fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

treatの語感

 
TOEICの韓国公式模試でチョコレートのお菓子をtreatと呼んでいたり、home baked treatsが登場したりしていました。sweet treatで「お菓子」ですし、ハロウィンのtrick or treatでもtreatは「お菓子」ですから、treatから「お菓子」の連想は自然と言えば自然かもしれませんが、treatは辞書的には「ごほうび」「ごちそう」の意味しか載っていなかったりします。

TOEICではデザートのようなものだけでなくappetizerをtreatとして扱ったこともあるので、お菓子類に限定するのは正しくないのですがGoogle画像検索でも出てくるのはお菓子のイメージですね。

home baked treat

delicious treat

Japanese treat

NHKの「しごとの基礎英語(2014)」では大福をtreatとして説明していました。

This is a popular treat in Japan called daifuku. I hope this suits your palate.
これは「大福」と呼ばれる日本で人気のお菓子です。お口に合うとよいのですが。
treat の基本は「(人・事柄)を扱う」ということです。名詞で使われると「おもてなし」という意味を表し、様々なおもてなしを表します。お菓子もその一環です。


日本語で「ごちそう」と聞くとメイン料理をイメージしてしまいますが、英語のtreatは「お菓子」寄りなのかもしれません。

TOEICでは前後関係がないまま問題を解く必要があるので、こういう語感を養うのも役立つでしょう。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR