fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

わかるということ

 
説明しなくてはそれがわからんというのは、つまり、どれだけ説明してもわからんということだ
If you can’t understand it without an explanation, you can’t understand it with an explanation.

村上春樹の作品にあった言葉を鵜呑みにすれば英語教材で解説や語注なんか不要になります。突き詰めれば和訳なんかも無意味かもしれません。正直、以下の部分はEnglish Journalの和訳を読んでも、語注を確認しても、腑に落ちた理解ができなかったんですよね。



1分48秒
it was very helpful, `cause the accent is almost a map of her life. `Cause you see the, sort of, like, you know, New York childhood and then the prep school, sort of , finishing school part of it, and it really, sort of, gives you a diagram to her background.

そして、ええ、それが役に立ちました。というのも、あの発音は、彼女の人生の航跡を示す地図のようなものです。なぜなら、例えば、ニューヨークでの子ども時代から、その後の私立学校の、花嫁養成学校の部分、といったことがわかるので、それがまさに、彼女の経歴の略図を示してくれるのです。

finishing school
教養学校、花嫁学校 ★女性に礼儀作法などを身に付けさせるための、私立の教育機関。ジャクリーンの通ったコネティカット州のMiss Porter’s Schoolはフィニッシング・スクールを前身とするプレパラトリー・スクール。


アメリカの発音について詳しい方ならポートマンが言わんとしていることがすぐにわかったんでしょうけど、自分には以下の動画の説明を聞くまでピンときませんでした。



4分31秒あたり
Portman notably worked towards nailing Kennedy’s distinctive mid-Atlantic accent, which was common amongst the girls that attended Miss Porter’s finishing school.

そうか、ジャキーはお嬢様学校のようなところに通っていたとすれば「ごめん遊ばせ。オホホホ」みたいな特徴あるしゃべり方になるということなんでしょうね。さらに調べてみるとニューヨークのロングアイランドの発音もあるそうで、だからこそポートマンはNew York childhoodと語っていたのでしょう。まさにその部分を説明している番組がありました。



The Kennedys
Natalie Portman Talks Working on Her Jackie Kennedy Accent
She relied on her Long Island roots to play the former First Lady in Jackie.

By Matt Juul | Arts & Entertainment | November 30, 2016, 6:53 a.m.

“It’s a very specific accent,” Portman said. “I’m from Long Island, so I can go back to my roots quite easily and she’s got some of that.”
“Then she has like this fancy thing too from finishing school,” she added before giving the audience a taste of her best Jackie impression.


Newsweekはここら辺を詳しく掘り下げてくれていました。

WE ASKED DIALECT EXPERTS TO EXPLAIN WHAT’S GOING ON WITH NATALIE PORTMAN’S ACCENT IN ‘JACKIE’
BY ZACH SCHONFELD ON 12/13/16 AT 10:00 AM

So why does the accent sound so unusual to modern ears? "It's an accent from a fairly small region. Meaning a particular area of Long Island. Most people who were born and raised in the United States speak nothing like that and may very well go their entire lives not meeting anyone else who speaks anything like that. It's a minority speech pattern," Stoller says.

Plus, it's a speech pattern that emerged during the earlier half of the 20th century. "You're not going to hear somebody who's gone to high school in the Five Towns [on Long Island] in the last five years who sounds anything like Jackie Kennedy," Stoller adds.

So did Portman go too far in mimicking this speech? "I don't think it's exaggerated at all," Stoller says. "[Jackie Kennedy's] personal speech pattern is extremely distinctive. It's clearly related to a certain class and locale in Long Island, and speaking more broadly, the New England speech pattern area. It also displays signs of a certain kind of private school, upper-echelon presentation, where people are taught how to present themselves and how to modulate their speech."

Kennedy, who served as the country's third youngest first lady, spent her formative years at several Northeast private schools: The Holton-Arms School, in Bethesda, Maryland, and Miss Porter's School in Farmington, Connecticut. The best way to experience her haughty, finishing-school accent is to watch her 1962 tour of the White House (which is creatively incorporated in Jackie):


アクセントは社会的地位を示すものだとあります。日本語だったらすぐにピンとくるんですけど、英語だとなかなか。。。

When I point out that the finishing school accent seems to signify class more than anything, Smithee points out that all accents encode class. "Accent is identity," he says. "That accent is very, very much associated with upper classes and a high level of social status and/or education." 
But today it's almost completely gone. "That particular speech pattern is an interesting and weird one because it wasn't really spoken natively by almost anybody. It was kind of a constructed synthetic speech pattern," he says.


Miss Porter's Schoolというお嬢様学校の実状を知るには以下の記事が参考になりました。

PRIVATE-SCHOOL SCANDAL
The Code of Miss Porter’s

Last fall, at Miss Porter’s School, in Farmington, Connecticut—attended by generations of debutantes and heiresses, including Jacqueline Kennedy Onassis, Gloria Vanderbilt, and Barbara Hutton—a student named Tatum Bass confessed to cheating, and was later expelled. Bass’s parents claim the school allowed their daughter to be so bullied by a group of girls, “the Oprichniki,” that she was driven to cheat. Talking to students, alumnae, and the headmistress, the author discovers that Bass violated a deeper, unspoken code as well.
by EVGENIA PERETZ
JUNE 9, 2009 12:00 AM


日本でお嬢様学校といえば、そんなのとは無縁のYutaでも幾つか思い浮かびますが、アメリカでのお嬢様学校と言われると連想できません。アメリカ人にとってはMiss Porter's Schoolと聞けばそのような連想ができるのでしょう。だからこそWikipediaで紹介されていた以下のようなセリフが出るのでしょう。

In the Law & Order episode "Shangri-La," during a conversation about the conduct of students at a New York City public school, a character points out that the school is not "Miss Porter's Finishing School for Young Ladies."

振り返ってみれば発音の話をしていて、ジャッキーの発音に地方や育ちが反映しているということをポートマンは説明していたという当たり前のことかもしれません。ただ、Yutaにとってはニューヨークのロングアイランドには独特の話し方があること、Miss Porter’s Schoolというfinishing schoolにも独特の話し方があることが知識としてなかったために、腑に落ちた理解ができませんでした。

「ああ、そうか」と色々なことが結びついて理解できるきっかけはどのようにしたら得られるのか? なかなか難しいものがあります。和訳がなければ、語注がなければそのようなきっかけが掴めるという単純な話ではないでしょう。

作品では突き放した言葉を書いていた村上春樹ですが、創作上では努力しているようです。孫引き恐縮ですが、以下のように語っていました。

何かを人に呑み込ませようとするとき、あなたはとびっきり親切にならなくてはならない。「いや、自分さえわかっていればそれでいいんだ」という態度では、ほとんど誰もついてきてくれない。簡易な言葉と、良きメタファー、効果的なアレゴリー。それが僕の使っているヴォイスというか、ツールです。僕はそのようなツールを使って、ものごとを注意深く、そしてクリアに説明します。
出典 『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR