fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

米国でMallが大文字になれば

 
ワシントンDCに行ったことがある人ならすぐピンとくるのでしょうがワシントンポストの記事は最初ショッピングモールの歴史を紹介してくれているのかと思ってしまいました(汗)

Lifestyle
A 200-year transformation
How the Mall became what it is today

By Aaron Steckelberg, Philip Kennicott, Bonnie Berkowitz and Denise Lu
August 23, 2016

The original idea for the Mall — a grand, tree-lined avenue flanked by imposing buildings — goes back to the very origins of the capital city, Pierre L’Enfant’s plan conceived for George Washington. But in Washington, plans rarely go as planned, so the Mall has been a work in progress for more than 200 years. The National Museum of African American History and Culture is the most recent addition but possibly not the last.

National Museum of African American History and Cultureの開館にあわせての記事だったようです。

(Wikipedia)
ナショナル・モール(National Mall)は、アメリカ合衆国首都である、ワシントンD.C.の中心部に位置する国立公園である。時にモール地区などとも呼ばれる。複数のスミソニアン博物館群と、国有の美術館や記念館に沿って庭園と緑地が広がる場所であり、観光地として知られている。ナショナル・モール一帯は、ワシントン記念塔からアメリカ合衆国議会議事堂まで特にまっすぐに東へ伸びているが、ナショナル・モールの区域は、公式にはウエスト・ポトマック・パークと西よりのコンスティテューション・ガーデンズの一部も含まれる他、多くはリンカーン記念堂とアメリカ合衆国議会議事堂の間を中心からやや西にずれるようにして分断するワシントン記念塔まで含んだ範囲全体を指す場合が通例である。
ナショナル・モールの構想は当初、フランス人のエンジニアであったピエール・シャルル・ランファンが、1791年にワシントンD.C.の都市創設を計画する際に考え出されたもの。しかし彼の構想は、20世紀初頭にマクミラン委員会が都市美運動(City Beautiful movement)に啓発され都市改造計画を提案するまで実現しなかった。モール創設の他、マクミラン委員会は、主要鉄道駅をモールの敷地から移動させ、現在のユニオン駅へと移転させた。

現在、モールは観光において最も人気のある観光地の一つとなっている。また、大規模な集会や行進を含む多くの抗議やデモが頻繁に行われる場所でもあり、1963年のワシントン大行進や、1995年のミリオン・マン・マーチ等が有名である。毎年7月4日の独立記念日には、議事堂主催の記念式典が催され、花火が打ち上げられる。


このモール地区の紹介だけでなく新しくできる博物館の設立の経緯なども含めて幅広く紹介してくれているのがニューヨーカーの記事でした。オバマ大統領になってから進められてのではなくジョージWブッシュの時代に建設が正式に決定したようです。

AMERICAN CHRONICLES AUGUST 29, 2016 ISSUE
MAKING A HOME FOR BLACK HISTORY
The vision and the challenges behind a new museum on the National Mall.

By Vinson Cunningham

Slavery and freedom have, in America, always been intertwined, spinning toward and away from each other in a kind of ontological dance. But the museum’s hand-in-hand treatment of the concepts conveys an implicit promise to museumgoers of the uplift to come. This assurance is reiterated by the design of the “history galleries,” which, under one high ceiling, occupy the entire lower section of the museum. A series of wide, gently sloped ramps lift a visitor ever farther, in time and in elevation, from slavery—the title of Booker T. Washington’s autobiography, “Up from Slavery,” made literal, and almost eschatological. Above, like a promise flown in from the future, hangs a yellow-and-blue training plane operated during the Second World War by the Tuskegee Airmen, the first black American military pilots.

Slavery might be better presented without the escape hatch of freer air above. After all, this is how it was experienced: not as a step on the path to somewhere else but as a cruel normalcy, a permanent condition, the life that one’s ancestors had lived, and that one’s children would surely live, too. The Holocaust Memorial Museum, across the Mall, offers a sober acknowledgment: for millions, this was a lifetime—an entire edifice, not simply a floor. “In Washington, D.C., there is no museum of American slavery,” Foner noted, when we spoke. He added, “We have a museum of the Holocaust in Washington, which is a great museum, but, you know, what would we think if the Germans put up a big museum of American slavery in Berlin and didn’t have anything about the Holocaust?”


再放送ではありますが先々週の60 minutesは奴隷船を取り上げていました。ここで興味を引いたのが奴隷制度がいかに当時のアメリカに根ざしたものだったかというコメント。

The Slave Ship
Scott Pelley reports on the Smithsonian and the Slave Wrecks Project's journey to recover the first artifacts known to be preserved from a slave ship

2016 Aug 21

Decio Muianga: It was not only a business for the Portuguese, the Europeans in this case, but also for the some of the local chiefs, as well.
Those local chiefs came to this auction house to sell captives to European clients.
Lonnie Bunch: A male in the late 18th century, early 19th century would go anywhere from $600 to $1,500, which is probably about, oh, $9,000 to $15,000 today.
Scott Pelley: This was incredibly lucrative.
Lonnie Bunch: In the years before the Civil War, the amount of money invested in slaves was more than the amount of money invested in railroads, banks, and businesses combined. This was the economic engine of Europe and the United States.

******

Steve Lubkemann: Think about the way in which computers nowadays affect all of our lives. It’s not just-- it doesn’t affect just the computing industry. Everything is interlinked and depends on this. And the slave trade, in its time, was truly the equivalent. It reached into and influenced and created the modern world.


奴隷制は現代でいえばコンピュータのようになくてはならないものだったというのはやはりショックではありますね。ちょうどジョージタウン大学が当時の行動について非難されていますが、現在の価値観から批判するだけでは不十分な気もしてしまいます。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR