fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

Quo vadis?

 


ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中の1995年、多数のイスラム教徒が虐殺された事件「スレブレニツァ・ジェノサイド」を題材にした社会派ドラマ。国連平和維持軍で通訳の仕事をする主人公が家族や同胞を危険から守ろうとする。メガホンを取ったのは『サラエボの花』『サラエボ,希望の街角』などのヤスミラ・ジュバニッチ。『バーバリアンズ セルビアの若きまなざし』などのヤスナ・ジュリチッチや『サラエヴォの銃声』などのイズディン・バイロヴィッチらが出演する。

この映画も終映間際に見てきました。ヒーロー映画や救いのある物語ではなく、NYTのレビューの一節に共感を覚えます。

The rigorous honesty of “Quo Vadis, Aida?” is harrowing, partly because it subverts many of the expectations that quietly attach themselves to movies about historical trauma. We often watch them not to be confronted with the cruelty of history, but to be comforted with redemptive tales of resistance, resilience and heroism.
Quo Vadis, Aida?の手加減のない率直さは痛ましい。その理由の一つは、多くの期待を裏切るからだ。意識せずに歴史的な出来事を扱う映画につきまとう期待である。このような映画を見る際についつい歴史の残酷さと向き合うことなく、慰めを反抗や立ち直り、英雄的な行動についての救いのある話に求めてしまう。

英語学習としてはタイトルのQuo Vadisを確認してみます。

Q
タイトルのラテン語「Quo Vadis」は聖書の中でキリスト教徒が迫害される場面で使われる言葉だと思いますが、イスラム教徒たちへの迫害を描いた本作のタイトルにこの聖書の言葉を選んだのはなぜでしょうか?
A
スレブレニツァの母親たち、女性たちとの出会いから深い感銘を受けました。彼女たちのなかには60人もの家族(息子たち、夫、父、兄弟とその息子たち、夫の家族など)を失った人もいたのですが、彼女たちは痛みを抱えながらも決して復讐を望んでいませんでした。口にするのはただ平和と、セルビア人、ボシュニャク人、正教徒、カソリック、ムスリムなど皆が共に生きていく暮らしのことでした。彼女たちが望むのは真実と公正です。それにもし皆が復讐を唱えだしたらボスニアはどうなるでしょうか? いまだに戦火の渦中かもしれません。このような痛みを抱えながらも皆のことを考えられる心を持つことがどうして出来るのか、自問しました。彼女たちはこの世を超えた何か、普通は聖人たちに帰するものを持っている。そう考え、神話や帰還についての物語を調べました。そして聖書の物語が完璧に合いました。加害者たちがいる場所へのアイダの帰還は、まさに私が彼女の“旅路”に対して感じていたことと同じだったのです。




リーダーズ+プラスの辞書が素晴らしいのは、作品も紹介してくれていることです。こちらの動画は語義2にあたる1951年の映画から。まさにQuo Vadisの場面です。1分8秒あたりにペトロはQuo Vadis, Domine? 、Whither Goest Thoug, lord?と問うと少年がイエスの言葉を語るようになるところです。

(リーダーズ)
quo vadis? /kwòᴜ wɑ́ːdɪs, -vɑ́ːdəs/
(主よ)あなたはどこへいらっしゃるのですか⦅John 16:5⦆.

1『クオ ヴァディス』⦅ポーランドの作家 Henryk Sienkiewicz の歴史小説 (1896);皇帝 Nero の時代のローマを舞台に, キリスト教と異教との相剋およびキリスト教徒の迫害, 信徒の娘 Lygia を得んとする皇帝の近衛兵 Vicinius の恋情, 使徒ペテロとパウロの殉教, Nero の最期などを描いた長篇で, 世界的ベストセラーとなった⦆.
2 『クォ・ヴァディス』⦅上記作品を原作とした米国映画 (1951);Mervyn LeRoy↙ 監督作品⦆.

動画ではQuo Vadis, Domine? はラテン語、英語でもWhither Goest Thoug, lord?と格言ぽく語っていました。出典はリーダーズにあるヨハネの福音書ではなく、ペテロ行伝の一節であるようで、Wikipediaが説明してくれています。ウエブスターの方も出典をペトロ行伝としています。盛った話なので正規の聖書の中には含まれなかったようですが、盛った話の方が広まりやすいのはどこでも同じなのでしょう。

(Wikipedia)
Quō vādis? (Classical Latin: [kʷoː ˈwaːdɪs], Ecclesiastical Latin: [kwo ˈvadis]) is a Latin phrase meaning "Where are you marching?". It is also commonly translated as "Where are you going?" or, poetically, "Whither goest thou?".

The phrase originates from the Christian tradition regarding Saint Peter's first words to the risen Christ during their encounter along the Appian Way. According to the apocryphal Acts of Peter (Vercelli Acts XXXV),[1] as Peter flees from crucifixion in Rome at the hands of the government, and along the road outside the city, he meets the risen Jesus. In the Latin translation, Peter asks Jesus, "Quō vādis?" He replies, "Rōmam eō iterum crucifīgī" ("I am going to Rome to be crucified again"). Peter then gains the courage to continue his ministry and returns to the city, where he is martyred by being crucified upside-down.[2] The Church of Domine Quo Vadis in Rome is built where the meeting between Peter and Jesus allegedly took place. The words "quo vadis" as a question also occur at least seven times in the Latin Vulgate.

(ウエブスター)
Domine, quo vadis? 
Latin quotation from the apocryphal Acts of Peter
Definition of Domine, quo vadis?
: Lord, where are you going? —said by St. Peter who when fleeing persecution in Rome meets the risen Christ returning there to be crucified again

(大辞泉)
ペテロ〖Petros〗
[?~64ころ]イエス=キリストの十二使徒中の第一人者。本名、シモン(Simon)。ガリラヤの漁師であったがイエスの弟子となり、特に信頼されてペテロ(岩、すなわち教会の礎石の意)とよばれ、天国の鍵を託されたという。イエスの死後、パレスチナ・小アジア・ローマで伝道し、ネロ帝の迫害により殉教したという。ローマ教会初代の教皇とされる。

(世界大百科事典)
ペテロ行伝(読み)ペテロぎょうでん(英語表記)Acts of Peter
新約外典の一つ。ペテロのシモン・マグスとの戦いにおける勝利,クオ・ウァディス物語,そしてペテロの逆十字架の処刑などの内容を持つ。2世紀末に小アジアで執筆されたもので,巷間の伝承を集めた信徒のための読物。《パウロ行伝》および3世紀前半の《ディダスカリア》はこの《ペテロ行伝》を用いていると思われる。当時の教会では好んで読まれたようであるが,4世紀初めの教会史家エウセビオスは,その証言の価値を否定している。

こちらがペテロ行伝の場面です。

And Peter, having come to the cross, said: Since my Lord Jesus Christ, who came down from the heaven upon the earth, was raised upon the cross upright, and He has deigned to call to heaven me, who am of the earth, my cross ought to be fixed head down most, so as to direct my feet towards heaven; for I am not worthy to be crucified like my Lord. Then, having reversed the cross, they nailed his feet up.

And the multitude was assembled reviling Cæsar, and wishing to kill him. But Peter restrained them, saying: A few days ago, being exhorted by the brethren, I was going away; and my Lord Jesus Christ met me, and having adored Him, I said, Lord, whither are You going? And He said to me, I am going to Rome to be crucified. And I said to Him, Lord, were You not crucified once for all? And the Lord answering, said, I saw you fleeing from death, and I wish to be crucified instead of you. And I said, Lord, I go; I fulfil Your command. And He said to me, Fear not, for I am with you. On this account, then, children, do not hinder my going; for already my feet are going on the road to heaven. Do not grieve, therefore, but rather rejoice with me, for today I receive the fruit of my labours. And thus speaking, he said: I thank You, good Shepherd, that the sheep which You have entrusted to me, sympathize with me; I ask, then, that with me they may have a part in Your kingdom. And having thus spoken, he gave up the ghost.

ペテロ行伝では逆十字架のモチーフも有名なようでカラバッジオが描いています。



Then both Peter and Paul were led away from the presence of Nero. And Paul was beheaded on the Ostesian road.

And Peter, having come to the cross, said: Since my Lord Jesus Christ, who came down from the heaven upon the earth, was raised upon the cross upright, and He has deigned to call to heaven me, who am of the earth, my cross ought to be fixed head down most, so as to direct my feet towards heaven; for I am not worthy to be crucified like my Lord. Then, having reversed the cross, they nailed his feet up.

細かいエピソードはおさえる必要はないのでしょうが、Quo Vadis?と聞けば「迫害」のテーマを連想できるといいかもしれません。

スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR