FC2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

風をさがして

 


想像の共同体で有名なベネディクト・アンダーソンの自伝「ヤシガラ椀の外へ」が英語版A Life Beyond Boundariesとして発売されているのを最近知りました。日本語版が先で英語圏に逆輸入された珍しいケースですね。

学問と向き合うとはどういうことか、研究では何が重要なのか…。所属する組織やディシプリンというヤシガラ椀に安住せず、知的冒険精神を大切にする。自分が答えを知らない疑問から出発し、異質な世界にさらされることで感覚を研ぎ澄ませる。執筆時には読み手を思い浮かべ、ジャーゴン(専門用語)から自由になる勇気を持つ。何より、対象地域への愛情や不断の好奇心が研究への原動力となる。『想像の共同体』の著者が、地域研究、比較研究の軌跡や学問的制度の変遷を振り返りつつ、研究のスタート地点に立つ日本の若い読者に向けて綴る。《日本語版オリジナル》

Benedict Anderson, Scholar Who Saw Nations as ‘Imagined,’ Dies at 79
By SEWELL CHANDEC. 14, 2015

At his death, Dr. Anderson had been finalizing an English translation of a memoir, “A Life Beyond Boundaries,” which was first published in Japanese. The book urges readers to resist the easy comforts of imagined homes; extols the joys of learning languages and of teaching and doing field work; and examines the New Left’s influence. It is scheduled to be published on July 6.

教養を含め幅広く知り、フィールドワークもこなす彼の姿勢は学ぶものにとっての叱咤激励となります。中に閉じこもれば行き着く先は、自己鍛錬だの自己啓発だの筋トレだの、そんな僕、俺、私大好きというどん詰まりじゃないですか。

以下の引用は本の最後の方から日本語版と英語版の両方からの抜粋です。

店でじっと待っていれば、幸運が扉を叩くというものではない。好機というのは、しばしば予期せぬ偶然としてやって来るものであり、それがさっと目の前を通り過ぎる前に、勇敢にあるいは無謀に、これを捕まえなければならない。思うに、冒険精神ほど、本当に生産的な学問生活にとって決定的に重要なものはないだろう。インドネシアでは、道で誰かに「どこに行くのか?」と尋ねられたとき、もし行き先を教えたくなければ、あるいはどこに行くのかまだ分からなければ、ラギ・チャリ・アンギン(lagi cari angin)、「風を探してるんだ」と答える。港を出て大海原に向かう帆船のようにだ。冒険と言っても、私が子供時代に少年小説で読んだ類のことを言っているのではない。大学や学部の制度、あるいはディシプリンに安住してしまうと、研究者は港を出ようとはせず、風を探そうともしなくなる。風を探そうとの心構え、風を見つけたらそれを捕らえようとする気概が大切なのだ。そのためには、ヴィクター・ターナーの巡礼ではないが、物理的な旅と精神的な旅の両方をすることが重要だ。ある時、ジム・シーゲルに、「ベン、お前は、僕の知人や友人の中で唯一自分の研究と直接関係のない本を読む奴だよ」と言われたことがあった。これは、私には最高の褒め言葉に聞こえたのだった。

At the same time, chance does not knock on our door if we do nothing but wait patiently in the shop. Chance often comes to us in the form of unexpected opportunities, which one has to be brave or foolhardy enough to seize as they flash by. This spirit of adventure is, I believe, crucial to a really productive scholarly life. In Indonesia, when someone asks you where you are going and you either don’t want to tell them or you haven’t yet decided, you answer: lagi tjari angin, which means ‘I am looking for a wind’, as if you were a sailing-ship heading out of a harbour onto the vast open sea. Adventure here is not of the kind that filled the books I used to enjoy reading as a boy. Scholars who feel comfortable with their position in a discipline, department or university will try neither to sail out of harbour nor to look for a wind. But what is to be cherished is the readiness to look for that wind and the courage to follow it when it blows in your direction. To borrow the metaphor of pilgrimage from Victor Turner, both physical and mental journeys are important. Jim Siegel once told me: ‘Ben, you are the only one among my friends and aquaintances who reads books unrelated to your own fields. ‘ I took this as a great compliment.


まあありがちなコメントでありますが、インドネシア語やオランダ語など数々の言語に堪能でフィールドワークもこなしてきたアンダーソンさんには説得力があります。

忘れてはならないのは、言葉を学ぶというのは、単にコミュニケーションの手段を学ぶということではないことだ。それは、自分たちとは異なる言葉で話し、書く人々の考え方や情動、その背後にある歴史や文化を学ぶことであり、これらの人々との感情的共振を学ぶことである。

It is important to keep in mind that to learn a language is not simply to learn a linguistic means of communication. It is also to learn the way of thinking and feeling of a people who speak and write a language which is different from ours. It is to learn the history and culture underlying their thoughts and emotions and so to learn to empathize with them.


もちろんグローバルとナショナリズムのどちらかといった安易な選択はしません。

この種の「グローバル化」は、もちろん抵抗を受けてもいる。そして、この抵抗における最も強力な武器のひとつがナショナリズムだ。世界の多くの国々には、アメリカの覇権に政治的に反対する多くの優れた研究者がいる。(中略)他の多くの人たちは、政治的な意味もなしに母語で書いている。母語でこそ自己を最善に表現できるとか、他の言葉を習得するのが面倒だからといった理由で。こうしたことがひどく悪いわけではない。良いことも多くあろう。しかしながら、怠惰に流れ易い、国際的聴衆の批判に晒されない、偏狭なナショナリズムに陥りかねないなど、ここには明らかに危険も存在する。

‘Globalization’ of this kind is of course resisted too, and one of the most powerful weapons in the struggle is nationalism. There are thousands of excellent scholars in many countries, politically opposed to American hegemony (…) Many others write in their mother-language for apolitical reasons: they can express themselves best in the language, or they are too lazy to master another. There is nothing terribly wrong with any of this, and much that is good. But it does risk the obvious perils of not being exposed to the views of good foreign readers, or of falling into narrow-minded nationalism.

既述のように、ナショナリズムやグローバル化は私たちの視野を狭め、問題を単純化させる傾向を持つ。こうした傾向に抗う一方で、両者が持つ解放のための可能性を洗練された形で融合させること、明確な政治的意識を持ち、賢明なやり方で融合させることが、今後はこれまで以上に必要とされる理由もここにある。それゆえに、ウォルト・ケリーとカール・マルクスの精神に倣い、この本の読者、とくに若い研究者に向けて、次の言葉で乾杯をしたい。

カエルは、解放のための闘いにおいてヤシガラ椀のほか失うべき何ものをも持たない。
萬國のカエル團結せよ!

Nationalism and globalization do have the tendency to circumscribe our outlook and simplify matters. This is why what is increasingly needed is a sophisticated and serious blending of the emancipatory possibilities of both nationalism and internationalism. Hence, in the spirit of Walt Kelly as well as Karl Marx in a good mood, I suggest the following slogan for young scholars:

Frogs in their fight for emancipation will only lose by crouching in their murky coconut half-shells. Frogs of the world unite!


シンガポールに移住した受験英語の先生がいましたが残念ながらシングリッシュは学ばないとのこと、現地に分け入って素晴らしい研究をしたアンダーソンさんの凄みに比べると外に出たというよりも日本にとどまる人にマウンティングするだけの「おフランスざんす」というイヤミに近いですね。。。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR