fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

Everything passes, except the past

 


GWを使ってベルギーのブリュッセルに行ってきました。アフリカ博物館を訪問するのが目的でした。植民地主義を称えている時代錯誤の博物館と批判されていて、数年間のrenovationを経て昨年12月に再開されました。動画ニュースでも触れていますが、「ベルギーがコンゴに文明をもたらす」という彫像が20世紀になってからも作られていたんですね。ベルギーにとっては向き合いたくない過去をどのように取り扱っているかという関心が自然と沸き起こります。

昨年末の再開時には色々なメディアが取り上げていました。読み比べてみるとEconomistがよくまとまっていることがわかりますが、様々なトピックを凝縮して書いているため事情を知らない人が読むと苦労しそうです。この情報密度の高さもEconomistが英語学習者には難しいとされている点でしょう。例えば記事は長いですがApolloという美術雑誌の特集を読んだ方がわかりやすいかもしれません。この記事を読んでからEconomistの記事を読み直すとよくまとまっていると感心することになります(実体験)

The struggle to tell the story of colonialism
Belgium’s revamped Africa Museum is a magnificently bizarre hybrid
Dec 6th 2018 | TERVUREN

Leopold and his ghosts
Belgium took longer than other European powers fully to acknowledge the dark legacy of colonialism. A third of white Belgians are thought to have family or business links to Congo or the other two former Belgian dependencies, Rwanda and Burundi. A society of veterans still battles fiercely to defend the reputation of Leopold and the colonial achievement in general. In particular, it points out that since Congo became independent in 1960 it has suffered under almost unparalleled misrule and misery.

日本の場合は敗戦国ですから敗戦と同時に植民地を全部手放しましたが、ベルギーの場合はそんな簡単ではなかったようで、Economistは国民の3分の1がコンゴなどのアフリカの植民地と関係があるとしています。Apolloの記事ではベルギーの家族のうち誰かがコンゴでは働いている人がいたとしていますのでそれだけ深い関係があったということでしょう。

Emilie Bickerton 2 MARCH 2019

Historically Belgium has been reticent to the point of denial about the reality of Leopold’s personal rule or the later colonial period. ‘In every Belgian family there was always someone who worked in the Congo,’ says Gryseels, ‘so every family was almost emotionally attached. It was a very emotional thing and Belgium was not up to [confronting] it.’ The first breaking of the silence came in the 1990s. The publication in 1998 of King Leopold’s Ghost: A Story of Greed, Terror and Heroism in Colonial Africa by the American writer Adam Hochschild was something of a turning point. The stomach-churningly brutal story of the administration of the Congo Free State was out of the bag. It was the first time these things had ever been said so publicly, and a jolt for those of Gryseels’s generation. ‘I never got any critical note whatsoever during my education,’ he says, recalling the stories he grew up with, of missionaries and nuns who ‘all did a fantastic job educating people’.

EconomistはLeopold and his ghostsというサブタイトルを使い、politicoの記事はThe man struggling to exorcize Leopold’s ghostというタイトルを使っています。上の抜粋で触れていますが、Adam Hochschildの本King Leopold’s Ghostを意識してのものでしょう。過去を見直すきっかけとなるインパクトを持った本だったのですね。

Confronting Belgium’s colonial legacy in a building constructed to glorify it is an ‘enormous challenge.’
By ESTHER KING 9/20/18, 4:00 AM CET Updated 4/19/19, 1:38 AM CET

日本にとってはベルギーのような遠い国の場合には「西洋中心主義や植民地主義を反省する」という綺麗事を押し付けたくなりますが、過去を直視することの難しさは次のChannel 4ニュースの後半に出てくる人物を見てもわかります。



この動画で驚きなのはそれだけではありません。1958年のベルギーでの万博でコンゴの人たちを連れてきて見世物にしていたことです。この時代はまだ帝国主義的な考え方の延長線上にあったのでしょうか。human zooというキャッチーな切り口を用いたNPRの記事はこちら。

September 26, 20187:30 AM ET

前振りが長かったですが、ようやく訪問の感想です。入口から博物館に向かう地下道で目に入ったのがEverything passes, except the pastという言葉。かっこいい言葉で過去と向き合う決意のようなものを感じます。博物館自体も平日にも関わらず学校の行事で来たであろう子供達や、高齢者のグループで随分と賑わっていました。

ようやく博物館に入ったところで、博物館の概要を説明している所の脇に次のような注意書きがあり過去の常設展示物をまとめていました。Channel 4の動画3分30秒あたりで取り上げていたコンゴ人を野蛮な人種として展示していたことに対する反省からなのでしょうが、動画で紹介されているようなあからさまな彫像はありませんでした。

Sidelined
From 1908 to 1960, the museum was funded by the Ministry of the Colonies. This was reflected in the selection and presentation of the exhibited objects. As a result, the
museum played an important role in the representation of Africa and Africans and in the glorification of the colony and its founders. Some aspects of this imagery are still at work.
The images and sculptures that you see here were previously part of the permanent exhibition, but no longer belong in that context.

博物館自体は植民地主義の反省というより、ベルギーの植民地だった国々の文化、歴史、自然を包括的に紹介しようとするものでそれはそれで価値のあるものと感じました。でも植民地時代のことも一区画使って紹介しています。その入り口にあった紹介文ですが、多方面に気を使った書き方をしています。

Colonial history and Independence
Taken in the context of the long history of Congo, Rwanda, and Burundi, the colonial period was relatively short. Yet, it has been decisive for the evolution of postcolonial society in the three countries, and in shaping their image in Belgium.

Today, historians fundamentally agree about the reconstruction and interpretation of the colonial past, but in terms of the public debate, it remains a very controversial period. The collections of the Royal Museum for Central Africa have been composed by Europeans; it remains a challenge, therefore, to tell the colonial history from an African perspective. The RMCA wants to stimulate interest in this period and to be a forum for lively debate.

さて肝心の植民地時代の残虐性をどのように展示しているのかという点ですが、このあたりはAdam HochschildのKing Leopold’s Ghostを読んだものとしてはだいぶ肩透かしを受けた印象です。よく紹介される懲罰として手を切り落としたと言ったショッキングな側面は展示スクリーンで触れられる程度で、被害の状況も以下のような書き方で踏み込んでいません。

How many victims did the Congo Free State make?
In the absence of precise data, it is particularly difficult to tell how many victims the Congo Free State made. Wars of conquest, exploitation, forced labour, punitive expeditions, population displacements, the disruption of agriculture, epidemics, and the introduction of unknown diseases cost the lives of enormous numbers of Congolese. Moreover, the birth rate declined sharply. The total population e deficit was catastrophic and rose to many hundreds of thousands, perhaps even several million-according to some, it amounted to one third of the total population. What is certain is that some areas were worse hit than others.

ベルギー人の多くがコンゴど関わりがある中で、このようなトピックを取り上げたことだけでも思い切ったことになるのかもしれませんが、なかなか過去と向き合うのは難しいのだなと実感させられる旅となりました。この程度だったら昔の展示の方を見てみたかったというのが本音です。その方が問題がはっきりしたでしょうから。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR