fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

オシャンティーな村上春樹

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
(2013/04/12)
村上 春樹

商品詳細を見る


村上春樹の新作に対して長編のレビューが上がったことはニュースになりました。ざっとしか読んでいませんが、僕自身も彼の感想に近いかもしれません(苦笑)

18,986 人中、18,433人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 孤独なサラリーマンのイカ臭い妄想小説 2013/5/3
By ドリー

ニューヨーカーの記事を紹介して、村上春樹がボストンマラソンの事件に寄せたエッセイがあったことを思い出しました。

MAY 3, 2013
BOSTON, FROM ONE CITIZEN OF THE WORLD WHO CALLS HIMSELF A RUNNER
POSTED BY HARUKI MURAKAMI

30年に及ぶマラソンの中でボストンマラソンが一番気に入っているという話から、具体的なコースの説明をしていき、bombing in Bostonという言葉が出たのは以下の8パラグラフ目からでした。

Emotional scars may be similar. In a sense, the real pain begins only after some time has passed, after you’ve overcome the initial shock and things have begun to settle. Only once you’ve climbed the steep slope and emerged onto level ground do you begin to feel how much you’ve been hurting up till then. The bombing in Boston may very well have left this kind of long-term mental anguish behind.

Why? I can’t help asking. Why did a happy, peaceful occasion like the marathon have to be trampled on in such an awful, bloody way? Although the perpetrators have been identified, the answer to that question is still unclear. But their hatred and depravity have mangled our hearts and our minds. Even if we were to get an answer, it likely wouldn’t help.

To overcome this kind of trauma takes time, time during which we need to look ahead positively. Hiding the wounds, or searching for a dramatic cure, won’t lead to any real solution. Seeking revenge won’t bring relief, either. We need to remember the wounds, never turn our gaze away from the pain, and—honestly, conscientiously, quietly—accumulate our own histories. It may take time, but time is our ally.

For me, it’s through running, running every single day, that I grieve for those whose lives were lost and for those who were injured on Boylston Street. This is the only personal message I can send them. I know it’s not much, but I hope that my voice gets through. I hope, too, that the Boston Marathon will recover from its wounds, and that those twenty-six miles will again seem beautiful, natural, free.

痛ましい事件です。特に以下のようなレポートを見ると犯人に対して怒りがこみあげてきます。



EMILY ROONEY: So I'm sitting here looking thinking what would terrify me most, learning to drive again or not being able to play tennis? Do you have something?

ROSEANN SDOIA: The driving is a little scary, but I've had numerous people tell me that I can use my left foot. And then I've heard of different things that you can put in your car to adjust the driving or have it altered. So I'll drive at some point, but I think to me that's the scariest thing.

JUDY WOODRUFF: And is there something you're just going to say, well, I won't be able to do that again?

ROSEANN SDOIA: No. I haven't really thought of anything that I won't be able to do. I think -- I think there will be and I think that will be a down time when I hit it.

But everything has been -- I've been so positive just because I have to move forward. I can't -- there's no way to look back and say anything negative about it, or "I can't do that" or "I can't do this." I'm going to try to do whatever I can do.

犯人の立場に同情するつもりはこれっぽちもないのですが、このエッセイも「オシャンティー」に感じてしまうのです。オシャンティーってどういう意味か分かっていませんが(汗)

ちょっと飛躍しますが、映画『アルゴ』も『ゼロダークサーティー』も面白い映画でしたが、徹底的に自分たちからの視点なのですよね。この村上春樹のエッセイもあるのは自分たちの視点です。

先ほど取り上げた『砂の女』の一節がふさわしいのかわかりませんが、村上春樹は僕にとっては「片道切符のブルース」をしんみりと歌っている往復切符を持った人かもしれません。

Got a one way ticket to the blnes, woo woo――
(こいつは悲しい片道切符のブルースさ)……歌いたければ、勝手に歌うがいい。実際に、片道切符をつかまされた人間は、決してそんな歌い方などしないものだ。片道切符しか持っていない人種の、靴の踵は、小石を踏んでもひびくほどちびている。もうこれ以上歩かされるのは沢山だ。歌いたいのは、往復切符のブルースなのだ。片道切符とは、昨日と今日が、今日と明日が、つながりをなくして、ばらばらになってしまった生活だ。そんな、傷だらけの片道切符を、鼻歌まじりにしたりできるのは、いずれがっちり、往復切符をにぎった人間だけにきまっている。だからこそ、帰りの切符を紛失したり、盗まれたりしないようにと、あんなにやっきになり、株を買ったり、生命保険をかけたり、労働組合と上役に二枚舌をつかったりもするわけだ。風呂の流し口や、便所の穴から立ちのぼる、片道切符の連中の、助けを求めるあきらめの悪い叫び声から、耳をふさごうとして、やたらに大きな音でデレビをかけたり、せっせと片道切符のブルースを口ずさんだりすることにもなるわけだ。とらわれた人間の歌が、往復切符のブルースであっても、いぶかることは少しもない。

(英訳)
Got a one way ticket to the blnes, woo woo …

If vou want to sing it, sing it. These days peple caught in the clches of the one-way ticket never sing it like that. The soles of those who have only a one-way ticket are so thin that they scream when they step on a pebble. They have had their fill of walking. "The Round-Trip Ticket Blues" is what they want to sing. A one-way ticket is a disjointed life that misses the links between yesterday and today, today and tomorrow. Only the man who obstinately hangs on to a round-trip ticket can hum with real sorrow a song of a one-way ticket. For this very reason he grows desperate lest the return half of his ticket be lost or stolen; he buys stocks, signs up for life insurance, and talks out of different sides of his mouth to his union pals and his superiors. He hums "The One-Way Ticket Blues" with all his night and, choosing a channel at random, turns the television up to full volume in an attempt to drown out the voices of those who have only a one-way ticket and who keep asking for help, voices that come up through the bathtub drain or the toilet hole. It would not be strange at all if "The Round-Trip Ticket Blues" were the song of mankind of imprisoned.


まあ、TIMEの最新号はME ME ME generationを特集していて、このような傾向を肯定的に捉えていこうとしているようです。読んでからこの特集の感想は書きたいと思います。

Time0512.jpg

スポンサーサイト



Comment

同世代

Yutaさん、こんにちわ。

このTIMEの表紙の同世代として、この記事を読みましたよ(笑)この女性の行為は自撮りといって、まさに今JKの間で流行っている動作です。ちなみに私も27にして実家暮らしなので、who 以下の英文はもろにk2を物語っています。

TIMEのホームページで読めないかなと記事のタイトルで検索したら1段落も読めなかったので、旧キンドルで購買しました。日本のキンドルファイヤーで読みたいのは山々なのですが、まだまだ電子化に追い付いていないようです。

さて、自分の世代のことが書いてあるので、概念はわかっているので、なるほどこうやって表現すればいいのかぁととても勉強になる記事でした。self-involved, microcelebrity, shoo-in, The information revolution has further empowered individuals by handing them the technology to compete against huge organizations. Now that cell phones allow kids to socialize at every hour.
そして、まさに私の面前の生徒を表現した核心の部分が以下です。
Not only do millennials lack the kind of empathy that allows them to feel concerned for others, but they also have trouble even intellectually understanding others' points of view.
高校の卒業式の祝辞“You're not special.”動画も面白かったです。
今回もYutaさんの記事のおかげでだいぶ勉強になりました。TIMEはTIMEでも背景知識のある記事なら、意外にすんなり読み切れると気づけただけで収穫でした。ありがとうございます。

2013.05.12 | k2[URL] | Edit

Re: 同世代

>k2さん
コメントありがとうございます。

TIMEのKindle版は基本Textだけなんですよね。Kindle版としてBusinessWeekの方を紹介させていただいたのは、BusinessWeekはキンドルファイヤーやiPadだと雑誌と同じレイアウト、カラー写真付きで読めるからでした。でも、読みたいときに買えるのが電子書籍のいいところですよね。

>自分の世代のことが書いてあるので、概念はわかっているので、なるほどこうやって表現すればいいのかぁととても勉強になる記事でした
そうなんですよね。そういう感覚で読んでもらえればいいんですよ。教材ではないので、わからないところは寝かしておけばいいのです(笑)

悪い面は確かにあるようですが、ポジティブな面も記事では触れていましたね。個人的には、世界的にこの世代は、IT技術のおかげで違いよりも共通点が多くなった。これまでは裕福な子供しか許されなかったことができるようになった。権威に圧倒されないようになった。準備ができていて、次にやることを自分なりに考えられるようになっている。

英語学習を進めていくことで改めて確信したことは、時代の流れで変わるものと、変わらないものがあることです。スマホなどを活用しないで英語学習することは考えられなくなりましたが、一方で音読や多読など基礎的訓練は新技術に左右されるわけではありませんよね。TOEICの教材の質が上がってきたのも、前田先生や神崎先生、中村澄子先生たちが毎回のようにTOEICを受けて少しずつ積み重ねたからでしょう。データコーパスができたからって、その部分をおろそかにしてはいい教材はできません。僕たちにできることは、若者に迎合することではなく(良い点は学ばしてもらいたいですが)、時代の流れで変わらないものの大切さを自らの実戦で伝えることでしょうか。

村上春樹の自分たちの視点については、前日紹介した、WTCのビルの高さを全米一、西半球一にしたことが嫌な感じがしたからでもあります。結局、テロに対応するのは力の誇示でしかないのか、村上春樹のエッセイは結局、これまでの日常を取り戻す=力の誇示につながってしまうのではないかと考えてしまったからです。

>TIMEはTIMEでも背景知識のある記事なら、意外にすんなり読み切れると気づけただけで収穫でした
そうなんですよ。背景知識も語学力と同じくらい記事読みには重要です。それには理解できなくても、触れること、なじむことから入るのが一番なんですよね。分からなくても結構いろいろなことを覚えているものです。たくさん触れる癖も付けてほしいと思います。

2013.05.12 | Yuta[URL] | Edit

    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR