fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

(再掲)ボウイの100冊

 
私の場合は80年代のU2のような社会派ロックで始まりそこで時間が止まってしまった人間なのでボウイのことはあまり馴染みがないのですが、2013年に以下のような記事を書いたので再掲させていただきます。



新潮クレスト・ブックス+海外文学編集部のツイッターで知った情報です。デヴィッド・ボウイの展覧会がカナダで開かれているようです。そこで彼の愛読書100冊が紹介されているというのです。ジョージ・オーウェル好きのようで、3冊も選ばれているようです。彼が1日に1冊読むほどの読書家とは知りませんでした。。。

From Homer to Orwell: David Bowie's 100 favourite books revealed
See the full list, as well as our picks from the musician's favourite titles
ADAM SHERWIN
TUESDAY 01 OCTOBER 2013

The “Bowie’s 100 books” list was sent to the exhibition curators by the singer’s archivist, who keeps watch over a treasure chest of 75,000 costumes, sheet music, books and other memorabilia.

The exhibition’s audio guide features an interview with Bowie in which he says that, if he hadn’t become a musician, he “would have written novels,” referring to his songs as “little stories set to music.”

There are three Orwell titles in the top 100: Inside the Whale and Other Essays, The Road to Wigan Pier, and Nineteen Eighty-Four, which inspired a song of the same name on Bowie’s 1974 album Diamond Dogs. Bowie was denied the rights to stage a musical adaptation of Orwell’s dystopian vision.

Martin Amis, Peter Ackroyd, Tom Stoppard and Ian McEwan feature along with a 1950s annual of The Beano.
Academic studies of art and popular music sit alongside classic 20th century novels. The most recently published entry, The Age of American Unreason by Susan Jacoby, in which the author surveys an anti-rationalist landscape extending from pop culture to a pseudo-intellectual universe of “junk thought”.

くまなく本を読んでいるというよりも、本から着想を得ているだけではないかと考えている人もいるようです。

Mr Marsh, director of the V&A’s department of theatre and performance, said: “In the archive, there are massive numbers of books that he’s kept. Supposedly, when he went to the desert to make The Man Who Fell to Earth, he took a trunk of books with him.

“The idea that he sits down and reads every book cover to cover, I don’t think that’s what he does. I think he’s more interested in ideas – and what he’s really interested in is how he can rework those ideas. He is the ultimate postmodernist, sampling stuff even before postmodernism arrived. I don’t think it’s a direct connection to him. It’s much more complicated.”

インデペンデントの記事でも100冊のリストがありますが、下記リンク先は年代順に本が並んでいるので分かりやすいです。

SPECIAL FEATURE: HOW TO READ LIKE BOWIE - DAVID BOWIE'S TOP 100 BOOKS
Submitted by Grace on September 26, 2013 - 12:36pm

画家フランシスベーコンのインタビューや『怒り新党』でやっていたジョンケージの本などは、さすがアーティストだなとおもいますが、ジョージスタイナーのような文芸評論家も読んでいるんですね。

Interviews with Francis Bacon, David Sylvester, 1980
Silence: Lectures and Writing, John Cage, 1961

In Bluebeard’s Castle : Some Notes Towards the Re-definition of Culture, George Steiner, 1971

古典にあたるのが、ダンテの神曲とホメロスぐらいだったのが気になりますが、日本人の本としては三島由紀夫の『午後の曳航』が一冊選ばれていました。

Inferno, from the Divine Comedy, Dante Alighieri, about 1308-1321
The Iliad, Homer, about 800 BC

The Sailor Who Fell From Grace With The Sea, Yukio Mishima, 1963


どこかの時点で何でもいいから読むくせをつけないと、まったく本を読めない人になってしまいます。それはほとんどの英語教師を見ればわかるでしょう。無理してでも読むようにしないと、口では本物の素材といいながら、本物の素材を読む実力が備わっていない痛い人たちになってしまうので、たくさんの良作に触れるようにしたいです。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR