fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

幻のGreen Revolution

 
先ほどのゲイツ批判は総論みたいな形ですが、こちらはゲイツ財団のアフリカの農業支援の取り組みを批判したものです。





やたらGreen Revolutionを推していて、本でも化学肥料の大切さをビルゲイツが強調していたのは、彼の財団がAlliance for a Green Revolution in Africa (AGRA)というものに関わっているからかもしれません。ノーマン・ボーローグはロックフェラー財団と協力して進めていたのですが、このAGRAもまさにロックフェラー財団が関わっているというのです。ノーマン・ボーローグの伝記を紹介するなら、しれっと紹介するのではなく、自分のプロジェクトの関わりに触れるべきですよね。



昨年の夏にこのプロジェクトの成果に疑問を呈した報告書が発表されたそうです。それが以下です。


それを踏まえた批判記事がジャパンタイムズにありました。

Jayati GhoshNEW DELHI –

This approach is exemplified by the Alliance for a Green Revolution in Africa (AGRA), an initiative launched in 2006 by the Bill & Melinda Gates Foundation and the Rockefeller Foundation. AGRA’s programs support the use of high-yielding commercial seeds, synthetic fertilizers, and chemical pesticides in a monocropping model to increase yields per acre. Surprisingly, advocates of this approach seem largely unaware that similar projects in many Asian developing countries previously produced medium-term results that were mixed at best and were often associated with major ecological problems.
この取り組みの格好の例がアフリカ緑の革命連合(AGRA)によるもので、2006年ビル&メリンダ・ゲイツ財団とロックフェラー財団によって発足したイニシアチブだ。AGRAのプログラムが支援するのは高収量の商用種子、合成肥料、化学殺虫剤を用いて単一作物をしてエーカーごとの収穫量をあげるもの。驚くことに、この取り組みの支援者がほとんど気づいていないのは、多くのアジアの開発途上国で類似のプロジェクトがこれまで中間の結果して出しておらず、せいぜいまちまちの結果で、しばしば大きな生態系の問題を生み出したことだ。

AGRA initially aimed to double the household incomes of 20 million small-scale African farmers by 2020, and halve food insecurity in 20 countries through productivity improvements. It then adopted the more ambitious targets of doubling yields and incomes for 30 million farming households by 2020. But with the deadline approaching, AGRA has shifted the goalposts, and is now promising, much more modestly, to increase incomes (by an unspecified amount) and improve food security for 30 million smallholder farm households in 11 African countries by 2021. In a recent response to criticism, AGRA was even more circumspect, claiming that its goal is to reach only nine million farmers directly and the remaining 21 million indirectly (though what that means is not clear).
AGRAが当初目指していたのは2000万の小規模アフリカ農家の世帯収入を2020年までに倍増し、生産性改良により食糧安保に問題のあった20の国を半分にすることだった。その後、さらに野心的な目標を採用し、2020年までに3000万の農家の収量や収入を倍増することを目指した。期日が近づくにつれて、AGRAは目標をずらして、今約束をしているのは、はるかに大人しくなったもので、収入を増やし(具体的な量は言及せず)、食糧安保をアフリカ11カ国の3000万の小規模農家で2021年までに改善するというものだ。最近、批判に答えて、AGRAはさらに慎重になり、目標は900万の農家が直接達成するもので、残りの2100万の農家は間接的に達成する(どのような手段でかは不明)と表明した。

なんか、遺伝子組み換え作物について見た光景と同じに思えます。フィランソロピーという言葉が企業活動の隠れ蓑になっていないでしょうか。

Moreover, the report showed how the adverse outcomes associated with Green Revolution practices elsewhere were also evident in AGRA countries. Land use shifted away from more nutritious and climate-resilient traditional crops like sorghum and millet toward “high-yielding” maize that required farmers to buy more expensive seeds, often causing indebtedness. Monoculture and heavy use of chemicals (such as petroleum-based fertilizers) led to soil acidification and other ecological problems affecting future cultivation. Monoculture has also made diets less diversified and nutritious by reducing production of staple root crops like cassava and sweet potato.
さらに、報告書によればGreen Revolutionの実施に関連して好ましくない影響がAGRA諸国ではっきりと現れている。土地の利用方法がシフトし、栄養価が高い、気候への耐性もある伝統的な作物、ソルガムやアワから、「高収量」のトウモロコシに変わったため、農家はより高価な種子を購入しなければならず、負債に陥るケースも生まれている。単一作物や(石油由来の肥料など)化学物質の過剰利用は土壌の賛成かなどの生態系の問題を引き起こし将来の栽培に影響を与えている。単一作物により、食事の多様化が失われ、栄養価も低くなっている。主食の根菜だったキャッサバやサツマイモの生産量が減ったためである。

AGRA批判の記事は他にもいくつか出ていて同じ論調の批判ですね。まあ恐らく先ほどの報告書をもとにしているでしょうから似てしまうのは仕方がないかもしれません。

The Alliance for a Green Revolution in Africa (AGRA) is a favorite cause among Western donors — including Germany. But a study finds that the work of the organization is actually counterproductive.
Date 15.08.2020 Author Daniel Pelz (ss)  

*******

スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR