fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

Poetic Diction

 

Poetic Diction: A Study in Meaning (Wesleyan Paperback)Poetic Diction: A Study in Meaning (Wesleyan Paperback)
(1984/12)
Owen Barfield

商品詳細を見る


トールキンのBeowulfで積ん読になっていたPoetic Dictionを読み始めました。以下の伊藤先生の講演で知ったものです。

ファンタジーの始めに「言葉ありき」:指輪物語の『神話学』入門 レポート
投稿日: 2014年7月20日 作成者: 日比谷カレッジ

次に、『ナルニア国物語』著者C.S.ルイスの友人オーウェン・バーフィールドの『詩語』を紹介し、言葉は時代を経るにつれて分化していくものである、という考え方にトールキンは影響を受けたと先生は語ります。
トールキンにとって神話とは、今よりも幾つもの意味を内包しつつ元の純粋な意味を保持していた言葉で書かれたものだったのではないかと、後世の人間に風・息・霊などの意味に分化して理解されるようになったギリシャ語のpneuma(ラテン語 spiritus)を例に話されました。


この本の結論部分で、分析的知性に対抗してLiving Poetryが語られている部分です。知の縦割りでないものを神話に求めたということでしょうか。

The Meaning of life is continually being dried up, as it were, and left for dead in the human mind by the operation of a purely discursive intellectual activity, of which language -- builded, as it is, on the impact of sense perceptions -- is the necessary tool. This discursive activity is inseparable from human self-consciousness, out of which it would kill, alike the given Meanings of which language, at its early stages, still retains an echo, and the meanings which individual poets have inserted into it later by their creative activity in metaphor. 'Language', wrote Emerson, in a flash of insight which covers practically all that has been written in these pages, 'is fossil poetry.'
Living poetry, on the other hand – the present stir of aesthetic imagination – lights up only when the normal continuum of this process is interrupted in such a manner that a kind of gap is created, and an earlier impinges directly upon a later – a more living upon a more conscious.


この本は1920年代の本ですが、以前紹介させていただいたことのあるベルグソンの「哲学入門」An Introduction to Metaphysics (introduction a la metaphysique)の一節を思い起こさせるものでした。時代の雰囲気のようなものがあったのでしょう。日本語訳は岩波文庫からです。

人がよく絶対と無限とを同一に見ているのも、もちろん同じ理由による。ギリシア語を知らない人にホメーロスの詩の一句が私に与える単純な印象を伝えようとすれば、まずその句を翻訳し、次に私の翻訳を注釈し、次に私の注釈を敷衍し、説明に説明を重ねて私は次第に表現しようと思っているものに近づいていくが、いつまでたってもそれに到達しはしない。(中略)
その結果、絶対は直観のうちにしか与えられず、ほかのすべては分析の領分に入ることになる。私がここで直観と呼ぶのは、対象の内部に身を移すための同感のことで、それによってわれわれはその物の独特な、したがって表現のできないところと一致するのである。ところで、分析というはたらきは、対象を既知の、すなわちその対象とほかの物とに共通な要素に帰するものである。つまり分析とは一つの物をその物でないものと照らし合わせて〔函数関係において〕表現することになる。してみると、分析は翻訳、記号による説明、次々にとった視点からする表現〔表象〕であって、それらの視点から今研究している新しい対象とすでに知っているつもりのほかの対象との接触を記述するのである。分析がそのまわりを回っているほか仕方がない対象を抱きしめようとして永遠に満たされない欲求をもちながら、いつまでも不十分な表現を十分にするために限りなく視点の数をふやし、いつまでも不完全な翻訳を完全にするためにさまざまな記号を使っていく。そこで分析は無限に続く。しかし、直観は、もしも可能だとすれば、単純な行為である。

It is doubtless for this reason that the absolute has often been identified with the infinite. Suppose that I wished to communicate to some one who did not know Greek the extraordinarily simple impression that a passage in Homer makes upon me; I should first give a translation of the lines, I should then comment on my translation, and then develop the commentary; in this way, by piling up explanation on explanation, I might approach nearer and nearer to what I wanted to express; but I should never quite reach it. (中略)
It follows from this that an absolute could only be given in an intuition whilst everything else falls within the province of analysis. By intuition is meant the kind of intellectual sympathy by which one places oneself within an object in order to coincide with what is unique in it and consequently inexpressible. Analysis, on the contrary, is the operation which reduces the object to elements already known, that is, to elements common both to it and other objects. To analyze, therefore, is to express a thing as a function of something other than itself. All analysis is thus a translation, a development into symbols, a representation taken from auccessive points of view from which we note as many resemblances as possible between the new object which we are studying and others which we believe we know already. In its eternally unsatisfied desire to embrace the object around which it is compelled to turn, analysis multiplies without end the number of its points of view in order to complete its always incomplete representation, and ceaselessly varies its symbols that it may perfect the always imperfect translation. It goes on, therefore, to infinity. But intuition, if intuition is possible, is a simple act.


この一節は好きなんですよね。


分析がそのまわりを回っているほか仕方がない対象を抱きしめようとして永遠に満たされない欲求をもちながら、いつまでも不十分な表現を十分にするために限りなく視点の数をふやし、いつまでも不完全な翻訳を完全にするためにさまざまな記号を使っていく。そこで分析は無限に続く。しかし、直観は、もしも可能だとすれば、単純な行為である。

In its eternally unsatisfied desire to embrace the object around which it is compelled to turn, analysis multiplies without end the number of its points of view in order to complete its always incomplete representation, and ceaselessly varies its symbols that it may perfect the always imperfect translation. It goes on, therefore, to infinity. But intuition, if intuition is possible, is a simple act.


特に英語学習だと、語彙、文法、学習法など、分析的な方法ばかりがもてはやされています。それに、文学は読まなといっている人がしたり顏で「つながり」だの「まとまり」だのを語られてもねえ、という感じです。わからなくてもいいから、途中で挫折してもいいから、自ら体験してみる、そんな方向性があってもいいんですよね。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック

月別アーカイブ


FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR