fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

Let Freedom Reign

 
ニューヨークタイムズもマンデラ元大統領を追悼してOpEd面は彼の記事一色ですね。エコノミストもA giant passesと彼を表紙にしています。(体調不良のニュースがあったので、予定稿を準備していたでしょうが、差し替えなど大変だったでしょうね)。Timeは金曜日の発売に間に合わなかった代わりとしてか、マンデラ追悼号を無料でiPad版アプリで配信していますね。

そんな中説得力をもって迫ってくるのがモハメドアリのtributeでしょうか。生前に書かれたものですが、ちょうどいいタイミングになってしまいました。日本語と英語でも読めるので、英語学習者にもありがたいです。

ネルソン・マンデラに捧ぐ
投稿日: 2013年12月06日 18時52分
このブログは、元プロボクサー、モハメド・アリ氏によるネルソン・マンデラ元大統領への賛辞である。マンデラ元大統領生前の11月26日に投稿された。

Tribute to Nelson Mandela
Posted: 11/26/2013 9:59 am


Mr. Mandela could have easily spent those 27 years of incarceration abroad, protesting the evil from afar, safe from repercussions. Not him. If his people suffered, he would suffer with them.
ミスター・マンデラは27年間も監獄島に幽閉された。彼がそのとき収監を逃れようと思ったならば、他国に亡命し、安全な場所から不正義に対する抗議を続けることも容易だったであろう。しかし、ミスター・マンデラはそれを選択しなかった。彼はそのような人間ではなかった。仲間が苦しみを味わい続ける限り、彼も共に苦しみを背負うことを選択したのだ。

I know something about protest. I know well the feelings and questions that run through the mind of those who stand against a system, braving everything for a cause. It is never easy. The personal price is high, but the greatest of people persevere for the greater good. Modern South Africa is built on the back of Mr. Mandela's sacrifice. It still amazes me, even to this day, that a man could give up two and half decades of his life, emerge from prison and forgive his imprisoners.
私は抗議することの意味を知っている。私は体制に逆らい、理想にまい進する人たちの心に通底する感情や疑問を十分知っている。個々の犠牲は尊いものだ。しかし、もっとも偉大な人物は、大義のために忍耐し続けた。今日の南アフリカはミスター・マンデラの犠牲の上に築かれた。今でも驚かされるのは、一人の男が己の人生の25年以上を捧げ、刑務所から出所し、自らを投獄した人間に赦しを与えたことだ。

1994年5月のマンデラ大統領の大統領就任スピーチがペンギンのHistoric Speechesに収載されていました。動画もすぐに見つけることができましたので、最後のクライマックスのところと合わせてご紹介します。



(スクリプトは下記から)
Statement of the President of the African National Congress, Nelson R Mandela, at his inauguration as President of the democratic Republic of South Africa
Item type: Address; Statement
Acquisition method: From website
Source: ANC Website
Unique ID: NMS176

(最後のクライマックス)
We dedicate this day to all the heroes and heroines in this country and the rest of the world who sacrificed in many ways and surrendered their lives so that we could be free.

Their dreams have become reality. Freedom is their reward.

We are both humbled and elevated by the honour and privilege that you, the people of South Africa, have bestowed on us, as the first president of a united, democratic, non-racial and non-sexist South Africa, to lead our country out of the valley of darkness.

We understand it still that there is no easy road to freedom.

We know it well that none of us acting alone can achieve success.

We must therefore act together as a united people, for national reconciliation, for nation building, for the birth of a new world.

Let there be justice for all.
Let there be peace for all.
Let there be work, bread, water and salt for all.
Let each know that for each the body, the mind and the soul have been freed to fulfil themselves.

Never, never and never again shall it be that this beautiful land will again experience the oppression of one by another and suffer the indignity of being the skunk of the world.

The sun shall never set on so glorious a human achievement

Let freedom reign. God bless Africa

Timeのマンデラ追悼号ではこの人も寄稿しています。


スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック

月別アーカイブ


FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR