fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

ディケンズの慧眼

 
ラファエル前派の評価では新しさを受け止めることができなかった作家チャールズ・ディケンズですが、自分の本分である作家業においては、ジョージエリオットが女性ではないかとしっかり見抜いていました。





The measure of a great book is that you can go back to it repeatedly throughout your life and every time you do, it speaks to you in a different way.
(名著水準に達した本は、人生で何度も読み返すことができて、読むたびに違った風に語りかけてくれるものなのです)

岩波文庫『サイラスマーナー』の解説にあった手紙の抄訳で、エリオットの処女作『牧師生活の諸相』を読んだディケンズの反応です。『サイラスマーナー』は漱石が自身の授業で教材にしていた作品としても有名ですね。

もしもタイトル・ページの名前がなかったら、私は著者を女性だとすっかり決めこんでしまったかもしれません。この作品の中のいかにも女性らしい筆触に、私はすっかり心うたれてしまったので、タイトル・ページを確かめてしまったもので、タイトル・ページを確かめてみてもまだ今でも充分承服できないのです。もしこういう作品が、女性の手になったものでないならば、まだ世界がはじまって以来、男性でこれほど心理的に女らしくなることのできたものは、一人もないと思うのです。

手紙の全文は以下のサイトにありました。調べ物でネットは欠かせませんね。

18 JANUARY (1858): CHARLES DICKENS TO GEORGE ELIOT

TO GEORGE ELIOT

January 18, 1858, London

My Dear Sir

I have been so strongly affected by the two first tales in the book you have had the kindness to send me through Messrs. Blackwood [Eliot’s publisher], that I hope you will excuse my writing to you to express my admiration of their extraordinary merit. The exquisite truth and delicacy, both of the humour and the pathos of those stories, I have never seen the like of; and they have impressed me in a manner that I should find it very difficult to describe to you, if I had the impertinence to try.

In addressing these few words of thankfulness, to the creator of the sad fortunes of Mr. Amos Barton, and the sad love-story of Mr. Gilfil, I am (I presume) bound to adopt the name that it pleases that excellent writer to assume. I can suggest no better one; but I should have been strongly disposed, if I had been left to my own devices, to address the said writer as a woman. I have observed what seem to me to be such womanly touches, in those moving fictions, that the assurance on the title-page is insufficient to satisfy me, even now. If they originated with no woman, I believe that no man ever before had the art of making himself, mentally, so like a woman, since the world began.

You will not suppose that I have any vulgar wish to fathom your secret. I mention the point as one of great interest to me—not of mere curiosity. If it should ever suit your convenience and inclination, to shew me the face of the man or woman who has written so charmingly, it will be a very memorable occasion to me. If otherwise, I shall always hold that impalpable personage in loving attachment and respect, and shall yield myself up to all future utterances from the same source, with a perfect confidence in their making me wiser and better.

Your obliged and faithful Servant, and admirer

CHARLES DICKENS.


冒頭の動画のRebecca Meadさんは先月、エリオットのMiddlemarchについての本を出したばかりで、ニューヨークタイムズのポッドキャストにも登場していました。

ニューヨークタイムズのポッドキャスト



The Road to Middlemarch: My Life with George EliotThe Road to Middlemarch: My Life with George Eliot
(2014/03/06)
Rebecca Mead

商品詳細を見る

彼女の2011年のニューヨーカーの記事は前のブログで紹介させていただきました。今回の本の抜粋もニューヨーカーで読めます。

JANUARY 27, 2014
GEORGE ELIOT’S SUPERFAN
POSTED BY REBECCA MEAD

LIFE AND LETTERS
MIDDLEMARCH AND ME
What George Eliot teaches us.

BY REBECCA MEAD
FEBRUARY 14, 2011

興味がある方は、以下のリンクの記事に目を通して判断されるとよいのではないでしょうか。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR