fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

(続)雑誌Monocleが日本特集

 
オサレな雑誌ということで、代官山の蔦屋書店でMonocleを買ってきました。池袋リブロの客層は普通ですが、こちらはやはり違いますね。洋書に関してはお飾り程度の品揃えですので、Yutaとしてはわざわざ訪れることはなさそうです。。。Monocleの日本特集は広範囲に渡っているので、英語学習者としては抑えておいていいかもしれません。ありがたいことに一本の記事が短いのがほとんどで、写真もふんだんに使っているだめ英語力はそれほど要求されません。

やはり、裕福で、ファッションやグルメに興味がある読者を想定しているのでしょうね。例えが古いですが石田純一みたいです(苦笑)面白い切り口の記事はありますが、骨太の内容は期待できません。

その証拠に3月号なのに「福島」については華麗にスルーしています。まあ、こんな深刻な問題を前にすればファッションやグルメなんてのんきなことを言えないし日本に旅行しようとも思ってもらえないですから、自粛しているのではと毒づきたくなります。まあ、オサレと無縁なおっさんのひがみですね。。。

福島関連としては2月号のScientific Americanで避難地区でのBarn Swallowの生態調査をしている科学者のティモシー・ムソーさんが紹介されていまいた。チェルノブイリでの生態調査もされていて、野生動物にも放射能の影響が出ていることを明らかにした方のようです。

4 Years after the Meltdown, Investigating Fukushima’s Ecological Toll
We know surprisingly little about what low-dose radiation does to organisms and ecosystems. Four years after the disaster in Fukushima, scientists are beginning to get some answers
By Steven Featherstone

• In the nearly three decades since the Chernobyl nuclear disaster, a consensus has emerged that the flora and fauna of the contaminated region have fared surprisingly well despite long-term exposure to background radiation.
• Yet this consensus is based on very limited data. Our understanding of the effects of low-dose radiation on living things remains incomplete.
• The meltdown at Japan's Fukushima Daiichi reactor four years ago provided another chance to study these effects. The first results suggest that fallout from Fukushima has harmed the biota in ways we are just beginning to see.


定期購読者しか読めないサイトなので、紹介は最低限します。Barn swallowが選ばれる理由に触れているところです。

Barn swallows are ideal scientific subjects because they are philopatric, meaning the birds tend to return to breed in the same locations over a lifetime. Much is already known about them under normal conditions, and they share similar genetic, developmental and physiological characteristics with other warm- blooded vertebrates. The barn swallow is the proverbial canary in the coal mine, except the coal mine in question is radioactive. Mousseau counted about a dozen old nest “scars,” crescent-shaped blots of mud plastered under eaves, but not one new nest.

The barn swallow is the proverbial canary in the coal mine, except the coal mine in question is radioactive.という表現ですが、canary in the coal mineに関してアメリカを読む辞書というサイトで詳しく説明してださっています。驚くことにイディオムとして紹介していない辞書が多数派なんですね。やはりこういう感覚をつかむには多読の必要性を感じます。

(英辞郎)
treat ~ as a canary in a coal mine
~を警告[炭鉱のカナリア]として扱う


(Wikipedia)
canary in a coal mine
An allusion to caged canaries (birds) that miners would carry down into the mine tunnels with them. If dangerous gases such as methane or carbon monoxide leaked into the mine, the gases would kill the canary before killing the miners, thus providing a warning to exit the tunnels immediately.


Barn swallowって知らなかったですが(汗)、ちゃんと日本語でなんというか触れてくれいているところです。

Police stopped Mousseau's car every day to scrutinize his permits. The only thing I understood during these tense exchanges was tsubame, the Japanese word for “barn swallow.” The utterance of tsubame was usually followed by puzzled smiles. Barn swallows are omens of good fortune in Japan. Many people nail little wooden platforms over the doors of their houses to attract the birds. In the zone, the platforms, like the houses, were all empty.

まだ原因を解明しようとしているところのようですが、チェルノブイリよりも福島の方が2倍の死亡率と語っていたのが気になります。チェルノブイリのツバメの方が耐性があったからかもしれないと推測していましたが。。。

ムルソーさんは、昨年夏に日本外国特派員協会で会見していたようです。



1999年よりムソー教授と共同研究者 (アンダース・ペイプ・モラー教授、Paris-sud 大学) は、ウクライナのチェルノブイリ原発事故により放出された放射性物質が、鳥類、昆虫類、そして人間におよぼす生態的また進化的影響を研究されています。これらの研究より、多様な植物や動物種は、チェルノブイリ原発から放出された放射性物質を浴びることで生物細胞内の遺伝子突然変異率が増加し、その結果、遺伝的荷重を負うことによって様々な負の影響を受けていることが明らかになりました。例えば、ツバメ(Barn swallow, Hirundo rustica) は、この遺伝的荷重により、生育や産卵、そして生存に負の影響を受けていることが明らかになりました。また、個体レベルそして個体群レベルで受けるこれらの負の影響は、周辺地域の生物群集に多大な影響をおよぼしている事が分かりました。ムソー教授は現在、なぜ放射性物質により受ける影響が他種間で異なるのか、その要因を明らかにするために研究を行っています。また、このチェルノブイリでの研究経験を生かし、現在日本の福島原発により放出された放射性物質が動・植物相にどのような影響をおよぼすのか、その研究調査を開始しました。

この記事で知ったのですが、蝶の生態について研究している科学者たちもいるようです。

The biological impacts of ingested radioactive materials on the pale grass blue butterfly
• Chiyo Nohara, Atsuki Hiyama, Wataru Taira, Akira Tanahara & Joji M. Otaki
Scientific Reports 4, Article number: 4946 doi:10.1038/srep04946
Received 17 January 2014 Accepted 22 April 2014 Published 15 May 2014

A massive amount of radioactive materials has been released into the environment by the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident, but its biological impacts have rarely been examined. Here, we have quantitatively evaluated the relationship between the dose of ingested radioactive cesium and mortality and abnormality rates using the pale grass blue butterfly, Zizeeria maha. When larvae from Okinawa, which is likely the least polluted locality in Japan, were fed leaves collected from polluted localities, mortality and abnormality rates increased sharply at low doses in response to the ingested cesium dose. This dose-response relationship was best fitted by power function models, which indicated that the half lethal and abnormal doses were 1.9 and 0.76 Bq per larva, corresponding to 54,000 and 22,000 Bq per kilogram body weight, respectively. Both the retention of radioactive cesium in a pupa relative to the ingested dose throughout the larval stage and the accumulation of radioactive cesium in a pupa relative to the activity concentration in a diet were highest at the lowest level of cesium ingested. We conclude that the risk of ingesting a polluted diet is realistic, at least for this butterfly, and likely for certain other organisms living in the polluted area.


こういう地道な研究をされている科学者の方々に心から感謝します。昨日の地球温暖化懐疑論者とはえらい違いです。


スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR