fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

違和感を大事に

 


どうしてもウクライナ関連のニュースを色々見てしまいます。違和感を感じたのは次の記事。どう見ても外交の場での発言とは思えません。

2022年2月9日 15:13 発信地:キエフ/ウクライナ

【2月9日 AFP】ロシア軍がウクライナ国境付近で部隊を増強し緊張が高まる中、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が8日、ウクライナを「私の美しきもの」と呼んだ。

 プーチン氏は同日未明、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領との共同記者会見で、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー(Volodymyr Zelensky)大統領が同政府軍と親ロシア派武装勢力の停戦を定めた「ミンスク合意」を好ましくないと述べたことを批判。

 プーチン氏はロシア語で韻を踏みながら「(ミンスク合意を)好むと好まざるとにかかわらず耐えよ、私の美しきものよ」と述べた。

 この発言はオンラインで物議を醸した。

 元コメディアンのゼレンスキー氏は、ロシアに続いてウクライナを訪問したマクロン氏との会談後、「ロシア大統領にも一理ある。確かにウクライナは美しい」「(だが)ウクライナを自分のものと呼ぶのは度が過ぎている」と述べた。

「この発言はオンラインで物議を醸した」とだけありますが、AFPの英文記事を読むと次のようにありました。ちゃんとどういう物議か書いてあります。

AFP, Moscow

“Like it or not, beauty, you have to put up with it,” Putin said, using an expression that rhymes in Russian.

The remark sparked heated online debate, with some suggesting Putin was using the kind of language that justifies rape, while others said it was just a form of an expression used to scold children.

2チャンネルがソースですが、翻訳記事も次のようにあったようです。なんで削ってしまったのでしょうか。

この発言はオンラインで物議を醸し、プーチン氏がレイプを正当化するような言葉を使ったとの批判が殺到した。 

AFPの記事でも深掘りしていたのですが、バンドの歌詞を元にしているのではと書いている記事は以下です。該当部分の歌詞のDeepLでの翻訳も載せておきます。

Bill Bostock Feb 8, 2022, 7:52 PM
 
Putin criticized Ukrainian President Volodymyr Zelensky for failing to implement the protocol, and referenced an obscene song lyric to demonstrate what he wanted.

"Whether you like it or don't like it, bear with it, my beauty," Putin said.

Russia experts noted that Putin appeared to be quoting from "Sleeping Beauty in a Coffin" by the Soviet-era punk rock group Red Mold.

"Sleeping beauty in a coffin, I crept up and fucked her. Like it, or dislike it, sleep my beauty," the English translation of the Russian lyrics reads.



Спит красавица в гробу,
Я подкрался и ебу.
Нравится - не нравится,
Спи, моя красавица.

There's a beauty sleeping in a coffin,
I sneak up and fuck.
Like it - don't like it,
Sleep, my beauty.

棺桶の中に美女が眠っている。
私は忍び寄り、彼女をファックした。
嫌だ、嫌だ。
眠れ、我が美しき者よ。

ロシア語がわからないですが「つべこべ言わずに黙って言うことを聞け、かわいこちゃん」みたいなニュアンスを感じ取れるものみたいです。CNNではプーチンはレイプジョークが好きで過去にも発言していると報じています。

Analysis by Nathan Hodge, CNN
Updated 2251 GMT (0651 HKT) February 8, 2022

Folklore or not, the remark laid bare Putin's bullysome attitude toward Ukraine, which the president has made clear he doesn't see as a real country. And it was also reminder of a strain of unrepentant misogyny in both Putin's politics and his public remarks.

For starters, the talk about forcing a "beauty" lie back and take abuse is coming from the same person who, exactly five years ago, decriminalized forms of domestic violence.

Putin's trash talk pops again and again, and has reportedly included making light of rape.

The Russian leader's tough-guy talk is sometimes explained away as a sort of folksiness that is a performance for a domestic audience, but Putin's choice of verb терпеть in his remarks on Monday (to take it, or to endure) shows an ugly underlying sentiment about the role of women.

ホワイトハウス報道官にもこの問題を聞いているリポーターがいました。ロシア人が聞いたらレイプのジョークだと解釈できるとしています。



41分20秒
Q    Then I want to talk about something that Russian President Putin said —

MS. PSAKI:  Sure.

Q    — the other day.  He made what many Russian speakers interpreted as a rape joke directed at Ukraine.  Given that diplomacy is all about talking, how does the administration view talk like this?  Does it shorten the diplomatic off-ramp because it’s a pretty undiplomatic thing to say?  And has the White House communicated to the Kremlin, you know, “Yo, that’s not cool”?

MS. PSAKI:  Well, first, I would say that any joke about rape would certainly be something that everyone in this government would be outraged by, whether it’s happening from the mouth of a U.S. official or a foreign official. 

I’d also note that we have never held back in our concern about the lack of truthfulness of some of the statements that come out of the mouth of President Putin and members of the Russian leadership, and also the bellicose rhetoric that has come out of their mouths.  So, we have never held back on our concern.  And certainly, that joke would not be something that we —

「つべこべ言わずに黙って言うことを聞け、かわいこちゃん」という解釈が正しいかどうかは別として、不適切なことを連想させる言葉遣いだったことは確かなようです。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR