fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

アマゾンは読書文化の破壊者か

 
今週の雑誌New Yorkerはアマゾンを批判的に取り上げているレポートがメインでした。ありがたいことに一般公開されています。一万語を超える長い記事ですが、これくらいのものを読める体力を養いたいものです。

A REPORTER AT LARGE
CHEAP WORDS
Amazon is good for customers. But is it good for books?
BY GEORGE PACKER
FEBRUARY 17, 2014

Words checked = [11740]
Words in Oxford 3000™ = [84%]

「出版社から販促費をとって本をサイトでプロモーションしている」とか「倉庫では最低限の賃金で働かせている」とか、アマゾン批判でよくでる内容を取り上げていて、電子書籍の価格協定とされたアップルと出版社の試みは、アマゾン一強による弊害に対抗するためだったと、徹底的に「反アマゾン」の立場で書いています。本で利益があげられなくなり、まともな作家が育たなくなるのではと心配しています。

The answer seems self-evident, but there is a more skeptical view. Several editors, agents, and authors told me that the money for serious fiction and nonfiction has eroded dramatically in recent years; advances on mid-list titles—books that are expected to sell modestly but whose quality gives them a strong chance of enduring—have declined by a quarter. These are the kinds of book that particularly benefit from the attention of editors and marketers, and that attract gifted people to publishing, despite the pitiful salaries. Without sufficient advances, many writers will not be able to undertake long, difficult, risky projects. Those who do so anyway will have to expend a lot of effort mastering the art of blowing their own horn. “Writing is being outsourced, because the only people who can afford to write books make money elsewhere—academics, rich people, celebrities,” Colin Robinson, a veteran publisher, said. “The real talent, the people who are writers because they happen to be really good at writing—they aren’t going to be able to afford to do it.”

この当たりは、アマゾンを問題の元凶というよりも、ネットによる構造変化によって、雑誌や書籍のあり方を再考しないといけなくなっていると考えたい気もします。

例えば、ジョージエリオットのミドルマーチの発表の仕方は、ブック倶楽部のような会員に毎月配本していたような感じだったし、戦後間もなくは貸本屋さんがあったりもしていたようです。時代に合わせて変わっていく部分があるのではないでしょうか。

スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR