fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

(続)白水社がスゴイ

 



ポーランド関連でヤン・カルスキの本も白水社が出しているのを忘れていました。第二次大戦中にホロコーストが起こっていることを西側諸国に報告した人物です。


21世紀に語り継がれる記録文学の傑作
本書の著者ヤン・カルスキこと本名ヤン・コジェレフスキ(1914-2000)は学業優秀で外交官となるが、間もなく第二次大戦勃発。祖国ポーランドはドイツとソ連に分割され、彼は初めソ連赤軍、ついでナチスの捕虜となる。ゲシュタポによる激しい拷問に遭い自殺を図るが、搬送先の病院からレジスタンスの同志によって奇跡的に救出され、その後数々の偽名や身分を使いながら(最終的なコードネームはカルスキ)、並外れた語学力と記憶力を武器に、地下活動を続けるポーランド秘密国家に奉仕した。
42年夏、ユダヤ人指導者らの依頼でワルシャワ・ゲットーや強制収容所に潜入、ナチスによるユダヤ人大虐殺を目撃し世界に伝えるという任務を負う。密使カルスキの報告は、ホロコーストの事実を外部に伝える最初期の証言となるが(イーデンやルーズヴェルトにも接見した)、列強は様々な思惑の中これを黙殺。結局、ユダヤ人を救う有効な措置はとられなかった。
偽名のまま合衆国にとどまったカルスキは、39年から43年にかけて体験した一部始終をスパイ小説さながらの筆致で本書にまとめ、44年ニューヨークで刊行。たちまち大ベストセラーとなった。戦後はながらく絶版。カルスキも30年以上沈黙を守り、大学教員として静かに暮らすが、フランスのランズマン監督の『ショアー』(1985)の証人として再び世間の注目を集め、今日に至る。記録文学の傑作、本邦初訳。
「誠意と勇気。個人の冒険がそのまま世界の運命につながっている。どうしてこれがフィクションでないのだ?」池澤夏樹氏推薦!

ちなみに英語版はこちら。

Jan Karski



『ショアー』のランズマン監督はカルスキのインタビューだけを取り出してThe Karski Reportというドキュメンタリー作品を別に作り直しています。そのあたりの経緯は次の記事で知りました。

Claude Lanzmann's Holocaust documentary, Shoah, was meant to be an 'incarnation of the truth'. His new film responds to a threat to that truth
Stuart Jeffries
Thu 9 Jun 2011 23.00 BST

改めて彼をメインにドキュメンタリーを作ったのはカルスキを主人公にした文学作品がその頃にフランスで大ヒットしたからだそうです。ランズマン監督自身はその小説が気に入らなかったために自分でドキュメンタリーをまとめたとか。。。


ユダヤ人虐殺の証人として映画『ショアー』にも出演したポーランド人カルスキの苦悩を描く衝撃の作品。カルスキは密使として、ユダヤ人絶滅政策の恐るべき実態を伝え、「世界の良心」を喚起して虐殺を止めさせようと連合国を訪れるが、大国の首脳陣は彼の言葉に耳を貸そうともしなかった。「民主主義の自由世界」は共犯者なのだ、人類の怠慢、無知、無関心が悲劇を生んだのだというカルスキの悲痛な叫びを、エネルは第一部・第二部をノンフィクション、第三部をフィクションという独創的な手法でリアルに描き出す。アンテラリエ賞、フナック賞受賞。

「大虐殺が起こっているのを見殺しにしていいのか」、ホロコーストの過ちを繰り返していいのかという問題は、ルワンダでもユーゴスラビアでも問われてきました。今まさにそれが問われているのはシリアでしょう。イスラエルメディアは特にホロコーストと絡めてしまいがちのようです。

Israel & The Middle EastThe Arab World
By Aaron S. - September 4, 2018

Three million Sunnis are taking refuge in and around the city of Idlib in the north of Syria. Syria, Russia, and Iran are tempted to attack the city, but the pressure from the west is growing to not make a move.

The occupying forces are now gathering around the north-western province of Idlib, where there has been a series of rebel groups and extremist combatants, many of whom are considered “terrorists” by the world’s powers.

今年の春にも同じようにホロコーストの手口とシリアでのやり口の類似性をあげて批判する記事がありました。

By Eva Mozes Kor and Mohammed Alaa Ghanem
Updated 2248 GMT (0648 HKT) March 27, 2018

(CNN)Our people suffered mass atrocities in different places and times, but we are united in our shared humanity -- and our desire for action to stop ongoing atrocities in Syria. Ms. Kor is a survivor of the Auschwitz death camp during the Holocaust, in which German dictator Adolf Hitler launched a systematic campaign to annihilate the Jewish people. Mr. Ghanem lived almost all his life in the Syrian capital Damascus, where some of the worst atrocities in the world today are ongoing.

The Ghouta suburbs of Damascus have been particularly devastated recently by the ongoing crisis in Syria. It may not compare in death toll to the vastness of the slaughter that took place in the Holocaust, but there are a number of hallmarks that bear striking resemblance.

Like Hitler, Syrian dictator Bashar al-Assad uses poison gas against civilians, most famously in the 2013 Sarin massacre in Ghouta and most recently, it's suspected, in a strike in the same area. Like Hitler, Assad uses starvation as a weapon against civilians, having placed over 400,000 people in Ghouta under siege. Assad also uses Blitzkrieg-style scorched earth tactics, along with his brutal partner, Russian President Vladimir Putin, to target hospitals, bakeries and schools.

こちらのアトランティックの記事は少し冷静に距離をとって分析しています。ホロコーストの類似性を見出す態度には“Never be a passive victim; never forsake your brothers; never be a passive bystander; and never be a perpetrator.”と4つに分けられるという研究を紹介しています。

Why religious leaders say yes and political leaders say no
SIGAL SAMUEL  APR 8, 2017

In a 2013 psychology study, a research team argued that Israelis’ Holocaust narrative has dramatically transformed over time: Whereas it defined “what Israeliness is not” in the decade after World War II, today it represents a core part of Israeli identity. The researchers further argued that among Israelis, the Holocaust narrative yields different psychological responses, which can be classed into four categories: “Never be a passive victim; never forsake your brothers; never be a passive bystander; and never be a perpetrator.”

These different psychological responses play out again and again in Israeli society, as different elements within it react to world events. In the aftermath of the Idlib attack and the U.S. strike in Syria, the country’s religious leaders are loudly giving voice to the “never be a passive bystander” response, while the political top brass is mostly privileging the “never be a passive victim” response.

先ほどのCNNの記事で紹介されていた次の冷笑的な言葉が突き刺さります。

In the 1990s, atrocities in the Balkans and Rwanda raised choruses, after the fact, of ‘never again.’ The again is now, in Ghouta, Syria, and nobody’s doing anything to stop it.
Roy Gutman 03.02.18 5:26 AM ET

Where it will end is now in the hands of the major powers, starting with the United States. But if history is any guide, their silence and inaction will be viewed as a green light by Russia and Syria to continue their attacks on Eastern Ghouta indefinitely.

And when the smoke finally clears amid the rubble and the bodies, we will hear, no doubt, the phrase “never again.”

シリアのイドリブで今まさに起こっていることに対して傍観者のまま何もせず、全てが過ぎ去った後にNever again(二度と繰り返しません)と言うだけではないか。返す言葉がありません。。。


スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR