fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

科学を通して見る花は、なお一層美しい

 


今更ですが、感染症などの本を読みはじめています。先程手に取ったのは『美しき免疫の力』。読んでいるのは翻訳本ですが、原書The Beautiful CureはAmazonで520円なのでついつい合わせて買ってしまいました。はじめにが美しかったのでご紹介。ちょうど取り上げられているファイマン教授のインタビューがYoutubeにありました。ファインマン教授の細かいスクリプトはYoutubeのリンク先の解説にあります。

Overview
'Look at that flower; look how beautiful it is,' said an artist to his friend.
'Art appreciates and celebrates that beauty, whereas science just takes it all apart. Science makes the flower dull.’ 
The friend being addressed was Nobel Prize-winning physicist
Richard Feynman, and he thought that the artist's view was 'a bit nutty'. Feynman countered that he too could appreciate the flower's beauty, but as a scientist he knew that the inner structure of the flower is wondrous as well – with its cells, its chemical and biological processes, all of its many intricate systems. In addition, Feynman explained, knowing that the flower attracts insects we might deduce that insects find the flower aesthetically pleasing, which in turn raises all sorts of questions about evolution, cognition and light. 'Science,' Feynman said, 'only adds to the excitement and mystery and the awe of a flower. It only adds.'

はじめに
科学が追究する「美」の世界
ある芸術家が、友人に向かってこんなことを言い出した。
「あそこに、美しい花が咲いていますね? 芸術家はその美しさを観賞し称賛するが、科学者は一ばらばらに分解しようとする。それじゃあせっかくの美しい花が台無しだと思いませんか?」
この言葉を投げかけられたノーベル物理学賞受賞者のリチャード.ファインマンは、「何をばかなことを」と少しあきれながら、次のように答えたそうだ。科学者にも花を愛でる心はあるそれどころか、科学者だからこそ、より深く愛でることができる。花の美しさが外観だけにとどまらないことを知っているからだ。花を形作る細胞、分子、さまざまな生物学的反応、複雑に入り組んだ幾多のシステムーそういった内部構造までもが美しいのだ。そこには、驚きに満ちた素晴らしい世界が広がっている。それに、ちょっと考えてみてくれ。花は虫を引き寄せる。ということは、虫にとっても花は魅力的な存在なのだ。そうやって考えていくと、進化、認知、光について次々に疑問が湧いてきて、どこまでも探究したくなる。「科学を通して見る花は、なお一層美しい。科学のおかげで、うち震えるほどの感動と、吸い込まれるような神秘に触れることができる。台無しにするどころか、畏敬の念を深めるばかりだ。」

Coronavirusを美しいということは現状難しいですが、今週のNatureはSARS-CoV-2がどういったものか分かりやすく解説する記事がありました。

NEWS FEATURE  04 MAY 2020
Scientists are piecing together how SARS-CoV-2 operates, where it came from and what it might do next — but pressing questions remain about the source of COVID-19.
David Cyranoski

連休最後の週末は科学関連の本と記事を読もうと思います。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR