fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

読売新聞が気合入っている

 
読売新聞が戦後70年特設サイトを開設しているのを知りました。気合が入っているなと思ったのは、同じ内容の英語版も作成していることです。まあ、ベースとなる書籍の翻訳版はすでにあるので、英訳の手間はそれほどなかったのかもしれませんが、外国の方も見れるように英語版を作成した開かれた態度は素晴らしいと思います。英語学習者としても役立てたいところです。


検証 戦争責任

From Marco Polo Bridge to Pearl Harbor:Who was responsible?

英語版のタイトルは単純にExamining war responsibilityとするのではなく、From Marco Polo Bridge to Pearl Harbor:Who was responsible?と英語の読者に訴えられるようなタイトルになっていますね。想定する読者が変われば、訴える方法も変える必要があることの一例ですね。

最初の部分を勝手ながら、日英併記にしてご紹介します。今の所、序章と第一章だけしか公開されていないようですが、大変気合の入ったウエブサイトになっています。

なぜ『検証 戦争責任』を再公開するのか
Why now is the time to revisit our series on examining responsibility for the war

 今年は戦後70年の節目の年にあたり、戦前・戦中に関する歴史認識について国内外で話題にのぼる場面が増えてきている。
As 2015 marks the 70th year since the end of World War II, there are increasing opportunities at home and abroad to address the subject of how to view Japan’s prewar and wartime history.

安倍首相は今夏に首相談話を出す予定である。戦後50年の村山首相談話、戦後60年の小泉首相談話で示された過去への反省を継承しつつ、戦後70年の平和国家としての歩みを踏まえて、国際協調主義や積極的平和主義といった「未来志向」のメッセージを国内外に発信する内容になる見通しという。
Prime Minister Shinzo Abe is scheduled to issue a statement this summer as the nation’s top political leader. While mindful of Japan’s soul-searching on its wartime past as demonstrated 50 year after the war’s end in a statement by then Prime Minister Tomiichi Murayama as well as on the 60th anniversary by then Prime Minister Junichiro Koizumi, the forthcoming statement by Prime Minister Abe is expected to deliver Japan’s messages both at home and overseas centering around such “future-oriented” principles as international cooperation and proactive contribution to peace, on the basis of the path the nation has followed in the seven decades since the war as a peace-loving country.

 未来志向の談話の前提として、戦前・戦中に対する反省をしっかりと踏まえる必要があることは言うまでもない。
Needless to say, it is a prerequisite for a future-oriented discourse to properly take into account our reflection on Japan’s conduct before and during the war.


読売新聞社はちょうど10年前の2005年、渡辺恒雄グループ本社会長・主筆の提唱により、社内に「戦争責任検証委員会」を設置した。検証委員会は、満州事変から日中戦争、太平洋戦争に至る原因や経過、さらには当時の政治・軍事指導者たちの責任の所在について検証作業を行い、約1年かけて本紙紙面に特集記事の形で掲載した。紙面に掲載された内容は、06年に中央公論新社から『検証 戦争責任』と題して書籍化され、その後、英語版と中国語版も刊行されている。
In 2005, just 10 years ago, The Yomiuri Shimbun established an in-house investigative panel ― the War Responsibility Reexamination Committee ― to address this task, following a proposal made by Tsuneo Watanabe, chairman of the board and editor-in-chief of The Yomiuri Shimbun Holdings.
The panel explored the Manchurian Incident and the subsequent expansion of conflict into the Sino-Japanese War that eventually led to the outbreak of the Pacific War, while it also reexamined the responsibility of the war era’s political and military leaders.
The findings of the reexamination were published, over a period of about one year, in the form of special feature articles in The Yomiuri Shimbun. The articles carried in the newspaper were compiled into a book, “Kensho: Senso Sekinin” (Examining war responsibility), published by Chuokoron-Shinsha, Inc. in 2006. Later, English and Chinese editions were also published.

 あれから10年。ふたたび歴史認識をめぐる議論が活発になっているときだからこそ、読売新聞社が『検証 戦争責任』で指摘した内容をウェブ上で再公開することは、戦後70年を考えるうえで有益な素材を提供することになると考え、ここに特設サイトを設けることにした。
Ten years have passed since then. With the discussion of how to view history intensifying again, The Yomiuri Shimbun believes that once again making public what we pointed out in this book will provide the public with useful food for thought concerning the 70 years since the end of the war. With this belief, we have established a special website for the book.

 『検証 戦争責任』の再公開によって、歴史問題に関する議論が深まり、実りあるものとなることを期待する。
We hope our making the book public once again on the website will help the public discussion on historical issues become deeper and more fruitful.
April 2015


幸い『検証 戦争責任』の英訳版を近くの図書館が所蔵しているので、借りにいってみようと思います。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック

月別アーカイブ


FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR