fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

J・S・ミル もっとも現代的な理性人

 


薬袋善郎さんの『ミル『自由論』 原書精読への序説』が出ました。文法や文構造を確認しながら丁寧に英文を読むことが見直されている中、出るべくして出た本でしょうか。本文を先に読んでしまうとこれだけで終わりという感じになります。一言一句逃すことなく読んでいくことの実践例なのでしょうが、いくら序説と断っていても一章でも重要なところに到達する前に終わってしまうのはなんとも消化不良ではないでしょうか。

ですから原書精読が重要だといってもJ・S・ミルと聞いても名前ぐらいしか浮かばない人にはついていくのはきついかもしれません。彼の現代社会における重要性を指摘している一節をご紹介します。(ミルをこれほど評価しているのは加藤尚武さんぐらいなのかもしれませんが。。。)

 ミルは、現代の自由主義社会のなかで、私たちが判断を迫られている中心的な問題について、判断の重要な枠組みを確立した。この「自由主義の原則」は、そのまま適用すれば多くの問題を引き起こすものだが、しかし私たちは、ミルのこの原則を基にして何らかの判断を導くしかない。
 付け加えれば、ミルの仕事には論理学上の著作『論理学体系』や、古典主義経済学の優れた要約「経済学原理』がある。また、女性解放論である『婦人の隷従』は、ハリエットとの恋愛·結婚がなければ書かれなかっただろうが、いまだに先駆的著作としての地位を失ってはいない。
 ミルは、二十世紀に生きた人間ではないが、その提示した原理はいまだに私たちの問題解決の枠組みを形づくっている。その意味で、きわめて現代的な思想家ということができる。
『20世紀の思想 マルクスからデリダへ』

この新書では、少数者の利益の保護と他者危害の原則を取り上げていました。コロナウィルスでまさに市民の自由が制限されている中、考えるべき点を光文社古典新訳文庫の斉藤 悦則さんの訳で確認します。



下記の部分は動画では27分あたりから
本書の目的は、きわめてシンプルな原理を明示することにある。社会が個人に干渉する場合、その手段が法律による刑罰という物理的な力であれ、世論という心理的な圧迫であれ、とにかく強制と統制のかたちでかかわるときに、そのかかわり方の当否を絶対的に左右するひとつの原理があることを示したい。
The object of this Essay is to assert one very simple principle, as entitled to govern absolutely the dealings of society with the individual in the way of compulsion and control, whether the means used be physical force in the form of legal penalties, or the moral coercion of public opinion. 

その原理とは、人間が個人としてであれ集団としてであれ、ほかの人間の行動の自由に干渉するのが正当化されるのは、自衛のためである場合に限られるということである。文明社会では、相手の意に反する力の行使が正当化されるのは、ほかのひとびとに危害が及ぶのを防ぐためである場合に限られる。
That principle is, that the sole end for which mankind are warranted, individually or collectively, in interfering with the liberty of action of any of their number, is self-protection. That the only purpose for which power can be rightfully exercised over any member of a civilised community, against his will, is to prevent harm to others. 

物質的にであれ精神的にであれ、相手にとって良いことだからというのは、干渉を正当化する士分な理由にはならない。相手のためになるからとか、相手をもっと幸せにするからとか、ほかの人の意見では腎明な、あるいは正しいやり方だからという理由で、相手にものごとを強制したり、我慢させたりするのはけっして正当なものではない。これらの理由は、人に忠告とか説得とか催促とか懇願をするときには、立派な理由となるが、人に何かを強制したり、人が逆らえば何らかの罰をくわえたりする理由にはならない。
His own good, either physical or moral, is not a sufficient warrant. He cannot rightfully be compelled to do or forbear because it will be better for him to do so, because it will make him happier, because, in the opinions of others, to do so would be wise, or even right. These are good reasons for remonstrating with him, or reasoning with him, or persuading him, or entreating him, but not for compelling him, or visiting him with[Pg 18] any evil in case he do otherwise. 

そうした干渉を正当化するには、相手の行為をやめさせなければ、ほかの人に危害が及ぶとの予測が必要である。個人の行為において、ほかの人にかかわる部分についてだけは社会に従わなければならない。しかし、本人のみにかかわる部分については、当然ながら、本人の自主性が絶対的である。自分自身にたいして、すなわち自分の身休と自分の精神にたいしては、個人が最高の主権者なのである。
To justify that, the conduct from which it is desired to deter him must be calculated to produce evil to some one else. The only part of the conduct of any one, for which he is amenable to society, is that which concerns others. In the part which merely concerns himself, his independence is, of right, absolute. Over himself, over his own body and mind, the individual is sovereign.

自由をどのようにどれだけ制限できるかは、コロナの世界では真剣に議論されるべき問題です。



(ロングマン)
civil liberty
the right of all citizens to be free to do whatever they want while respecting the rights of other people

(オックスフォード )
civil liberty
the right of people to be free to say or do what they want while respecting others and staying within the law
an infringement of our civil liberties

市民的自由を制限することについて様々に議論されていますが、3月のロックダウン初期と4月になってからでは論調も少し変わっている感じがします。最初は何を制限すべきかでしたが、長引くに連れて何を制限し続けるべきかという流れです。

Joan Biskupic, CNN Digital Expansion 2018
By Joan Biskupic, CNN
Updated 0101 GMT (0901 HKT) March 30, 2020

(CNN)As the number of deaths caused by coronavirus climbs in America, new civil liberties dilemmas have emerged for governments trying to protect public health without unconstitutionally limiting individual rights.

The controversy that erupted Saturday when President Donald Trump threatened state quarantines was only the latest dispute over how the country balances individual liberties with community interests during a national crisis like no other.



確かにFOXの反応は性急な感じがしますが、もう1ヶ月ロックダウンが続けば他のメディアでもこのような論調にならざるを得ないのではないかと心配します。

There are much bigger worries than temporary stay-at-home orders.
APRIL 24, 2020
Conor Friedersdorf Staff writer at The Atlantic

The coronavirus crisis will last longer than intense lockdowns are sustainable. It is not unreasonable for citizens to demand answers more solid than any they’ve received about how long officials believe they can impose emergency restrictions and how hard they are working to eliminate any that are needless. But many conscientious civil libertarians simply don’t see temporary shutdowns during a pandemic as inherently tyrannical or even unreasonable.

One needn’t understate how much a few weeks can matter to a laborer or struggling small business owner to appreciate that, even setting mortality risks aside, shelter-in-place orders are the least of our worries. Six months from now, access to the ballot will matter more for democracy than the precise length of today’s shutdowns. A year from now, different statuses for people with different antibodies in their blood may pose thornier questions than any we’ve yet confronted. Two years from now, the endurance of liberty will hinge more on, say, how much we allow COVID-19 to permanently increase the degree of surveillance in society than whether one’s local beach or hiking trail stays closed––even needlessly and frustratingly––for a month or two too long.

面倒かもしれませんが、こういうのは地道に線引きをしていかないといけないでしょうか。それを考える上でミルの自由論はベースとなる教材になるかもしれません。一人でミルの英語を読んでいくのは辛そうなので、薬袋善郎さんには続編をどんどんと出していただきたいですね。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR