his final appearance before Parliament with the mic drop statement, “Hasta la vista, baby.”

Boris Johnson declared “mission largely accomplished, for now” before signing-off his final Prime Minister’s Questions by telling MPs: “Hasta la vista, baby.”

(ウィズダム)
sign off
(2) (くだけて)(別れの言葉や音楽と共に)放送を終える; (長い間やった後)終える, やめる.

(コビルド)
sign off
 PHRASAL VERB
If someone signs off, they write a final message at the end of a letter or they say a final message at the end of a phone conversation. You can say that people such as entertainers sign off when they finish a broadcast.
▶ O.K. I’ll sign off. We’ll talk at the beginning of the week. [V P] 

ジョンソン首相のHasta la vistaには何か裏の意味があるのではという書き方をしたのは、Twitterで過去のこんなことを知ったから。ただし今回の裏の意味については推測しているものも含めて見つけることができませんでした。

有名なのが以下の発言だそうで、趣味でワインの空き箱を使ってバスの模型を作っているとおかしなことを言っています。



Brexitの時のバスといえば、知らない人にはピンとこないかもしれませんので、以下のようなものです。

しかし今回の離脱派の広告は、おあとがよろしくないようだ。ポスターやバスにも印刷されていた「EUに費やしている3.5億ポンドをNHSに使う」という公約ともとれるキャッチコピー(写真参照)に対し、投票後に前出のファラージ元党首は、自分は約束したつもりはない、と言い始めた。そればかりか、そもそも3.5億ポンドをEUに使っているという試算が間違えているという話にまで問題は広がっている。

そんな発言の裏の意味は、Google検索でこのバスの広告の失態をでないようにするためにヘンテコな趣味を語ったのではと見られているようです。そのような記事はいくつも見つけられます。

PM’s talk of being ‘distracted by cheese’ when working from home could be a clever way to manipulate search results
Gareth Morgan 17 June 2022, 12.00am

Model bus vs Brexit bus
Two years ago, rumours started appearing in the SEO world about how Boris might be trying to manipulate Google rankings for his own good.

A few people within the digital marketing community started asking if the bizarre answers he was giving in interviews were actually cleverly calculated messages – ones that can change the online narrative and alter the results that future search engine users see when researching him.

When he talked to an interviewer about painting wine boxes to look like model buses, most people laughed or rolled their eyes. But in just this one interview he pushed many old news stories down the search engine results. Stories about the £350m-for-the-NHS Brexit bus, and his fight with Carrie that resulted in a wine-soaked sofa, as well as ones about his affair with a former model all became less prominent.

まあ、今でもGoogle検索すれば、EU離脱キャンペーン時のバスが出てくるので効果の程はわかりませんが、ダメージコントロールは政治家としてはやっておきたいことなのかもしれません。
 

rarest

 

補足 AFPだと貼り付け動画が見られないので、ロイターに変えました。
AFPは首相官邸でしたが、こちらは横田基地でしょうか。後半にこのブログで取り上げた言葉を言っています。ただし、ロイターの方はwe saw in him something rare.となっています。

ブリンケン国務長官が来日した際のコメントです。故人を讃える表現として比較級最上級を使っています。when one friend is hurting, the other friend shows up.なんてのもサラッと言えたらカッコいいですね。

"I'm here because the United States and Japan are more than allies; we are friends. And when one friend is hurting, the other friend shows up."

"He had the rarest of quality. A man of vision with the ability to realise that vision"

英語の場合は、このように大げさすぎるくらいの方がちょうどいい気がします。

(英辞郎)
He achieves that rarest of feats in the translation of poetry. 
彼は詩の翻訳という世界の中で類いまれな偉業を成し遂げる。

ただrareの最上級ですから通常の場合はよっぽどのことがない限り使えそうもないです。わかりやすい例は大谷選手ですね。

Tremendous amounts of hype accompanied Ohtani’s arrival in Major League Baseball. Here was the rarest of players: an overwhelming pitcher who could also dominate with the bat. 

もう一つの例は、左右両投げというスイッチピッチャーの紹介で使われていました。

Ambidextrous Nashville Sounds pitcher Pat Venditte has the rarest of MLB skills.

右利きや左利きはrigh-handed、left-handedで良いのですが、両利きだとambidextrousという難しい語になるんですね。



 

日本の重要性

 
今回の記事は、アメリカなどの海外メディアの中継場所を見ることで、相手側の日本の重要度を測ってみようというものです。痛ましい事件の内容そのものには触れませんのでご留意ください。

結論から言うと、東京支局を置いているアメリカメディアはほとんどないのではということでした。メディア側の予算が厳しいのと日本の国力が低下していることの両方が原因でしょうか。



まずはアメリカ三大ネットワークのNBCの報道番組、今回の事件はトップニュースですが、記者は北京から中継しています。今、どれだけの海外メディアが東京に支局を設けているのでしょうか?

CNNもこちらは台北から記者が報じています。

もっと顕著だったのは、ABCニュース。こちらはロンドンからの中継です。これだったら中継してもしなくても同じような気がします。これだと取材リソースを割いていないでしょうから、報道の質は期待できないと感じます。



海外メディアでよく見られるのは、中継ではなく、記者の自宅らしきところから報じるものです。こちらの場合、現地の国から報じられますが、中継費用は抑えられますね。記者ではなく識者のケースが多そうなので、こちらも取材は期待できないものでしょう。



一方、奈良の事件現場で中継しているメディアもありました。BBCとオーストラリアのABCです。BBCの報道が信頼を置かれているは、こういうところにあるのかもしれません。オーストラリアは意外でしたが、日本を重要な国と認識しているのでしょうか。





プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR