fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

67語の宣言

 

 


日本人は中東の状況は遠い出来事に思えて実感がわきませんが、アブダビでの柔道大会でイスラエルの選手は対戦相手から試合後握手を拒否されたり、メダルを取っても国旗掲揚がなかったりという待遇を得ていることを見ると、問題の根の深さを感じます。

 

UAE apologizes to Israel for judo handshakesnub

International Judo official expresses hopes Israeli symbols will be allowed next time, after row over Abu Dhabi refusing anthem, flag

By TOI STAFF

29 October 2017, 1:06 am

 

On Thursday, event organizers refused to play the Israeli national anthem or display the Israeli flag when Israeli judoka Flicker won the gold medal in the men’s under-66 kilogram category. The same day, the flag was left out when Gili Cohen won bronze on the women’s side in under-52 kilogram class.

 

Flicker sang out his own private “Hatikvah” under the International Judo Federation’s (IJF) flag, as the federation’s anthem played in the background.

 


  

112日がバルフォア宣言の100周年だったそうで、イギリスのメディアや中東のメディアでは大きく扱っていました。この動画では68語と言っていますが、引用句の中の宣言をカウントしてみると67語です。他のメディアでも67語としているのが大半です。原文を確認してみると、後半は非ユダヤ人の権利を侵さないこととも書いているんですね。

 

メディアで紹介されるのは引用句の67語だけですが、TOEIC的には手紙の初めや締めも参考になるので全文を見てみます。Zionistの発音はシオニストではなくザイオニストのようになるんですね。

 

(Wikipedia)バルフォア宣言

 

英文

Foreign Office,

November 2nd, 1917.

 

Dear Lord Rothschild,

 

I have much pleasure in conveying to you, on behalf of His Majesty's Government, the following declaration of sympathy with Jewish Zionist aspirations which has been submitted to, and approved by, the Cabinet.

 

"His Majesty's Government view with favour the establishment in Palestine of a national home for the Jewish people, and will use their best endeavours to facilitate the achievement of this object, it being clearly understood that nothing shall be done which may prejudice the civil and religious rights of existing non-Jewish communities in Palestine, or the rights and political status enjoyed by Jews in any other country".

 

I should be grateful if you would bring this declaration to the knowledge of the Zionist Federation.

 

Yours sincerely,

Arthur James Balfour

 

和訳文

外務省

1917112

 

親愛なるロスチャイルド卿

 

私は、英国政府に代わり、以下のユダヤ人のシオニスト運動に共感する宣言が内閣に提案され、そして承認されたことを、喜びをもって貴殿に伝えます。

 

「英国政府は、ユダヤ人がパレスチナの地に国民的郷土を樹立することにつき好意をもって見ることとし、その目的の達成のために最大限の努力を払うものとする。ただし、これは、パレスチナに在住する非ユダヤ人の市民権、宗教的権利、及び他の諸国に住むユダヤ人が享受している諸権利と政治的地位を、害するものではないことが明白に了解されるものとする。」

 

貴殿によって、この宣言をシオニスト連盟にお伝えいただければ、有り難く思います。

 

敬具

アーサー・ジェームズ・バルフォア

 


 

大枠を掴むには動画のニュースを見ることがてっとり早いですが、深堀をするなら記事を読むのがいいでしょう。アルジャジーラの動画にも登場していたIan Blackさんの記事は現在の状況とこれまでの経緯がよくまとまっています。

 

The contested centenary of Britain’s‘calamitous promise’

The British pledge to establish a ‘Jewish national home’ in Palestine is being celebrated and condemned as a divisive anniversary approaches. By Ian Black

Tuesday 17 October 2017 06.00 BST

 



イスラエル寄り立場ではイギリスの支持だけでなく、当時の国際的支持を取り付けていたことを強調しています。日本も支持をした国の一つと紹介されていると、地理的にも歴史的にも遠い出来事として他人事のように振舞いづらくなりますね(汗)

  

The Forgotten Truth about the BalfourDeclaration

For 100 years the British statement, which inaugurated Zionism’s legitimation in the eyes of the world, has been seen as the isolated act of a single nation. The truth is much different.

 

The Zionists collected other endorsements, some outright, some with emendations. The most important came from Italy and Japan—the two states that, along with Britain and France, would participate in the San Remo conference and become permanent members of the Council of the League of Nations. In May 1918, the Italian government pledged to Sokolow to help “facilitate the establishment in Palestine of a Jewish national center (centro nazionale ebraico).” In January 1919, Japan informed Weizmann that “the Japanese Government gladly take note of the Zionist aspirations to establish in Palestine a national home for the Jewish people and they look forward with a sympathetic interest to the realization of such desire.” (Similar endorsements came from Siam and China, the other two then-independent states of East Asia.)

 


 

イギリスに謝罪を求める団体が作成した動画ですが、こういうのを見るとどうしてもパレスチナ側にシンパシーを抱いてしまいますね。アッバス大統領がGuardianに寄稿しています。

 

Britain must atone for the Balfourdeclaration – and 100 years of suffering

A century ago, Arthur Balfour signed away Palestinians’ homeland and initiated decades of persecution. It is cause for humility, not celebration

Mahmoud Abbas

Wednesday 1 November 2017 06.00 GMT

 

イギリスや中東のメディアとは対照的に静かなのはアメリカのメディア。ニューヨークタイムズなんかは社説やOpEdで扱うことなく、APやロイターなどの通信社の記事ですませています。ベトナム戦争終結50周年を大きく扱っているのとは大きな違いです。

スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR