fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

トランプ支持者は馬鹿にすべきではない

 


週末、以下の本を読んでみました。

2020-2030 アメリカ大分断 危機の地政学(早川書房)
80年周期の「制度的サイクル」と、50年周期の「社会経済的サイクル」。米国の歴史を動かしてきた二つのサイクルが衝突する2020年代、未曾有の危機が大国を襲う――。国際秩序の未来を分析するインテリジェンス企業「ジオポリティカル・フューチャーズ」の創設者が放つ、新たなる予測。

英語学習的に面白い点は原題がThe Storm Before the Calmのところ。「嵐の前の静けさ」をひっくり返していますね。

(オックスフォード)
the calm before the storm
​a calm time immediately before an expected period of violent activity or argument

この本の主張は随分と強引な感じがするので下記のwsjの書評に同意します。

Politics Books: Crises, Real and Imagined
By  Barton Swaim  March 27, 2020 11:17 am ET

Like other works of prognostication, this one depends heavily on a forced reading of history, often expressed in oracular truisms. Are we really to believe that the second “socioeconomic cycle” ran right through the Civil War and its immediate aftermath despite the fact that roughly a third of the economy, namely the South, was utterly destroyed more than a decade before it ended? Then there are the banalities: “Where the United States emerges at the end of the decade will in large part depend on how these crisis points are handled by both the voters and the leaders of the nation.” Ah.

If you take away Mr. Friedman’s dodgy idea of recurrent 50- and 80-year cycles, and ignore the ever more speculative prophecies near the end, the book contains real insights. One example: The two problems now bringing us to a political crisis, he contends, are “diffusion” and “entanglement”: i.e., the “diffusion and fragmentation of knowledge among individual “experts” and “multiple federal agencies engaged in managing parts of the same problem.” That sounds to me a lot like the federal government’s helter-skelter response to the Covid-19 outbreak.

書評でも触れている専門家の問題について触れているところは、コロナ危機だからこそ、しっかりと考えるべきところですね。専門家を馬鹿にするトランプを支持する人たちの根底にはこのような不信感があるんではないかと思うのです。

誰が有権者の代表を務めるにしろ、完壁な制度は存在しない。さらなる危機に襲われる今後一0年のあいだに、現在の対立は、専門知識と常識の対立へと発展する。専門知識に軸足を置く人々は、問題は非常に手ごわく、専門家によって管理される必要があると主張する。常識に軸足を置く人々は、専門家が考える方法と解決策でこれらの問題に対処することはできないと主張する。なぜなら実践的な観点から見たとき、その理想的な解決策は実行するにはあまりに時間がかかり、さらに市民の現状を完全に無視しているからだ。結果として専門知識は、解決策の錯覚を作りだすだけで終わる。専門家たちは、反対者は事実について無知であり、複雑さを理解できていないと考える。一方の反対者たちは、専門家がより関心を抱いているのはみずからの地位や権威を守ることであり、政策が及ぼす影響について深く考えてはいないと主張する。これらすべての状況が、互いへの不信と嫌悪によってさらに悪化する。

Facebookだって、口では綺麗事をいいながら広告目当ての設定を選挙の最後の方まで残していましたが、以下のニュースなんてトランプ支持者のエリート不信が的外れではないことを示していると思います。日本だと電通案件なんかになるでしょうか。

Court filings reveal consultants’ talk of a records purge during the opioid crisis, and shed new light on sales advice given to the billionaire Sackler family and their drug company, Purdue Pharma.
By Walt Bogdanich and Michael Forsythe
Nov. 27, 2020

Documents released last week in a federal bankruptcy court in New York show that the adviser was McKinsey & Company, the world’s most prestigious consulting firm. The 160 pages include emails and slides revealing new details about McKinsey’s advice to the Sackler family, Purdue’s billionaire owners, and the firm’s now notorious plan to “turbocharge” OxyContin sales at a time when opioid abuse had already killed hundreds of thousands of Americans.

In a 2017 presentation, according to the records, which were filed in court on behalf of multiple state attorneys general, McKinsey laid out several options to shore up sales. One was to give Purdue’s distributors a rebate for every OxyContin overdose attributable to pills they sold.

Opioidの問題で被害が出ている最中にも利益を最大化するためのアドバイスを天下のコンサル、マッキンゼーがやっていたのですから専門家は公共の利益なんて考えずに利権しか頭にないと言われてもまさにその通りです。権威主義体制にも協力しているのですから、この会社には節操なんてないですね。

“This is the banality of evil, M.B.A. edition,” Anand Giridharadas, a former McKinsey consultant who reviewed the documents, said of the firm’s work with Purdue. “They knew what was going on. And they found a way to look past it, through it, around it, so as to answer the only questions they cared about: how to make the client money and, when the walls closed in, how to protect themselves.”

Mr. Giridharadas is a New York Times contributor who wrote a 2018 book that examined the power of elites, including those at McKinsey, for how they evade responsibility for social harm.

In recent years, McKinsey has attracted criticism and unwanted attention for its dealings around the world, including in authoritarian countries such as China, Russia and Saudi Arabia. Its business in South Africa was decimated after McKinsey worked with companies tied to a corruption scandal that led to the ouster of the country’s president. In the United States, McKinsey worked with Immigration and Customs Enforcement under President Trump, proposing ways to cut spending on food and housing for detainees.

バイデン政権が地味な専門家を重要ポストに置いているところを見ると、専門家に頼る=利権死守のようにトランプ支持者たちは捉えるのかもしれません。フリードマンのいう「常識」を取り戻すことができるのか? バイデンが当選して喜んでいるYutaですが、この点はどうしても悲観的にならざるをえません。あっもちろん、トランプ自体は利権しか頭にないと思います。記事でもマッキンゼーがトランプ政権の移民対応にも協力していたと書いてありますね。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR