fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

EconomistのSpecial Report

 
2週間前のSpecial Reportになってしまいましたが、人工知能についての特集は読み応えがありましたね。全体像をみせてくれるまとめ方はさすがです。Economistは人工知能がもたらす負の側面に意識がいきがちだが、恩恵も十分あるという立場です。

Artificial intelligence
March of the machines
What history tells us about the future of artificial intelligence—and how society should respond

Jun 25th 2016 | From the print edition
EXPERTS warn that “the substitution of machinery for human labour” may “render the population redundant”. They worry that “the discovery of this mighty power” has come “before we knew how to employ it rightly”. Such fears are expressed today by those who worry that advances in artificial intelligence (AI) could destroy millions of jobs and pose a “Terminator”-style threat to humanity. But these are in fact the words of commentators discussing mechanisation and steam power two centuries ago. Back then the controversy over the dangers posed by machines was known as the “machinery question”. Now a very similar debate is under way.

人工知能:機械の進化
2016.7.1(金) The Economist


過去の歴史が示唆するAIの将来と社会が取るべき対応
「人間の労働を機械にやらせることは・・・人余りをもたらす」かもしれないと専門家たちが警告を発している。「適切な使い方を把握する前に」「この強大な力を発見」してしまったのではないかと危惧している。今日、このような恐怖感を口に出しているのは、人工知能(AI)の進歩が数千万人分の雇用を破壊したり、「ターミネーター」型の脅威を人類に突きつけたりしてくると懸念する人々だ。
 しかし、実を言えば、上に引用した言葉は2世紀前の評論家たちが機械化と蒸気機関について語ったときに用いたものだ。あの当時、機械がもたらす危険についての議論は「機械問題」と呼ばれていた。今、それによく似た議論が展開されている。


19世紀の産業革命と比較するのは2年前の本でもありました。



『ザ・セカンド・マシン・エイジ』

前著『機械との競争』で衝撃を与えたマサチューセッツ工科大学のコンビによる、膨大な調査・研究に基づいたテクノロジーと未来を描いた全米ベストセラー
(原題The Second Machine Age: Work, Progress, and Prosperity in a Time of Brilliant Technologies)

蒸気機関の発明によるファースト・マシン・エイジは18世紀後半に始まった。
いま、コンピュータを中心としたセカンド・マシン・エイジに突入した。
人工知能の急速な進歩によるデジタル・イノベーションは、グーグルの自動運転車やチェスやクイズで人間のチャンピオンを圧倒する人工頭脳ワトソンなどに象徴されている。
しかし、まだまだ序の口に過ぎない。

人類は蒸気機関によってもたらされたと同様の、それまでとグラフの向きが変わり始める点である「変曲点」にさしかかったと著者たちは見る。
人工知能の進化によって、これまでは不可能と見られていた仕事がロボットに置き換わっていく。その結果、消えていく職業は多い。
人間は機械と共存できるのだろうか。
ビジネスマン、経営者だけでなく、子供の将来を真剣に考える親たちの必読書でもある。


Special Reportの導入部分で取り上げるトピックを書いてくれています。

Artificial intelligence
The return of the machinery question
After many false starts, artificial intelligence has taken off. Will it cause mass unemployment or even destroy mankind? History can provide some helpful clues, says Tom Standage

Jun 25th 2016 | From the print edition

What will that mean? This special report will examine the rise of this new technology, explore its potential impact on jobs, education and policy, and consider its ethical and regulatory implications. Along the way it will consider the lessons that can be learned from the original response to the machinery question. AI excites fear and enthusiasm in equal measure, and raises a lot of questions. Yet it is worth remembering that many of those questions have been asked, and answered, before.

以下の文章で語っている部分がチャプターにあたります。簡潔にまとめる書き方は参考にできますね。

This special report will examine the rise of this new technology, (新技術の台頭の検討)
explore its potential impact on jobs, (職業への将来的な影響)
education and policy, (教育や政策)
and consider its ethical and regulatory implications.(倫理や規制面での問題)

社会のあり方が変われば教育や福祉のあり方も変える必要があるというところは意外に盲点ですね。Yutaのざっくり訳をそえました。

Education and policy
Re-educating Rita
Artificial intelligence will have implications for policymakers in education, welfare and geopolitics

Jun 25th 2016 | From the print edition

Even outside the AI community, there is a broad consensus that technological progress, and artificial intelligence in particular, will require big changes in the way education is delivered, just as the Industrial Revolution did in the 19th century. As factory jobs overtook agricultural ones, literacy and numeracy became much more important. Employers realised that more educated workers were more productive, but were reluctant to train them themselves because they might defect to another employer. That prompted the introduction of universal state education on a factory model, with schools supplying workers with the right qualifications to work in factories. Industrialisation thus transformed both the need for education and offered a model for providing it. The rise of artificial intelligence could well do the same again, making it necessary to transform educational practices and, with adaptive learning, offering a way of doing so.
AI界隈の外でさえ、幅広く同意されていることがある。技術の進化、特に人工知能に関しては教育方法で大きな変革が迫られるだろう。19世紀に産業革命で起こったことと同様のことだ。工場での仕事が農作業より一般的になると、読み書き能力や計算能力がはるかに重要になってきた。雇用主は教育を受けた労働者の方が生産性が高いことを把握したが自ら教育することに乗り気ではなかった。そうすれば他の雇用主に遅れを取ってしまう可能性があるからだ。このため工場をモデルにした公教育が導入されることになった。学校が適切な資格を持った労働者を供給して工場で労働できるようにするのである。産業化によって教育ニーズが変化し、ニーズを満たすモデルを提供することになった。人工知能の台頭は再び同様のことをもたらす可能性が高い。教育のあり方を変革し、適応学習で実施手段を提供しなくてはいけなくなるのだ。


“The old system will have to be very seriously revised,” says Joel Mokyr of Northwestern University. Since 1945, he points out, educational systems have encouraged specialisation, so students learn more and more about less and less. But as knowledge becomes obsolete more quickly, the most important thing will be learning to relearn, rather than learning how to do one thing very well. Mr Mokyr thinks that education currently treats people too much like clay—“shape it, then bake it, and that’s the way it stays”—rather than like putty, which can be reshaped. In future, as more tasks become susceptible to automation, the tasks where human skills are most valuable will constantly shift. “You need to keep learning your entire life—that’s been obvious for a long time,” says Mr Ng. “What you learn in college isn’t enough to keep you going for the next 40 years.”
「古いシステムの変革は真剣に取り組む必要がでてくるでしょう」とNorthwestern 大学のJel Mokyrは語る。1945年以来、教育システムは専門化を促してきたので、学生は多くのことを学んでいくが分野はどんどん絞られていく。しかし知識が簡単に廃れるようになってくると一番重要になってくるのが学び直せるようになることで、ひとつのことに精通することではない。Mokyr氏の考えでは現在の教育は人々を粘土のように扱っている。「こねて、窯に入れれば、形が保たれるようになります」。パテのように作り直すことがないのです。将来多くの作業が自動化されるようになるので、人間のスキルが最も価値のある作業は常に変わっていくことでしょう。「生涯学び続ける必要があります。長期的に明白なものとなっています。」Ng氏は語る。「大学で学んだことだけで今後40年間やっていくには不十分なのです」。


学び方、働き方をこれからの社会のあり方に合わせて変えていく、そんなビジョンが政治にも求められているのでしょうが、アメリカでも、ヨーロッパでも、日本でもあるのは政治不信だけですね。。。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR