fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

TOEICkerの正体

 
Morite2さんや加藤さんから始まり、TommyさんやHUMMERさん、そして、それに続く熱心なTOEIC学習者に共通することは数年後に教える側に回っていることですね。正体というより自然な流れなのかもしれません。ですから、現状ではTOEICkerとは単にTOEIC講師の卵だとして問題ないかもしれません。教えるという立場になった以上、TOEICの高度で細かな知識が要求されるようになりますのでますますTOEICをやりこむことになっていきます。

そこそこの実力しかない人たちが教える側に回っている、回ろうとしていうる状況というのは、何も英語学習業界に限った話ではないようです。以下の本の前書きでは、読者数よりも作家数の方がおおくなってしまうのではないかというアメリカの状況を伝えています。日本でも文学雑誌が文学賞を募集すると、発行部数よりも多い応募数があるという笑えない笑話も耳にします。まあ、ろくに本を読まない英語教師による「つながり」や「まとまり」という流行の言葉もこれに近いものを感じます。




Best American Short Stories 2014Best American Short Stories 2014
(2014/10/07)
不明

商品詳細を見る


ハフィントンポストにこの本の前書きを改変したものがありました。Adapted from the forward by Heidi Pitlor from THE BEST AMERICAN SHORT STORIES 2014.と断り書きをいれています。

Heidi Pitlor
When Writers Outnumber Readers

Posted: 10/09/2014 8:40 am EDT Updated: 12/09/2014 5:59 am EST

本の前書きはGoogle Bookで読めます。

Sometimes it seems as if the aspiring--and financially well enough endowed-- writer is offered more than the reader in this country. For the young writer, there are a fast-growing number of MFA programs, fellowships, summer workshops, residencies, creative writing centers, books that teach about writing and traditional publishing. For evidence of the opportunities for and widespread desire to write, note the sheer number of blogs that populate the Internet, Facebook and Twitter (where everyone is a published writer, at least within the confines of a status update or tweet), the army of the self-published and the army of books about how to self-publish.

作家を希望するのは別に悪いことではないとしながらもこの流れだと行き着く先はa nation of attention-seeking performers with no audienceだと心配しています。

There is, of course, nothing wrong with wanting to write and seeking help in that endeavor. I am the proud owner of an MFA, a shelf full of books about how to write fiction, how to get published, memoirs by fiction writers, and at least a dozen story anthologies that I bought before I was lucky enough to land my job. But what happens if and when the number of writers begins to outnumber the readers? What happens when writing becomes more appealing to more people than reading? Will we become--or are we already--a nation of attention-seeking performers with no audience?

まずは読者をしっかりと増やしていくしかないと自身の取り組みを紹介したりしています。

We--editors, writers, publishers, all of us--need to do whatever we can to help enliven readers, to help create communities for them if we want to continue to have readers at all. Our independent bookstores are the front lines and many booksellers are fighting the good fight. Here, books stimulate conversation. Conversation stimulates a sense of community. Listening happens. Thinking. The exchange of thoughts.

まずは読むことをしないとa crucial part of us will witherになると警告を発しています。

But we all know the drill: if we only eat candy, if we cultivate our friendships and relationships primarily online, if we forget to walk to town sometimes instead of drive, a crucial part of us will wither. You don't have to read all the books on your list at once. Just pick up the one that grabs you right now, fiction or nonfiction or self-help or whatever. If you don't love it, put it down. Move on.

TOEICを教える側に回るとTOEICの勉強を最優先しなければいけなくなるのでやむをえないでしょう。ただ、もし普通に英語の本を読めるようになりたいという人は、早めに取り込まないと10年経っても読めるようにはなれません。まず本を手にして、開くことから始めるしかないんですよね。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR