fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

Discoveryではない

 


ゴールデンウィークでロンドンを訪れた時に次の展覧会が大英博物館でやっていました。先ほどのベルギーとコンゴの話ではないですが、クック船長の探検も英国帝国主義のきっかけとなる出来事です。第二次世界大戦ぐらいまでなら偉大な発見として祝うのでしょうが、現在ではそんな単純にはいかないようです。

by BWW News Desk Nov. 29, 2018   
     
To mark the 250th anniversary of Captain Cook's first voyage, the British Museum today presents a new exhibition which re-examines the explorer's relationship with the people of the Pacific. Reimagining Captain Cook: Pacific Perspectives looks at the ways Cook's explorations are viewed in the places he visited and by descendants of the people he encountered. Objects from the British Museum's collection associated with Cook's voyages are displayed alongside contemporary artworks made by artists from the region. Together, these works demonstrate that the impact of his voyages remains complex, contentious and largely unresolved.

オックスフォードはHe was the first European to arrive on the east coast of Australia.と発見者のようには書いてないですね。

(オックスフォード)
James Cook (1728-79) 
an English sailor and explorer who made three journeys by sea to the Pacific Ocean. He was the first European to arrive on the east coast of Australia. He drew maps of the coasts of Australia, New Zealand and New Guinea. He was also the first European to arrive at Hawaii, where he was killed in a fight with the local people.

「発見」される側のニュージランドではクックをどう評価すべきかは、揺れているようです。1969年の200周年の時は単純に祝われていたようなので、ここ50年で認識が変わったということでしょう。



この動画で紹介されていた展覧会の紹介記事が以下です。大英博物館のより一層批判的なトーンが強くなっていますね。

Andre Chumko
17:30, Nov 01 2018

The arrival of Captain James Cook in New Zealand is celebrated by some as a discovery, but a new exhibition in Gisborne challenges that perception.

He Tirohanga ki Tai: Dismantling the Doctrine of Discovery will address the "historical inaccuracies ... of the European 'discovery'" of New Zealand and the island nations of Te Moananui-a-Kiwa, or the Pacific.

マオリ族にとってはもともと住んでいたんだし、一方的に侵略された被害者ですから複雑です。上陸の時点ですでにマオリ族の人が何人も殺されていたので反感は一層強いみたいです。

Cook's "controversial" nature was at the heart of the exhibition, alongside the idea of discovery, which "led Cook and the monarchy at that time to be able to declare any inhabited land as [belonging to no one] if those people weren't God-fearing, civilised, Christian people," Friend said.

"To celebrate, the discovery of New Zealand is continuing that old way of thinking – racist ideas around Māori not being civilised or equally as human or valued as Westerners. We wanted to provide a place for people to have that conversation."

オーストラリア政府も行事を計画しているようですが、こちらも祝賀一辺倒ということではない内容です。To commemorate the 250th anniversary of the voyage and acknowledge Cook's interactions with Indigenous peopleと発見という言葉は使わずにCook's interactions with Indigenous peopleとしています。

Provides information about the Australian Government's package of measures to commemorate the 250th Anniversary of James Cook's first voyage to Australia and the Pacific.


To commemorate the 250th anniversary of the voyage and acknowledge Cook's interactions with Indigenous people, funding is being provided to:

support a range of reflective exhibitions, activities and events to be delivered by the National Library of Australia (NLA), Australian National Maritime Museum (ANMM) and National Museum of Australia (NMA)
the Australian Institute of Aboriginal and Torres Strait Islander Studies to scope and commence activity relating to the return of culturally significant items from overseas
assist the New South Wales Government to deliver the Kamay Botany Bay National Park Master Plan.

さらに踏み込んだというか、ベルギーのアフリカ博物館でも収蔵品の返却が問題になっているように、ここでも収蔵品ではなく収奪品とみなし返却を促している取り組みがあるようです。このような取り組みにオーストラリア政府が資金援助をしているのですね。

Australian Institute of Aboriginal and Torres Strait Islander Studies (AIATSIS)

AIATSIS is leading a Return of Cultural Heritage Project to intensify the effort to bring Australian First Nations' cultural heritage material held overseas back to its original custodians and owners.

The anniversary marks the start of a process of Aboriginal and Torres Strait Islander cultural heritage being removed overseas. AIATSIS believes that as we approach this anniversary every effort needs to be made to secure return of items of Indigenous cultural heritage to Australia.

250周年に合わせてHistoryチャンネルもドキュメンタリーを作成したようです。



彼が小さい頃は大英帝国の領土が赤く染まった世界地図が学校に貼ってあったそうで、大英帝国は世界に秩序と啓蒙、クリケットをもたらすので良いことだと思われていたと語っています。彼でもそのような記憶があるのですから、植民地主義的な考え方はつい最近まであったということですよね。


2002年にBBCが一般投票を呼びかけた偉大な英国人では、1位がチャーチルで、12位がクックです。9位にネルソンもいるので、英国帝国主義に貢献した人が偉いと思うのは今でもあまり変わっていないのでしょう。

日本の場合は敗戦国でもあるので、ここら辺の価値観は戦前と戦後では大きく変わっているようです。

河合 敦歴史研究家
多摩大学客員教授プロフィール

テレビや雑誌などでは、しばしば「好きな歴史上の人物・偉人ランキング特集」が組まれますが、その多くは、決まったメンバーが顔を揃えていますように思えます。

戦国時代だと、確実に上位にあがってくるのが織田信長、真田幸村、伊達政宗などでしょう。幕末では坂本龍馬がダントツで、さらに高杉晋作、土方歳三、沖田総司などが続きます。そのほかの時代では卑弥呼や聖徳太子、夏目漱石なども根強い人気です。それこそ、今の女子高生に聞くと、「長宗我部元親」という声も上がるのかもしれません。

でも、戦前に同じアンケートをとったら、その結果は全く変わったものなったはず。たぶん今では考えられない、楠木正成、中江藤樹、二宮尊徳、和気清麻呂、乃木希典などがランクインしているのではないでしょうか。

時代によって偉人の人気や評価が変わる理由はどこにあるのでしょうか。

その理由一つは、皇国史観にあります。戦前は、天皇に忠節を尽くしたかどうかが、歴史人物の評価基準になっていました。だから、後醍醐天皇のために命を捨てた楠木正成や、皇位をねらった道鏡の野望をくじいた和気清麻呂が英雄視されたし、逆に、後白河法皇から朝廷の実権を奪った平清盛、後醍醐天皇の建武政府をつぶした足利尊氏の評価はクソミソだったのです。

個々人の考えはいつだって色々あるのでしょうが、時代を支配する考え方というのがあって、時代が変わるにつれてその良し悪しの評価も変わるのも一方であるようです。良い方向に変わっていけばいいですが、余裕がなくなってますます全体的に不寛容な流れになっていそうで怖いですね。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR