fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

王国つながり??

 


モロッコも主要なアラブ諸国と同じように王国なためか、関係が深かったのですね。2018年にはアラブ諸国の動きに同調してイランと断交していたようです。

六辻彰二 | 国際政治学者
2018/5/2(水) 19:51

モロッコにとっての死活的利益
 これらの切り崩しは、西サハラ問題をめぐるアフリカ内部の亀裂を大きくし、それが結果的にモロッコに偏った安保理決議に結びついたといえます。

 どの国にとっても領土問題は死活的な利益と位置づけられがちですが、モロッコにとって西サハラは譲れない一線です。中東情勢の緊迫化にともない、イランを支持するロシアや中国も、穏健派モロッコへのアプローチを強めてきました。このうちロシアは2017年12月にモロッコと軍事協定を結び、中国は「一帯一路」に基づくインフラ整備などを加速させていました。しかし、西サハラ問題で優遇されたことは、モロッコをして米国やその同盟国であるサウジアラビアに傾かせたといえるでしょう。

西サハラ問題に関しても、UAEなんかは先月モロッコを支持する立場を明確にしていました。

Morocco launched operation to end what it called "serious provocations" by Polisario Front at border crossing area
Taj-Eddin al-Abdalawi   | 14.11.2020

RABAT, Morocco  The United Arab Emirates (UAE) has backed Moroccan measures to secure the movement of goods and people through the Guerguerat border crossing, amid tension with the Polisario Front, an Algeria-backed movement which for decades has called for regional independence in Western Sahara.

In a statement, the UAE Foreign Ministry reiterated support to "decision by Moroccan King Mohammed VI to end the illegal incursions [by the Polisario Front] in the buffer zone of Guerguerat and secure the commercial and individual movement on the crossing."

前回のエントリーで動画解説してくれていたIntissar Fakirという専門家がアラブ諸国とモロッコの関係の変化を語ってくれています。原油安でオイルマネーによる援助外交ができなくなってきて、言うことを聞かなくなっている状況があるようで、足元を見られて西サハラの領有権を持ち出したのでしょうかね。

INTISSAR FAKIR
The relationship between Gulf countries, particularly Saudi Arabia, and their long-term partner the Moroccan monarchy has undergone notable changes in recent years.
Published June 09, 2020

The crisis within the GCC was an inflection point in this transformation. Morocco’s relations with Gulf leaders—old ties with Saudi Arabia and the UAE and burgeoning ones with Qatar (which by 2016 had emerged as the fifth-highest investor in the country)—made Rabat unwilling to pick a side in the 2017 dispute, irritating Saudi and Emirati leaders. Meanwhile, Morocco has gradually shrunk away from supporting key initiatives of the mercurial Saudi leadership, such as the military intervention in Yemen.

Even in North Africa, Morocco appears uninterested in blindly following its formerly close partners. Local news outlets close to the security services have been open in their criticism of the UAE. A rumor has been circulating that Morocco rejected a proposal from the UAE to recognize its Libyan patron General Khalifa Haftar in exchange for cheap access to Libyan oil and lucrative deals for Moroccan companies. Morocco has been supporting the UN process in Libya and helped broker the Skhirat agreement in 2015 that established the Government of National Accord—which is currently battling Haftar’s forces in western Libya.

王国モロッコの内政弾圧はアラブ諸国に繋がるものがあります。そんな国が語る「平和」なんて虚しく響きます。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR