fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

(自分メモ)三代目のドラ息子

 


2016年6月に出た高橋和夫さんの『中東から世界が崩れる-イランの復活、サウジアラビアの変貌』を読み直したのですが、サウジに対する先生の心配が現実のものになったようです。これを読んだ当時Yutaはサウジの皇太子が眩しく見えていてどうせ先生はペルシア語を学んだからイランに肩入りしているのではと思っていたことが恥ずかしいです。現在トルコの立ち回りのうまさをみて、この本で中東で国と言えるのはイラン、トルコ、エジプトしかないとおっしゃっていたことがようやく腑に落ちてきた次第です。。。

サウジの皇太子は光と陰があると紹介されていますが、光にあたる経済改革もうまくいくと考えるのが難しいみたいです。もしそうなれば絶大の支持を受けている若者が離反することになるので心配です。この書評で紹介されているサウジの役人は1日1時間しか働かない(He quotes a Saudi minister saying that the average government bureaucrat works one hour a day)といところは日本でも話題になりましたね。

Lindsey Hilsum OCTOBER 11, 2018 ISSUE

For now, the domestic and foreign policy ambitions of MBS continue unchecked because, although he has alienated the traditional power brokers—the clergy, the business elite, and the quarrelsome royal factions—he is wildly popular among Saudis under thirty. No longer do young Saudis feel that they live in a backward country or a backwater compared to other Gulf States. But their continued enthusiasm is dependent on the economy delivering jobs and prosperity. In his chapter on the Saudi state in the age of austerity, Steffen Hertog points out that employment has previously been regarded as a form of welfare, and it will be hard to convert Saudis from jobs as largely idle bureaucrats in meaningless government positions into productive private-sector workers. (He quotes a Saudi minister saying that the average government bureaucrat works one hour a day). The structural obstacles are immense. “While the Saudi private sector has built real capacities since the 1970s, it mostly caters to a domestic market that relies on state-generated demand, and has developed production models that rely on state protection and state-provided subsidies,” he writes.

The air in Riyadh is choked with dust from the construction of a new subway and dozens of skyscrapers. The aim is to create a skyline like Dubai’s, but the danger is that many towers will lie empty if the ambitious plan to diversify the economy falters for lack of foreign investment. The Dubai parallel is limited because the Saudi royal family, as guardians of the holy cities of Mecca and Medina, cannot allow what religious Saudis regard as the debauchery of the United Arab Emirates. The guardianship of Islam’s most holy sites remains essential to the Saudi sense of self. A group of grumpy old men I met at a livestock market just outside the capital told me that they could go along with newfangled ideas like movie theaters, but anything involving “alcohol and fornication” would be beyond the pale. It is no secret that some of the more than a million Saudis who visit Dubai annually indulge the pleasures of the flesh, but what happens in Dubai stays in Dubai and is regarded as entirely different from what is permitted at home.

確かに公務員でのんびり働いていた人にいきなり民間で勤勉に働けと言っても無理がありますし、そもそもサウジの民間企業は政府の需要に応えるものがメインのようで政府の財政出動がなくなれば民間の活力もなくなります。これに加えて、中東協力センターの資料では改革の方向性は給料が割高で勤勉とは言えないサウジ人の雇用と値上がりする公共料金によって海外直接投資をするインセンティブにはなっていない現実も示しています。

   経済改革に取り組むサウジアラビア
(一財)国際開発センター 研究顧問 畑中 美樹


サウジへの昨年のFDIが著減した理由は次の二つと推測される。第一は,海外のビジネ スマンや投資家が,ムハンマド皇太子の進める社会・文化・経済改革を見極めようとの姿 勢を取ったことである。彼らの多くは,これまで長きにわたり禁止されてきた映画館の開 設や女性の自動車運転の許可などの社会・文化改革が閉鎖的であったサウジにとって大き な進歩であることは認めている。だが同時に彼らは,イスラムの教えを厳格に解釈する聖 職者ほかの所謂「保守派」「守旧派」もサウジ国内には少なくないことから,反発が起きて 最悪時には混乱が生じる事態もあり得るとの慎重な見方に傾いたということである。
第二は,中・長期的には適切である経済改革の皮肉な側面が短期的に出たということである。それは「改革のジレンマ」と呼べるかもしれない。石油資源こそ豊富ではあるものの水資源は乏しく,しかも気候風土も厳しく,総じて経済面に関する法律や規則の整備の遅れてきたサウジは海外企業にとって率先して進出・投資を検討したい国家ではない。  
それでも一部の企業がサウジに投資し進出してきたのは別の面でのメリットがあったからにほかならない。それらは,第一に,税金が無いか,或いはあっても安いかの何れかであったからであり,第二に,電力・ガス・水道などの公共料金がどれも格安であったからであった。そして第三に,労働者の多くをフィリピンなどのアジア諸国やエジプトなどのアラブ諸国に依存していることにより労賃も割安であったからである。  
だがムハンマド皇太子下で積極的に進められている経済改革は,政府の財政赤字の解消や自国民の雇用先の確保を最優先課題と掲げている。そのため,例えば歳入強化の一環として付加価値税(VAT)が取り入れられたほか各種の税金も導入される方向にある。加えて,電力・水道などの公共料金は軒並み引き上げられており,今後も益々引き上げられる予定となっている。ピーク時には約1,100万人はいるといわれた外国人労働者についても, 自国民への雇用確保を目指す「サウジ人化」政策により積極的に削減されつつある。  
要は,「サウジ版改革・開放」政策を標榜し邁進する若きムハンマド皇太子が外国企業の目には,その性急さも加わって不安材料と映っており,しかも彼らにとってのサウジ・メリットが何れも消失しつつあることが昨年サウジへのFDI の急減を生んだ理由と推察される。



また、アメリカとの強固な同盟関係の面においても現在では疑問視されるそうです。ニューヨークタイムズのメール記事で知りました。


アメリカはサウジアラビアの石油に頼っているというのは過去の話であることをすっかり忘れていました。シェールガス革命によってアメリカは世界最大の産油国で年々サウジアラビアからの輸入量も減っていまではカナダがアメリカの輸入国の一位だとか。

1. Oil
If you stopped an American on the street and asked him or her to sum up the Saudi-American alliance in one word, it would probably be oil. They sell it, we buy it.
But this has not really been true, at least in the sense that people mean it, for decades.
During the Cold War, two oil exporters dominated global markets: Saudi Arabia and the Soviet Union. And the United States relied heavily on imports. The Saudis cutting off sales, as they did in the 1970s over Israel, could cripple the United States.
So the United States desperately needed to keep the Saudis on their side, both for its own needs and to balance against Soviet energy dominance. Once the partnership was established, they worked to keep the reliable Saudi royal family in power.
None of this is quite true anymore. The Saudis make up a smaller share of the market, as other oil producers have come online. The United States now produces lots of its own oil. Its greatest source of imports is, by far, Canada.
Oil is traded on global markets — rather than country to country — that today have built-in shock absorbers, like strategic reserves. A Saudi cut-off wouldn’t be the catastrophe it once was, and there is no longer a threat of Saudi-Soviet (or Saudi-Russian) alignment.

記事のリンク先にあった統計で2017年のものです。サウジの石油はアメリカの輸入量の10%ほどになっているんですね。


All Countries 10,144
Saudi Arabia 955
Canada 4,054

このメール記事で紹介されていたのが次のもの。アメリカとサウジの同盟関係の必要性を問い直しています。先ほどの石油以外にも、中東の安定性を揺るがしているのはサウジ自身だし、武器輸出にしてもトランプのいうほどの額ではないし、イエメン介入で武器が使われているのを考えると正当化できないとしています。

EMMA ASHFORD OCTOBER 22, 2018

Drifting Apart
Washington’s willingness to criticize the Khashoggi murder owes as much to the changing nature of the U.S.-Saudi relationship as to growing repression. Though the few defenders of the Saudi government have trotted out the standard arguments in favor of the U.S.-Saudi partnership — oil, regional politics, arms sales — these arguments are far less persuasive today than they were 35 years ago. The United States simply no longer needs a close relationship with Saudi Arabia to achieve its foreign policy goals and meet its energy needs.

Take oil. It’s true that Saudi Arabia remains among the world’s largest producers of oil, producing around a quarter of the world’s crude oil. And thanks to changing production patterns — notably the growth of shale oil production in the United States — America is far less directly dependent on Middle Eastern energy.

*******

America’s key interest in the Middle East is stability. Yet in recent years, Saudi foreign policy has far more often been destabilizing than stabilizing. Saudi Arabia is often portrayed as a bulwark against Iranian regional influence, but it’s unclear why a destabilizing reactionary Saudi foreign policy is any better than a revolutionary Iranian one. Just as Iran sponsors Hezbollah, Saudi Arabia has sponsored various militant groups in Syria. Iran meddles in Lebanese politics, while Saudi Arabia recently kidnapped the Lebanese prime minister. If America’s regional interest is stability — rather than simply taking sides — it doesn’t make sense to back either country in their regional aspirations.

*******

Even arms sales — a more contemporary argument in favor of a close partnership with Saudi Arabia — are no longer convincing. With his typical exaggeration, President Donald Trump cited $110 billion in arms sales and the resulting U.S. jobs as an excellent reason to maintain good relations with Riyadh. In fact, experts assess that Saudi arms sales are in reality worth only about $20 billion, while the 4,000 jobs created are a tiny fraction of the overall U.S. defense industry. With Saudi human rights abuses now regularly making headlines, it is much harder to justify the sale of offensive weapons to the kingdom.

カッショギ事件直後にサウジ側は「サウジはすごいんだぞ、アメリカが制裁したらサウジも報復するぞ」という意見を流しましたが、いかに現状分析できていないかを表しているようです。動画で高橋先生が語っていたように「上がダメだとまともな人がついていかない」といういい例です。

中東の重要性が下がっているのはアメリカの場合で、日本は以前として中東からの石油を頼っている現実があります。


(2) 日本と中東との貿易
先にみたように、ここ数年、原油の輸入金額は上昇しているものの、ほとんどが輸入単 価上昇による影響であり、輸入数量はあまり変化していない。長期的にみると、平成に 入ってからは9年に約 16 億 7,400 万バレルとピークをつけた後、17年には約 15 億 6,000 万バレルと1割近くの低下となっている。しかしながら、我が国の原油輸入の大半は中東 に依存する形が続いており、17年の中東依存度は約 90%と、近年、その傾向を強めていることがわかる(第II-3-13図)。

内訳をみると、サウジアラビアからの輸入が約 32%、アラブ首長国連邦からの輸入が 約 27%、イランからの輸入が約 15%となっており、上位3か国で輸入高全体の4分の3 近くを占めている(第II-3-14図)。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR