fc2ブログ

Uncharted Territory

自分が読んで興味深く感じた英文記事を中心に取り上げる予定です

RSS     Archives
 

寒いのは慣れっこだから

 
バイリンガールのちかさんも丁寧にLet it goを説明してくださっているのですね。歌の決め台詞でもあるThe cold never bothered me anyway.を確認したいと思います。



Let the storm rage on.
嵐も吹き続ければいいわ(→言わせておけばいいわ)

The cold never bothered me anyway.
寒いのが嫌なんて一度も思ったことないし(→どうってことない)


The cold never bothered me anyway.を自分なりに訳して見たのが、今回の記事のタイトルです。ただ、これだと歌のリズムに合わないんですよね(汗)「少しも寒くないわ」という訳は歌詞という点からは素晴らしいと思います。



下記のブログの解説がとてもよかったです。実際の歌詞では「少しも寒くないわ」ですが、ポイントはとても参考になります。あの楽曲に合わせて訳をつけるのって苦労したと思うんですよね。

The Cold Never Bothered Me Anyway ~ 直訳と意訳

英語の曲に日本語の歌詞をつけるときには対訳にすることはなかなか出来ません。The cold never bothered me anyway. は音の数(音節)が10ありますが、「もともと寒さはきにならないの」は15音節あるので、意訳で歌うと、字余りになります。そこで、日本語の歌詞では英語の曲の世界観を違う歌詞で表現するのです。

日本語歌詞の「もう寒くはないわ」は原曲の The cold never bothered me anyway. を訳したものではありません。本当の意味の「もともと寒さは気にならない」だと字余りになるので、その2小節ぴったりはまる「もう寒くはないわ」が選ばれたのです。

さらに「なぜbotheredと過去形なのか?」というところまで踏み込んで考察してくれています。

タイトルがFrozenであることと、動画の風景から察すると、この映画で「寒さ」というのは重要な意味を持つ言葉です。「寒さ」に立ち向かうことを決心した彼女の一言が "The cold never bothered me anyway." です。これを単に「寒さはきにならなかった…」と過去形で訳すと、「…しかし、今は気になる」と可能性を含みます。

彼女は「もともと寒さは気にならなかったし、これからも気にならない」と言いたいのだと理解したので、「もともと寒さは気にならないの」と訳しました。そうすることによって歌詞全体がまとまりがあります。(まだ映画を見ていないので、主人公の名前も、ストーリーもはっきりとはわかりませんが。)

なぜ The cold never bothers me anyway. と現在形で表現していないのですか?

この曲は主人公がいろいろな柵(しがらみ)から開放されて、新しい一歩を踏み出すシーンらしいです。以前の自分とこれからの自分の共通点は、「寒さが気にならない」ことです。これは今に始まったことではなく、ずっと以前からそうだったので、これからも寒さには負けない。"The cold never bothered me anyway."には声にしていない気持ちがあり、"...and it never will."と続きます。

この歌の背景はWikipediaにもありますね。

(Wikipedia)
"Let It Go" is a song from Disney's 2013 animated feature film, Frozen, with music and lyrics composed by Kristen Anderson-Lopez and Robert Lopez. The song was performed in the film by American actress and singer Idina Menzel in her role as Queen Elsa, after an ostracized Elsa abandons her kingdom when her magical ability to create and control ice is discovered by the public. Up in the mountains, away from confused and suspicious onlookers, she realizes that she no longer needs to hide her abilities, and declares herself free from the restrictions she has had to endure since childhood. She rejoices in finally being able to use her powers without fear, manipulating snow and ice to generate a magnificent castle for herself.

このような背景を踏まえれば、冬の世界に変えてしまったので、世間からの反発をstormに例えていると解釈することが可能でしょう。そうすると、ちかさんの括弧内のニュアンスもすっと理解できます。coldには強いのだから、これからのcold eyeやcold shoulder、cold reactionも大丈夫だろうという含意になるでしょうか。

Let the storm rage on.
嵐も吹き続ければいいわ(→言わせておけばいいわ)

The cold never bothered me anyway.
寒いのが嫌なんて一度も思ったことないし(→どうってことない)

もちろん、詩的表現なので人生の荒波に例えて一般化して解釈して自分に引きつけてもいいはずです。

英辞郎の頻度でcoldの後に続く名詞をまとめたものです。冷戦なんてものがTOPですが、それ以外は天候、飲み物、反応の3つに分けられそうです。

war 138
water 128
eyes 48
weather 43
winter 34
air 25
eye 24
shoulder 22
sweat 22
tone 21
wind 21
look 19
day 16
beer 15
expression 15

Let it goの歌は主人公の歌ではなく、「悪役」的なポジションのエルザの歌であることが少し厄介です。Instead of positioning Elsa as a villain – as her inspiration was in “The Snow Queen” – it showcases her moment of self-acceptance.とニューヨクタイムズにもあります。

How ‘Let It Go’ Upended the ‘Frozen’ Plot
By MELENA RYZIK FEBRUARY 14, 2014, 12:28 PM

They worked with the composers Bobby Lopez and Kristen Anderson-Lopez – theater veterans whose credits include “Avenue Q,” “The Book of Mormon” and “In Transit” – from the beginning, but a turning point came when they delivered “Let It Go.” (The couple wrote it after taking a walk around Prospect Park, near their home in Brooklyn.) Instead of positioning Elsa as a villain – as her inspiration was in “The Snow Queen” – it showcases her moment of self-acceptance.

“The minute we heard the song the first time,” Ms. Lee said, “I knew that I had to rewrite the whole movie.”

その部分を考察した記事が以下です。「ありのままで」は良いことのように思えてしまいますが、悪役がありのままで思い通りに悪いことをしてしまうのは世界にとっては悪夢以外の何ものでもないでしょう。When the princess decides to “let it go,” she brings terrible evil into the world.とあります。

TREVIN WAX|12:10 AM CT February 17, 2014
Are We Missing the Point of Frozen’s ‘Let It Go’?

Thousands of little girls across the country are singing this song – a manifesto of sorts, a call to cast off restraint, rebel against unrealistic expectations and instead be true to whatever you feel most deeply inside. What’s ironic is that the movie’s storyline goes against the message of this song. When the princess decides to “let it go,” she brings terrible evil into the world. The fallout from her actions is devastating. “No right, no wrong, no rules for me” is the sin that isolates the princess and freezes her kingdom.

It’s only after sacrificial love saves her from the effects of the curse that the princess is free to redirect her passion and power – not in “turning away” and “slamming the door” and expressing herself – but in channeling her powers for the good of her people.

If there is a moral to Frozen, it’s that “letting it go” is self-centered and damaging. What’s needed is for our distinctive gifts to be stewarded and shaped by redemptive love.

Perhaps that’s why I’m flummoxed by the popularity of “Let It Go” (the song). Not from an artistic standpoint; it’s a gem. But I’m afraid its popularity drowns out the bigger and more beautiful point of the film.

ただ映画全体では、献身的な愛のおかげでこの力を良い方向に向けることで終っているようです。

If there is a moral to Frozen, it’s that “letting it go” is self-centered and damaging. What’s needed is for our distinctive gifts to be stewarded and shaped by redemptive love.

確かにこの映画を知らない人がLet it goだけを聞くと主人公の曲と勘違いしそうです(まさに自分がそうでした。。。)
スポンサーサイト



Comment


    
プロフィール

Yuta

Author:Yuta
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR