fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

モネゲーム

 




映画の原題はGambitのようですが、邦題のモネゲームはマネーゲームの意味を彷彿させてなかなか悪くないんじゃないでしょうか。(上目線ですみません。。。。)

日本人にとって、印象派の画家が高額で取引されたのはバブル絶頂期ですが、その頃はManet, Monet, moneyと揶揄されたようです。印象派の1世紀以上に渡る受容の変遷を描いたUltimate Trophyを読み終わりました。偶然にもエコノミストとデイリーメールの書評のタイトルが同じになっています(笑)


The Ultimate Trophy: How The Impressionist Painting Conquered The WorldThe Ultimate Trophy: How The Impressionist Painting Conquered The World
(2012/12/17)
Philip Hook

商品詳細を見る


Impressionist painting
Manet, Monet, money

Apr 30th 2009 |From the print edition

Manet, Monet, Money
THE ULTIMATE TROPHY by Philip Hook (Prestel, £17.99)
By CHRISTOPHER HUDSON
UPDATED: 13:03 GMT, 12 February 2009

これは2009年に出た本ですでに翻訳もでているようです。自分は原書を図書館から借りて読みました。


印象派はこうして世界を征服した印象派はこうして世界を征服した
(2009/07)
フィリップ フック

商品詳細を見る


出版社からのコメント
【競売人(オークショニア)が明かす美術史の舞台裏】
 世界中で最も人気のある美術、それが印象派であることはまちがいない。展覧会には行列ができ、美術館は競うように作品を収蔵し、印象派絵画を個人所有している人は<お金持ち>とみなされる。十九世紀の誕生時には人々の嘲笑を浴びたというのに、わずか百数十年の間になぜこれほどダイナミックな変化が生じたのか。その問いに答えるのが本書である。
 主役は、コレクター、批評家、画商、オークション会社の競売人たち。前半は、仏・米・独・英など、国によって異なる印象派受容に焦点があてられ、当時の社会的・政治的状況、他国とのかけひき、国民性の違いを目の当たりにできる。後半では、戦後、印象派絵画高騰の牽引力となった二大オークション会社(サザビーズとクリスティーズ)の奮闘ぶりが赤裸々に明かされる。競売人として富裕なコレクターと身近に接し、その心理をつぶさに観察してきた著者の語り口は、率直であると同時に英国人らしい皮肉なユーモアに満ちて、痛快である。
 絵の値段というわかりやすいバロメーターも含めた<受容の変遷>にふれることで、印象派ファンもアンチ印象派も楽しめる一冊。図版76点掲載。

内容(「BOOK」データベースより)
なぜモネやルノワールは世界中で好まれるのか。なぜ富裕層は印象派絵画を所有するのか。競売人が明かす美術史の舞台裏。

上記の説明にあるように、ドイツやイギリス、アメリカで印象派の受容のされ方に違いがあったりと面白かったです。後半は大戦後のお金持ちのステータスとしての印象派取得の様相に焦点が移って言った感じでした。安田火災のゴッホ「ひまわり」の落札をはじめとする日本バブルのふるまいは最後の方の章で10ページ以上にわたってかいてありました。

(ウィキペディア)
ゴッホ「ひまわり (絵画) 」について
1987年、安田火災(当時)が約58億円で購入し話題となった絵画「ひまわり」
1987年3月30日、当時の安田火災が、イギリス・ロンドンで行われたクリスティーズ主催のオークションで目玉として出品されたゴッホの「ひまわり」を約53億円で落札した。落札されたゴッホの「ひまわり」は、同年7月20日に成田に到着した。貴重な絵画だけに、飛行機の便名や到着時刻などは秘密にされた。

そして、東郷青児美術館で、10月13日から一般に公開された。一般公開からたった半月で、入館者が3万5千人を突破。それまで東郷美術館の年間の入館者は、多い年で3万人だった。

安田火災の「ひまわり」についてはそれほど悪く書かれていませんでしたが、大昭和製紙の齋藤了英会長を中心にして「財テク」という言葉も出して以下のような暗部も書かれていました。

投機~絵画:マネーロンダリング資金洗浄~
 絵画が政界資金のマネーロンダリングの手段となったのは、結構、古いことなのかもしれません。高額で値段があってないような世界ですから。知らない人のために予備的な知識を。

 政治資金規正法にひっかからないように、あるいはどういう形にしろ名前や金額が表に出ないようにするために、二束三文の、どうでもよい絵を献金する金額1億円で、予め示し合わせた画廊から購入して、政治家に贈ります。政治家などは、もらった絵を、その示し合わせた画廊に行って売る。画廊は手数料を何割かとって購入する。絵は画廊から画廊に動いただけ。金は無税で政治家の手に。これを何重に複雑にしたものが、有名な竹下首相がからむ平和相互銀行の金屏風事件です。

(中略)
 バブル期には通称、名画買いが起きます。安田火災がゴッホ『ひまわり』58億円(87年)で相場の倍の価格で、オークションで落札。世間を驚かせる。次いで大分県でレーシング場(オートポリス)に併設する美術館のために鶴巻智徳が、ピカソが1906年に描いた「青の時代」の作品『ピエレットの婚礼』を、パリのオークション・ハウスと衛星中継で結ばれた東京全日空ホテルでのパーティでこの作品を落札、75億円(89年)で購入します。
 大昭和製紙のワンマン会長だった齋藤了英がゴッホ「医師ガシェの肖像」120億円、ルノワール「ムーラン・ド・ギャレット」136億円(90年)を購入します。いずれも当時の絵画の最高落札価格を次々と更新していったのです。

 日本のバブル紳士達によって世界の絵画市場を席巻したのです。この前後に空前の絵画投資ブームがやってきます。日本が86年に輸入した美術品は700億円未満だったのが、90年には6146億円になります。やがて問題になるイトマンだけでも25億円の絵画を購入していたのです。銀座の一画廊でモネ40枚、ルノアール164枚を扱ったという話もありました。税金対策のためにルノアールを使って不動産売買まで行われました。


バブルの悪いイメージが強いので、軽薄な日本人って結論になりがちですが、印象派の画家たちが日本の版画に興味が強かったため、日本の版画商の付き合いなどが19世紀終わりからあったそうで、まっとうな付き合いの歴史も深くあることは、この本でも取り上げています。

著者のPhilip Hookさんが寄稿していた以下のエッセイはこの本の最後の章の内容とほぼ同じものです。

Always in Style
by Philip Hook
Published: 2009年5月14日
(前略)
The appeal of the Impressionist paintings today is no longer edgy. By comparison with works by Modigliani or Magritte or Picasso, they seem old-fashioned. They have been overlaid with history. But that doesn’t mean they lack an audience. People find the works attractive because of the brightness of their colors, the serenity of their subject matter and the allure of the period they document. Collectors like the recognizability of the style and the lingering romance that attaches to Impressionist painters as the harbingers of modern art — men and women who weren’t understood in their own time. Not the least satisfying part of the enduring Impressionist myth is the reassurance it brings of human progress and the opportunity it provides for the smugness of hindsight. This is art that was difficult for the artists’ poor, misguided contemporaries to comprehend but that is easy to grasp for us, their enlightened descendants.

Over recent years the emerging economies — Russia, China, India and the countries of the Middle East — have spawned increasing numbers of superrich collectors who have been drawn into the art market. A sizable proportion of them have bought Impressionist paintings. So new money’s enchantment with the Impressionists repeats itself, on a more globalized scale. But as banks collapsed and financial markets went into meltdown at the end of 2008, dealers and auction houses held their breath. Would demand for such expensive art carry through into the new year?

The answer turned out to be an emphatic yes. At the unexpectedly successful Sotheby’s and Christie’s London sales that were held in February, the highest prices were achieved by a Degas — the posthumous bronze Petite danseuse de quatorze ans, 1922, which brought £13.3 million ($19 million) — and a Monet, Dans la prairie, 1876, fetching £11.2 million ($16.1 million). There was continuing competition from buyers hailing from the emerging economies. New collectors entered the fray.

Great Impressionist art is rare. Naysayers note that the quantity of good works available is not the same as it was a generation ago, and they’re right. But this rarity drives up bidding. How will the sparkling early Renoir Jeune femme à l’ombrelle, 1868, do on May 5 at Sotheby’s, which has estimated the painting at $700,000 to $900,000? However it plays out, the high price tag attached to the whole category is part of its appeal. Buying an Impressionist painting goes beyond investment and becomes an assertion of wealth, both cultural and financial. In other words, such work is still the ultimate trophy.


自分には以下の部分が印象的です。the reassurance it brings of human progressとあるように、まあ人類の進歩はおおげさかもしれませんが、生活の明るい面を描いているのが印象派という感じですよね。

Not the least satisfying part of the enduring Impressionist myth is the reassurance it brings of human progress and the opportunity it provides for the smugness of hindsight. This is art that was difficult for the artists’ poor, misguided contemporaries to comprehend but that is easy to grasp for us, their enlightened descendants.

印象派とファッションに焦点をあてた展覧会Impressionism, Fashion, and Modernityがフランスのオルセー美術館、米国のメトロポリタン美術館やシカゴの美術館を巡回しているようです。以下はメッツの案内です。
Impressionism.jpg

Impressionism, Fashion, and Modernity presents a revealing look at the role of fashion in the works of the Impressionists and their contemporaries. Some eighty major figure paintings, seen in concert with period costumes, accessories, fashion plates, photographs, and popular prints, highlight the vital relationship between fashion and art during the pivotal years, from the mid-1860s to the mid-1880s, when Paris emerged as the style capital of the world. With the rise of the department store, the advent of ready-made wear, and the proliferation of fashion magazines, those at the forefront of the avant-garde—from Manet, Monet, and Renoir to Baudelaire, Mallarmé, and Zola—turned a fresh eye to contemporary dress, embracing la mode as the harbinger of la modernité. The novelty, vibrancy, and fleeting allure of the latest trends in fashion proved seductive for a generation of artists and writers who sought to give expression to the pulse of modern life in all its nuanced richness. Without rivaling the meticulous detail of society portraitists such as James Tissot or Alfred Stevens or the graphic flair of fashion plates, the Impressionists nonetheless engaged similar strategies in the making (and in the marketing) of their pictures of stylish men and women that sought to reflect the spirit of their age.

この展覧会は以下の書評で知りましたが、まだこの書評は読めていません(汗)

Paris: The Thrill of the Modern
MAY 9, 2013
Anka Muhlstein

Impressionism, Fashion, and Modernity
an exhibition at the Musée d’Orsay, Paris, September 25, 2012–January 20, 2013; the Metropolitan Museum of Art, New York City, February 26–May 27, 2013; and the Art Institute of Chicago, June 26–September 22, 2013
Catalog of the exhibition edited by Gloria Groom
Art Institute of Chicago/Yale University Press, 335 pp., $65.00; $40.00 (paper)
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR