fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

Crooked

 


Crookedと聞くとCrooked Hilaryが今でも頭に残っています。フェイスブックのフェイクニュース騒動もそうですが、やっぱり根拠のない話を広めることい歯止めをかける仕組みを考えないといけないですよね。

先ほどの作品は「この『ねじれた家』こそ私の最高傑作」なんてコピーで気をひこうとしています。「全米が泣いた」などのコピーに警戒感しか感じないYutaとしてはWikipediaにも書いてあることだとしても疑ってしまいます。

(Wikipedia)
『ねじれた家』(ねじれたいえ、原題:Crooked House)は、イギリスの女流作家アガサ・クリスティの推理小説。1949年に発表された。
原題 "Crooked House" は、作品中に引用されているマザー・グースの童謡 "There was a crooked man"(ねじれた男がおりました)の最終節の歌詞 "in a little crooked house" に由来する[1][2]。
本作は、『無実はさいなむ』とともにクリスティが自ら最高傑作と語った作品である。

確かにCrooked Houseの本の前書きで本人が書いていますね。読者の反応も踏まえて書いているので、出版後に書かれたもののようです。

This book is one of my own special favourites. I saved it up for years, thinking about it, working it out, saying to myself: “One day, when I’ve plenty of time, and want to really enjoy myself – I’ll begin it. 

(中略)

But perhaps the author isn't the best judge of his or her own work. However, practically everybody has liked Crooked House, so I am justified in my own belief that it is one of my best.

さらに彼女の自伝にもありました。Wikipediaの記述はOf my detective books, I think the two that satisfy me best are Crooked House and Ordeal by Innocence. を踏まえたもののようですね。

Of my detective books, I think the two that satisfy me best are Crooked House and Ordeal by Innocence. Rather to my surprise, on re-reading them the other day, I find that another one I am really pleased with is The Moving Finger. It is a great test to re-read what one has written some seventeen or eighteen years later. One's view changes. Some do not stand the test of time, others do.

ちなみに彼女が選んだ10冊というのもあるようです。日本人の翻訳者に刺激を受けて自分のを選んだとあります。誰のことなんでしょうね。


In response to a Japanese translator's lists of favourites, Christie wrote this in 1972:

"My own ten would certainly vary from time to time because every now and then I re-read an early book for some particular reason, to answer a question that has been asked me perhaps, and then I alter my opinion – sometimes thinking it is much better than I thought it was – or not so good as I had thought.

ちなみに『ねじれた家』に関してはCrooked House – I found a study of a certain family interesting to explore.と語っていました。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR