fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿

 
この言葉は江戸時代からあると言いますが、英語ではなんと言えばいいでしょうか。フリーペーパーのMetropolisに富士登山のアドバイス記事があったのですが、そこで紹介されていました。

Climb Fuji on a Day-Trip
Do your research, fitness train, and pack light
By: Jessica A. Page | Jun 17, 2013 | No Comments | 642 views

この記事は世界遺産に認定される前に書かれたものなので、is reportedly close toという表現が使われています。

The sacred mountain is reportedly close to attaining UNESCO World Heritage status—meaning many more like-minded hikers from near and far will want to hit the 3,776m summit.

Come prepared, whether you decide to hike during the week when it’s least crowded, or on the weekend when it’s bumper-to-bumper up the chain-railed rocky mountain.

it’s bumper-to-bumper up the chain-railed rocky mountainという表現は富士山登山をした方ならすぐに想像できそうですよね。bumper-to-bumper をGoogleの画像検索をするとやはり車の交通渋滞の画像が多くでてきますが、人間の「渋滞」に使っています。

「一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿」の表現が以下です。個人的な解釈となりますが、〜 is a fool, and 〜 is a bigger foolとしているのは、英語的なリズムを優先させただけで、二度登る人の方が大馬鹿だという意味をはっきりと込めているのではないと思います。

There’s a Japanese proverb: “The person that never climbs Mt. Fuji is a fool, and the person who climbs it twice is a bigger fool.”

この記事を書いた人はfoolに入るそうですが、きっちり理由をその後に書いてくれています。説明→理由の書き方は参考にできそうです。

So, technically this writer is a fool—as is her 16-year old son who even climbed it three times.

But my reason for going twice was a failure to reach the summit the first time. The reasons were as follows:

So, technicallyの部分は、「このことわざに則れば」と読めばいいでしょう。Technicallyは会話とかでもよく使われるので、辞書的な説明ではなく、日常的な使われ方に慣れておくことも大事でしょう。

最初の失敗を踏まえて、二回目は成功したようです。やはり下りはきつかったとかいていますね。「終わりの見えない〜のようだった」と表現したいときには、felt like a never-ending zig-zagのようにすればいいのですね。

With more stair-climber time on the books, a lighter backpack, fewer stamps and amazing weather, I made it to the summit in 2012.

The day trip began again at 5:30am from the Subaru 5th Station, and trekking all the way up the Yoshidaguchi Trail. The descent felt like a never-ending zig-zag on loose volcanic gravel toward the Fuji-Subaru Line. It really doesn’t get any easier here. Be sure to trim those toe nails prior to your trip and make a mental note that toilets are few and far between on the way down.

TOEICでもおなじみの注意事項などを伝える際の前置きBe sure to trim those toe nailsが使われています。make a mental note that …なんて表現は英語にたくさん触れている人でないと使えない表現ですよね。まあ、TOEICではPlease note that …のかたちになるでしょうけど。。。

(英辞郎)
make a mental note
〔注意事項・自戒などについて〕心に刻む、肝に銘じる
・Please make a mental note of tomorrow's meeting. : 明日の会合を忘れないでください。

幸い(?)自分は1回しか富士登山をしたことがないので、foolになることは免れていますが、ライターの締めの言葉には共感を覚えます。

With the walking stick to show and a story to tell, climbing Mt Fuji will always hold a special place in my heart. Imagine contentedly enjoying the breathtaking views of Fuji-san from a distance and saying, “I once stood on the top of that mountain!”

スポンサーサイト



Comment

I am one of the fools!

こんばんは、Yutaさん。
私の周りの山に登る方々は富士山は登る山ではなく、眺める山だとおっしゃいます。まだ富士山に登ったことがないので、私も馬鹿の一人です^^; が、世界遺産に登録されて人がいっぱいだと聞くとますます遠ざかります。。。富士山の美しい姿を眺めながら別の山に登ってみたいですが。。。
今日名古屋の美術館に行く予定でしたが、風邪をひいてしまい来週に延期しました。私は中部ではなく、関西在住です。といっても田舎ですが。。。

2013.06.26 | joyjoy[URL] | Edit

Re: I am one of the fools!

> joyjoyさん。おはようございます。
おっしゃる通り富士山は眺める山でしょうね。でも富士山からの眺めも素晴らしい物ですよ(1回登った者のプチ自慢です(苦笑))まあ、今は自分は登りきる体力はないと思います。。。

>私は中部ではなく、関西在住です
そうでしたか、失礼いたしました。お体ご自愛くださいね。

2013.06.27 | Yuta[URL] | Edit

    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR