fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

The Politics of Naming

 
インドネシアの1965年の930事件が、いわゆるジェノサイドの文脈で取り上げられれいないじゃないか。そんな疑問は、イラクやコンゴはジェノサイドでなくて、スーダンはジェノサイド、このような区分はどのようにして生まれるのかという疑問につながると思います。添谷先生の下記の論文をネットで発見して、Mahmood Mamdaniという教授を知りました。

ジェノサイド 大量虐殺の語源学
ポリティクス ――あるいは「命名の政治学」
添谷 育志

Vol. 29 No. 5 · 8 March 2007
The Politics of Naming: Genocide, Civil War, Insurgency
Mahmood Mamdani



英語はDemocracy Now!から
日本語訳は添谷先生の論文から引用させていただきました。

MAHMOOD MAMDANI: I think the larger question is the names — genocide, in particular — come into being against a background of the twentieth century and mass slaughter of the twentieth century, and particularly the Holocaust. And against that background, Lemkin convinced the international community, and particularly states in the international community, have an obligation to intervene when there is genocide. He’s successful in getting the international community to adopt a resolution on this.
Then follows the politics around genocide. And the politics around genocide is, when is the slaughter of civilians a genocide or not? Which particular slaughter is going to be named genocide, and which one is not going to be named genocide? So if you look at the last ten years and take some examples of mass slaughter — for example, the mass slaughter in Iraq, which is — in terms of numbers, at least — no less than what is going on in Sudan; or the mass slaughter in Congo, which, in terms of numbers, is probably ten times what happened, what has been happening in Darfur. But none of these have been named as genocide. Only the slaughter in Darfur has been named as genocide. So there is obviously a politics around this naming, and that’s the politics that I was interested in.
AMY GOODMAN: And what do you think this politics is?
MAHMOOD MAMDANI: Well, I think that what’s happening is that genocide is being instrumentalized by the biggest power on the earth today, which is the United States. It is being instrumentalized in a way that mass slaughters which implicate its adversaries are being named as genocide and those which implicate its friends or its proxies are not being named as genocide. And that is not what Lemkin had in mind.

M:私が思うに,より大きな問題は 20 世紀と 20 世紀がもたらした大量殺戮 (mass slaughter),とりわけ「ホロコースト」というものを背景にして生まれた――とりわけジェノサイドという――名前なのです。それを背景 としてレムキンは国際社会,とくに国際社会を構成する諸国家に対して, ジェノサイドという事態が生じた場合には,それを阻止するために介入 する義務があるのだという確信を植えつけました。彼は国際社会に対し て,これに関して決然たる態度を採らせることに成功しました。
ここからジェノサイドをめぐる政治学が生まれてきます。つまりジェノサイドをめぐる政治学とは,どういう場合に民間人殺害はジェノサイドなのかそうでないかという問題なのです。どのような特定の殺害が ジェノサイドと命名されるのか,どのような殺害がそう命名されないの か。ですから,ここ 10 年を振り返り大量殺戮のいくつかの事例――た とえばイラクにおける大量殺戮――を採り挙げてみましょう。それは― ―少なくとも数の点では――スーダンで現に進行中の事態に勝るとも劣 らないものであり,あるいはコンゴでの大量殺戮も,少なくとも数の点ではダルフールで現に起こった,これまで起こってきたものの,おそらく 10 倍もの規模のものなのです。しかしこれらのいずれもジェノサイドとは命名されませんでした。ダルフールでの殺戮だけがジェノサイド と命名されてきました。そういうわけで明らかにこの命名をめぐる政治 学というものが存在しています。そして私が関心を持つのはそういう政治学なのです。
G:で,あなたはこの政治学についてどうお考えなのですか。
M:そうですね,私はこう考えています。つまり今起こりつつあることはジェ ノサイドがこの地球上での最大 ・ 最強国,すなわち合衆国によって道具化(instrumentalize)されつつあるということなのです。ジェノサイドと いう言葉は,合衆国への敵対者が関与する大量殺戮はジェノサイドと命 名され,合衆国の味方もしくはその代理人が関与する大量殺戮はジェノサイドとは命名されないというような仕方で道具化されています。そしてそれはレムキンがまったく念頭においていなかったことなのです。

AMY GOODMAN: The simplifying of the conflict by the US media, you write extensively about this, who the sides are.
MAHMOOD MAMDANI: Well, I was struck by the fact — because I live nine months in New York and three months in Kampala, and every morning I open the New York Times, and I read about sort of violence against civilians, atrocities against civilians, and there are two places that I read about — one is Iraq, and the other is Darfur — sort of constantly, day after day, and week after week. And I’m struck by the fact that the largest political movement against mass violence on US campuses is on Darfur and not on Iraq. And it puzzles me, because most of these students, almost all of these students, are American citizens, and I had always thought that they should have greater responsibility, they should feel responsibility, for mass violence which is the result of their own government’s policies. And I ask myself, "Why not?" I ask myself, "How do they discuss mass violence in Iraq and options in Iraq?" And they discuss it by asking — agonizing over what would happen if American troops withdrew from Iraq. Would there be more violence? Less violence? But there is no such agonizing over Darfur, because Darfur is a place without history, Darfur is a place without politics. Darfur is simply a dot on the map. It is simply a place, a site, where perpetrator confronts victim. And the perpetrator’s name is Arab, and the victim’s name is African. And it is easy to demonize. It is easy to hold a moral position which is emptied of its political content. This bothered me, and so I wrote about it.

G:あなたは合衆国のメディアがダルフール紛争を単純化していることにつ いて幅広く論じておられますが,それを支えているのは誰だとお考えですか。
M:確かに私はその事実に衝撃を受けました――それというのも私は9ヶ月をニューヨークで過ごし,3ヶ月をカンパラで過ごすという暮らしを続けていますが,毎朝『ニューヨーク・タイムズ』紙を開き民間人に対する暴力や残虐行為に関する記事を読むと,そこにはふたつの場所――ひとつはイラク,もうひとつはダルフール――が出てきます。その種の記事はそれこそ毎日,毎週といった具合に継続しています。私にとってショックだったのは,アメリカの大学キャンパスで実行された集団的暴力に反対する最大規模の政治的運動がイラクに関するものではなく,ダルフールに関するものだったことなのです。それは私を困惑させました。なぜならそれらの学生の大多数,いやその全員はアメリカ市民であり,彼らは自分自身の政府が採った政策の結果である集団的暴力に対してもっと大きな責任があり,責任を感じるべきだと常々考えていたからです。そして私はこう自問しました。「どうしてなのか。いったいどのようにして彼らはイラクでの集団的暴力やそれに対するオプションについて議論するのだろうか」と。そして私は気づきました。彼らがイラクについて議論するのは,もしアメリカの部隊がイラクから撤退することになったらどういう事態になるだろうかということを問い,そしてそれについてひどく苦しんでいるからだと。もしそうなったら暴力は増えることになるのか,減ることになるのか。しかしダルフールに関してはそんな苦渋といったものはどこにも見当たりません。なぜならダルフールは歴史のない場所(a place without history)であり,政治のない場所(a place without politics)だからです。それはたんに地図の上の一点にすぎません。それはたんに迫害者と犠牲者が対決している場所にすぎないのです。そして迫害者の名前はアラブ人であり,犠牲者の名前はアフリカ人です。それを悪魔の仕業に見立てることは実に簡単なことです。その政治的実質を空無化された道徳的立場にしがみつくことは容易なことなのです。これが私を悩ませ,そのことについて私が書いた理由です。

大国アメリカへの批判を単純にすればいいとは自分では思えない部分もあります。インドネシアでもスカルノ時代は大変貧しかったといいます。もし1965年のあの事件がなければ、親中国の立場を貫き、北朝鮮のような貧しい国になっていた可能性だってあったのかもしれないのです。もちろん、だからといって「開発独裁」を甘んじて受けるという立場も取りたくありません。

そんな独裁国家は許すべきではないが、安定した国家作りはそれ以上に大切だから、いきなりの急激な民主化を導入して国家建設を駄目にするようなことは避けるべきだと訴える意見がありました。ルワンダの事例ですが、自分の立場は彼に近いです。他人の生き方には理想論を押し付けやすいですが、やっぱり安定した生活があっての人生という点を無視できないと思うんです。

The mad, mad debate over Rwanda -- 20 years after the genocide
Rwanda is the best success story of state-building in Africa in the last 20 years, despite its autocratic habits.
By Ken Opalo, Guest blogger / April 8, 2014

論考のはじめに以下のような注意書きがありました。このような形で意見表明するのは珍しいですね。それほどデリケートな話題を扱っているということなのでしょう。

A version of this post appeared on An Africanist Perspective. The views expressed are the author's own.

Caution: This is not an apology for President Kagame and his autocratic tendencies that have resulted in carnage and death in the DRC, Rwanda and elsewhere.

虐殺20年後のルワンダを考える場合、国家建設の成功を強調するか、カガメ政権の独裁的な振る舞いを批判するかに二分されるようです。

If one just looks at the improvements made in advancing human welfare since President Paul Kagame and the RPF took power it is hard not to arrive at the conclusion that ordinary Rwandese are unambiguously better off.
The country is the least corrupt in the region and has also been consistently ranked top in the ease of doing business.

But there is also the side of the Kigali government that most reasonable people love to hate: the murderous meddling in the DRC and the oppression and occasional murder of dissidents at home and abroad.
Those who admire what President Kagame has done tend to emphasize the former, while his critics tend to emphasize his autocratic tendencies which have made Rwanda the least democratic country in East Africa. Many wonder if the post-1994 achievements are sustainable enough to outlast President Kagame’s rule.

ここで著者は一番大事なことは国家建設だと語ります。国家建設に失敗しているシエラレオネやCARなどを考えれば、それこそがルワンダの国民のためになるからです。

In my view, I think that Rwanda is the best success story of state-building in Africa in the last 20 years. I also think that this (state-building) should be the paramount consideration for those who care about the Rwandese people and want to help them achieve greater freedoms.

The fundamental problem in states like CAR, Sierra Leone or Liberia has never been the insufficiency of democracy. Rather, it has been the problem of statelessness.

だからこそ、早急な民主化の要求は国家の混乱を招くだけで、国家建設を失敗に招くのではと懸念するのです。さらには1994年の悲劇が再来することも恐れています。

The international community and those who genuinely care about Rwandese people should be careful not to turn Rwanda into “democratic” Burundi in the name of democracy promotion.
Interventions will have to be smart enough to push Kagame and the ruling elite in the right direction, but without gutting the foundations of political order in Rwanda.

Absent a strong state (even after Kagame), the security dilemmas that occasioned the 1994 “problem from hell” would ineluctably resurface.

最後に独裁制だから駄目で、民主化すればすべてが良いという単純な善悪を押し付けるのではなく、一番大事な「国家建設」を損なわないかたちでバランスのとれた舵取りをすることの重要性を訴えます。

But we don’t: people tolerate the “complications and nuance of American politics.”
The same applies to less developed countries. Politics is complicated, everywhere. And those who approach it with priors of good-or-bad dichotomies are bound to arrive at the wrong conclusions. One need not be a Kagame apologist to realize the need for a delicate balance in attempts to effect political change in Kigali.

Please notice that this is neither an apology nor an endorsement of autocracy in Rwanda. It is a word of caution regarding the choices outsiders make to accelerate political change in Rwanda.

Tyranny is not the panacea to underdevelopment. But neither is stateless democracy.

もちろん、国家建設が大事だから独裁者にフリーパスを与えるという結論ではないので、Please notice that this is neither an apology nor an endorsement of autocracy in Rwanda.と注意を喚起しているのでしょう。
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック

月別アーカイブ


FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR