fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

The Robot Will See You Now

 
英語のメディアに幅広く触れることの楽しみのひとつは、連鎖的に興味深い視点を学べることがあるという点でしょうか。昨日はWired1月号の特集号の記事を引きながら以下のように書かせてもらいまいた。

ロボット化というのは幅広い領域に広がっていて、組立作業だけではなく人工知能によってホワイトカラーの仕事にまで及んでいっているそうです。医者や記者、プログラマーなどの仕事もロボットによる自動化の射程に入っているのですね。

The rote tasks of any information-intensive job can be automated. It doesn’t matter if you are a doctor, lawyer, architect, reporter, or even programmer: The robot takeover will be epic.

And it has already begun.


このように書きましたが、医者や弁護士がロボットに変わるのはずっと先だろうと思っていましたが、何とAtlanticの3月号でThe Robot Will See You Now(もうこれからはロボットが診察してくれるようになります)という特集記事でした。And it has already begun.(もうすでに始まっているのだ)とあった通り、現在進行形のできごとのようです。医者や弁護士は今は社会的地位が高い職業ですが、このようなIT技術が発達すれば、オペレーターが大半をしめるようになる可能性もありそうです。

201303Atlantic.png

自分の前のブログを読んでくださった方には、IBMのワトソンを覚えてらっしゃるかもしれません。この特集記事ではワトソンが医療機関で活用されている現状の報告から始まっていました。





The Robot Will See You Now
IBM's Watson—the same machine that beat Ken Jennings at Jeopardy—is now churning through case histories at Memorial Sloan-Kettering, learning to make diagnoses and treatment recommendations. This is one in a series of developments suggesting that technology may be about to disrupt health care in the same way it has disrupted so many other industries. Are doctors necessary? Just how far might the automation of medicine go?
By JONATHAN COHN


Words checked = [6768]
Words in Oxford 3000™ = [84%]

先ほど読み終わったばかりなのですが、高齢化社会によって医療費の抑制が欠かせなくなりロボットによる自動化がのぞまれていること、ビッグデータの発達や、センサーなどが安価になり生体データを取りやすくなったこと、途上国での医者不足をITによる遠隔操作で解決しようとすること、いろいろな要因があって医療現場のロボット化自動化が進んでいっていく感じでした。余力があれば丁寧に紹介しようと思いますが、ご興味がある方は長い記事ですが、是非リンク先の記事を読んでみてください。

Atlanticは医療とロボット化、機械化の動向の報道に力をいれているようで下記のような特設ページもありました。

Medicine and Machine
The evolution of health technology

この記事でも触れられていましたが、前のブログで何度か取り上げさせていただいた著名なベンチャーキャピタリストのビノッド・コースラさんも医療の将来について取り上げているようです。

The Surprising Path Of Artificial Intelligence
VINOD KHOSLA
Monday, January 9th, 2012

Do We Need Doctors Or Algorithms?
VINOD KHOSLA
Tuesday, January 10th, 2012

弁護士なんかはどうなんでしょうね。最新動向を知りたくなりました。

スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR