fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

祝! 東京国際文芸フェスティバルが復活!

 
今年は開催されるようです! 英語学習者は英文学=ディケンズとかオースティンどまりの人が多いので、現代作家に触れる、しかも、アジア作家に触れるまたとない機会となります。

【お知らせ】東京国際文芸フェスティバル2016 海外招聘作家  Tokyo Literary Festival 2016 Authors
2015.12.24


文芸フェスティバルを楽しみにして下さっている皆様へ

2015年も終わりに近づき、文芸フェス開催までいよいよ2ヶ月程となりました!
お待たせしておりましたが、事務局より招聘作家についてお知らせいたします。

現在、来日が確定している作家のラインナップは、以下のとおりです。

・リュドミラ・ウリツカヤ(作家/ロシア)
・イーユン・リー(作家/アメリカ)
・セス・フリード(作家/アメリカ)
・スティーヴ・エリクソン(作家/アメリカ)
・ジョン・フリーマン(作家、書評家、文芸誌「フリーマン」編集長/アメリカ)
・盛可以(作家/中国)
・シャマン・ラポガン(作家/台湾)
・プラープダー・ユン(作家、編集者/タイ)
・ディナ・ザマン(作家/マレーシア)
・ジョアンナ・クルス(作家/フィリピン)

※夏頃に一部メディアで招聘決定をお知らせしておりましたオルハン・パムク氏、ダニエル・アラルコン氏の来日は、両氏の事情によりキャンセルとなりました。

日本からは、角田光代、川上弘美、川上未映子、桐野夏生、柴田元幸、高樹のぶ子、
中島京子、中村文則、西加奈子、平野啓一郎、古川日出男の各氏などの参加も決定しています。


英語を第二外国語として学んだにもかかわらず評価の高い作品を生み出しているイーユン・リーさんの作品はこのブログでも紹介させていただいたので興味があるところですが、「おおっ!」と思ったのは詩人のエリザベス・アレグサンダーを招聘しているところです。

東京国際文芸フェスティバル2016オープニング!

<第1部>
「私たちはただのノイズ、私たちは言葉で出会う」
――アメリカの国民的詩人と三ヶ国の学生詩人によるポエトリーリーディング


オバマ大統領就任式での朗読「Praise Song for the Day」が世界中の注目を浴びベストセラーとなった詩人、E・アレグザンダーによる日本初登壇。そして「詩が紡ぐ異文化交流」を体現する3カ国(日・米・韓)学生詩人によるポエトリー・パフォーマンス。



「私たちはただのノイズ」という部分は就任式で朗読した詩で以下のようにでてきます。

All about us is noise. All about us is

noise and bramble, thorn and din, each

one of our ancestors on our tongues.

この詩はYuta個人にとっても思い出深いものです。まだブログを始めていないころmarchさんという方のブログにお邪魔してコメントをさせてもらったところでした。今ではTOEIC界のカリスマとなったHUMMERさんのコメントもあります。。。marchさんとのこのやり取りは今でも印象に残っています。オバマ大統領に熱狂していた自分が懐かしいような恥ずかしいような(苦笑)。ちょうどオバマ大統領が出馬宣言をしたSpringfieldに立ち寄ったそうですが、あれからいろいろと時が過ぎたのだなと実感します。



残念ながらその週は海外に出てしまうのでフェスティバルに参加できないのですが、興味のある方は是非是非!!
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR