fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

リアルダブルパッセージ

 




ルワンダの虐殺から今年で20年、フランスでは当時のintelligence chiefの裁判が行われているようです。

Former Rwandan Intelligence Chief Goes on Trial for 1994 Genocide
By MAÏA de la BAUMEFEB. 4, 2014
PARIS — In an unprecedented step, a French court opened a genocide trial on Tuesday against a former Rwandan intelligence chief in the first of what could be several prosecutions of former officials and others who fled Rwanda after the 1994 slaughter there.

Many here consider the trial of the former intelligence official, Pascal Simbikangwa, 54, an important effort by France to end its longstanding protection of Rwandan fugitives accused of participating in the ethnic genocide that killed 800,000 people, mostly ethnic Tutsis, in just 100 days.


1994年1月11日に当時の国連の平和維持軍のダレール司令官が国連本部にFAXを出したものの無視されてしまったようですが、その情報を司令官に伝えた人物の信憑性を疑うOpEdが1月のニューヨークタイムズに載っていました。

The Shroud Over Rwanda’s Nightmare
By MICHAEL DOBBSJAN. 9, 2014
WASHINGTON — Twenty years ago this Saturday, the commander of United Nations peacekeeping forces in Rwanda wrote a coded cable to his superiors in New York that has come to be known as the “genocide fax.” Citing inside information from a “top-level trainer” for a pro-regime militia group, Brig. Gen. Roméo Dallaire warned of an “anti-Tutsi extermination” plot.

The refusal by United Nations officials to approve the general’s plan for raids on suspected arms caches has been widely condemned as paving the way for one of the worst genocides since the Holocaust. But evidence submitted to the International Criminal Tribunal for Rwanda, some of it still under seal, reveals a murkier, more complicated situation than has often been portrayed.

New details about the mysterious informant known to General Dallaire as “Jean-Pierre” serve as a reminder that history can take a long time to reveal its secrets. Important documents that could shed light on the unresolved mysteries and ambiguities of the Rwanda genocide remain under lock and key.

It is now commonly recognized that the international community failed miserably in its efforts to protect the people of Rwanda. But even 20 years later, there is still much to learn. While the new evidence does not absolve the United Nations and Western governments for failing to take timely action, Jean-Pierre’s story illustrates the challenges that continue to vex decision-makers struggling to make sense of unfolding crises in countries like the Central African Republic or South Sudan.


これについてはこのOpEdの著者が関与しているサイトに詳しいです。

ダレール司令官が出したFAXはこちらです。

このOpEdに対して、ルワンダ虐殺の計画性を批判する「修正主義」の動きと批判している読者投稿がありました。

To the Editor:

In “Rwanda’s Shrouded Nightmare” (Op-Ed, Jan. 10), Michael Dobbs questions whether the 1994 genocide of the Tutsi was planned. He casts aspersions on the informant “Jean-Pierre,” who warned Brig. Gen. Roméo Dallaire, the commander of the United Nations peacekeeping forces in Rwanda, of the extermination plans months before the genocide began.

Jean-Pierre even took a United Nations military officer to see the cache of weapons stockpiled for the massacres. A result was General Dallaire’s famous Jan. 11, 1994, fax warning to United Nations headquarters, which was ignored.

Mr. Dobbs’s “revelations” are nothing new. Efforts to discredit Jean-Pierre were central to the defense argument at the International Criminal Tribunal for Rwanda that claimed that the killing was spontaneous, not a result of a conspiracy. But there was ample evidence for a genocide conspiracy that did not rely on Jean-Pierre.

Mr. Dobbs doesn’t mention the overwhelming evidence of planning that persuaded the judges of the tribunal to convict defendants of conspiracy to commit genocide.

LINDA MELVERN
GREGORY STANTON
London, Jan. 15, 2014

The writers are, respectively, the author of “Conspiracy to Murder: The Rwandan Genocide” and the president of Genocide Watch. The letter was also signed by nine other academics, authors and international lawyers.

読者といってもルワンダ虐殺について本も書いている調査報道のジャーナリストLinda Melvernさんでした。



ルワンダ虐殺についてはとても詳しくWikipediaで説明してくれています。

(Wikipedia)
国際連合の動向
国際連合ルワンダ支援団の司令官であったロメオ・ダレール将軍。
1994年1月11日、カナダ出身の国際連合ルワンダ支援団 (UNAMIR) の司令官ロメオ・ダレール少将は、匿名の密告者から受けた4箇所の大きな武器の貯蔵庫とツチの絶滅を目的としたフツの計画に関して、事務総長とモーリス・バリル少将にファックスを送信した。ダレールからの連絡では、密告者が数日前にインテラハムウェの訓練を担当した同組織トップレベルの指導者であることが記されていたほか、およそ以下のような内容が含まれていた[58]。
軍事訓練の目的はインテラハムウェの自衛ではなく、キガリに駐屯するルワンダ愛国戦線の大隊と国際連合ルワンダ支援団のベルギー軍を武力で刺激することである。
インテラハムウェの筋書きでは、ベルギー兵とルワンダ愛国戦線をルワンダから撤退させるつもりである。
戦闘によってベルギー兵数人を殺害すれば、人数や武装的に平和維持軍の要となっているベルギー軍全体が撤退すると考えている。
ベルギー軍撤退後に、ツチは排撃されるだろう。
インテラハムウェの兵1700人が政府軍キャンプで訓練を受けている。
これまでは、マチェーテ(山刀)やマス(多数の釘を打ち付けた棍棒)といった伝統的な武器が主流であったが、AK-47などの銃火器が民兵組織の間で普及しつつある。
密告者自身やその同僚はキガリに住む全てのツチをリスト化するように命じられた。その目的はツチの絶滅である可能性があり、例えば我々の部隊であれば、1000人のツチを20分間で殺害することが可能である。
ハビャリマナ大統領は過激派を統制し切れていないのではないだろうか。
密告者はルワンダ愛国戦線と敵対しているが、罪のない国民を殺害することには反対である。
ダレールは、国際連合ルワンダ支援団部隊による武器貯蔵場所を制圧する緊急の計画を立案し、この計画が平和維持軍の目的に適うものであると考えて、国連に持ちかけた。しかし、翌日に国連平和維持活動局本部から送られた回答では「武器庫制圧の計画は、国連安保理決議第872号にて国際連合ルワンダ支援団に付与された権限を越えるものである」として、ダレールの計画は却下された。ダレールの計画を却下したのは、当時国連平和維持活動局のPKO担当国連事務次長であり、後に国際連合事務総長となるコフィー・アナンであった[59]。なお、国連はダレールの計画を却下した代わりとして、ハビャリマナ大統領に対してアルーシャ協定違反の可能性を指摘する通知を行い、この問題に関する対策の回答を求めたが、それ以降密告者からの連絡は二度となかったという。後に、この1月11日の電報は、ジェノサイド以前に国連が利用可能であった情報がどのようなものであったかを議論する上で、重要な役割を果たした[60]。翌月の2月21日には、過激派フツにより社会民主党出身のフェリシアン・ガタバジ (Félicien Gatabazi) 公共建設大臣が暗殺され、さらにその翌日には報復として共和国防衛同盟のマルタン・ブギャナ (Martin Bucyana) が殺害されたが、国際連合ルワンダ支援団は国連本部から殺人事件を調査する許可を得られず、対応できなかった。
1994年4月6日、ミルコリンヌ自由ラジオ・テレビジョンは、ベルギーの平和維持軍がルワンダ大統領の搭乗する航空機を撃墜、あるいは撃墜を援助したとする非難を行った。この報道が後にルワンダ軍の兵士によりベルギーの平和維持軍の10人が殺害される結果に結びついた[61]。
なお、国際連合から国際連合ルワンダ支援団へ下されたマンデート(任務)では、ジェノサイドの罪を犯している状態でない限りは、国内政治への介入はいかなる国の場合でも禁じられていた。カナダ、ガーナ、オランダは、ロメオ・ダレールの指揮の下、国連からの任務を首尾一貫して提供したが、国連安全保障理事会から事態介入に必要となる適切なマンデートを得られなかった。


ダレール司令官のインタビュー動画です。



スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR