fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

自分の頭で考えよう

 
どこかで聞いたプレーズですが(苦笑)fake newsがメインストリームになりつつある中で、オープンサイエンスのような開かれた知のあり方も生まれています。さらにはAI時代の到来を控え、ますます知的労働の重要性が上がり今週のEconomistのSpecial Reportは生涯学習でした。時代の変化に対して何かを鵜呑みにせず「自分の頭」で考えることはますます重要になりますね。オバマ大統領の最後の演説で言っていたcitizenもこのような態度を想定している気がします。

もっともらしくこのエントリーの意義っぽいものを書いてみましたが、単に部屋の本棚を整理していたらカントの「啓蒙とは何か」を収めた文庫が見つかりました。昨年、NHKのEテレで「永遠平和のために」をやっていたので文庫を買っていたのでしょう(もう覚えていない。。。)まあ綺麗ごとに聞こえたり、説教くさく思えたりするかもしれませんが、post-truthの時代には不可欠な態度であるに違いありません。英訳はYoutubeと同じものを、日本語訳は中山元さんのものです。



"What is Enlightenment?"

◇啓蒙の定義
啓蒙とは何か。それは人間が、みずから招いた未成年の状態から抜けでることだ。未成年の状態とは、他人の指示がなければ自分の理性を使うことができないということ である。みずから招いたというのは、人間が未成年の状態 にあるのは、理性がないからではなく、他人の指示を仰がないと、自分の理性を使う決意も勇気ももてないからであ る。それゆえ、「敢えて賢明であれ Sapere aude !」「自分自身の悟性を使用する勇気をもて!」というのが、啓蒙の標語である。
Enlightenment is man's emergence from his self-incurred immaturity. Immaturity is the inability to use one's own understanding without the guidance of another. This immaturity is self-incurred if its cause is not lack of understanding, but lack of resolution and courage to use it without the guidance of another. The motto of enlightenment is therefore: Sapere aude! Have courage to use your own understanding!


この短い論文の哲学的意義はわかりませんが、以下の部分などは英語学習にも当てはまります。効率的な学習法や対策などばかり話される傾向にありますが、実際にやってみて何度も転んで自分で学んでいけばいいのにとYutaは思います。

◇未成年の利点
ほとんどの人間は、自然においてはすでに成年に達していて(自然による成年)、他人の指導を求める年齢ではなくなっているというのに、死ぬまで他人の指示を仰ぎたいと思っているのである。また他方ではあつかましくも他人の後見人と僣称したがる人々も跡を絶たない。その原因は 人間の怠慢と臆病にある。というのも、未成年の状態にとどまっているのは、なんとも楽なことだからだ。 (中略)
Laziness and cowardice are the reasons why such a large proportion of men, even when nature has long emancipated them from alien guidance (naturaliter maiorennes), nevertheless gladly remain immature for life. For the same reasons, it is all too easy for others to set themselves up as their guardians. It is so convenient to be immature!

そしてすべての女性を含む多くの人々は、未成年の状態から抜けだすための一歩を踏みだすことは困難で、きわめ て危険なことだと考えるようになっている。しかしそれは 後見人を気取る人々、なんともご親切なことに他人を監督するという仕事をひきうけた人々がまさに目指していることなのだ。後見人とやらは、飼っている家畜たちを愚か な者にする。そして家畜たちを歩行器のうちにとじこめておき、この穏やかな家畜たちが外にでることなど考えもしないように、細心に配慮しておく。そして家畜がひとりで外にでようとしたら、とても危険なことになると脅かしておくのだ。
The guardians who have kindly taken upon themselves the work of supervision will soon see to it that by far the largest part of mankind (including the entire fair sex) should consider the step forward to maturity not only as difficult but also as highly dangerous. Having first infatuated their domesticated animals, and carefully prevented the docile creatures from daring to take a single step without the leading-strings to which they are tied, they next show them the danger which threatens them if they try to walk unaided.

ところがこの〈危険〉とやらいうものは、実は大きなものではない。歩行器を捨てて歩いてみれば、数回は転ぶかもしれないが、そのあとはひとりで歩けるようになるものだ。ところが他人が自分の足で歩こうとして転ぶのを目撃すると、多くの人は怖くなって、そのあとは自分で歩く試みすらやめてしまうのだ。
Now this danger is not in fact so very great, for they would certainly learn to walk eventually after a few falls. But an example of this kind is intimidating, and usually frightens them off from further attempts.


昨今の政治では既得権の体制への反感からかアウトサイダーが選ばれる傾向がありますが、体制を変えたところで別の既得権が生まれるだけだとカントはフランス革命前にすでに指摘していたんですね。

  おそらく革命を起こせば、独裁的な支配者による専制や、利益のために抑圧する体制や、支配欲にかられた抑圧体制などは転覆させることができるだろう。しかし革命を起こしても、ほんとうの意味で公衆の考え方を革新することはできないのだ。新たな先入観が生まれて、これが古い先入観ともども、大衆をひきまわす手綱として使われることになるだけなのだ。
A revolution may well put an end to autocratic despotism and to rapacious or power-seeking oppression, but it will never produce a true reform in ways of thinking. Instead, new prejudices, like the ones they replaced, will serve as a leash to control the great unthinking mass.


ただ、カントのいう「理性の公的利用」はよくわかりません。学問空間を公的問題を公正に扱う空間としてみることが果たして可能なのかつい疑問に思えてしまうからです。

人間の理性の公的な利用はつねに自由でなければならない。理性の公的な利用だけが、人間に啓蒙をもたらすことができるのである。
The public use of man's reason must always be free, and it alone can bring about enlightenment among men


またWikipediaにあったのですが現代哲学者がカントの啓蒙の問題を批判的に捉え直していたりするようです。

Foucault, Michel. "What is Enlightenment?" In The Foucault Reader, edited by Paul Rabinow, pp. 32-50. New York: Pantheon Books, 1984.
Original Publication: Qu'est-ce que les Lumières ?


A brief summary, to conclude and to come back to Kant.
I do not know whether we will ever reach mature adulthood. Many things in our experience convince us that the historical event of the Enlightenment did not make us mature adults, and we have not reached that stage yet. However, it seems to me that a meaning can be attributed to that critical interrogation on the present and on ourselves which Kant formulated by reflecting on the Enlightenment. It seems to me that Kant's reflection is even a way of philosophizing that has not been without its importance or effectiveness during the last two centuries. The critical ontology of ourselves has to be considered not, certainly, as a theory, a doctrine, nor even as a permanent body of knowledge that is accumulating; it has to be conceived as an attitude, an ethos, a philosophical life in which the critique of what we are is at one and the same time the historical analysis of the limits that are imposed on us and an experiment with the possibility of going beyond them.

This philosophical attitude has to be translated into the labor of diverse inquiries. These inquiries have their methodological coherence in the at once archaeological and genealogical study of practices envisaged simultaneously as a technological type of rationality and as strategic games of liberties; they have their theoretical coherence in the definition of the historically unique forms in which the generalities of our relations to things, to others, to ourselves, have been problematized. They have their practical coherence in the care brought to the process of putting historico-critical reflection to the test of concrete practices. I do not know whether it must be said today that the critical task still entails faith in Enlightenment; I continue to think that this task requires work on our limits, that is, a patient labor giving form to our impatience for liberty.


サペラ・アウダのように発音していたラテン語Sapere aude !は古代ローマの詩人ホラティウスの言葉だそうです。文庫の訳注では「知る勇気をもて、始めよ。正しく生活すべき時期を先延ばしする人は、川の流れがとまるのを待つ田舎者と同じだ。川は流れる。永久に、滔々と流れる」と長い引用も紹介していました。英語メディアだと著作全文がすぐに読めるのが助かります。

The First Book of the Epistles of Horace.

We are a mere number and born to consume the fruits of the earth; like Penelope’s suitors, useless drones; like Alcinous’ youth, employed above measure in pampering their bodies; whose glory was to sleep till mid-day, and to lull their cares to rest by the sound of the harp. Robbers rise by night, that they may cut men’s throats; and will not you awake to save yourself? But, if you will not when you are in health, you will be forced to take exercise when you are in a dropsy; and unless before day you call for a book with a light, unless you brace your mind with study and honest employments, you will be kept awake and tormented with envy or with love. For why do you hasten to remove things that hurt your eyes, but if any thing gnaws your mind, defer the time of curing it from year to year? He has half the deed done, who has made a beginning. Boldly undertake the study of true wisdom: begin it forthwith. He who postpones the hour of living well, like the hind [in the fable], waits till [all the water in] the river be run off: whereas it flows, and will flow, ever rolling on.

自分の頭で考えるのは手間がかかって大変だし、効率が求められる時代になんとも非効率に思えてしまいます。それにこんな態度は空気を読まない態度になってしまうでしょう。でもやっぱり大変だからってやらなくていい理由にはならないんでしょうね。カントによればそんなのは怠慢と臆病だというのですから。。。

Laziness and cowardice are the reasons why such a large proportion of men, even when nature has long emancipated them from alien guidance (naturaliter maiorennes), nevertheless gladly remain immature for life.
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR