fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

(続)新国立競技場

 


昨日のJapan Timesに東京オリンピックについての語学学習記事がありました。新国立劇場の写真があり、Work in progress: An artist's rendering of the new National Stadium, which will become the main venue for the 2020 Summer Olympics in Tokyo. というキャプションがついていました。

LANGUAGE | BILINGUAL
What we talk about when we talk about the Olympics
BY KAORI SHOJI
SPECIAL TO THE JAPAN TIMES

If you’re lamenting the number of kōji (工事, construction works) clogging Tokyo streets and coating your lungs with toxic fumes, you can lump at least part of the blame on the Olympics, slated to happen in the summer of 2020. And take comfort in the fact that in the years leading up to the last time Tokyo hosted the games, in 1964, the kōji-genba (工事現場, construction sites) were much noisier and more obnoxious and poisonous than they are today, with zilch regard for safety or environmental measures. “Ano koro wa hidokatta” (「あの頃はひどかった」, “Things were awful back then”), reminisces my 76-year old neighbor Yamazaki-san. “Demo yatto sengo ga owatta kanji ga shita” (「でもやっと戦後が終わった感じがした」, “But I got the feeling the postwar years of hardship were finally over”).

Yamazaki-san has a point. Nineteen sixty-four is branded in the collective Japanese memory as the turnaround year — when the nation showed the world its miraculous resurrection from the ashes of World War II by hosting an international event. Landmark kōkyōjigyō(公共事業, public works) projects were embarked on in the runup to that year, such as the shutokō (首都高, metropolitan highway), shutoken suidōsetsubi (首都圏水道設備, metropolitan plumbing works) and the shinkansen (新幹線, bullet train). Haneda Airport was revamped in time for the games, and the Hotel New Otani opened its doors for the benefit of the 30,000 foreign guests set to pour into the city. Architectural feats of wonder such as the Kokuritsu Kyōgijyō (国立競技場, National Stadium) and the Yoyogi Taiikukan (代々木体育館, Yoyogi National Gymnasium) and the Nippon Budokan (日本武道館) demonstrated the skill and scale of Japanese architecture.

東京江戸博物館では来週まで東京オリンピックをとりあげた展示会を開いているようです。

オリンピックがやってくる 1964−2020

終戦から20年にも満たない1964年(昭和39)、東京で第18回オリンピック東京大会が開催されました。93の国と地域から、5,152人の参加選手を集めたスポーツの祭典。アジア地域で初めて開催されたこの大会で、東京は改めて世界都市への仲間入りを果たしました。
 このたび、2020年のオリンピック・パラリンピックを東京で開催することが決定しました。そこで今回の展覧会では、今からおよそ50年前に、ここ東京で行われた第18回大会に焦点をあて、当時の人々を熱気で包んだ一大イベントを改めて振り返ってみたいと思います。また、来るべき2020年の大会がどのような形で行われるのか、その魅力とあわせて紹介いたします。

この展示会についてメトロポリスでレビューがありました。the Edo-Tokyo Museum bravely decided to host an exhibitionとあるように、確かに決定の時期を合わせて開催したということはそれ以前から準備していたということですから、他に決まっていたらどうしていたのでしょうか。。。

The Olympics Are Coming!
Preparing for 2020 by looking back at 1964
By: C.B. Liddell | Sep 27, 2013 | Issue: 1018 | No Comments | 559 views

It will be hard for the Tokyo 2020 Olympic Games to make the same kind of impact on the city and the country as the last event of its kind, held here 49 years ago. Tokyo 1964 was undoubtedly special. It marked an important watershed in the country’s history and influenced so much, from architecture and infrastructure to the social mood and the international perception of Japan, which, of course, greatly improved.
To coincide with the International Olympic Committee’s decision on the 2020 venue, the Edo-Tokyo Museum bravely decided to host an exhibition entitled “The Olympics Are Coming!” looking at the art, posters, photography and various odds and ends from the 1964 games.

This was a risky strategy, as the exhibition would have looked ridiculous if the IOC had instead chosen Madrid or Istanbul and the Olympics were not coming, but luckily Tokyo triumphed and now, with the world’s eyes upon us, it’s fitting to think what the Olympics will mean through the prism of a previous experience.

この展覧会にいってみたのですが、個人的に驚いたのは「首都美化総点検カード」のようなものが一般家庭にも配られ、青のポリバケツも使われるようになったことを知ったことでしょうか。下水道整備もオリンピックの存在とは無関係ではないようです。

Guide books on manners, architectural diagrams and publicity posters all testify to the enormous efforts that the Japanese people put into preparing for the Games. This naturally also boosted the learning of English. Attempts were also made to beautify the city, but, on the other hand, some of the infrastructure projects connected to the Olympics, such as concrete expressways, had quite the opposite effect.


青いポリバケツでごみを出す習慣は自分が子供の頃はまだありました。まさか東京オリンピックあたりからとは思いませんでした。

第13回
オリンピックとプラスチック~「ポリバケツ」

ポリエステルの「ポリ」と桶の意である「ペール」を組み合わせた商標の製品を販売するにあたって、同社が広めた「街を清潔にする運動」というフレーズは、62年初頭から東京都が開始した「首都美化運動」の「首都美化はオリンピックの一種目」や、「一千万人の手で東京をきれいに」といったスローガンとも合致し、また、東京都の「東京を美しくする展覧会」(62年の12月)などの啓蒙活動や、生活保護世帯への容器貸与制度などを経て、東京のみならず各地に普及した。


知らないほうが幸せだった雑学
日本も、東京オリンピックの時は23区民に「首都美化総点検カード」を配ってた。
「さあ!お客さまがやってくる!せめて家のまわりはきれいに…」と題され、30前後の項目があり、
「タワシの家の塀には、落書きなどしていない」「私の店の商品や陳列台は、道路にはみ出していない」
「私は、路上でタンつばを吐かない」「私は、街頭で立ち小便をしない」など○×チェックして
「全部○なら優秀です!もしひとつでも×があったらすべて○にするように!」
で首都美化運動の一環でゴミ袋も配られた。
河出書房の「図説東京流行生活」にカードの写真など載ってる。

もちろん2020年のオリンピックは64年の頃と違います。東日本大震災後ですからit may be difficult for Japan to recapture the sense of naive optimism that preceded the 1964 Olympicsというライターと同じ感覚です。

With the problems caused by the 2011 earthquake and the Fukushima nuclear accident, as well as ongoing criticism of the government’s priorities, it may be difficult for Japan to recapture the sense of naive optimism that preceded the 1964 Olympics, but if it can be done anywhere, it can be done by visiting the Edo-Tokyo Museum.

個人的には東京オリンピックのころの英会話ブームの教材を見てみたかったなと思います。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR