fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

倫理的に優位に立つために

 

ドキュメント 戦争広告代理店 (講談社文庫)ドキュメント 戦争広告代理店 (講談社文庫)
(2005/06/15)
高木 徹

商品詳細を見る


『ドキュメント 戦争広告代理店』という本で有名なNHKの高木徹さんが来月新書を出すそうです。

『国際メディア情報戦』高木 徹
有利な国際世論をどうつくるか?
今世紀最強のメディアスター・ビンラディンの情報戦からアメリカの対テロ戦、五輪招致まで、銃弾よりも強いイメージの力とは?
現代の新しい「戦場」の姿を描く。

TIMEのブームが起きようとして英語学習的には喜ばしいことですが、TIMEを読んでいる僕って本格派、かっこいい!ってレベルで留まってしまったら惜しいものです。大変勉強になる雑誌であることは間違いありませんが、何が語られ、何が語られていないのか批判的に検討できるようになることも重要でしょう。

この新書を出すにあたって講談社の『本』という小冊子で「国際メディア情報戦」という連載をしていました。最終回の「日本のハンディと資産」からの抜粋です。

 さらにオバマ大統領は、第一次世界大戦でアメリカの兵士が毒ガス兵器で殺されたこと、さらには第二次世界大戦のナチスが「ホロコーストの戦慄をもたらすためにガスを使った」と言って化学兵器の、そしてアサド政権の非人道性を強調した。
 ここにオバマ大統領の真骨頂が現れている。国際メディア情報戦を戦う熟練したPRテクニックと、国際法の倫理を語る倫理主義者の一面とを高度に組み合わせるのがオバマ大統領の特徴なのだ。
 銃弾よりも情報の力が現代の戦場を制する、というこの連載で扱ってきた国際メディア情報戦の本質は、さまざまなテクニックを使いながら、最終的には「自分たちの方が敵よりも倫理的に勝っている」ということをいかに世界に説得するかという勝負である。国際メディア情報戦の時代には、弱肉強食で軍事的に勝るものが勝つというのは古い考え方となる。ここでまた誤解を恐れずに言えば、現代の国際政治のリアリティは、自らの倫理的優位性をメガメディアを通じて世界に広めた者が勝つという世界なのだ。

このような視点から見れば、なぜ2012年にホロコースト博物館でオバマ大統領が演説をしたのか、なぜサマンサパワーさん政権に招き入れて要職を任せているのか、納得がいきますね。



トランスクリプト

一方で、パレスチナのヒップホップ映画を通して現状を垣間見た者としては、「きれいごと」を他人には押し付けておきながら、パレスチナ人を弾圧しているのではないかという、二枚舌を嫌というほど感じてしまうのも確かです。

もちろん、影の部分があるからといってこのような取り組みが無意味だなんて言うつもりはありません。このスピーチで語っている取り組みは素晴らしいものだと思います。

We’ve stepped up our efforts in other ways. We’re doing more to protect women and girls from the horror of wartime sexual violence. With the arrest of fugitives like Ratko Mladic, charged with ethnic cleansing in Bosnia, the world sent a message to war criminals everywhere: We will not relent in bringing you to justice. Be on notice. And for the first time, we explicitly barred entry into the United States of those responsible for war crimes and crimes against humanity.

Now we’re doing something more. We’re making sure that the United States government has the structures, the mechanisms to better prevent and respond to mass atrocities. So I created the first-ever White House position dedicated to this task. It’s why I created a new Atrocities Prevention Board, to bring together senior officials from across our government to focus on this critical mission. This is not an afterthought. This is not a sideline in our foreign policy. The board will convene for the first time today, at the White House. And I’m pleased that one of its first acts will be to meet with some of your organizations -- citizens and activists who are partners in this work, who have been carrying this torch.

Going forward, we’ll strengthen our tools across the board, and we'll create new ones. The intelligence community will prepare, for example, the first-ever National Intelligence Estimate on the risk of mass atrocities and genocide. We're going to institutionalize the focus on this issue. Across government, "alert channels" will ensure that information about unfolding crises -- and dissenting opinions -- quickly reach decision-makers, including me.

Our Treasury Department will work to more quickly deploy its financial tools to block the flow of money to abusive regimes. Our military will take additional steps to incorporate the prevention of atrocities into its doctrine and its planning. And the State Department will increase its ability to surge our diplomats and experts in a crisis. USAID will invite people and high-tech companies to help create new technologies to quickly expose violations of human rights. And we’ll work with other nations so the burden is better shared -- because this is a global responsibility.

ここで語っているAtrocities Prevention Boardについては今年最初の報告書が出されました。下記リンク先で報告書全文をダウンロードできます。

Atrocities Prevention Board
Background, Performance, and Options
By John Norris and Annie Malknecht | June 13, 2013

With the APB having just completed its first anniversary and the nomination of Samantha Power to be U.N. ambassador, it is a useful time to take stock. This report details the history of the Atrocities Prevention Board and its current functions, assesses its relative accomplishments and challenges to date, and articulates a series of alternatives for how the APB might be institutionally organized and funded to best ensure that atrocity prevention within the U.S government is made both more effective and enduring.


年末年始で時間ができましたので丁寧に読んでみたいと思います。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR