fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

(続)Wired最新号は国連英検者にオススメ

 
Wired最新号では、アフガニスタンでのポリオ対策の現状が分かるThe Surgeという記事がありました。この記事はまだサイトでは読めないようですが。。。

アフガニスタンはタリバンがポリオワクチン接種に反対であり、関係者を襲撃したというニュースが過去にありました。

Taliban Murders Six Immunizers in Wake of CIA Polio Ruse
BY MARYN MCKENNA12.18.12

記事はアフガニスタンの取り組みを中心にしていますが、ポリオ対策の世界の状況ついても分かるように説明してくれています。

Despite such advances, though, the invisible nature of most infections means that areas thought to have been cleared can flare up
again with little warning. For example, this year tests of sewage in
both Israel and Egypt, which had been deemed polio-free, revealed
polio virus that was descended from a strain detected in Pakistan-
even though no symptomatic cases have yet been reported in either
country. To prevent a return of the virus, population immunity levels need to be kept very high above 90 percent. And every year, a
new cohort of unvaccinated children is born. Unless they are vaccinated, a susceptible population can build, ripe for a return of the
virus. In Somalia, polio transmission was stopped in 2007, but fighting between Islamist groups and the Western-backed government
in recent years has rendered large areas of the country inaccessible
to vaccination programs. The polio campaign watched nervously
until finally disaster struck with a new outbreak in May, with nearly
200 cases this year, and some reported in Ethiopia, Kenya, and South
Sudan as well. In October, WHO announced that it was investigating a cluster of possible polio cases in Syria, where the conflict has
produced more than 2 million refugees, (note: On October29, after
this story went to press, the UN confirmed 10 cases of paralysis
in Syria, dealing another serious setback to the global
campaign. WHO estimates that as a result of the conflict
there, some 500,000 children in Syria are unvaccinated.)

ちょっと調べてみて分かったのですが、ポリオ対策に日本も協力しているんですね。外務省のプレスリリースがいろいろ見つかりました。


ソマリア連邦共和国におけるポリオ対策のための緊急無償資金協力
平成25年8月2日
Emergency grant aid to the Federal Republic of Somalia in response to the polio outbreak
August 2, 2013 
Japanese

本2日,我が国政府は,国際連合児童基金(UNICEF)を通じて,ソマリアにおけるポリオ感染拡大防止等に対する緊急対策のため,約135万ドル(約1億1,000万円)の緊急無償資金協力を実施することを決定しました。
On August 2, the Government of Japan decided to extend emergency grand aid of 1.35 million US dollars (approximately one hundred and ten million Japanese yen) through the United Nations Children's Fund (UNICEF) to support the polio outbreak response in Somalia.

ソマリア中南部のバナディール地域では,5月9日に,生後32か月の女児から野生株ポリオウイルス1型の検出が報告されました。その後,7月23日までに72症例が確認されるなど感染が急速に拡大しており,緊急の対応が求められています。
On May 9, WPV (wild poliovirus) Type 1 was confirmed in a 32-month-old child from Banadir located in South and Central Somalia. After that, 72 cases were confirmed by July 2 and urgent action is requested as the infection is expanding rapidly.

我が国は,本年6月に主催した第5回アフリカ開発会議(TICADV)においてアフリカの更なる発展のための支援を表明しました。また,あわせて開催されたソマリア特別会合において議論された同国の社会経済開発の発展に向けて取り組んでいくこととしており,ポリオ撲滅に向けた取組の重要性及び人道上の観点から,今般,UNICEFからの要請を踏まえ,緊急無償資金協力を実施することとしました。
The Government of Japan manifested the support for Africa's further development at the Fifth Tokyo International Conference on African Development (TICAD V) this June and tackles for Somalia's socio-economic development which was discussed at the Somalia Conference on May 31. The Government of Japan, upon the request from UNICEF and from a humanitarian point of view, decided to extend this grant to contribute to efforts toward polio eradication. 

*******

国連総会におけるポリオ撲滅に関するハイレベル会合の開催
平成24年9月27日
High-Level Side Meeting: "Our Commitment to the Next Generation: the Legacy of a Polio-free World" at the General Assembly of the United Nations
September 27, 2012

9月27日(木曜日)(ニューヨーク現地時間),国連総会の機会に,潘基文(パン・ギムン)国連事務総長の主催により,ポリオ撲滅に関するハイレベル会合「次なる世代に対する我々のコミットメント:ポリオ・フリーの世界という遺産」が開催されました。カルザイ・アフガニスタン大統領,ギラード豪首相,ビル・ゲイツ・ゲイツ財団共同議長をはじめとする各国政府,国際機関,民間財団等の代表を含む約200名が参加し,我が国から玄葉光一郎外務大臣が出席しました。
On Thursday, September 27 (New York time), on the occasion of the General Assembly of the United Nations (UN), Secretary-General Ban Ki-moon hosted a high-level side meeting, "Our Commitment to the Next Generation: The Legacy of a Polio-free World." The meeting was attended by over 200 people from various governments, international organizations, and private institutions, including Mr. Hamid Karzai, President of the Islamic Republic of Afghanistan; Ms. Julia Gillard Prime Minister of Australia; and Mr. Bill Gates, Co-Chair of the Bill & Melinda Gates Foundation. Minister for Foreign Affairs Koichiro Gemba represented Japan at the event.

玄葉大臣は,ポリオ撲滅のために,パキスタンやナイジェリアでの取組強化が必要な中,持てる力を総動員して外交を行う「フルキャスト・ディプロマシー」がポリオ対策においても重要であることを述べ,パキスタンにおける我が国とゲイツ財団との協力(注)を紹介しました。この他にも無償資金協力やユニセフ経由による支援を行っていることを述べ,ポリオとの戦いにおいて,国際社会が一丸となって立ち向かうことを呼びかけました。
Referring to the importance of strengthening efforts in Pakistan and Nigeria to eradicate polio, Minister Gemba emphasized that "full-cast diplomacy" mobilizing every available resource and expertise of all stakeholders is critical in the fight against polio. As an example of this, he introduced Japan's recent partnership with the Bill & Melinda Gates Foundation on campaigns against polio in Pakistan,(note) as well as Japan's other supports through its grant assistance scheme and through the United Nations Children's Fund (UNICEF). Meeting participants highly appreciated the contributions made by Japan and concurred with Minister Gemba in his call on the international community to stand as one in the fight against polio.

会合出席者からは,我が国の貢献に対する評価と謝意が表明され,ポリオの撲滅に向けた「最後のひと押し」のために国際社会が一致して取り組むことを確認しました。
Meeting participants reaffirmed the importance of the collective efforts of the international community for the final push to eradicate polio.

(注)昨年8月,パキスタンにおけるポリオ対策を支援するために,我が国はパキスタンとの間に49億9,300万円を限度とする円借款に係る書簡の交換を行いました。この協力により,パキスタン政府がポリオ撲滅キャンペーンを着実に実施した場合,ゲイツ財団がパキスタン政府に代わり我が国に対して円借款を返済する予定です。
(note) In August 2011, the Government of Japan and the Government of the Islamic Republic of Pakistan exchanged notes on the provision of a loan of approximately 65 million US dollars for Pakistan's national campaign against polio. Upon the successful outcome of these campaigns, the Gates Foundation will repay the loan on behalf of the Pakistani Government.

ポリオ対策だけを考えた場合は異論がありませんが、マラリアやAIDS、結核などの対策もしなければいけない状況でポリオ対策に力をいれることはコストベネフィットの観点から批判をする人もいるようです。それに対して対策を進めることの意義を伝えているところが以下です。

Against critics who blanch at the cost of eradication, Rosenthal
counters that the polio campaign is paying dividends throughout
the global health system. In Afghanistan, as elsewhere, the initiative
is training a generation of health care workers like Rana in modern,
 goal-oriented public health practices: the cold-chain system, for
example, as well as those new techniques in molecular epidemiology. In Indonesia, Rosenthal points out, "the polio lab network we
built wound up forming the backbone for their measles campaign.
Working on the polio campaign changed the way their public health
officials work."


Moreover, the math of cost-benefit analyses runs aground when
it comes to eradication campaigns, because the benefits, in theory,
are infinite. That is: No one will ever die from or spend a dime on
vaccinating against smallpox for the remainder of human history,
barring a disaster involving one of the few lingering military stock-
piles. According to a 2010 study, polio eradication would generate
$40 billion to $50 billion in net benefits by 2035. Looking at a long
enough timescale, the eradication of polio could someday be seen
as positively cheap.

これに関してロータリー財団も同じような説明を以下の資料で行っていました。

グローバル・アウトルック:ロータリアンのためのポリオ撲滅アドボカシー入門

ポリオを撲滅させる5つの理由
(1)命を救う
ポリオを「撲滅」ではなく、「抑制」という方 策に切り替えたなら、今後 40 年間で 5 歳未満の 子ども 1,000 万人がポリオによって身体まひと なる可能性があると専門家は話します。
(2)達成可能な目標
ポリオを撲滅し、すべての子どもにワクチンを 投与する手段はそろっています。新しい 2 価ワ クチンを使用すれば、1 回の投与で残存する 2 種 類のポリオウイルスの感染を予防することができます。
(3)価値ある投資
医学誌『Vaccine(ワクチン)』に掲載された 調査結果によると、世界的に 90 億ドルを投じて ポリオのない世界が実現すれば、今後 20 年間で 400 億~ 500 億ドルの経済効果があると推定さ れています。
(4)活動基盤の強化
ポリオ撲滅活動は世界各地で疾病サーベイランス(監視)ネットワークを築きました。このネットワークを生かして、はしかの予防接種、虫下し薬や蚊帳の配布といった保健活動を行うことができます。
(5)成功事例をつくる
すべての子どもにポリオ予防接種を行うことができれば、世界のほかの保健問題も解決が可能であるという証明になります。

記事の最後に懸念点をあげています。タリバンの勢力が強いパキスタンの部族地域ではポリオ対策が進んでいないようなのです。

Now his biggest problem, while the global campaign waits for a resolution of the ban in Pakistan, is to prevent the disease from crossing
back over the border. Attacks on polio workers there have continued
a vaccination center in Peshawar was bombed in October, killing two
people and wounding at least a dozen others. The most worrisome
locus of all is North Waziristan, a region in Pakistan's tribal areas
where the Taliban commander, Hafiz Gul Bahadur, has forbidden any
polio vaccination campaigns since 2012, demanding that the US end
its drone campaign in Pakistan before he relents. Today, researchers
estimate that more than 160,000 children in North Waziristan have
gone unvaccinated in the past year alone. The inevitable outbreak
there is already under way and has spread beyond the province; the
Federally Administered Tribal Areas (which include Waziristan) and
the neighboring province of Khyber Pakhtunkhwa have had 38 paralysis cases in 2013, or nearly 90 percent of Pakistan's cases for the year.
If children there can't be vaccinated, it will be almost impossible to
stop the virus from spreading into Afghanistan and neighboring
areas and perhaps to other parts of the world.

日本政府の太鼓持ちになるつもりはありませんが、この点についても以下のようなプレスリリースがありました。こちらはなぜか英語版のプレスリリースはありませんでした。

パキスタンに対する無償資金協力「ポリオ感染拡大防止・撲滅計画」に関する交換公文署名式
平成25年3月11日

本11日(現地時間同日),パキスタン・イスラム共和国の首都イスラマバードにおいて,河野章駐パキスタン臨時代理大使とカレン・アレン国連児童基金(ユニセフ)パキスタン副代表(Ms. Karen Allen,UNICEF Deputy Representative in the Islamic Republic of Pakistan)との間で,2億2,600万円の一般プロジェクト無償資金協力「ポリオ感染拡大防止・撲滅計画」(The Project for the Control and Eradication of Poliomyelitis)に関する交換公文の署名式が行われました。
パキスタンは,世界的にもポリオ発症件数が多く,現在世界で3ヵ国残るポリオ常在国(他はナイジェリア,アフガニスタン)の1つです。同国のポリオ発症件数は,我が国を含めた国際社会の支援により着実に減少してきましたが,2010年,2011年は,洪水の影響もあり,発症件数は144件,198件と増加しました。これを受けて,ザルダリ大統領は,2011年1月に国家緊急行動計画,2012年1月には改訂版・国家緊急行動計画を発表し,重点感染地域を中心とした接種活動の強化や,ポリオに関する正しい知識を広める上で重要な啓蒙活動の強化等の取り組みを開始しました。この結果,2012年のポリオ発症件数は58件と,前年に比べ顕著に減少しています。加えて同国では7月以降は雨期に伴う衛生環境の悪化によりポリオが流行する傾向があるため,ポリオ撲滅のためには,非流行期であるこの時期を捉えて対策を強化することが重要となっています。
この計画は,ポリオ発症が確認された際に,それ以上の感染拡大を防ぐための一斉接種活動に必要なワクチン及び接種活動等に関する啓蒙活動を実施するために必要な資金を供与するものです。パキスタンでは,特にアフガニスタンとの国境周辺(ハイバル・パフトゥンハー州,連邦直轄部族地域,バロチスタン州)等の地域においてポリオの発症例が多く,この計画の実施により,これらの地域を中心とする感染拡大の防止が期待されます。

(参考)
パキスタン・イスラム共和国は,面積約79.6万平方キロメートル,人口1億8,071万人(2011/2012年度,パキスタン経済白書),1人当たりのGNI(国民総所得)1,372米ドル(2011/2012年度,パキスタン経済白書)です。

われわれはすぐに日本政府の批判を実情も知らずにしがちですが、こういう地味ながらも大切な貢献をしていたんですね(汗)
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR