fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

Les Mots et les images

 
マグリット展に行ってきました。このブログでは日本語と英語は語義が1対1対応しないケースがあることを指摘することがあります。もしそれを推し進めて考えてみると、そもそも言葉と事物が1対1対応するのか、そのようなことを当然と考えるのはおかしいのではないかという方向性になってしまいます。日常生活を送る上でそんなことを言い出すと面倒くさい人になってしまいますね(滝汗)マグリットの芸術はあえてそのような結びつきを考えようとしているのかもしれないなと展覧会を見て感じました。まず『人間の条件』という絵画です。動画だと3分30秒あたりから。コメントはマグリット本人のものとして紹介されていたものです。正確な日本語は忘れたのでYutaがざっくりつけました。



In front of a window seen from inside a room I placed a picture representing exactly that part of a landscape which was masked by the picture. In this way a tree represented in this picture hid the tree standing behind it, outside the room. For the spectator the tree was at one and the same time in the room—in the picture—and, by interference, outside the room—in the real landscape. This is how we see the world: we see it outside ourselves and yet we have only a representation of it inside ourselves. In the same way, we sometimes situate in the past a thing which is happening in the present. So time and space are freed from the crude meaning which is the only one allowed to them in everyday experience.2
部屋の内側から見た窓の前に、絵を置きました。この絵はそれ自身が隠してしまっている風景のその部分を表しています。これによって、この絵に描かれた木は部屋の外で、絵画の裏側に立っている木を隠すことになります。鑑賞者にとっては一つのもので、絵画として部屋にあるのと同時に、妨害されながらも部屋の外に実際の風景のなかにあるものなのです。これが私たちの世界の見方です。私たちの外側に見いだすのですが、私たちの内側にしか表現はありません。同様に、現在起きているものを過去に位置付けることがあります。時間と空間は日常の経験ではたった一つのものでしかないありのままの意味から自由になっているのです。



パイプの絵を描いておきながらCeci n'est pas une pipe(これはパイプではない)とした絵が有名ですが、そのあたりのズレを考えたLes Mots et les images(The Words and the Images)というのがあるようで、英語に訳してくれているものがありました。まずリンク先のイラストを見てから下記の英訳を見るとよいかもしれません。

René Magritte | Les Mots et les images, La Révolution surréaliste, n°12, Décembre 1929

English 430: Literature & the Visual Arts

Les Mots et les images is key to understanding Magritte so here’s the translation of what was written (start reading at the top of the leftmost column and read down then go to the middle column, etc.):

Column 1:
1 As object is not so linked to its name that we cannot find a more suitable one for it.
2 Some objects can do without a name.
3 Often a word is only self-descriptive
4 An object encounters its image, an objects encounters its name It can happen that the object’s name and its image encounter each other
5 Sometimes an object’s name can replace an image.
6 A word can replace an object in reality.

Column 2:
1 An image can replace a word in a statement
2 An object makes one suppose there are other objects behind it.
3 Everything leads us to think that there is little relation between an object and what it represents.
4 Words that serve to designate two different objects do not reveal what can separate these objects from each other.
5 In a picture, words have the same substance as images.
6 In a picture we see images and words differently.

Column 3:
1 An undifferentiated form can replace the image of an object.
2 An object never performs the same function as its name or its image.
3 Now, in reality the visible outlines of objects touch each other, as if they formed a mosaic.
4 Vague figures have a necessary meaning that is as perfect as precise figures.
5 Written words in a picture often designate precise objects, and images vague objects.
Or the opposite.


以下のブログでは1つずつ考察してくれています。

Beautiful Theology
The seminar begins with Magritte’s “Words and Images” at this page. It continues with Scott McCloud’s Understanding Comics on this page.

『傑作もしくは地平線の神秘』という作品についての彼自身のコメントでも似たようなことを考えています。リンク先の雑誌Lifeのマグリットの記事はオススメです。展覧会でもこの雑誌のコメントを使っていました。

And then there are paradoxes. For instance, when a man thinks about the moon, he has his own idea of it, it becomes his moon. So I did a painting showing three men, each with his own moon over his head. Yet we know there is really only one moon. This is a philosophical problem – how to divide the unity. The world is a unity and yet this unity can be divided. This paradox is so prodigious that it is a masterpiece, so I call my picture The Masterpiece or The Mysteries of the Horizon’

そこに逆説があります。例えば、一人の男が月を思い浮かべている時、月について彼独自の考えがあるので、彼自身の月となります。だから、私の描いた絵では3人の男がそれぞれ各自の月を思い浮かべているのです。でも、実際にはたった一つの月しかありません。これは哲学的な問題です。単一なものをどのように分けるのでしょうか。世界は単一ですが、この単一なものは分けることができます。この逆説は驚くべきもので、傑作と言えるものです。だから、この絵画に『傑作あるいは地平線の神秘』と名付けたのです。

普通の感覚だとちょっと何言っているのかわからないとなるかもしれませんね。。。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR